にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2017年07月11日

世界の全ての機器を制覇するOS NetBSD Firefox高速化 マルチスレッド化設定 その16 #NetBSD

firefox.png

今回はFirefox高速化設定の
マルチスレッド化「e10sを強制的に有効化」をネタにしました。
NetBSD7.1のFirefoxは52なのでまだ標準化されていませんが、
Ubuntuの54.0でも普通にマルチスレッドを
使える設定になっていないので
試しに設定してみましょう。
NetBSDではメインブラウザがFirefoxなので
Firefoxの速度が快適さに大きく影響します。

●Firefoxマルチスレッド化「e10sを強制的に有効化」
参考はこちらです。そのままです。
ありがとうございます。


Firefoxでマルチプロセスを有効化するメモ


Firefoxはシングルスレッドアプリなので、
表示と演算で複数のページを開くとプロセスを大きく圧迫します。
マルチスレッド化することでCPUの負荷分散して
相対的に快適になります。
大分前からテスト的に実装されていますな。

●設定
参考サイトそのままで。

Firefoxのアドレスバーにabout:supportと入力して
Multiprocess Windows 0/1を確認します。
まだシングルスレッド状態ですね。
topコマンドでも追跡します。

Firefoxのアドレスバーにabout:configと入力して設定します。
検索バーに下記のキーを入力して
真偽値と整数値を入れ替えます。

検索キー
extensions.e10sBlocksEnabling 真偽値 false
extensions.e10sBlockedByAddons 真偽値 false
dom.ipc.processCount 整数値 4 〜 8程度

dom.ipc.processCountの整数値は
CPUのコア数に合わせた方が良いそうです。
で、ブラウザを再起動します。

Firefoxのアドレスバーにabout:supportと入力して
Multiprocess Windows 1/1を確認します。
これでマルチスレッド化完了です。

●まとめ
NetBSDではFirefoxの性能一つで快適さが大きく変わります。
Firefoxがマルチスレッドに対応したので、
もっと快適になるはずです。
画面のひっかかりが少なくなります。
最新版Firefoxをビルドしている人も多いかと思いますが、
自宅のUbuntu17.04でも初期設定ではマルチスレッド化されていないので
設定すると良いはずです。
posted by kapper at 07:17 | Comment(0) | NetBSD

Androidアプリ 強制デザリングON レビュー

デザリング.png

今日はAndroidのアプリの強制デザリングONをレビューします。
パケット使い放題のSIMやいざ通信環境がなくなった際の
緊急手段として重宝します。

●強制デザリングONとは
強制デザリングONとはAndroidのアプリで
デザリングをONにし続ける機能のアプリです。
通常のAndroidにデザリング機能はありますが、
省電力モードの影響で通信が直ぐ落ちる仕様になっています。
それを強制的にONにし続けるアプリです。
また他のアプリでOFFになった際にも自動的にONにしてくれます。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.futo4.app.staytetheron&hl=ja

パケット代を気にしない環境ならかなり便利です。
格安SIMとか。

●強制デザリングONの使い方
Androidのデザリング設定は前もってやっておきます。
上の公式リンクサイトからダウンロードして
実行します。
実行するとクリック出来る所が1ヶ所ありますので
タッチするだけでデザリングがONになります。
接続にはPC側でWifi設定で自動ログイン出来る様に設定しておきます。
簡単です。

●まとめ
非常にシンプルながらも、緊急手段として重宝します。
優れものです。
パケット定額SIMがある時代だからこそ、
より重宝します。
でもプチプチダウンロードが遅延しますので、
Wgetの様な再帰型のダウンローダーを使うことを推奨します。
PCの接続は転送量が大きくなりますので、
パケット圧縮ソフトを並行して使用すると良いです。

posted by kapper at 07:00 | Comment(0) | モバイル

2017年07月08日

世界の全ての機器を制覇するOS NetBSD Firefox高速化プラグイン Google Data Saver Proxy,Disconnect その15 #NetBSD

firefoxsaver.jpg

今回はFirefox高速化プラグインの
Google Data Saver ProxyとDisconnectをネタに
主にデータ転送量の削減アプリです。
NetBSDではメインブラウザがFirefoxなので
Firefoxの速度が快適さに大きく影響します。
特にデザリング通信するときの通信量削減に重宝します。

●Google Data Saver ProxyとDisconnect
Google Data Saver Proxyは圧縮プロクシ
Disconnectは広告+SNSブロッカー+追跡コードブロック
で転送量削減の効果があります。
主にモバイル回線で効果を発揮します。
Adblock系と競合するのでどちらかを外しましょう。

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/google_datasaver_for_firefox/

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/disconnect/


インストールは簡単でボタンを押してLinux版を選択するだけです。
OSが対応していませんと表示されますが無視しましょう。
ブラウザを再起動すれば実行されます。

●効果推定
Google Data Saver Proxyの圧縮効果は+10〜30%、
Disconnectは主に商用サイトで
Gigazineは26個/ページ、ニコニコは12個/ページ
Amazonが9個/ページで朝日新聞70個/ページ
他のサイトは2〜4個/ページくらいでしょうか?
OSS系のサイトは流石に広告ありませんな。

●まとめ
NetBSDではFirefoxの性能一つで快適さが大きく変わります。
Firefox54以降でマルチスレッドに対応したので、
もっと快適になるはずです。
今回はデザリング環境だと体感出来る程効果ありますが
ブロードバンドの場合はちょっと分かりませんけど。
Gigazineと朝日新聞うぜぇ(ぉぃ
是非NetBSDでモバイルしましょう。
posted by kapper at 11:52 | Comment(0) | NetBSD

世界の全ての機器を制覇するOS NetBSD 高性能バイナリパッケージャ nih その14 #NetBSD

nih.jpg

NetBSDのバイナリパッケージャのpkginを使っていますが、
スマホでデザリングしていると回線が切れるので
ダウンローダーが10秒ルールで落ちてしまいます。
試しにnihを使って見ました。

https://github.com/cheusov/pkgnih


●pkgin VS nih
どちらもNetBSDのバイナリパッケージャーです。
Debianで言うaptみたいなツールで
慣れた人には使いやすいかと

・pkgin
 C言語
 sqlite

・nih
 スクリプト言語?
 pkg_summary-utils + distbb + pkg_status + pkg_digger
 ftpコマンドダウンロード

仕様は似てますが、
作りは違います。


●nihインストール
pkgsrcの公式リポジトリにありますので簡単です。

pkgin install nih-0.14.1

入れたら実行します。
まず最初にnih refreshが必要です。

nih refresh
nih update
nih search (名前)
nih install (パッケージ名)

みたいな感じでしょうか。
特別な事はありません。

●pkginとnihの違い?
pkginでLXDEを入れてみます。
bash-4.4# pkgin install lxde-1.0
calculating dependencies... done.

nothing to upgrade.
25 packages to be installed (8602K to download, 19M to install):

giflib-5.1.4 xprop-1.2.2 gtk2-engines-2.20.2nb21 keybinder-0.3.0nb3 vera-ttf-1.10nb5 imlib2-1.4.9 libfm-extra-1.2.4nb3 libfm-1.2.4nb3 pcmanfm-1.2.4nb3 openbox-3.6.1nb3 obconf-2.0.4nb5 menu-cache-1.0.1 lxterminal-0.2.0nb3 lxtask-0.1.7nb3 lxsession-0.5.2nb3 lxrandr-0.3.1nb3 lxpanel-0.8.2nb4 lxmenu-data-0.1.5 lxlauncher-0.2.5nb3 lxinput-0.3.5nb3 lxde-icon-theme-0.5.1 lxde-common-0.99.1 lxappearance-0.6.2nb3 gpicview-0.2.5nb3 lxde-1.0

proceed ? [Y/n]
downloading packages...

nihでLXDEを入れてみます。

bash-4.4# nih install meta-pkgs/lxde
Verifying pkgdb
REQUIRES vs. filesystem:
Missing dependencies and conflicts:
Generating an update plan...
R:1 U:1 A:0
R:1 U:1 A:16
R:1 U:1 A:23
R:1 U:1 A:24
--------------------------------------------------------
The following packages will be installed
lxde-1.0
The following packages will be installed as auto-installed
giflib-5.1.4 gpicview-0.2.5nb3 gtk2-engines-2.20.2nb21 imlib2-1.4.9
keybinder-0.3.0nb3 libfm-1.2.4nb3 libfm-extra-1.2.4nb3
lxappearance-0.6.2nb3 lxde-common-0.99.1 lxde-icon-theme-0.5.1
lxinput-0.3.5nb3 lxlauncher-0.2.5nb3 lxmenu-data-0.1.5
lxpanel-0.8.2nb4 lxrandr-0.3.1nb3 lxsession-0.5.2nb3 lxtask-0.1.7nb3
lxterminal-0.2.0nb3 menu-cache-1.0.1 obconf-2.0.4nb5 openbox-3.6.1nb3
pcmanfm-1.2.4nb3 vera-ttf-1.10nb5 xprop-1.2.2
Proceed (y/N)? y
Downloading binary packages...


微妙に違いますね
pkginと違い10秒ルールはありませんが、
nihも数十秒回線が切れると落ちるので繰り返し必要です。
ナローバンドでは大きな違いですが・・・

●まとめ
基本機能は同じです。
10秒ルールは厳しいので再帰型ダウンローダーが欲しい。
高速回線では考えもしませんでした。
スマホのデザリングでは回線が時々切れるので注意が必要です。
色々と試してみましょう。
タグ:NetBSD NIH
posted by kapper at 04:33 | Comment(0) | NetBSD

2017年07月05日

世界の全ての機器を制覇するOS NetBSD ファイルシステム復旧fsck その13 #NetBSD

今回はfsckをネタにします。
電源が落ちたりしてファイルシステム整合が取れなくなると
復旧する必要があります。
ようはWindowsで言うScandiskです。
基本ですが、知らなかったのでメモします。
参考はこちら

fsckによるファイルシステム修復

●fsckとシングルユーザーモード
異常終了するとファイルシステムに不整合が出るので
修復が必要です。
*BSD関係では基本でしょうか?

