にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2016年12月31日

ペーパーレス電子ノート WG-S20 購入&使用レポート その1

WG-S20.jpg
ペーパーレス時代を追求したくて
以前買いました電子ノートWG-S20をレビューします。
長所、短所沢山ありまして
悩ましい問題作ですが、愛用しています。

●電子ノート WG-S20
シャープの製品で手書きメモに特化した電子ノートです。
中古で安かったので購入しました。
スペック的には

 http://www.sharp.co.jp/enote/

実はこれ、スペックに見えない部分は相当不便です。
設計軽視してます。
なんだかなぁ、と思いつつ最後のツメの甘さはいつものシャープ製品。
色々と試しながら使っています。

●長所と短所
まず長所から

長所
・E-Paperベースで電池が1か月使える
・容量が多く、沢山使える
・スケジュール機能あるので手帳代わり
・起動がそこそこ早い。
・BMPファイルをそのまま取り込み可能
・画像データなのでノート形式のフォーマットを好きに作れる
・画像に変換すれば一応色々なデータを取り扱いできる
・大き目の手帳サイズで一応ポケットに入るギリギリサイズ
・各ノート形式のフォーマットをシャープが独自に公開
・絵描きには必要十分

短所
・低機能なのに非常に高い
・本体ストレージが内蔵領域と外部FAT領域に分かれており
 いちいち実機内でコンバートが必要
・実機内で画像データに変換するのは1ノート単位なので
 PCで読みだす為にはまとめて取り出すことは不可能。面倒
・PC側のソフトの機能が殆どなく、データ読み込みのみ
 母艦のPC側が余計ダメと言う問題機種
・強めに書かないと画面が認識しない
 よく文字が切れる
・ペンの部分が突起物になってしまい、ポケットに入れるのが面倒
・スケジュールで1日1ページなので、空欄の日時も1ページのデータを食う
 スケジュールを複数作ると一気にデータ容量を食いつぶす悩み
 基本的にスケジュール用のノートは一つになりやすい
・スケジュールで1日1ページな所から書ける部分は限られる。
 沢山書く事は不可能。
・バックアップしたデータを外部で操作できない
・外部のテキストデータとのコンバータが無いので色々と不便
 電話帳とか作る際に。
・バックライトなし。暗い所では読めない。まあこれは仕様です。
・ドットが大きいので文字のサイズを小さくできない。
 意外と沢山書けない。
 解像度とペン太さの問題。
・間違ってリストアすると全てのデータが消える危険
 (必ず1回はやるはず)

外部PCとの連携機能が致命的にダメだという問題機種。


●連携ソフト

・青空文庫を読む。
 変換方法がこちらのサイトに。感謝

 電子ノートWG-N20/N10 活用研究その1(電子書籍端末化計画)



●追加して欲しい機能(要望)

・簡易カメラ
 手書きでは面倒なデータをカメラで取り込みたい
 電話帳とか、名刺とか
・PC連携ソフトの強化
 ボタン一つで全部のノートを読み出しして欲しい
 面倒
・テキストコンバータ
 EverNoteなどを取り込み出来る様にして欲しい
・時計、電卓機能
 せっかく長時間バッテリあるので、手書き以外の使い方もある
 置時計代わりにしてPebbleみたいに使いたい
 WatchFaceが作れると素晴らしい
・「戻る」「進む」機能の追加
・点と点を繋いで線を書く、四角や記号を書く機能の追加
・印刷機能
 Wifiが必要ですかね?PC母艦経由で十分です。

●まとめ
ポメラの真逆をいく設計です。
それでいて、ハードが殆ど進化していません。
勿論、ソフトもそのまんま。
使いづらいです。
頑張って使います。
他の電子ノートと比べると単価が非常に高いので悩ましいです。
これを使っているとペーパーレス時代はまだ先の時代の予感がします。

スマホで出来る機能は削除した、みたいな設計ですが
使いやすさは別次元。って言うか全く考慮されていない。
これでは駄目ですね・・・
ただの手抜きです。
いやタブレットやノートPCが買える値段なのに。
何かのデータをPCから読み込んで表示するだけでも一苦労です。
それすら大変なのって、結構ガジェットとして問題あり。
シャープはいつもツメが甘すぎるよね、と。

あとレストアを間違って押してデータを消した人は一人ではないはず。
ボタンの位置を変えるべき。これは設計悪すぎ。
一気にまっさらになるので恐ろしすぎ。
posted by kapper at 13:11 | Comment(0) | WG-S20

2016年12月29日

岐阜人のひねくれたななめ上目線で見た映画「君の名は」感想

元上司に言われて、気になったので映画「君の名は」を
見てきました。
凄く岐阜を調べて描いているな、とも思いますが
岐阜民の人間から見るととても違和感があります。
確か監督は長野県出身だったと思います。
ちょっとひねくれた視点でネタばれしない程度にレビューしますw

●映画「君の名は」
東京と岐阜県飛騨地方をネタにした映画です。
表現が美しくそれぞれの視点での、
ボーイミーツガールを描き切った大作です。
大ヒットしました。

・非常に現地を調査されており写実的
・ストーリーが美しい
・物語が加速するドラマチックな展開
・実在する土地、メーカー、JRを直接題材にしている

というこだわりがあります。
までは良いのですが、ど田舎岐阜人から見ると凄い違和感を感じます。
Kapperは東京⇒名古屋⇒岐阜へと田舎落ちした生活なので
東京の暮らしも岐阜の暮らしも良くわかってます。
そういう視点だなぁ、と思って頂ければ。
いや凄く面白かったです。素晴らしい映画です。

●岐阜人から見た気になる所
正直に言うと、これ岐阜じゃないだろw
と思う所が沢山あります。
勿論、絵は実在する風景を多様していますのは本当ですが。
多分、モデルは長野なんですよ。だから違和感。
岐阜じゃない、って言えます。
何故か。
岐阜に住んでいる人間の常識がすっぽり抜けています。


1.舞台は飛騨地方?
  飛騨古川駅から神社までの設定のはず?  
  