再起動すると自動的にファイルシステムの修復が始まりますが、
エラーが出て終了することがあります。
その際にシングルユーザーモードで起動しますので
一部の機能が使えなくなります。

マウントポイントを見ます。

cat /etc/fstab

大体NetBSDの場合、/dev/wd0aがルートファイルシステムかと思います。

/dev/wd0a / ffs rw 1 1
/dev/wd0i none swap sw,dp 0 0
kernfs /kern kernfs rw
ptyfs /dev/pts ptyfs rw
procfs /proc procfs rw
/dev/cd0a /cdrom cd9660 ro,noauto
tmpfs /var/shm tmpfs rw,-m1777,-sram%25

復旧させるためにはfsckコマンドを使用します。


fsck -y /dev/wd0a

後はそのままで終了。
簡単ですけど。

●まとめ
知らなかったです(ぉぃ
基本ですよね、基本。
また起こりそうなのでメモしておきます。
posted by kapper at 07:19 | Comment(0) | NetBSD

2017年07月02日

最近の事 2017年7月 高山温泉合宿参加者募集開始なう #東海道らぐ

最近の事 2017年7月


そろそろ暑くなってきました。
WindowsタブレットネタもKernelが良くなってきましたので
あと少しです。
今回の愚痴をブログに書きます。


●GPD-WINやPocket、Vaio Type-Pなど
UMPC復活元年になって盛り上がり中。
WindowsだけでなくLinuxも使えるであろう、と。
Linuxで使えるだけでなく、どう使うかにも焦点を当てるべきかな?と。





●「温泉合宿2017 in 高山」東海道らぐ 参加者募集中
今年も東海道らぐ他メンバーで温泉合宿をやりたいです。
昨年の下呂温泉合宿は賛否両論で、皆様の意見を入れた上で
また今年もやりたいです。
東海道らぐのメンバーと色々会話しまして、


・なぜ高山か?
 ⇒鹿さんの要望で東京と大阪の中間点
  高速バスで移動出来る為に各所から平等に低コストで深夜往復可能な場所
  岐阜県内+温泉  
・10月〜11月の空いている週末
 KOF2017
 航空祭
 その他
 と被る日程から外します。

・高山市内ホテルか奥飛騨コテージで人数割り
 参加希望者6人までなら1部屋貸し切り。それ以上は2部屋貸し切り
 コテージの方が安いですが、山奥ネットが繋がらないのと
 平湯〜奥飛騨まで移動が大変。ご理解を
・食事は居酒屋で
 ホテル内の食事は不人気なので・・・
・とにかくお酒を飲んで、発表して、プチハッカソンして
 温泉に入って、各自自由行動して、観光して、飛騨牛食べて
 「君の名は」観光したり・・・時間の許す限りで
・早めに予約しないと無くなるので希望者募集
・奥飛騨の硫黄温泉は最高です・・・
・登山やロープウェイは極寒なので期待しないで・・・
 奥飛騨は冬です。一応
・参加者4〜6名以上の目処が立ったらホテル予約します。
・希望者はTwitterかブログ他で
・Connpassは予定が確定したら建てます。


●価値観の壁 LinuxデベロッパーVSユーザー
最近また価値観の壁を大きく感じています。
昔なつかしのデベロッパーでなければ認められない、みたいな。
選民思想ですよね。
贅沢な考え方だと思います。

今更何を言っているんだ?
と言われそうですが歴史の繰り返しです。
これを20年以上繰り返しているんです・・・
今でも選民思想は死んでいないです。
歴史が証明したのに。
そんなことを言っていると排他されるぞ、と。

作る方と使う方
価値観というのは埋まる事はありません。
相手を容認するしか無いのです。
ユーザー側もいずれはデベロッパーになる人もいます。
C言語さえ使えれば、なんてね。
覚えるしかないんです。そしてそれで終わり。
C言語が決して良い言語とは限りませんが、Kernelが・・・

僕の中では選民思想の無いコミュニティを目指したいですね。


●Kernel4.12とWindowsタブレット
Kernel4.12はハンス先生のお陰で多数のパッチが加わりました。
バグバグなのでまだ実用に至りませんが、
次のKernel4.13LTSで完成するでしょう。
まだ動かないドライバが多数あるので
そちらのテストが最優先です。
まだドライバの霧の中にいますが
いずれ晴れてタブレット元年はすぐそこです。
次のネタを考えないと・・・


●Kaby Trailタブレット?
東海道らぐでこんどうさんに
「Kaby−Trailも宜しく」と言われたので
「えっ?」
と思ってしまいました(ぉぃ
ATOMでは無いので大丈夫ですよね(ブルブル
Cherry-Trailが終わればUEFI32bitは終焉しろよ(ぉ
そうしたらKernelだけでLinuxディストリ使えるよね?と
posted by kapper at 19:04 | Comment(0) | 近況

東海道らぐ 2017年7月名古屋 LT大会 #東海道らぐ

今回も2017年7月の東海道らぐ開催しました。
いつものメンバーはOSCで発表している影響か、脱マンネリで
Linuxとは関係ないネタが目立ちます。
僕もふくめて(ぉぃ


●東海道らぐのご紹介
いつもの内容
自己紹介

●こんどうさん
BX310UA英語キーボードが買える
旅行の際に当時に比べれば随分軽量化出来る
LinuxMintを使用。

●音ゲームを作る事になった背景 やすもとさん
今は使われなくなったコントローラー失敗作の話
機械型コントローラーと消音化
初代 物理スイッチ型
マイコンボードの制御(mbed)
二代目 ピエゾ素子型
三代目 静電容量型

Theowing StarLAN TapProネットワークのパケット解析

●手間なし自炊システムの構築 もりやさん
Debian8にアップデート
下呂温泉合宿で発表した話で

今まで貯め込んだ雑誌を電子化して処分したい。
ADS-2800W
Panasonic読取革命
VMPlayerが32bit環境を認識しない
ページが表示されない。
OCRソフトが怪しい。コントラストの問題。
コントラストを強くしてやれば読める。が画像が変わる。
フリーソフトを組み合わせて全自動。

●  あひるさん
自宅マシンと宅内ネットワークの再構成
MacOS再インストール
自宅PC
ArchLinuxInstallBattle
ファン全開。うるさい
Nvidiaのドライバを入れたらエラーが無くなった

●暗号通貨 Zgockさん
openSUSEサミット東京決定
仮想化
暗号通貨って何?
モダンな暗号通貨演算ではGPUが主流
整数演算が多様される。AMDは整数に強い。
最近元気の良い通貨であるetherium(ETH)ではRADEONが圧倒的。
日本では電気代が高くて確率的にペイ出来ないので、
GPUが余っている人が遊び変わりになら。

 
●最近のPython東海ほか つぼうちさん
Ryzen+GTX1080TiでBITCOIN
一週間で0.067コイン?
SEGV....?
最近のPython東海
ハンズオン
Python2系しかインストールしていない?
PythonBootCamp in 愛知
2000円。鈴木たかのりさん
テキストは一般公開中
MakerFaireTokyo

●OSC沖縄2017と沖縄観光 Kapper
沖縄に行ってきました時の記録。
ハードオフ沖縄巡りする際には是非ご参考を




●Ubuntu16.04とVPS  H.HIROさん
Ubuntu12.04、14.04しか対応していない
VPSごと更新
ログインユーザネーム:Ubuntu
Apacheインストール
posted by kapper at 18:07 | Comment(0) | 東海道らぐ

2017年07月01日

ファーウェイが日本で生産工場のニュース

スマホ、通信機器大手のファーウェイが日本に生産工場のニュース。
驚きました。
そんな計画があったのですね。
感想をブログにします。

●ファーウェイが日本工場で生産するニュース
中国語ですが下記がニュース

http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/new/20170629/1150440/

日本語のニュースは情報が少ないので
中国のニュースを読んでます。

ファーウェイが日本の人材と技術を吸収し
「Made in Japan」として
日本や他の先進国で受注を増やすことを目的。
千葉のDMG森精機の工場を改造して生産。
Softbankなど日本向けの製品を生産。
中国メーカーは収益性の悪化した日本企業の買収を進めていて
LaoxやRenownなどが代表。
近年では日本に開発拠点を設置しており
電気自動車やIoTの開発を進めている。
ファーウェイが日本に生産拠点を作ったのは
日本の人件費の上昇が無くなって中国の人件費が上がり
日中の人件費の差が小さくなった事と
日本工場に生産管理の人材を集めており
中国式の低コスト大量生産と組み合わせ
品質と価格競争力を高める為である。
中国の直承擔著「世界工廠」によると
国内経済は減速しており海外市場の開拓が急務である。
中国の低価格競争が一段落した後は、日本の製造業として
日本の市場に入り込む必要がある。

かなあ?
適当ですが・・・
posted by kapper at 07:23 | Comment(0) | 近況

2017年06月18日

OSC沖縄2017と沖縄観光、沖縄グルメ #osc17ok

OSC沖縄.jpg

今はまだ沖縄滞在中です。
ホテルの生ビール無料飲み放題しながら
で飲みながらブログを書いていますw



●背景
5月は休日出勤していたので
会社に休めと言われたので、
OSC沖縄2017のタイミングでやってきました。
初沖縄です。
実は前々から沖縄に来たかったのと
OSC沖縄とセットで参加したかったです。
ちょうど良いタイミングでした。


●OSC沖縄2017概要
年1回のOSCのイベントで今回は
沖縄県市町村自治会館という所で開催されました。
ゆいレールの旭橋駅でバスセンターも兼ねているのでアクセス抜群。
参加者は公式100名だそうです。
今回は急遽参加を決めたのでセミナーや展示は出来ません。
LT大会で5分発表しました。
沖縄サイコー
ちゃんとLT大会で「あひる焼き」しました。
飛び入り参加出来るって良いですね。
もう少し飛び入り参加枠をLT大会以外でも増やして・・・




OSC沖縄ではいつもの遠征勢と現地の参加者で
遠征勢は30人前後、現地の人は70人前後でしょうか?
遠征勢が高い比率を占めます。
セミナーもブースも小規模ですがいつも通りです。
OS系が少ないので是非遊びに行きましょう。
NetBSDユーザーグループのえびじゅんさんとお会いしました。
小江戸らぐのいなばさんと現地合流しました。
いつもの遠征メンバーとも楽しく過ごせました。

LT大会は最終的には45人/100人参加で結構参加率が高そうでした。
コアな人が多いそうです。
アンケートで
・Windowsタブレット保有 6人/40人
・Androidタブレット保有 12人/40人
くらいで、意外と少ないなと。
Linux入れて遊びましょ! 