2.JRが2時間に1本?
  嘘でしょw
  私鉄だったら許すw
  特急ひだをいれても1時間に1本。しかも午前中だけw
  JR沿線は岐阜県では貴族が住む所です(言い過ぎ
  だいたい、飛騨古川駅から高山駅まではわずか3駅、16分の距離。
  つまり近所。通える。
  ローカル私鉄ならまだ凄くいい方で、本質はバスしかないのは普通。
  バスもあるだけマシ。
  2〜3時間に1本のバスなら山岳地方によくあります。
  これは辛いわ・・・

3.ど田舎?
  飛騨古川駅としたら高山駅の近郊になります。
  高山アピタあるやろw
  そもそも岐阜県から見たら近郊の高山駅は県下最大の観光地で
  全世界からの観光客が集まる一大繁華街。
  ど田舎じゃないんですよ。全然。
  ホテルは数か月前から予約しないと取れないし、カフェやバーが山ほど。
  当然ショッピングセンターや全国チェーン店が沢山あってグルメもばっちり。
  ここも凄い違和感があって
  
4.カフェがない?
  年寄りが多いど田舎の暇つぶしは喫茶店です。
  飛騨古川駅周辺はあるでしょ。
  高山駅まで行けば超観光地。JRでわずか16分。超贅沢な立地。
  昼間からビールが飲めるカフェ、バーがあります。
  夜遊びすらできます。
 (岐阜は車社会なのでビールは昼間から出すカフェバーはありません)
  JRやバイクなら近所。当然遊びに通うでしょ?
  高山駅から高速バスを使えば、学生でも東京やディズニーランドまで一直線。
  絶対に、「こんな田舎・・・」というレベルではありません。
  白川や郡上や揖斐郡ならちょっと考えます・・・
  舞台をそっちにすれば良かったの。

5.コンビニが夜9時まで?
  嘘でしょう?
  サークルKやローソン、セブンイレブンありますよね?
  ちょっと駅から遠いけど・・・
  町中ですよね・・・
  非チェーン店ならともかくこの2016年前後のご時世では、
  大手コンビニラッシュ競争は岐阜の山奥でも現存してます。
  多分。
  実際揖斐川町の山の中でもローソンあるし・・・商売たくましい

6.スマホ使ってる
  スマホを使っていると言う事は2012年〜現在が舞台
  既に高度近代化されている飛騨地方の時代でせうね・・・
  ですが、映画からは昭和の香りしかしませんがw
  現代なら山奥ならネット通販のAmazonの箱積みが無いとおかしい(ぉぃ

7.湖の周辺?
  川やダムはありますが湖は基本ありません。モデルは諏訪湖?
  JR高山線の沿線はね、殆ど川沿いなんですよ。
  川が無ければ嘘なんですね。
  飛騨川、宮川。
  岐阜でも最大級に美しい一級河川。
  でも宮川はあまり出てきません。凄い違和感。
  宮川無くして飛騨地方を描いて欲しくない・・・

8.飛騨弁?であるが岐阜弁とは全く違う
  かなり調査したと思います。
  凄く違和感あります。
  こんな喋り方しないもん。マジで。
  年寄り以外なら特に。

9.山斜面の家?
  これも凄ーく違和感ある。
  良く調べたな、と思いましたが、
  そもそも奥行ありすぎとか、立体的な倉庫+駐車場が無かったり
  ガスボンベないぞw
  普通にあると思うな電気と都市ガスw

10.山奥の巨大な盆地
  山頂にそんな空間がある訳がないw
  あんなどう見ても嘘くさい所よりも夜叉ヶ池の様な
  自然の神秘をモデルにして欲しかった。

  夜叉ヶ池

  夜叉ヶ池とは岐阜県と福井県の県境で幻想的な聖地です。
  地元の人間でも行くのを嫌がる片道3時間の断崖絶壁の山頂の聖地ですw
  少しでもリアリティを求めるならあれは無い。

11.東京から高山観光して日帰り
  ぇ?
  マジ遠いよw
  新幹線―特急ひだ―高山市内バス、タクシー
  高山駅から現地移動1時間と考えると、
  往復だけで移動10〜12時間は考慮する必要あり。
  観光地でも滞在できるのはごくわずかです・・・

●本来岐阜県には必ずと言ってあるはずのもの
岐阜県民にとって必ずあるはずのものが無いんです。
美しい舞台として飾るなら特に。

・蛍
・温泉
・雪および紅葉、桜
・お祭りの櫓、軕、神輿
・自動脱穀機
・怪しい曲がりくねった国道と高速道路
・トンネル
・通学する小学生の大群と交通整理するおじいちゃん(定年後の人達)
・登山服
・完全装備したロードバイクの人
・大型自動車、軽トラ
・農協
・農家
・ワークショップ、堆肥や農機具や苗のお店
・道の駅とよくある田舎まんじゅう、作物
・耕運機やフォークリフトのレンタルショップ
・年季の入った木材工場
・スキー場
・古いコテージ
・苔むした公園トイレ
・飛騨川、ダム、夜叉ヶ池
・電動自転車
・怪しい屋台(パチンコ屋台とか岐阜県特有の超マニアックなの)
・花火大会
・焼肉屋
・猿、鹿、イノシシなど山岳動物
・野良フリーマーケット
・路上無人野菜売り場
・漫画喫茶
・頑張って山の中を巡回するヤマト運輸のトラック(ぉぃ
・何故か不思議な場所に山ほどある中華料理店
・遠方からきた大型バイクの遠征客
・などなど


住人の視点だと、一番美しい季節の一番の場所を見れるんですよ・・・
言い方を変えると、東京のシーンであの場所をあえて映画で使う理由はないですよね?
もっと繁華街、もっと学生好みする場所は幾らでもありますよね?
テーマパークやお台場、原宿でも良いし。
岐阜県でもそれと全く同じ理由です。
もっと美しい所沢山あるのに、使わない理由なんてないよね・・・という残念感。

ええと、東京の3人が観光する高山市内周辺は割愛。
あれは適当に撮った写真のレベル。

●一番良かった点
勿論、JR名古屋駅w
あの金山側の地下道を通って特急ひだに乗るシーンまでは
目をつぶっても想像できるくらいです(ぇ
あのシーンは完璧ですw
ただ特急ひだのやかまし過ぎるディーゼルの音は再現されませんでしたね・・・

●感想
映画としては大変面白かったです。
ただ、残念なことに岐阜県民から見たらこれは実に長野県ですw
そしてど田舎の人間から見たら映画の10倍は美しい所があります。
もちろん田舎の人間から見たら10倍美しい東京の姿も。
これが一番残念。
多分監督は岐阜県に住んだことが無いんでしょう。
観光地の高山市〜奥飛騨を素通りするとそんな感じになります、と言った感触。

あと時代の感覚が無茶苦茶。
スマホ使っているのにもろ昭和。
山奥なら確実にAmazonで本とか飲食物とか買うはずです。
専門店全くないもん。ある訳がない。
この本や雑誌、グッズはどうやって入手したんだ?が臭いません。
ネットに決まっているじゃないですかw
Amazonを使わない岐阜県民なぞいないわ(偏見
また飛騨古川町周辺ならセブンイレブンあるだろ?
岐阜の山奥にもセブンイレブンが侵食した時代です。
住んでないから知らんだろw
現代この田んぼの中心にある現代的なセブンイレブンとローソンがw
ラジオはAMか短波だろ?FMなんて電波が届かないよ(爆

コメントを頂いたのでちょっと修正しました。
とまあ、凄く良く調べたなと思う所多数ありつつも
これは岐阜県じゃない、と思う違和感たっぷり。
もっと10倍美しい岐阜県は目の前にあります、はい。
本当に惜しいな。
映画は素晴らしいです。
posted by kapper at 22:54 | Comment(2) | 近況

2016年12月26日

#ビリオン珈琲 VS #コメダ珈琲 深夜型カフェ レビュー In岐阜 

最近岐阜県に侵略してきた福井発のビリオン珈琲を
コメダ比較でレビューします。
田舎なので深夜にやってる喫茶店あんまりないんですよ。
ガジェヲタ視点で。

●ビリオン珈琲
福井県系列のカフェでしょうか。
最近南下政策を始めて滋賀県や岐阜県に店舗を増やしています。
既存最大勢力のコメダと比較します。
まあ深夜型カフェは少ないのでありがたいですが、
知名度抜群のコメダにどれだけ対抗できるでしょうか。
個人的にはコメダの不満を吸収してくれるとありがたいです。

 http://birioncoffee.com/

あの、その。
映画「君の名は」の影響で岐阜県にはカフェが無いと思っている人。
あれ噓ですからねw
確かに山間部は特にど田舎ですが、カフェ位あります。
老人のたまり場として。
岐阜で見ればスタバやドトールも勿論ありますって、ねw


●ビリオン VS コメダ
まず両社の長短から

・ビリオン
 深夜24:00まで営業
 電源が殆どの席についている
 Wifi使い放題。マジで・・・
 メニューマジ高い。食わん。
 沢山の甘党ドリンクとデザート
 食べ物はカレーからスパ、サンドイッチまで多数。
 雑誌多数。女性向け?
 室内は古風モダン。仕切りが分けてあり分煙
 
・コメダ
 深夜23:00まで営業
 モーニングで有名
 コーヒー高いがチケットを買うとそこそこ
 Wifiはログインして1時間まで。遅い。
 主力はやはりシロノワール
 大皿、サンドイッチは高いが物量勝負。名古屋人向け
 ドリンクは明らかに市販ジュース見え見えで倦厭されやすい。レトロ
 室内は昭和レトロ。仕切りがなくウルサイ。煙が・・・

●批評
個人的にビリオンの24時までと電源、Wifiは大変ありがたい。
が、メニューがマジ高い。
甘党勝負なんだろうが、コメダでも高いのにビリオンは更に高い。
コメダの物量スナックは一部で人気高いが、パン物ばかりなので飽きる。
コーヒーセットが無いのでモーニングを除くと客単価は高い。
生き残りの秘訣はそこなんだろうな、と邪推。
何かを食べるんなら他の店にした方が良さそう。

岐阜ではコメダは商談スペース代わり、
ビリオンは女性向けターゲット。メニューが女性向けに洗練されている。
男年配はどちらでも、と言った感じ。
ビリオンは意外とコメダに欠けている物がフォローUPされている印象。
だいたい、カフェの主要顧客はおっさんと女性と学生だが、
学生には厳しい高め単価。
女性がどちらを選ぶかで勝負が分かれる。

●まとめ
岐阜県では数少ない深夜型カフェですが、高けぇw
でも環境が整っていて資料作りにはありがたいです。
メシは他所で食べますw
まあ普通の人は安いスタバかミスタードーナツに行くでしょう。
コーヒーだけならサンマルクやドトールの方が220円で安いし。
ですが、夜中まで作業したい場合にはありがたいです。
ファミレスの牙城を崩すのは無理かと思うがあっちはウルサイんでw
コメダは良いんですけど、細かい所に不満が沢山ありまして行かない。
実はモス行ってます。
コメダも対抗勢力が出来てサービスが良くなってほしい・・・

岐阜県は圧倒的にコメダが強いです。高いのに。
結論は女性客がどちらを選ぶか、でしょうね。
しかしブランド力と客層の広さは明らかにコメダ有利。
学生も多分ファミレスかコメダを選ぶかと。
Kapper的にはモスバーガーを食べ過ぎて見たくなくなってきたのでw
でも高いからコーヒーだけにしておきますw
posted by kapper at 00:13 | Comment(0) | B級グルメ

2016年12月23日

東海道らぐオフラインミーティング 2016年12月名古屋 LT大会 #東海道らぐ

今回の東海道らぐLT大会 2016年12月名古屋です。
不定期で東海道らぐLT大会を開催しています。
Linux関係に関わらず是非ご参加下さいな。


●ちょこっとしたお話 はしもとさん
今回はオフレコ話と、
Zynqのお勉強
FPGAボードの実演

●動画配信の可能性とは こんどうさん
DebianとLibreOfficeのカンファレンス
動画を後で公開する目的でビデオ撮影
電池が仕様上1時間しか持たない
2台なら全滅を回避できた
2008〜2010年頃の機材が安価に狙える
カムコーダ市場は乱獲対象外
2980円のカムレコーダを購入
どうやって配信するか?
未だに試行錯誤の途中
ハードオフ最高!!