●不穏な天気模様
実は梅雨シーズンで結構強い雨が降っています。
常夏ではありません。
AKB48の総選挙イベントもあったらしいですが、
野外イベントはキャンセルされたそうです。
ファンの人は大変だなぁ(爆
観光にいくにも、食べ歩きするにも結構不便でしたが
勿論海水浴など出来るはずもなく
最高気温24℃位で名古屋よりも結構寒くて、意外です。
あと一週間遅ければ梅雨明けしてバカンス日和最適かもしれません。
首里駅.jpg

●沖縄ハードオフ巡り
地方の楽しみとしてはハードオフ巡りがあります。
沖縄には新規オープンした那覇小禄店を含めると3件あります。
結構バスは渋滞やルートで危険なので覚悟が必要かも。
沖縄はバス自動車しか交通機関がなく昼間は危険なので早朝移動しましょう。
バスはNavitimeで検索出来るので必ずルートと時間をチェックしましょう。
バスマップが無いと辛いので旭橋駅にありますバスセンターで入手しましょう。

・那覇小禄店
ゆいレールで那覇空港駅から1駅の赤嶺駅から
歩いて5分程度の近くです。
途中にブックオフ+オフハウスとGeoがありまして寄り道も楽しいです。
結構沢山ブツがありまして優良店です。
交通便利で観光客に最適です。
素晴らしい。
ジャンクも豊富です。
お勧め。
空港での待ち時間にどうぞ。

・はにんす宜野湾店
ここははにんす宜野湾の商業エリアにある店舗です。
交通機関が車かバスしかないので非常に不便です。
行くには旭橋駅か県庁前駅からバス43系統に乗ると良いです。
老人ホーム愛誠園前で降りるのが近いです。
他にはバス88系統とバス112系統がここを通りますが遠いです。
バス32系統のコンベンションセンター行きもいけますが、
宜野湾市営球場前バス停から歩いて15〜20分位の距離にありますので徒歩。
他の路線もありますが、住宅圏巡回ルートなので2時間以上かかります。
海岸線沿いの直行バスルートが一番良いです。
が、渋滞が激しいので注意。
渋滞なしでバス一時間、更に歩いて15分位の距離にあります。
在庫は多いですが、価格が高いのでお勧め出来ないです。
レアモンもあるかもしれませんが・・・

・沖縄泡瀬店
えびじゅんさんの情報を元に調べますと相当遠いらしいです。
泡瀬営業所の近くのマンタ公園そばで
専用のバスで2時間ほどかかります。
バス31系統で安原入口駅でそこから徒歩です。
バス31系統は那覇市内を遠回りする経路なので、渋滞します。
ちょっと遠いですが歩いてゆいレールからバス停まで移動した方が懸命です。
乗り間違えると地獄なので注意。
ハードオフ沖縄.jpg

●沖縄観光
まあ、沖縄は観光がメインです(ぉぃ

・首里城
 ゆいレール首里駅から歩いて15分。
 距離は近いですが
 山の上にありますので少し大変かも。
首里城.jpg

・県庁前周辺〜国際通り、松山
 繁華街です。
 夜の街でもあります。
 飲み屋街が沢山ありまして、一部のお店は普通に朝5時までやってます。
 バーやクラブもHPには書かれていませんが朝5時までで風営法が適用されていません。
 事実上治外法権です。日本でここだけ。
 ドンキが24時間営業で中国人が深夜でも買い物しており
 沢山のお客がいます。
 昼間は観光して、買い物は深夜にドンキで。
ドンキ沖縄.jpg

 バーは本土と比べるととっても安いです。
 お酒の値段は基本的に同じなので、
 人件費が凄く違いがあるのかと。
 最低賃金も低いですからね・・・
 ガールズバーも1500円/60分、キャバクラも3000円/60分?から
 普通の物価は本土と代わりありません。
 夜遊びするには最適かも。


・旧海軍壕
 戦時の洞窟です。
 バスで移動します。
 何故かアメリカ人ばかり(米軍?
 沖縄には実際に戦争の傷跡が沢山ありますな。
 米軍基地も健在ですし。

・ビーチ
 海が透き通っています。
 本来の夏であれば青々とした空と海があるんですけど・・・残念

・沖縄美ら海水族館
 名護の端っこにある有名観光地。まだ行ってませんがw
 高速バスで3時間弱掛るので注意。
 非常に遠いです。早朝に移動しましょ。


●交通?
基本はバスです。
那覇空港からバスやゆいレールが出ています。
ゆいレールは1日パスが700円、2日パスが1200円で乗り放題。
那覇市内を3回以上移動する際には必ず買いましょう。
バスはルートが複雑過ぎて注意です。
金額が高い上に、両替が出来ないので
1000円札以下を大量に確保しておきましょう。
危険です。
Navitimeで検索出来ますので必ず移動前にチェック。


●沖縄グルメ?
メインは沖縄そばとソーキそば。
ゴーヤーチャンプルーもがっつり食べれます。
豆腐チャンプルーなども。
沖縄ちゃんぽん(麺ではなくライス)も美味しいです。
沢山のお店がありどこでも食べられます。
でも毎日は食べられません。
九州豚骨ラーメン店も探せばあるかも。
後はステーキ店が多いです。アメリカンな文化。
ハイボールがビールより安いですがガッツリ氷が入っていますので
体積的に相当かさ増しされています(ぉ
スーパーに行けば肉料理や寿司など買えますし。
A&Wも各地にありますし。
勿論全国チェーン店のココイチや吉野家、マクドナルドも無くはない
おやつにサーターアンダギーも。あまり見かけませんが(ぉぃ
焼肉に海鮮料理も。
あとはかき氷シャーベットの地元グルメもお勧め。

全体的に居酒屋がほとんどです。通常の飲食店よりかなり多いです。
飲食店を探す方が大変かも。流石観光地。
空港の料理店にもありますので結構便利です。
まず食べてみましょ。


●ホテルにて
今回は格安ビジネスホテルのステーションホテル牧江に泊まりました。
少し距離がありますが、駅から隣で安くてよかったです。
繁華街の国際通りの端っこにあります。
ネットは勿論使い放題で、24時間。
なんと偶然、生ビール無償サービスがあり
PM10:30〜AM0:00まで1Fフロント近くで飲み放題です。
今ビールを飲みながらブログ書いています(爆
通常は2000円かかりますが、ホテル客はタダです。
中国人でいっぱいですw
のめ
沖縄ホテル2.jpg

●まとめ
やっぱり沖縄は観光地ですね。
来て良かった。
那覇市も人口30万人程度の割に住宅密度の高い大都会ですし。
多分観光客が桁違いなんでしょう。
特に中国人が多いです。
OSC沖縄もいつもの通りで安心します。
是非セットで遊びに来ましょう。
LCCを使えば沖縄も安いはずです。
渋滞に注意。
日本で一番渋滞の多い地方?

2017年06月14日

Windows10用Bai-Trail世代タブレット PC-TW708/CAS Ubuntu Gnome17.04インストールテスト編 その1

UbuntuGnome.jpg

Bay−Trail世代のTW-708/CASで
Ubuntu Gnome17.04のインストール記録です。
Ubuntuの項目で色々書いていたけど、その続き。
内容は大きくは変わりませんが、
色々と困った所もありましたので記録します。
まだ解決前です。


●Bay-Trail世代とUbuntuGnome17.04
Windows10タブレットがブームになったのが、
恐らくこのBay-Trail世代かと思います。
2014年から色々と語られ続けてきましたが、
Kernelの対応が遅れ、ドライバとUEFI32bitで悲しい思いを
してきたはずかと思います。
Kernel4.9LTS世代になってやっとまともに起動する様になりました。
Ubuntu17.04世代ではちゃんと動くと良いですね。

機種の紹介です。
毎度ながら。

・NECLaVie Tab W TW708/CAS
・CPU インテル Atom Z3736F(1.33GHz)
・メモリ 2GB
・ストレージ 64GB フラッシュメモリ
・ディスプレイ 8型ワイド(1920×1200ドット)
・ネットワーク IEEE 802.11b/g/n、Bluetooth 4.0
・インタフェース Micro USB 2.0端子、Micro HDMI端子、
      マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ端子
・拡張スロット MicroSDメモリーカードスロット
・カメラ 前面:約92万画素、背面:約500万画素
・センサー GPS、加速度、地磁気、ジャイロ
・バッテリー駆動時間 約8時間(Wi-Fi接続時)
・サイズ/重量 約幅46.5×奥行き43.5×高さ28.0mm/約370g
・OS Windows 10 Home 32ビット
・発売日 2015年10月


SSDが64GBでまま容量があるのがポイントです。
Linuxを使う上で

・UbuntuGnome17.04では何とか起動、動作確認
・タッチパネルが標準で動作
・無線LANは追加ドライバ必須
・Blackscreenのバグが現在進行系で強烈な機種なので環境を選ぶ。
・Intel Graphics Driver OSS版は標準動作
・標準のUnity版よりGnome版の方が画面回転のリスクが無く、
 GPUの関係上、一応起動するので使いやすい
・カメラやGPSは動作していない

強烈なバグは残った機種ですが大分マシになりました。
今回も大体殆どこちらのサイト様を参考させていただきました。
大変感謝です。

Windows tabletに遊ばれてみた part1 -- NEC TW708/basにubuntuを入れる。



●UEFI32bitとUbuntuGnome17.04 64bitをインストール
Bay-Trail世代のCPUは64bit版なので、
当然Ubuntu16.04も64bit版が必要です。