●最近やった事とこれからやる事  Kapper




●XRDPで惰性な日々を過ごす やすもとさん
大垣Makerfaireお疲れさまでした。
RaspberryPiを使っていたが処理能力的に限界
安いベアボーンキット(DS57U)を買ってRaspberryPi後継にする
XRDPを使ってリモート
XRDPをインストール。再接続して作業できるのが0.9.0
AndroidでXRDP。RemoteRDPのみ動作
AndroidでXRDPで_が打てなかったのでTab連打で
ファイルを選択できるShellのfishに出会った。



●10月〜12月勉強会 つぼうちさん
機械学習、ロボット、東海道らぐ下呂温泉
Zabbix合宿、OSC〜、大垣Makerfaire、BigJAM〜

●あひる焼きアイコン あひるさん
サーバを作り直した。「あひる焼くな」サーバ
最近の出来事
NW-WM1A
mukutterは環境
Mikutterのサービス、用途毎のプロセス
Docker-Mikutter
Mikutter-Slack

●今時のLinuxにおけるGPUエンコーディング事情2016年年末版 Zgockさん
録画データ、溜まってませんか?
はい、うちは溜まってます。
・PT2/PT3等の録画カードの普及
・真田丸 6Gx30話=300GB!
エンコード重いですよね。1時間の番組を変換するのに1時間
GPUあるよね。
IntelQSV(Quick Sync Video)。Windowsだけなの?
Linuxでも使えなくはないです。IntelMediaSDK。
バイナリドライバ+カーネルパッチのセット
あっという間にサポートが切られる。
殺伐としたエンコード界に救世主(Nvidia)
AMDの方はどうですか?Linuxにはエンコード対応していなかった
AMD VCE。Gstreamerなら対応済み。
NVENCと速度は同等。エンコード。画質は好みで別れるレベル。
VCE3.0:RADEON RX4xx系搭載のVCE。

●Nvidia関連(謎 わたつきさん
内容は割愛
posted by kapper at 16:22 | Comment(0) | 東海道らぐ

2016年12月17日

姫路IT系勉強会 2016年12月 #histudy

今日は姫路IT系勉強会2016年7月に参加させて頂きました。
今回も沢山の方に来訪頂いております。
内容は下記ブログでも公開されています。
是非関西系の方はご参加を。
今回のログはこちらです。

 https://hackmd.io/s/r1N8r5WEg

●自己紹介
新しい人がいるので各自自己紹介

●テスト駆動開発
Pythonで開発中。質があまり良くない。
テスト駆動開発をしたら開発者的に満足できるのか?
⇒この中でやった事がある人はいない。
結果的にテストがあればよい。テストが自動化されれば良い
テスト先行よりも、仕様変更をしづらくなる。
テストコード書く工数どこにあるのか、仕様変更に弱い?振舞い駆動開発
Ruby界隈の人が書いている。
Webから各ページにアクセスしてエラーが出ていないか確認
どこの領域までテストをカバーしているのか。
表層の所だけ作っておいて、後で細かい所を追加していく。
テストを書くのがしんどい。
テストコードがメンテナンスされない、エラーが出てこない

テスト駆動はやった方が良いけど、
リリース毎にテストするのが大変
フロントのテストは死ぬ
情報収取はモヒカンSlack

●Amazon Lightsailってどうよ
VPS。どうやねん?
仮想的はデジタルオーシャンだろう?
だいぶクラウドとの差が小さくなっている
$5のプランは必要
⇒512MBのプランはある
 http://vps.sakura.ad.jp/specification/#target_beginner
クラウド上で512のプランが無いのが困りごと
スタートアップスクリプトの柔軟性を高める
AWSはインフラ開発初心者が使う?
スタートアップスクリプトを充実させる
クラウドを作る人はいらない、VPSを作る人はどうなのか
さくらのフィードバックしらないよね?
アンケートに意見を入れる。クーポン付けてくれたらガンガン意見を言う

●Ansibleを始めました

VirtualboxでWindows7,MacOS
PostgreSQLとかインストールマニュアルにある
項目自体が良くわかっていない
どうかしたい事:
Shellを使用して共有フォルダのscriptを実行
 Script、Create、Vagrant destroy
Ansibleの中でシェルスクリプトを使ってしまう

Eclipseでリモートデバッグしたい

●最近やった事とやりたい事、WindowsタブレットとGPD-WIN
最近の活動とライフハック
WindowsタブレットとGPD-WINにLinuxを移殖
2017年にやりたい事
⇒ISOを配布する場合は全ソースコードを置く必要あり。
 さくらのVPSを使ってほしい
 Ubuntuは公式レポジトリのリンクで大丈夫だが、
 他のディストリはNG。ソースコードをTar玉で作って置く必要。
 中国語の勉強は大変。
 R言語を何に使うのか?


●z-push
z-pushについて
Open source push technology

●Libreoffice、MINI Debian Conferenceに参加
Debianは台湾の人の発表者が多かった
Libreofficeの方はFranklin Wonさん
台湾政府はODFに移行
OpenSourceでボカロ作成
Debian Conferenceを台湾で開く、どうやってやろうか

●増えてきたGithubのレポジトリをどう管理するか
リポジトリの数をどう管理するか
どうフローを構築するか
リポジトリを紐づけて、外部テストしてステージング
管理をどうするか。

●次回以降
姫路IT勉強会と加古川インフラ勉強会、
さくらクラウド・ハンズオン予定
posted by kapper at 19:56 | Comment(0) | 姫路IT系勉強会

2016年12月11日

新世代UMPC Cherry-Trail #GPD-WIN brcmfmac4356-pcie.txtとLinux上での内蔵無線LAN認識 その5

GPDWifi.jpg
今回ははなぐろさんのブログにありました
GPD-WINの内蔵無線LANのbrcmfmac4356-pcie.txtを入れて
無事内蔵無線LANがUbuntuで動作しましたのでブログにします。
大変感謝。

●UbuntuとGPD-WINと内蔵無線LAN
標準ではUbuntuでは何故か内蔵無線LANが繋がりません。
BCMのチップはオープンソースなので、
Kernelに取り込まれているはずですが、と。
何だろうな?と思って悩んでいたらはなぐろさんのブログで
動作したとご報告がありました。
感謝です。

 GPD WINのPlamo Linuxで内蔵無線LANが使えた
 
brcmfmac4356-pcie.txtとbrcmfmac4356-pcie.binの両方が必要です。
全然知らんかった。
LinuxカーネルのFirmwareにあるはずですが、txtの方だけ無いようです。
誰かがGPD-WINで気が付いて既にバグ報告上げてもらっています。
感謝。