ただし、Bay-Trail世代はUEFIが32bitなので
ブートローダー(Grub2)がそのまま入らない設計ですw
実はLinuxではUEFI32bitは標準対応は外してありますw
なので、通常のUbuntuを使うと32bit版は全て32bit、
64bit版は全て64bitを使う必要があるのですが途中で止まりますw

・ハード 64bit⇒Ubuntu 64bit⇒UEFI 64bit⇒ブートローダー64bit
なら仮に標準でも何の問題もありません。
ただ実際は、

・ハード 64bit⇒Ubuntu 64bit⇒UEFI 32bit⇒ブートローダー64bit(NG)
となってしまい、Grub2を32bit版を後から入れる必要がありますw
つまりインストーラーが途中で落ちますw
面倒な設計ぢゃ

●あると便利なハード
・MicroUSB-USB変換コネクタ
・USBメモリ >2GB
・USBハブ(セルフパワーだと安定します)
・USBキーボード
・USB無線LAN
・USBマウス
・USB有線LAN

USB有線LANは可能な限りあったほうが良いです。

●USB-ISOイメージからUbuntuGnome17.04 64bitをインストール
まず、UbuntuGnome17.04の64bit版ISOをダウンロードしてきて
USBメモリに焼きます。
その際に/EFI/BOOT/にUEFI32をコピーして有効化します。
ここに書いてある様に

Mouse Computerのスティック型PC m-Stick MS-NH1にUbuntuをインストールする。

https://github.com/jfwells/linux-asus-t100ta/blob/master/boot/bootia32.efi
のbootia32.efiをダウンロードして、
USBメモリのUbuntuのEFI/BOOT/にコピーして保存します。
これでUEFI32bit機でUbuntuがブート出来る様になります。
分かれば簡単ですが、そこにたどり着くまでの苦労が忍ばれます。

次にMicroUSBにUSB変換ケーブルとハブ、キーボードとメモリを刺します。
他のハードも空いていれば繋ぎます。

電源ボタンをONにしたら速やかに「F2」キーを押して
UEFI設定画面を出します。BIOSと同じですね。
機種によってボタンは変わりますのでググるしか。
実はOSがWindows10であろうと無かろうと同じだったりします。

まずセキュアブートをOFFにします。
次にUEFIの起動順番をUSB Ubuntuと書いてあるメモリを戦闘にします。
で一旦Save &リセット。
これでUSBから起動出来るはずですが、こいつの場合はNGです。
参考サイト様に書いてありますが、

 EFIメニューのboot overrideからubuntuインストーラを起動

させる必要があります。
つまりUbuntuを起動させる為に毎回UEFIの画面を出してBoot overrideから起動w
面倒。
でもそれだけだったり・・・
これに気づくか気づかないかと言われると間違いなく気づかない。
先達様に大変感謝です。

Grub2が起動するはずなので、

 *Try Ubuntu without installing
 Install Ubuntu
 OEM install (for manufacturers)
 Check disc for defects

Install Ubuntuを選択します。
動作確認はTryの方で。

Ubuntuのインストーラーが立ち上がりましたら、
パーティションを分けて設定。
決してWindows10領域を消さないように。
Ubuntuのパーティションを区切ります。
大体10GB以上でしょうか?


 以下のデバイスのパーティションテーブルが変更されます:
 MMC/SDカード1(mmcblk0)

 以下のパーティションは初期化されます:
 MMC/SDカード1(mmcblk0)のパーティション5をext4に
 MMC/SDカード1(mmcblk0)のパーティション6をスワップに

通常ですとmmcblk05か6のパーティションにインストールされるはずです。
要注意なので覚えておきましょう。

ここでUSB有線LANをつなぎましょう。
Ubuntuの場合は、Gurb2-EFI-i386のパッケージがあるのですが、
インターネットに接続する必要があります。
USB有線LANの場合は自動でネットに繋がってaptされますので
エラーは出ませんが、エラーが出た場合自分で
GrubをCUIで設定しないといけないので大変です。
今回はこの後の設定は割愛します。
再起動しますと、ちゃんとGnomeが起動するはずです。
Gnomeは縦横画面のどちらでも使えるのでありがたいです。


●初期設定
実は3回消していますw

・apt upgradeするとブラックスクリーンになって起動しなくなるw
 ⇒原因が分かっていません。
 GPD-WINの例より多分Intel Graphics Driver OSSの影響かと思っています。
 Kernel4.10.0-22でも起動していますが、
 Kernelを追加するまではapt upgrade禁止

・UKUUなどでKernel4.9LTSに入れ替える
 ただし、aptでバージョンエラーが出るので都度削除される。
 初期の起動するKernelは消さない方が良い。
 ブート時のGrub2の画面で切り替えできます。



●起動しない場合の疑わしい点
起動しない場合は
まず、

・UEFI32bit⇒Boot overrideを選択
・Grub2 32bit⇒手動でインストール
・/boot/efi/EFI/bootia32.efiが無い
 ⇒sudo suでスーパーユーザーになってcpしましょう
・Blackscreenのバグ⇒KernelかGPUのバグ?分かりません。
・インストールする際にパーティションの設定で、
 FAT32⇒/boot/efi⇒EFIパーティション
 のブート部分の設定が必要。200MB前後相当。
 このパーティションがないとブートローダーが起動しません。

この5点が怪しいです。
一度確認してみましょう。

●Wifiとbluetoothドライバ
参考サイトを見ると、

 Wifi:rtl8723bs
 Blueooth:rtl8723bs_bt

だそうな。
githubにドライバソースコードがありますので、
make, sudo make install するだけです。

 sudo apt install build-esential linux-generic git-cvs
 git clone https://github.com/hadess/rtl8723bs.git
 git clone https://github.com/lwfinger/rtl8723bs_bt.git

後はどちらもmake, sudo make installするだけです。

 cd /rtl8723bs
 make
 sudo make install

 cd /rtl8723bs_bt
 make
 sudo make install

ビルドしたら再起動


●安定しないよ
標準のKernelはバグが残っているのでフリーズします。
Kernel4.9LTS系列を入れましょう。
ukuuを使うと簡単ですが、それは別のブログで解説しています。


●まとめ
一応なんとかUbuntuGnomeが起動するはずです。
怖くてまだapt upgradeしていませんw
初期のKernel4.10-13ではKernelバグで起動しないと思っていたので意外です。
最初Unity版を入れた時は初回起動しませんでした(涙
CPUのターボモードのバグは直っているはずですが、
Blackscreenのバグは直っていませんので注意w
他のドライバ(画面回転など)は動いていませんので注意。

他のWindowsタブレットは別のブログで書きます(多分
この機種はまだタッチスクリーンが動きますので何とかなっています。
しかしUbuntu Unity版を入れたらいきなりブラックスクリーンだったので、
GPUが関係はまだバグがあると思ったほうが良いです。
最新のKernelを入れてテストしつつ、をやりたいのですが
まだ怖いのでOSC京都終わったら考えようかな、と。
posted by kapper at 19:53 | Comment(0) | TW708

2017年06月10日

Twitterアイコンから見る性格診断を読んで

こんちは
今日はネタブログでTwitterアイコンをネタにします。
アイコンから世代や性格が読めるそうな。
最近は一理あるな、と思うようになってきました。
とりあえずネタなので本気にしないで下さいw
マジで。
ネタ総論であって、各個人を対象にしていませんので、
仮に気になる所があったとしても他意は無いので気にしないで下さい。

●SNSアイコン
SNSアイコンは主に「顔」を表すものであり、
個人が特定出来る可能性が高いSNSでは個性が出やすいです。
所が、結構特徴が出ます。
面白いです。
昔、2chで見たこの画像がツボにはまっています。
情報が古いですが、なるほどよく出来ているなと。
共通点あるんかな?

アイコン.png

●よくある性格診断
Kapperの独断と偏見です。悪意はありません。

1.動物アイコン
30代後半〜50代に多いです。
何故でしょうか?不思議です。
多分、
・個人情報を隠したい世代(2chの影響?)
・ヲタクが虐げられていた世代w
 今と違って趣味全開の自己表現が出来なかった名残?
 抑圧の世代
・著作権侵害が怖い人。
 ひょっとしたら?いざとなったら?の時のために。
・隠れヲタクも実は多そう(偏見
 俺はヲタクじゃないよ(ぉ
・会社や取引先にバレても言い訳出来る様に・・・

2.アニメキャラアイコン、美少女キャラ、2次元関連アイコン
10代〜20代前半に多いです。
ヲタクが多数派になり市民権を得て勝ち組になった頃の世代です。
抑圧されなく、イメージカラーに束縛されない
若い人が殆どです。
2次創作が全盛期で著作権侵害をあまり気にしてません。
高年齢でもレベルの極めて高いガチ勢で例外あり(違
会話の内容で識別するしか無い人もいますな(ぉぃ
会社?世間体?知らんなw

3.植物、風景
どちらかと言うと無カラー。
大人しい人が多いイメージ。
自己主張控えめ。
隠れ哲学者、宗教家?

4.初期たまごアイコン
初心者を除くとあまりいない初期たまごアイコン
変えない事にポリシーがある人。
癖が強い人に多い

5.電車
鉄ヲタ?