 Bug 185661 - brcmfmac4356-pcie.txt is missing from linux-firmware, but is required for BCM4356 to function

つまりこれを拾ってきてコピーするだけで良さそうです。
ファイルはこちら。テキストをコピーして保存してもOK
両方とも同じです。

 https://sourceforge.net/p/android-x86/device_generic_firmware/ci/b261458e9642c2130866525fa3b6e7e34fa95b05/tree/brcm/brcmfmac4356-pcie.txt

 https://chromium.googlesource.com/chromiumos/third_party/linux-firmware/+/f151f016b4fe656399f199e28cabf8d658bcb52b/brcm/brcmfmac4356-pcie.txt

●GPD-WINでUbuntu上で内蔵無線LAN
brcmfmac4356-pcie.txtとbrcmfmac4356-pcie.binの両方が必要です。
Ubuntuの場合、brcmfmac4356-pcie.binはあるので、
brcmfmac4356-pcie.txtだけ拾ってきてコピーします。
テキストエディタでコピー貼り付けして保存します。
端末から

 sudo cp /(ファイルのある場所)/brcmfmac4356-pcie.txt /lib/firmware/brcm/
 sudo modprobe -r brcmfmac
 sudo modprobe brcmfmac

これで内蔵無線LANがLinuxで認識します。
多分ディストリは問わないはずです。

●まとめ
まずはなぐろさんに感謝を。
全然知りませんでした。
恥ずかしい・・・
だってLinux-firmwareのGithubにそんなファイルないですもんw
つまり仕様を理解していませんでした・・・恥ずかしながら。
勉強させていただきました。
これで問題なく無線LANまで使えます。
バグFIXされればそのうち普通のKernelで使える様になるかと。
他のWindowsタブレットでも同じ方法で使えそうです。
posted by kapper at 18:11 | Comment(2) | GPD-WIN

2016年12月08日

キーボード付きBay-Tailタブレット ASUS Transbook #T100TA #Manjaro linux16.08インストール&Grub2ブートローダービルド編 その3

ManjaroT100TA.jpg
今日はWindowsタブレットにManjaroLinuxを入れてみました。
Manjaroは使いやすいので初心者にもお勧めです。
ブートローダーの所さえ入れ直せば
問題なく使えます。
Arch系列はインストールが面倒なので助かります。

●UEFI32bitとManjaroLinux16.08 64bitをインストール
Bay-Trail世代のCPUは64bit版なので、
当然Manjaroも64bit版が必要です。
ManjaroはArch系列ですがデスクトップ向けに作られており
GUIのLiveイメージとGUIインストールで
半自動で設定まで出来ます。
Ubuntu同等以上に使いやすいです。
またローリングリリースなので最新版のパッケージが使えます。
マルチカーネル対応なので
続々と増えるタブレット用の最新ドライバを
入手するには最適な環境です。

ただし、Bay-Trail世代はUEFIが32bitなので
ブートローダー(Grub2)がそのまま入らない設計ですw
なので、通常のManjaroを使うと32bit版は全て32bit、
64bit版は全て64bitを使う必要があるのですが途中で止まりますw
Grub2のブートローダーは後で入れ直す必要があります。

●USB-ISOイメージからManjaroLinux16.08 64bitをインストール
まず、Manjaroの64bit版ISOをダウンロードしてきて
RufusでUSBメモリに焼きます。
その際に/EFI/BOOT/にUEFI32のbootia32.efiをコピーして有効化します。
ここに書いてある様に

 Mouse Computerのスティック型PC m-Stick MS-NH1にUbuntuをインストールする。

https://github.com/jfwells/linux-asus-t100ta/blob/master/boot/bootia32.efi
のbootia32.efiをダウンロードして、
USBメモリのManjaroのEFI/BOOT/にコピーして保存します。
これでUEFI32bit機でManjaroがブート出来る様になります。

次にMicroUSBにUSB変換ケーブルとUSB無線LANを使います。
無くても問題ありません。
他のハードも空いていれば繋ぎます。

電源ボタンをONにしたら速やかに「DEL」キーを押して
UEFI設定画面を出します。BIOSと同じですね。
機種によってボタンは変わりますのでググるしか。
実はOSがWindows10であろうと無かろうと同じだったりします。

まずセキュアブートをOFFにします。
次にUEFIの起動順番をUSB〜と書いてあるメモリを先頭にします。
で一旦Save &リセット。
これでUSBから起動出来るはずですが、
ブートの優先順位に注意。
毎回選択した方が良さそうです。

しかし電源を入れるとManjaroはUbuntuと違ってGrub画面で止まります。
インストーラーは起動しません(涙

 grub>

と画面に出てくるだけで、何をして良いかわかりません。手強いですw
まあUSB内のvmlinuzとinitrdを指定するだけです。
コマンドを手入力します。タブキーで入力省略も可能です。

 grub> linux (hd0,gpt1)/manjaro/boot/x86_64/manjaro root=/dev/mmcblk0p2 reboot=pci (改行)
 grub> initrd (hd0,msdos1)/manjaro/boot/x86_64/manjaro.img (改行)
 grub> boot (改行)
 
とgrub>以降のコマンドを3行入力します。
この機種の場合、nomodesetは不要ですが、
多分ここまでやればBootします。
後は通常通りGUIのデスクトップが起動するはずです。
インストーラーのアイコンをクリックして入れましょう。
Windowsを消さない様、自己責任で。

通常ですとmmcblk02のパーティションにインストールされるはずです。
要注意なので覚えておきましょう。
ネットに繋がっていないとブートローダーの所でエラーが出ますが
無視しましょう。
まだGrub2は入っていないのでUSBから起動しなおします。
再起動してUSBからgrub2の画面へ。

実はManjaroにはamd64(64bit)用にビルドしたgrub2-i386-efiの
パッケージは存在しません。x86-64ビルドだけでした。
勿論、i386ビルドのGrub2を入れても起動しませんw
という事は、今の所UEFI32bit機種に全く対応する見通しがありません。
Grub2はソースコードからビルドする必要があります。

ここで再起動
再びUEFI画面からUSB-ManjaroをBoot overrideから起動
また同じ様にGrub2画面がでたら再び、
手動でGrub2から設定します。

 GNU GRUB version xxx
 〜

 grub>

と出たらコマンドをて入力。Tabキーで補完入力しましょう。
直接パーティションとKernelをCUIで指定してManjaroを起動させます。
改行は普通にエンターキーです。
 
 grub> linux (hd1,gpt2)/boot/vmlinuz-4.4-x86_64 root=/dev/mmcblk0p2 reboot=pci (改行)
 grub> initrd (hd1,gpt2)/boot/initramfs-4.4-x86_64.img (改行)
 grub> boot (改行)


ここまで一通り出来ていればManjaroが起動するはず。
USBに無線LANを繋いでネットワーク認識しましょう。
端末画面とネットを繋げて確認しましょう。

●内蔵無線LANの認識
まず最初にやりたいのが内蔵無線LAN。
でアップグレードしてからgrub2のビルドの順番。
こちらを参考にしました。

 FedoraでLivaの無線LANカードを使うには、Fedora 23に不足しているBroadcom BCM43241カードのファームウェアのパラメータファイルを追加する

内蔵無線LANを使うには、
不足している Broadcom BCM43241カードのファームウェアの
パラメータファイルを追加する。
ifconfig -aでインターフェース名が表示されてない。
BCM43241に対応するドライバ名のbrcmでdmesgを検索すると、次のエラーが表示されていた。

brcmfmac_sdio mmc1:0001:1: Direct firmware load for brcm/brcmfmac43241b4-sdio.txt failed with error -2

この場合は、 ファームウェアのパラメータを設定する
テキストファイルが不足しているので、追加すればよいとのこと。
パラメータファイルはGitHubにある。
端末から、

 cd /lib/firmware/brcm
 wget https://github.com/jfwells/linux-asus-t100ta/raw/master/nvram/lib/firmware/brcm/brcmfmac43241b4-sdio.txt
 sudo modprobe -r brcmfmac && sudo modprobe brcmfmac

上の操作に特に問題なければifconfig -aで
Wi-Fiインターフェースのwlan0が表示されるようになる。


●WindowsタブレットにGrub2ビルド
UEFI32bit機種にはブートしますが、
ブートローダーは別で入れないといけないです。
Manjaroには64bitでビルドしたUEFI32bitのGrub2パッケージが標準に無いので
自分で作る必要があります。
ビルドしてみましょう。

参考はこちらのサイトです。

 http://qiita.com/shirotamago/items/a4b0c8863a492abe50ad

先にgrub2のパッケージをパッケージマネージャから入れておきます。
そうしておけばgrub.cfgが自動生成されますので便利です。
やり方は参考サイトを真似てみます。
grub2をダウンロードしてビルドします。
ビルドに必要なパッケージは既に入っている様子です。
端末から、

 sudo su
 git clone git://git.savannah.gnu.org/grub.git
 cd grub
 ./autogen.sh
 ./configure --with-platform=efi --target=i386 --program-prefix=""
 make
 make install
 cd grub-core
 ../grub-install -d . --efi-directory /boot/efi --target=i386
 ../grub-mkimage -d . -o bootia32.efi -O i386-efi -p /boot/grub ntfs hfs appleldr boot cat efi_gop efi_uga elf fat hfsplus iso9660 linux keylayouts memdisk minicmd part_apple ext2 extcmd xfs xnu part_bsd part_gpt search search_fs_file chain btrfs loadbios loadenv lvm minix minix2 reiserfs memrw mmap msdospart scsi loopback normal configfile gzio all_video efi_gop efi_uga gfxterm gettext echo boot chain eval
 cp /boot/efi/EFI/grub/grubia32.efi ../grubia32.efi


ブート画面でGrub2がテキストで表示されればOKです。
他の機種の場合、nomodesetを書き換えます。


●まとめ
ここまでやれば半自動でManjaroがWindowsタブレット上で起動します。
便利です。
是非トライしてみてください。
posted by kapper at 05:55 | Comment(0) | ASUS Transbook T100TA

2016年12月07日

最近の事 2016年12月

久しぶりに最近の事を愚痴ります。
たまにはパソコンを離れて、離れられなくて
ネタにします。
ええ、こんな生活です。ウソです。

●PCのブルーライトカット
最近、PCやスマホを常時使っているせいか
凄く目が痛いので真っ赤になります。
原因が特定できていませんが、
PCのブルーライトカットすると少し楽になりました。

・Windows:右クリック⇒グラフィックプロパティ⇒詳細設定⇒色調整
 ⇒青色⇒輝度-20
・スマホ:ブルーライトカットアプリを使う

簡単に設定できます。
少しだけ、目が痛くなくなりました。
本当に効果あるんですね。
PCやスマホを見ている時間が長い人は必須です。


●肝臓がついにエラーメッセージ
健康診断で肝臓が引っかかりました。
間違いなく暴飲暴食ですw
アルコールが問題です。太ったし。
実はバイクを壊してから、いつでもどこでも飲める環境になってしまい、
飲酒量が増加していました。
毎週勉強会、宴会状態でしたもんね・・・
運転しないもん
勿論、運動をしているのですが肝臓には関係なかった様ですw
禁酒しかない・・・

1週間くらいで禁断症状が出ますw
いや軽度で、マジで。
炭酸飲料を飲むと脳が騙されてくれるので、
実はそんなに大した事がありませんでした・・・
結局運転するときはアルコールを飲めないのでブレーキになっていた様な。


●バイクが直った!
8月に修理を出したバイクが直りましたw
どうやらカブのエンジンの部品が入手できなかったそうな(ぉぃ
で修理代もかなりかかりました(秘密
多分一番安いバイクを1台買える金額です。
次壊れたら買い替えだなぁ、と。
次はEVだw

移動も食事もやっぱり足がないと田舎では不便です。
物凄い影響が出ました。飲酒量増えたし。
どこにいくにもバス電車が必要。交通費高い。
荷物重たい、時間がかかる、不便。
夜までやってる近くの飲食店が歩いて20分のマックか30分のモスしかないw
ジャンクフードはもう嫌ですw
ショッピングセンターと本屋とゲームショップとハードオフが果てしなく遠い
ネットでしか物が買えんw
結局、わざわざ岐阜や名古屋まで買い出しw

ど田舎では距離の単位が都会の10倍以上あると思ってもらって、
歩くととんでもない事になります。
高校生とか良く生活できるな、と。雪積もったら特に。
冬は普通に氷点下いくし、夏は暑いし湿度は高いし
飯は冷凍ばかりで不味いし(注:山国なんで)肉食文化
名古屋の生活が愛おしいです・・・
まあこれから自由にバイクで行けますけどね。


●GPD-WIN登場
念願のUMPCが届いた!
日本人に大人気ですね。
意外とハイスペックです。タブレットより使いやすい
Linuxばっちり動くし!
USB-TypeCで充電も出来る!
DragonBox Pyraはどうなった?
PocketCHIPはどうする?