6.自撮り、自画像
業界人。
もしくはなんちゃって業界人気取り。
自己アピールしたい人。
このネットリテラシー上のリスクを考慮する必要のない人。
癖が強くて個性的な人が多そう。

7.猫アイコン
とにかく猫大好き。
無カラーを意味する他の動物アイコンとは違います。
強い自己主張を感じています。
犬アイコンの人は若干自己主張が猫の人に比べると低め?
その手の話題を振ると大変そう。
まあ人の事は言えませんが。

8.日の丸
右の人。
政治的な話題が多い。
お前らタブレット買え。
Linuxを入れて遊べ!
ガジェヲタに転向しろ(ぉぃ
全てはパソコンの下において平等なのです(違
その情熱をLinuxにも分けて・・・

9.プリクラ
・・・ノーコメント


10.あひる
焼け
あひる焼き


11.鹿
野生のジビエ
しっかり焼かないと食中毒になります(ぉぃ
SNSで見かけたら盛大に焼きましょう
焼かない人がいれば俺が焼きます(違


●Kapperのアイコン?
Kapperのアイコンは赤ペンギンで、勿論アレです。Linuxですw
情熱の赤、ではなくダークな殺意(違
モバイルって何色だろう?と思い当たらなかったので
宗教じみているな・・・と思った事は何度もありますが、
当初、Netwalker実験所を始めた時はペンギンしか頭にありませんでした。
SNSを初めて実はLinux使いでもペンギンは殆ど居ない事に気づきました(ぉぃ

僕の色は心の中だけは実は青です。ブログも青ですね。
小さい頃の心に残った色の印象です。
元は青空かな?
実際のイメージとか、現実は一切無視して下さいw
全く関係ありませんw
「このイメージはフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。」
みたいな・・・


●まとめ
とりあえずネタなので本気にしないで下さいw
冗談です冗談。
これがMastodonとtwitterで違うのがなんとも。
世の中複雑。
posted by kapper at 08:54 | Comment(0) | PCその他

2017年06月06日

新世代UMPC Cherry-Trail #GPD-WIN Ubuntu+Kernel4.12RC4テスト その12

GPD.jpeg

今日は出てきたばかりのKernel4.12RC4をGPD-WINで試してみました。
ベースはUbuntu17.04です。
実用はともかくテスト記録です。

●Kernel4.12RC4
最近のKernel4.12RC4では色々なパッチが反映されているのですが、
Intel Graphics Driver OSS版が画面表示されない
都合でテスト出来ていませんでした。
画面が映らないもん。
どうしようも無かった。
Kernel4.12RC4でバグが無くなりそうだったので
UKUUを使ってPPA版のMainlineKernelを
GPD-WINでも試してみました。

結果、
・バッテリーセンサー動作OK
・WIFI動作OK
・Intel Graphics Driver OSS版動作せず
 grubオプションでnomodeset必須
・画面回転が何故かNG?

という判断。
画面回転出来ませんので、実用難しいですが。
一応各種追加パッチはKernelを入れ替えるだけで動作確認。
もう少しバグが減ると・・・実用まで後少し
ですかね?

●まとめ
パッチ、ドライバ類はKernelに直接反映されています。
ノートPCではKernel4.12RC4でちゃんと動きましたが、
ATOMでは厳しいかも?
今後に期待。
posted by kapper at 01:34 | Comment(0) | GPD-WIN

2017年06月04日

My presentation materials「 #OpenSuse 42.2 on Windows Tablet #T100TA 」in Tokaido Linux Users Group

東海道らぐで時間があれば資料を作ったので講演致します。
OpenSuseとT100TAをネタにしました。
主に海外の人向けに英語主体で作ってあります。
リリース前に一人でも読んで頂いて興味を持って頂ければと。
現時点で出来た部分までで正式版として公開致します。

I will speak about 「 #OpenSuse 42.2 on Windows Tablet #T100TA 」
in Tokaido Linux Users Group,Japan.
The it is possible to have material now and then published.

PDF資料はこちらです。

 http://kapper1224.sakura.ne.jp/Netwalker osc tokaidoLT201706.pdf

posted by kapper at 01:44 | Comment(0) | 東海道らぐ

オープンソースカンファレンス名古屋2017 出展者側の感想と反省 #oscnagoya

OSC名古屋.jpg
OSC名古屋2017お疲れ様でした。
今年も盛り上がりました。今回も大変楽しかったです。
来訪者のみなさま、出展者、事務方全ての人に大変感謝致します。
今回OSC名古屋2017に出展した感想をコメントします。
反省と今後どうするかを一旦整理したいと思います。
体調を壊した。あー、辛かった。

オープンカンファレンス名古屋2017

●OSC名古屋2017全体像
今回のOSC名古屋は吹上ホールで多数のコミュニティが参加しています。
伊勢IT系交流会でご紹介させて頂きまして
きっかけで多数の伊勢のコミュニティの皆さんにもご参加頂きました。
三重県の皆様も多数ご来訪頂けたそうです。嬉しいです。
誠にありがとうございます。

伊勢IT系交流会

ise.jpg

沢山の方が来訪されておりまして、
セミナーを聞きに行ったり、見回りに行く余裕は全くありませんでした。
ごめんなさい。
お昼ご飯も全く食べられません・・・
しまった。

今回は仕事のTPMワールド大会ポスターセッションの発表と
OSC名古屋のイベントがバッティングしてしまい、
ある意味地獄でしたw
仕事が2倍に増えても、時間が増えるはずもなく
深夜や休日にTPMの資料を作り続ける毎日。絶望です。
諦めようと思ったのですが、参加出来ただけでもありがたいです。
苦しい1ヶ月半でした。

東海道らぐのメンバー、伊勢のメンバー、東京関西のメンバー
NBUGのメンバーみなさんが集まった珍しい年でした。
また、あひるさんのカリスマで学生さんが多数参加しました。
驚きです。
ポスターやキャラクターも作られてクリエイティブになりました。
名古屋もまだまだ凄いな、と思いました。
もっと盛り上げていきたいです。

osc2017_Nagoya_poster_s.jpg
島田.jpg
BSD.jpg

●事前情報のヒヤリング
OSCは僕らにとって数少ない発表の場であって、
商売一切抜きで活動出来る場なので大切にしたいです。
所が、年々参加者が減少傾向。
ヒヤリングして裏マーケティングしていました。
こんな意見です。

・オープンソースに直接関係していないので参加できない
・発表出来る内容がない
・ブースに何を展示してよいか分からない

まあ、オープンソースを使っていれば良いんですが。
オープンコードの活動をしていれば尚良いですけど。
クローズドソースの人も、OSSのネタをベースに是非参加して欲しいです。
商売であれば、協賛金(7万円〜)を出して
宣伝広告するのもありなんです。
そんなに高くはありません。

●社長のありがたいお言葉
懇親会で社長とお酒を飲む機会がありまして、
色々とお話をお聞きしました。
やはり社長はこの業界で凄いです。

・ソフトウェアのデベロッパーカンファレンスを開催
⇒Pythonなど言語系コミュニティ不参加の課題に対し
 専門のカンファレンスを実施するそうです。是非ご参加を
・機械学習など
⇒今は希少だからクローズドなコミュニティが多いが、普及時には
 必ずオープンソースの揺り戻しが来る。
 開発コストを考えると、OSSベースが必ずやってくる
・今後は三重県でも・・・

●Kapperの展示、セミナー内容と配布資料の見直し
今回は机1個でタブレットを全面に置きました。
Android-x86からUbuntu、Debian、Fedora、OpenSuse、Mint
NetBSD、GhostBSD、Manjaroなど
各ディストリをタブレット一色に染めて。
ぱっとみインパクトが弱かったですが、レイアウトは別途相談。
荷物が重かった・・・反省。
結果、色々反響がありました。

やっぱり大量に数を置かないとダメです。視点が人それぞれ全然違うから。
Windowsタブレットをやり始めて大物主体になっていたので
展示内容は見直しが必要です。
展示は今後はスマホ、ガジェット小物中心にシフトします。

今回の機材は
・GPD-WIN x2 メインです。Ubuntu改造版が大受けしました。
・surface3 メインです。Ubuntu Gnome 2番人気。完成度高い。
・T100TA x3 Fedora、OpenSuse、Debianマルチブート
 10インチは日本では受けがあまり良くないですが。。。
 とにかく移植完成度が高いWinタブ。2台目にお勧め。
 HDD内蔵型はなお良し
・CF-U1 インパクト最強のタブブック。NetBSD、Manjaro
 マニアックな形状が大人気。もう一台買いますw
 LegacyBIOSのテストには良好。
・Windows中華タブレット Win-70b Ubuntu17.04
 密かに大人気。こんな安っぽい中華タブレットでも
 CPUは同じなのでスペック上では問題なくUbuntuが動作してます。
 見た人が指を指して関心していました。どうや?
 Netwalker実験所が見せたかったものだw
 電池が2時間しか持たないので午前中でダウンw
 退場しましたとさw
 展示には不向きw
・Windowsタブレット Miix2 8 LinuxMint
 午後に入れ替わりでUSBブート。
 意外とUSBブートは人気がありました。
 USBを刺すだけでこんなに簡単にLinuxが動くなんて、って。
・WN892 Android-x86 実はCherry-Trail最新型
 AndroidをUSBから直接起動。
・電子手帳Dayfiler
 何故か大好評。Androidが乗っているのでLinux動いちゃいます。
・電子手帳 無敵CD-920
・N900

やっぱり注目度はAndroidに大きく負けますが、
WindowsタブレットでUbuntuやDebian、openSUSEが動いているのを
見てもらうと思ったより反響がありました。
実物が動いている影響力って凄く大きいです。
百聞は一見にしかず、ですね。
これだけはブログでは伝わりません。
こういうWindowsタブレットの活動を行い、Linuxを実機で動かすことで
反響が大きくなってきたのを感じます。

本当は8インチタブレットを並べたかったのですが、
ATOMとUEFI32bitバグでUbuntu17.04が爆死したため、ダウングレード必須。
作業が間に合わなくて断念。
10インチ機種とLegacyBIOS機の大物を主体に展示。でも机一杯。

やっぱりLinuxは8インチタブレットです。これしかありません。
5.5インチは小さすぎる、10インチは持ち運ぶには重たくて邪魔w
モバイル出来て、Officeブラウザ使えて、ターミナル出来るのは8インチしかない。
皆様の感想は一様にこういう貴重なご意見でした。
今まで無かった新しい市場を開拓する嬉しい気持ちです。
実機を展示する以前はこういう意見はありませんでした。
嬉しい( *´∇`)  ほっこり☆
次も8インチタブレットを沢山並べて各OSをどかっと載せたいです。
竹みたいにスタンド立てて、キーボードなしでw
それ恐ろしい変態ブースだw
面白いw

確信した。
ちゃんと動くOSと実機が大量に出てこれば、このテーマは当たる。
GPD-PocketもWindows10と比べて1/5だがUbuntuの注文来ているし。
モバイルに限れば、現在の1.5%のLinuxシェアを大きく上回る15倍の需要。
それでもWindows10には負けますが、
箱売りではなくカスタムROMという新規性の市場性を考慮すれば十分。
WindowsとAndroid-x86とLinuxでマルチOS路線を狙う。
それぞれに得手不得手があるので共存。
MacOSも動くだろうけど、ライセンス違反(ぉ

東海道らぐ関連ではしまだ先生がRaspberryPiを用いた
OS CDライターが大人気。
教授のビートマニア改造コントローラーも大人気。

鹿さんのおーぷん万葉も好評。
ひよわさんのシングルCDも人気。
小江戸らぐブースも大盛況

●セミナー関連
配布資料はこちらです。
前回の焼き直しして追加しました。
ドライバハック+*BSD動作確認に強化しました。
タッチスクリーンの話を色々と教えて頂きました。
ちょっと構成が悪いのを大反省しつつも時間が足りなかったです。

Nago.jpg

●セミナー中のアンケート
今回のアンケート。
参加者推定45人程度。
40人位の狭い部屋が満席で立ち見が5人前後。
まだまだWinタブレットは逆境を感じるな、と思いつつもテーマ半ば。
実機が確実に動き始めて、これからが本番です。
タブレットに興味を持ってくれるコミュニティさんも少しづつ出てきました。
誠にありがとうございました。



●配布資料
一つ一つに魂を込めています。
Android関係は非常に人気がありますが他の資料は程々程度。

今回発表 Winガジェ 50部 ⇒ 0部 13時過ぎに完売
前回 Android 50部⇒ 10部

合計90部でした。
アレ?
僕確か遅刻したのに、わずか3時間弱で50部無くなってしまいました(実話)
実は午前中の名古屋BSDユーザーグループさんのセミナーを
聞いていて席に戻ったら机の上から資料がゴッソリなくなっていましたw  
午後は配るモノが無くなっていて、
いつもならセミナー中にお礼として一人づつ手渡しで配布するのに
今回は昼過ぎに完売!?

まいどありがとうございます(注:無償配布)
ちょっと印刷数が少な過ぎました(驚き
いや寝坊して印刷していたから遅刻したのですが・・・
昼過ぎに完売してしまったので午後から配れませんでした(ぉぃマテ
OSC名古屋も怖い・・・
過労で死んじゃう・・・
50部x10枚/冊=500枚+40部x9枚/=360枚・・・なんですよね。
今回は準備時間が全然足りなくて、印刷出来ませんでした。
重いし。ホッチキス止める作業も大変。
もう少し増やして大量にばら撒けば良かった。
いやそれが出来る余裕が無かったんですけど、京都ヤバイ。

実は印刷コスト超苦しいんですけど・・・裏側。
トナーを大量発注しないと・・・
当然めっちゃ赤字です。無償配布。
怖いわ・・・

●セミナー中のアンケート
今回のアンケート。名古屋勢の世論調査のご参考までに。
名古屋のガジェット好きは東京と比べるとレベルが高いです。
誠にありがとうございました。

1.Ubuntu、Debianや*BSD、Linuxを使った事がありますか?
 ⇒ほぼ全員。9割以上。やっぱりUNIX系ユーザーのみです。
  Windowsユーザーに来てもらうにはどうしたら良いかなぁ。
2.RaspberryPi、1ボードPCを使った事がありますか?
 ⇒9割くらい。やはりレベルが高いです。
3.電子工作やっていますか?興味ありますか?
 ⇒6割くらい。名古屋勢は結構強者ぞろいです。
  実はガチの人たちが集まった予感。
4.x86−Windowsタブレット、GPD-WINなどUMPCを持っていますか?
 ⇒5割くらい。ガチ層という認識。
5.ARM Android タブレットを持っていますか?
 ⇒7割くらい。結構持っていますね。
6.


●今回の貴重なご意見
・商売しないんですか?
⇒いつもご意見ありがとうございます。
 タブレットにUbuntu入れるだけですけど、おまいら欲しい?買うの?
 データはある程度そろっていますが、
 まだ、ドライバの移植に時間がかかりそうです。
 KernelをRedHatみたいに自前で改造できればサポート商売出来ますよね。
 僕にはちょっと厳しいかな・・・
 
・配布資料無いんだけど(怒
⇒本当にスミマセン。
 13:00過ぎで完売しました(涙
 予想を超える人気でどうしようもありません・・・
 こちらとしても想定外でした。
 
・SonyのUMPCのType-Pもありませんか?
⇒昔ありましたね・・・
 残念ながら持っていません。
 今度、安価で見つけたら入手してみます。
 勿論Linuxは動作すると思います。

・中華タブレットでも問題なくUbuntuが動くんですね・・・
 スペックは問題ないですか?
⇒CPUはBay-Trailの1.33GHzで他のタブレットと同じです。
 動作自体は問題ありません。
 メモリ、液晶、バッテリが安いのになっていますが。
 ただタッチスクリーンが動作していないのでもうちょいです。
 ミニマム7インチUbuntuは面白いんですけど。

・Nexus7でもUbuntuは動作しますか?
 昔はありましたが最近のUbuntuが動くのですか?
⇒旧来のUbuntuはサポートアウトですが、UbuntuTouchや
 XDAを読むと非公式MultiROM版が出ています。

[multirom]ArchLinuxARM release for N7 2013


・NetBSDでもpkgsrcからドライバ入れればタッチスクリーン使えます。
⇒スミマセン。勉強不足で申し訳ありません。
 お教えありがとうございます。
 今度試してみます。

・Linuxを動かして最も完成度の高いタブレットはどれですか?
⇒RTを除くSurfaceシリーズですね。
 特にCoreiシリーズはノートPCと同じ仕様で
 Atom関連のバグが少ないらしいです。
 次点がT100TAかと。こちらは欧米でユーザー層が多いです。

・Debianもタブレットで動くんですか?
⇒勿論動きます。
 T100TAでDebian Stretchを動かして展示しています。

・DebianのFirmwareインストールが面倒くさいんですけど・・・
⇒ライセンス上の問題なので仕様かと・・・

・Arch Linuxは使わないんですか?
⇒僕の場合、Manjaroを使っています。
 勿論タブレットでも動きます。

・AMDのタブレットどうですか?
⇒ノートPCみたいな設計です。
 ATOMのバグが無いのでありがたいです。
 次世代機待っていますハート

・お勧めのLinuxディストリ何ですか?
⇒独自KernelのEXTON Linuxですね。ドライバ多いです。
 次点がAndroid-x86です。
 他はKernel4.9LTSが入っていれば差異は無いはずですが、
 Kernel4.10〜もバグが増えているので要注意です。

・サムスンのUMPC。個性的な形状で面白いですね。
⇒たしかQ1Ultraです。
 当時は色々な形状がありました。
 E-Bayで輸入しました。
 Lubuntuが普通に動くので良いです。
 この世代は*BSDも動くので楽しいです。
 i686専用

・パナソニックのタフブックCF-U1カッコイイ・・・
⇒世界にもあまりないマニアックなUMPCです。
 Linuxが完全に動作するのでお気に入りです。
 重いけど。
 i686専用
 もう一台欲しい。

・去年、温泉合宿をやったらしいな。今年も幹事やれよ
⇒どこでその情報を・・・(w
 合宿はしまだ先生の大日程次第なので未定です。
 全く分かりません。
 どうしてもやりたい人が複数人いる場合は考えますが、
 東海道らぐとは別コミュニティ扱いでの開催が必要かもしれません。 
 ホテルは最低2ヶ月前からの予約が必要なので、
 参加者と予算を前もって決める必要があるのが課題です。
 場所は、関西と東京から高速バスで安価移動できる前提で
 高山温泉か長良川温泉の2択しか考えていません。
 いずれにしても全く未定です。
 


2017年05月27日

Netwalker Labo OSC名古屋2017 講演資料「GPD-WINやWindows10タブレットに各種Linuxディストリを入れて改造してみた Install Linux Distributions on GPD-WIN and ATOM Devices #oscnagoya

5/27にOSC名古屋2017にIntel Linux関連でGPD-WIN、Windows10タブレットの
ハッキングなどをモチーフとして出展、講演致します。
5/27(土)15:15〜 吹上ホールです。
現時点で出来た部分までで正式版として公開致します。

I will speak about 「Install Linux Distributions on GPD-WIN and ATOM Devices」
to May 26 in Nagoya,Japan.
The it is possible to have material now and then published.