マイLiveディストリを配布予定です。
機種毎に微調整した、殆どUbuntu,Fedora,OpenSuse,Manjaro,CentOSな。
操作が楽なやつ。
OSC浜名湖で配布してみたい。誰だそんなの欲しい奴はw
10枚くらい、ISOイメージを詰め合わせてDVD-Rに焼いて自己満足w
成果?アウトプット?そんなの自己満足でどうでもよいわw
自分のさえちゃんと動けば・・・

●Asus Transfer T100TA
個人的なお気に入りのキーボードドッグ付きBay-Trailタブレット
Linuxが動きやすい。
とっても安い。
バッテリが長時間持つ。
しかも550gで軽い、画面大きい。フルキーボード。
USBが2個あって充電も出来る。
Linuxでタッチパネルと無線LAN、タッチパッドも。
移殖度高いね。
結構癖があるけど。
Ubuntu16.04がお勧め。Ubuntu16.10はXorgが落ちますん。
全く分からん。
他のディストリもGrub2さえ何とかなれば動きます。

●PocketCHIP
モバイル1CHIP
安いけど低解像度。480x272
どーすんのこれ?
せめてSVGAあれば。
低解像度ゲームくらいしか遊べない。
サーバもあるけどRaspberrPiの方が良い。ストレージ小さいし。
エミュレータが動くから低解像度ゲームくらいなら動くけど



posted by kapper at 07:14 | Comment(0) | 近況

2016年12月04日

新世代UMPC Cherry-Trail #GPD-WIN InstalledDriversList ドライバ調査 その4

reportgpdwin.jpg

今回はWindowsのアプリのInstalledDriversListを使って
GPD-WINのドライバを調べてみました。
WIFIはどうやらBCM4356らしいですね・・・

●InstalledDriversList
Windowsのドライバを調べるフリーウェアです。
詳しくはこちらを参考

 システムにインストールされているドライバーを一覧表示できる「InstalledDriversList」

HTMLに出力してみました。
非常に重いです。

 http://kapper1224.sakura.ne.jp/reportgpdwin.html

見ると、
BluetoothとWifiはBCMっすね。
他はIntelっぽい。
posted by kapper at 09:48 | Comment(0) | GPD-WIN

2016年11月30日

新世代UMPC Cherry-Trail #GPD-WIN 主要ディストリ Liveイメージ動作テスト その3

gentooGPD.jpg

今回はGPD-WINで主要ディストリのライブイメージをテストします。
GPD-WINがUEFI64bitでUSBで簡単にLinuxが起動できる事が
分かりましたので、Kapperのカンと経験で
Linuxディストリがどの程度起動するのかをテストです。
今回はインストール作業はしません。
Grub2をあれこれハックしてXかCUIかの
どちらかが起動するかのテストです。
動きゃいいんです、最初は。


●GPD-WINとUEFI64bit
タブレットの様な変態端末と違って、
GPD-WINはノートPCそのものの仕様です。
一般に開発されているLinuxディストリがそのまま起動します。
勿論、グラフィックドライバが無い(誤動作)
する為に、Xorgの画面が表示されませんので
ちょっと修正します。

ちなみにタブレットではUEFI32bitなので
さらにブートローダーをハックしないと動きません。
要注意です。

●Linuxディストリ ライブイメージ
主に主要ディストリのHPからダウンロードしてUSBメモリに焼きます。
焼くのはWindows10からRufusを使います。
それをGPD-WINに刺してUEFI画面から起動させます。
Grub2の編集は画面から「e」キーを押して編集画面にしてから
grub.cfgを編集します。
面倒くさい人は直接WindowsなどからUSBのファイルを編集してください。
一切のフォローと責任はとれませんので自己責任で。

・UbuntuLinux16.10
 一応起動しましたが、そのままでは起動しません。
 grub2の画面で[i915.modeset=0」をquietの前に追加してください。
 Xorgの画面が表示しないです。

UbuntuGPD.jpg

・Fedora25
 Ubuntuと同じです。
 一応起動しましたが、そのままでは起動しません。
 grub2の画面で[i915.modeset=0」をquietの前に追加してください。
 Xorgの画面が表示しないです。

gentooGPD.jpg

・Debian GNU Linux Jessie Multi-Arch
 i386とx86-64の両対応のインストーラー
 もちろん起動
 問題はなさそう。

DebianGPD.jpg 

・OpenSuse42.1
 Ubuntuと同じです。
 一応起動しましたが、そのままでは起動しません。
 grub2の画面で[i915.modeset=0」をquietの前に追加してください。
 Xorgの画面が表示しないです。

 インストーラーからセットアップまで問題なく起動。
 そこから続けていませんが中華タブレットでも動くので
 多分大丈夫かと。

OpenSuseGPD.jpg

・Mageia6 UEFI dev
 Xorgの手間で落ちます。
 Grub2のブートローダーまで。原因不明。
 まだ開発版ですからね・・・

・Gentoo Linux
 USBからgrubそのまま起動するとKDE画面が立ち上がります。
 読み込みにかなり時間がかかります。
 コマンドを追加すると逆にXorgが起動しないです。
 Mageiaと同じです。
 CUIは問題ありません。
 インストールはコマンド手作業なので割愛。

gentooGPD.jpg


・Manjaro Linux
 特に設定変更なしでそのままXFCE4が起動
 タッチパネルは動作しますが、Wifiは掴まず

ManjaroGPD.jpg

・Sabayon Linux
 特に設定変更なしでそのままXFCE4が起動
 タッチパネルは動作しますが、Wifiは掴まず

SabayonGPD.jpg

・ArchLinux
 Xorgの関係上でフリーズします。
 「e」キーを押してコマンドオプションでnomodeset
 を追加するとCUIで起動します。
 そこからインストール作業するしかなさそうです。

・CentOS7
 Xorgの関係上でフリーズします。
 「e」キーを押してコマンドオプションでi915.modeset=0
 を追加するとGUIでインストーラーが起動します。
 確認はそこまでです。