OSC名古屋2017の公式HPはこちらです。

 https://www.ospn.jp/osc2017-nagoya/

PDF資料はこちらです。

 http://kapper1224.sakura.ne.jp/Netwalker osc nagoya2017.pdf




1、OSC名古屋2017向けの改正版として公開します。
  ダウンロードはPDF、データ閲覧はSlideshareなどを使っています。
  GPD-WINやWindowsタブレットにハマり過ぎてしまいました・・・

2、資料に誤りや公開上問題がありましたら修正しますので
  ブログまで是非ご連絡頂けましたら大変助かります。

3、内容はx86に関係する内容が色々と混在しています。
  ATOM、Windows10タブレットでLinuxを動かす方法を纏めました。
  45分にかなり詰め込みました内容です。
  発表は全部できないと思いますので、ここでは資料優先にしておきます。

4,次回のネタ大募集中です。
  Kapperのセミナーは皆様のご意見を反映する形で、
  実施するつもりで計画を立てています。
  是非ご意見下さい。

2017年05月21日

OSC名古屋2017の展示物とOSの組み合わせを考える

がじぇっとが多すぎてちょっと頭の整理に。
どう見ても台数買いすぎ・・・
選別しないと。ねぇ。
NetBSDがGUIで動くタブレットが無いのが残念。
机に置けないよ。

・GPD-WIN@:Ubuntu17.04+Kernel4.9LTS
・GPD-WINA:AndroidかRemixOS? USBブートなLinux系
 ⇒壊れているので出さないかも
・TW708/CAS:Ubuntu16.04+Kernel4.9LTS予定
・T100TA@:OpenSuse42.2
・T100TAA:Debianか他のOS
・T100TAB:マルチブート機。UbuntuとFedora
・Surface3:Ubuntu17.04 Gnome
・W500S:GhostBSD(FreeBSD)
・TW317A5:NetBSD(ただしCUIのみ)
・WN892:場所があればExTix17.0
・Netwalker:初期設定のまま
・DynabookAZ:Ubuntu14.04のまま(場所があれば)
・Nexus7 2013@:DOSBox+Windows95
・Nexus7 2013A:CyanogenMOD
・Chromebook:Chrome+Ubuntu(場所があれば)
・Pi-TOP:場所があれば
・OpenPandora:場所があれば
・台湾電子辞書:場所があれば

その他(セットアップ前)
・WIN-70B@:Ubuntu
・WIN-70BA:OpenSuse
・Windows7 アメリカンタブ:未設定
・Windows7 パナタフブック:未設定
・Miilx2 8:未設定
・Chuwi Vi8:未設定
・W4 840:未設定
・Nexus7 2012@:
・Nexus7 2012A:
・Nexus5
・TinkerBoard他

Ubuntu改造日記 Chrome用Mastodon、Twitter投稿Extentions Tooter その51

tooter.jpg
今回はChromeのExtentionsで
TwitterとMastodonの両方に投稿できるTooterをネタにします。
Chrome系ExtentionsなのでTweetdeckや
Vivaldiでも使えるので便利です。
ログインするだけです。

●Tooter
Mastodonが広まっていますが、
SNSが増えすぎると投稿が面倒といいますか
一括で投稿したいです。
TooterはChromeExtentionsです。
Chrome系全般なのでVivaldiでも使えます。

Tooter ChromeWebstore

●使い方
まず上の公式サイトからExtentionsをインストールします。
Tooterをインストールしたら一旦Mastodonをログアウトしてから
再度ログインし直します。
で、拡張機能のオプションからMastodonのサーバを入れてログイン。
承認ボタンを押すと終わりです。
TwitterのツィートボタンにMastodonのTootボタンが追加されています。
便利です。

●まとめ
あると便利なマルチ投稿ボタン。
しかもOS非依存環境。
こういうのほしかったです。
次はAndroidやFirefoxOSのブラウザにも対応を・・・
posted by kapper at 16:21 | Comment(0) | Ubuntu

Ubuntu改造日記 危険すぎる超高性能 動画ダウンローダー youtube-dl その50

今回は昔から定番のYoutube-dlを扱います。
昔からUNIX系にあるアプリですが、
日々進化を遂げています。
Python系スクリプトなのでOSを問わない所ですが
あまりの高性能っぷりにヤバイね、と。
CUIアプリを倦厭している人でももったいないので
たまには使ってみましょう。

●Youtube-dlとは
Pythonで書かれたダウンローダーです。
その名の通りYoutubeから300以上の動画サイトに対応。
危険極まりないツールです。
これ許されるのかな・・・
ほぼ全てのUNIX系OS、Windows他に移植されてます。
特徴として

・Youtubeやニコニコ動画など300以上の動画サイトに対応
・CUIコマンド入力型
・Python2.6、2.7、3.2+に対応
・ユーザーログイン型にも対応
・リストから一括ダウンロードも可能
・サイトにある好きな動画形式でダウンロード可能
・MP3など音声だけでもダウンロード可能
・ffmpegにパイプを渡せば・・・
 なんとダウンロードから動画変換までのコンボがCUIで
・ダウンロード速度制限も可能。適度にネットやりながらも可

といたれりつくせり。
勿論もっと他にもオプションがあるので、
機能は書ききれないほど多数。
Netwalkerの時代から使っていましたが、
恐ろしいアプリに化けました。
参考サイトはこちらです。恐ろしい。

youtube-dl本家
コマンドラインで動く動画ダウンロードツールyoutube-dlの紹介とそのzsh補完関数を書いたので紹介
youtube-dl コマンドが便利すぎる・・・
HOW TO USING YOUTUBE-DL WITH FFMPEG. EXAMPLES.
youtube-dl オプション一覧及びそのメモ
youtube-dlをWindowsで使い、mp3でダウンロードする方法!

●対応サイト
ありすぎ

Supported sites

●インストール
端末から普通に

sudo apt install youtube-dl

また、本家から直接最新版も

sudo wget https://yt-dl.org/downloads/latest/youtube-dl -O /usr/local/bin/youtube-dl
sudo chmod a+rx /usr/local/bin/youtube-dl

最新版にアップデート

sudo youtube-dl -U


●使い方とオプション
細かい方法は上の参考サイトをご確認を。

youtube-dl (URL)
普通の使い方

yutube-dl -u (ユーザー名) -p (パスワード) (URL)
ニコニコ動画みたいにログインが必要なサイト

youtube-dl -a (ダウンロードリスト)
テキストファイルでダウンロードリストを作成すると連続

youtube-dl -f mp4 -g (URL)
mp4などのフォーマットでダウンロード(ただしサーバにあれば)

youtube-dl -J youtube-(プレイリストのURL)
JSONリストからダウンロード

youtube-dl -r (速度 50k、4.2M) (URL)
速度制限

youtube-dl --proxy 127.0.0.1:3128
プロクシ指定

youtube-dl -o ~/Movies/%(title)s.%(ext)s
保存フォルダを指定

youtube-dl -o %(title)s-%(id)s.%(ext)s
正規化表現を使って保存するタイトルとファイル名を指定

ffmpeg -re -i "`youtube-dl -g (https://StreamAddress)`" -preset medium -acodec aac -strict experimental -ar 44100 -ac 2 -b:a 96k -vcodec libx264 -b:v 1300k -maxrate 2600k -bufsize 2600k -f flv rtmp://(Destination_Address):1935/Stream/(stream_name)

ffmpegと合体

などなど。
ありすぎて書けません。
オプションを調べてみて下さい。

●まとめ
ヤバイっす。
違法行為は厳禁で。
Netwalkerの時代はこんなに高性能じゃなかったな。
Windowsにも対応しているのでそちらはそちらで。
コマンドラインとは言え殆どコピペだけなので
嫌がらず使ってみましょう。
posted by kapper at 01:17 | Comment(0) | Ubuntu

2017年05月15日

新世代UMPC Cherry-Trail #GPD-WIN Wubi for Ubuntu17.04 インストール&初期設定改善 その11

GPD1704.jpg
GPD-WINの一般販売が進んで、価格が落ちてきました。
AndroidやUbuntuをマルチブートすることで
この次世代UMPCを堪能している人も増えたのではないでしょうか。
この機種で新しく生まれ変わったUbuntu17.04を入れてみました。
とは言ってもこの機種では基本的に変わっていませんでしたが。
結構使えるレベルになりました。


●GPD-WINとCherry-TrailとUbuntu17.04
以前のブログでおおよそUbuntuの入れ方をまとめました。
今回はそのUbuntu17.04版です。
一度Ubuntu16.10を消してからUbuntu17.04を
入れた履歴を記録します。

インストール方法が当初と少し変更になりましたので改定します。
UbuntuをGPD-WINでブートする際にいくつか修正がありまして、

1.無線LANを有効にするため、BIOSの設定を一部変更(後述)
2.電源をいれた後「ESC」を押しながらUEFIを起動し
  OSのブートでUbuntuを選択
3.起動したGrub2の設定を修正
4.インストール後の再起動の際にまたGrub2の修正
5.無線LAN BCM4356の設定⇒これはOS側の問題
6.UKUUのインストールとKernel4.9LTSの導入(無線LANをつなぐため)
7.Intel Graphics Driver OSS版のインストール
8.画面回転の設定⇒Intel Graphics Driver OSS版を入れた後
 これはOS側の問題

という段階で修正する必要がありました。
Wubiは作者さんにお願いして修正してもらいました。
リリース版はこちらです。

 https://github.com/hakuna-m/wubiuefi/releases
 https://github.com/hakuna-m/wubiuefi/issues/27

Cherry-Trailでブートしない問題点としてGrub2側でありまして、

1.グラフィックドライバNGの為、GUI画面が起動しない。外す必要がある
  grub.cfgを修正し
  "i915.fastboot=1 video=efifb fbcon=rotate:1"
 をKernelオプションに追加する必要がある


ブートした後のKernelモードの問題です。
X.orgはフレームバッファなのでドライバなしです。
あとでIntel Graphics Driver OSS版を有効にします。


●修正版のダウンロードとWubi for Ubuntu17.04
じゃあ修正してもらったので使ってみます。
無事リリースされました。

 https://github.com/hakuna-m/wubiuefi/releases

こちらのファイルをWindows上でダウンロードして実行。
もしUbuntuのISOファイルを持っていたら
同じフォルダに置いておくと読み込むので
ダウンロード時間を短縮できます。

実行すると
・容量
・UbuntuのGUI選択
・ユーザー名、パスワード
を選べますので好きなのを選択。
するとOSイメージファイルが作成されてコピーされます。
で再起動。

再起動するとGrub2の画面が出ますので、
「ESC」を押して自動起動を止めた後、
真ん中にある「Intel graphics workarounds」を選択すると
Ubuntuが起動して自動的にインストールが進みます。
もしくは「e」キーを押して、quietの前に「i915.modeset=0」を追加しF10で起動。

終わると再起動しますので、「ESC」を押してUEFI画面を出します。
電源を入れたらUSB充電ケーブルを抜いた状態で
「ESC」キーを押しっぱなしにします。
USB充電ケーブルを刺しっぱなしだと、充電モードになって起動しません。
で、UEFI画面が起動しましたら、
SAVE & EXITのタブのUbuntuを選択します。
で、Grub2画面が起動します。
ここはそのまま起動しても修正してあるので問題ないはずです。
Ubuntuが無事起動します。

●Grub2設定の修正1
まずBlackscreenの問題を解消します。
Xorgの画面が映らないアレです。
Ubuntuが起動しましたら、端末から

 sudo gedit /etc/default/grub

一行追加して編集します。

 GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="i915.fastboot=1 video=efifb fbcon=rotate:1"

保存したら設定。

 sudo update-grub

これで再起動してもとりあえずは画面が映るはずです。



●内蔵無線LAN BIOS設定
Kernel4.10以降にバグがあって、修正。

整理すると、
・Kernel4.10以降で内蔵Wifiが使えない
・初期の20161118 BIOSで再現する現象らしい
・ACPIのバグで・・・以下参照
ACPI tables where putting the unused
80860F14 UID 2 (SDIO) device in PS0 toggles a gpio disabling the pcie wifi
until the next reboot. 
・多分Kernel4.12〜4.13にパッチが採用されるはず。かもしれない
・Ubuntu17.04を含む全ての最新LinuxDistributionが対象
・設定を変更する
 BIOS setting: "Chipset" -> "South Bridge" ->
  "LPSS & SCC Configuration" -> "SCC SDIO Support"
   -> "Disable"

もしBIOSのバージョンが違う際には設定変更出来ません。
Kernel4.9LTS系列をPPAからダウンロードして使いましょう。
UKUUを使うと楽です。


●内蔵無線LANの認識
標準ではUbuntuでは内蔵無線LANが繋がりません。
まずは起動直後のUEFI設定画面で変更します。
ネットが使えない場合は別PCでファイルを拾ってくる事になりますが、
面倒なのでUSB有線LANがあると便利です。推奨。


まずはUSBの無線LANか有線LANか他のPCからデータを拾ってきます。
brcmfmac4356-pcie.txtとbrcmfmac4356-pcie.binの両方が必要です。
LinuxカーネルのFirmwareにあるはずですが、txtの方だけ無いようです。
つまりこれを拾ってきてコピーするだけで良さそうです。
ファイルはこちら。テキストをコピーして保存してもOK
両方とも同じです。

 https://sourceforge.net/p/android-x86/device_generic_firmware/ci/b261458e9642c2130866525fa3b6e7e34fa95b05/tree/brcm/brcmfmac4356-pcie.txt

 https://chromium.googlesource.com/chromiumos/third_party/linux-firmware/+/f151f016b4fe656399f199e28cabf8d658bcb52b/brcm/brcmfmac4356-pcie.txt

Ubuntuの場合、brcmfmac4356-pcie.binはあるので、
brcmfmac4356-pcie.txtだけ拾ってきてコピーします。
テキストエディタでコピー貼り付けして保存します。
端末から

 sudo cp /(ファイルのある場所)/brcmfmac4356-pcie.txt /lib/firmware/brcm/
 sudo modprobe -r brcmfmac
 sudo modprobe brcmfmac

標準のKernel4.10系列で繋がらない場合はKernel4.9LTSを入れましょう。
これで内蔵無線LANがLinuxで認識します。
多分ディストリは問わないはずです。


●KernelをMainlineの最新版にする
初期のKernel4.8では色々な機能が使えませんし遅いです。
Intelも少しづつ確実にドライバを投げてくれるのでありがたいです。
最新版のKernelに入れましょう。

・UKUUを使う
端末からざっくりと。
Debianとかはsoftware-properties-commonを先に入れましょう。
そうしないと、apt-add-repositoryが入っていません。
Ubuntuの場合は不要ですが。

sudo apt install software-properties-common
sudo apt-add-repository -y ppa:teejee2008/ppa
sudo apt-get update 
sudo apt-get install ukuu
ukuu-gtk

導入は簡単です。
起動しましたら好きなKernelを入れてみましょう。
もちろんGrubブートローダーで選択出来ますし、
消すのも簡単です。

・手動でMainlineKernelを入れる
下記のリンク先からパッケージをダウンロードします。
この時点での最新リリース版は4.9.27です。
4.9系列は長期サポートのLTS版なので継続して更新されます。

 http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/

一例ですがリンク先から、

 linux-headers-4.9.11-040911_4.9.11-040911.201702181031_all.deb
 linux-headers-4.9.11-040911-generic_4.9.11-040911.201702181031_amd64.deb
 linux-image-4.9.11-040911-generic_4.9.11-040911.201702181031_amd64.deb

をダウンロードします。
一例です。Kernelはブート時に好きに切替できます。
注意事項として4.11が最新ですが、無線LANがNGで
スクリーンセーバーに落ちると復帰できません。まだ問題ありです。
4.9LTS系列を使いましょう。

●Intel Graphics Driver OSS版のインストール
Ubuntuの場合、Firmwareは最初から入っています。
ただ有効にはなっていないです。
入れてみましょう。
まず端末から、

 sudo apt install i965-va-driver
 sudo apt install ttf-ancient-fonts

関連パッケージはi965-va-driverに紐付いて入ってきます。
xserver-xorg-video-intelのパッケージは最初から入っているはず。
もし無かったら入れてみましょう。
次にxorgの設定ファルの作成

 sudo gedit /etc/X11/Xsession.d/20-intel.conf

下記内容を書いて保存します。

Section "Device"
Identifier "Intel Graphics"
Driver "intel"
Option "AccelMethod" "uxa"
Option "TearFree" "true"
EndSection

保存して再起動したらGPUが動くはずです。
多分。
 GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="i915.fastboot=1 video=efifb fbcon=rotate:1"
を外してみましょう。


●画面の回転
上の4.9系Kernelを入れると4.8系では使えなかった
標準の画面回転機能とxrandrが使える様にになります。
変更方法は、右上バーの

 右上アイコンーシステム設定ーディスプレイー回転「時計回り」

で270℃回転できます。便利です。
でもタッチパネルが回転しませんので不便です。
追加します。

 gedit .bashrc

下記一行をどこか一番下にでも追加して保存。

 xinput set-prop 'Goodix Capacitive TouchScreen' 'Coordinate Transformation Matrix' 0 1 0 -1 0 1 0 0 1

で再度起動し直すとタッチパネルも追随します。
こちらをご参考にしました。

 Ubuntu 16.04 on GPDWIN(自分用メモ)

●サウンドの設定
サウンドも同様で右上のスピーカーをクリックして設定できます。
Kernelを入れなおすと、

 speaker:chrt5645
 Headphone:chrt5645

の2つが認識しているはずなので、speakerを選択してテストします。
多分、左前のスピーカーで音がなるはずです。

●日本語設定追加
インストール直後では日本語設定ファイルが一部不足しています。

 右上アイコンーシステム設定ー言語サポート

ネットに繋がっていれば、追加パッケージが入れられるはずです。

●マウス速度変更
ついでにマウス速度も変更します。

 右上アイコンーシステム設定ーマウスとタッチパッド

ポインターの速度を好きに変更してください。

●画面の明るさとロック
アイドルモードの時間を設定できます。

 右上アイコンーシステム設定ー画面の明るさとロック

復帰時にパスワードを入れたくない人はここで設定できます。

●自動ログイン
自動でログインしたい場合に設定します。

 右上アイコンーシステム設定ーユーザーアカウント

右上のロック解除を押した後に自動ログインをONにします。

●省電力モード設定
基本はPowerTopを使います。
端末から

 sudo apt install powertop

でpowertopを起動します。
Tabキーで右端のBADをGOODに変更すると省エネモードになります。
全部切り替えたい場合は、

 sudo powertop --auto-tune

で切り替えできます。
これだけだとシャットダウンしたら元に戻るのでSystemdに登録します。

●キーボード設定
キーボードも同じです。
キーアサインがおかしいのは英語キーボードレイアウトなのに
言語設定で自動的に日本語キーボードで設定されているからです。
これを英語キーボードに戻せばちゃんとキー入力できます。
端末から

 sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration

105キーボードと英語USを選びます。
再起動すると戻ってしまいますが。
仕方がないので、


キーボードの設定を日本語⇒英語に変更します。
メニューバーのキーボードから

 [Configure]>keyborad-Japaneseを消す.
 keyborad-English(US)を追加
 右下のキーボードアイコンから配列をDefaultから
 English(US)に変更しておく.

こちらをご参考にしました。

 Ubuntu 16.04 on GPDWIN(自分用メモ)

●画面暗さの設定
画面輝度がMAXなので電池を食います。
適度に調整しましょう。

 xrandr --output DSI-1 --brightness 0.8

この0.8の部分が輝度です。80%。
適当に好きな値を入れましょう。

●Unity軽量化CompizConfig Settings Manager
UnityはソフトウェアレンダリングなのでCPUを食います。
グラフィックモードを低グラフィックモードにします。

 sudo apt install compizconfig-settings-manager

で起動

 sudo ccsm

設定。Ubuntu Unity Pluginで

 「Enable Low Graphics Mode」をクリック 

●Flashpalyerのインストール
端末から

 sudo apt install flashplugin-installer

これで艦これとか遊べます。

●Systemd自動起動の設定方法
こちらをご参考まで

 Systemdを使ってさくっと自作コマンドをサービス化してみる

●その他初期設定
こちらをご参考までに

 Ubuntu 16.10をインストールした直後に行う設定 & インストールするソフト
 https://wiki.archlinuxjp.org/index.php/GPD_Win
 バックライト
 PowerTOPを使ってLinuxマシンを省電力化する
 Ubuntu 16.04 on GPDWIN(自分用メモ)


●既知の問題

・スクリーンセーバーなどの省電力モードに入ると復帰しない
・省電源設定が手動でしかできない
・Intel Graphics Driver OSS版を入れると画面がずれる。
 ⇒一旦スクリーンを切り替えるとちゃんと表示されます。
・バッテリーセンサーINT33FE非対応。パッチまち。
・Bluetooth動くはずだけどまだ設定方法がわかっていない
・Kernel4.12RC1は画面表示出来ないので入れない方が良い。

●まとめ
ひとまずここまで。
設定する項目が増えて面倒になってきました。
まだ出来ていない所はたくさんありますが、
Kernelの進化にたくす所はあります。
体感的にはそこそこ高速なのですが、UIに難。
MateやCinnamonにWMを置き換えても良いかもしれません。
posted by kapper at 02:30 | Comment(0) | GPD-WIN
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