CentOS7GPD.jpg

・PlamoLinux
 はなぐろさんから動作報告が上がっています。
 ちょっとカスタマイズが必要だそうですけど、無事起動しています。
 USBから起動しますとrootログイン画面になり、
 CUIのインストーラー画面を起動できます。そこまで確認。

 GPD WINにPlamo Linuxをインストールしてみた その1 

・Slack-Puppy
 非対応です。

・VINE Linux6.3
 非対応です。

・NetBSD UEFI AMD64
 NetBSDはインストーラーの起動まで確認。
 ブートローダーはgrubではないですよね?
 ちなみにUEFI32bitのタブレットでは画面切り替わりすらしません・・・

NetBSDGPD.jpg

・Android-x86 6.0 rc1
 そのままで問題なく起動します。
 ただ、無線LANとタッチパネルが動きませんので
 実用的とは言い難いですが・・・

Androidx86GPD.jpg

・CyanogenMOD-x86 13.0 rc1
 そのままで問題なく起動します。
 無線LANとタッチパネルは動作しました。
 センサーが無いので画面回転は出来ません。
 完成度高いです。

CyanogenMODCPD.jpg

●まとめ
ISOイメージをダウンロードしてUSBに焼くだけでも大変ですw
USBからのライブイメージの起動で、デュアルブート扱いのテストです。
USBイメージからのデュアルブートも簡単に出来てしまいます。
UEFIの対応度とKernelのバージョンがバラバラなので
ディストリによっては動いたり、動かなかったりしますが仕様です。

ガジェットの造形が深いディストリは無事起動して
インフラよりのディストリはガジェットに対応が遅れがちです。
そんな結果を表しています。ATOMに関しては。
色々なユーザーさんやディストリビューターさんに
ATOMタブやノートPCに興味を持っていただけたらと。
ここのガジェヲタ階層は魔窟ですが、中華タブレットは爆発的に端末が安いっすよw
posted by kapper at 21:51 | Comment(0) | GPD-WIN

2016年11月29日

電子ペーパースマートウォッチ Pebble 日本語表示可能なtwitterクライアント Twebble その4

CjnQW5pUgAAI-9w.jpg
今日はPebbleで日本語表示可能なtwitterクライアントの
Twebbleをネタにします。
文字情報の表示量が少ないのが悩ましいですが、便利です。
AppleWatchやAndroidWearで出来る事を
なんとPebbleでも出来てしまいます。
性能を考えると驚きです。

●Twebble
Pebbleで見れるTwitterクライアントは幾つかありますが、
日本語表示できるやつはTwebbleです。
有料です。

 https://apps.getpebble.com/en_US/application/52cd93cd53760f442d00000b

他機種と比べると性能としては制限があるのですが、
一応読めます。

・29件まで一応表示
・文字数は少なく50文字前後?
・画像、リンク等は表示できない、検索不可
・一応ツイートなど可能(ただし英語のみ?)
・日本語化すれば表示可能
・Bluetoothのみの通信なので電池もちが非常によい
・スマホより更にこっそり隠し読みできるw
・  

PebbleでTwitterが読める、というだけが価値です。
文字情報はRSSリーダーに譲りますが、これはこれで良いです。
もうちょっと文字数が多ければ、な。
画面サイズとメモリの関係でしょうか?
他の弱点はボタンを押さないと操作できない事で、怪しいですw


●まとめ
色々と最低限の機能ですが、Pebbleでtwitterが
使える事に意義があります。
勿論、他のスマホやスマートウォッチでもtwitterは使えます。
Pebbleの長所は長時間バッテリと常時液晶表示なので
付けっぱなしでも問題ありません。
文字情報が入手できる事にまず意義があります。
電車の中でも会議中でもw
スマホと違ってPebbleは耐久性があるのが強みです。
Pebbleの場合、他のスマートウォッチと比べて明らかに性能が低いですが、
アプリで同じ事が出来るというだけでも長所になります。
ここが他のスマートウォッチと違う点ですね・・・
posted by kapper at 06:55 | Comment(0) | Pebble

2016年11月27日

キーボード付きBay-Tailタブレット ASUS Transbook T100TA Gentoo Linux ライブDVD起動編 その2

CyBwRpRVIAEX4jD.jpg

次の実験はGentoo Linuxをbay-Trailタブレットで
起動してみました。
LiveDVDそのままです。
一応動作報告として。
インストール作業は面倒なので今回はパスです。
そちらから覚えないと、いけないので時間がかかります。

●Gentoo LinuxとBay-trailタブレット
GentooLinuxはソースベースのディストリで
ローリングリリースなので最新の環境を入手できるのが特徴です。
日々更新されるタブレット関係のドライバを
追跡するには便利なOSです。
勿論、設定が細かいので初心者向けではありませんが。


●Gentoo Linuxのブート
公式のDVDイメージをダウンロードしてUSBに焼きます。
それを刺して、UEFIから選択するだけです。
Ubuntuと同じ様にテキストGrub設定がなされており
タブレットでも問題なくブートローダーが起動しました。
で何も変更せずに実行しますと、GUIでKDEが立ち上がりました。

逆に色々変更すると、Xがエラー出て立ち上がらなくなり
コンソール状態になりますので注意。不思議だなぁ。
タッチパネルも動作しました。

GentooのライブDVDはsquashfs形式のLoopbackイメージを
マウントして起動しています。
実はFedora(RPM)系列はみな同じです。
Fedora系列で起動しなかったら真似してみましょう。

●Sabayon Linux起動NG
SabayonLinuxはX環境の起動時読み込み中で止まります。
Logを読んでいないので何で止まったか分かりません。
ブートローダーは起動します。
原因は特定できていません。

●まとめ
OSインストール作業は面倒なので割愛します。
Gentooが起動出来れば、最新ドライバを体感できます。
Ubuntuでもそのままでは起動しませんでした。
まあ、その後の設定が大変ですけどね・・・
初心者モードも付けてほしいです・・・
posted by kapper at 11:42 | Comment(0) | ASUS Transbook T100TA

JR一宮駅からハードオフ一宮店に行く方法

今回もネタですが、Kapperはバスで初めて一宮駅から行きました。
前回はハードオフ岐阜うさ店、大垣バイパス店までをネタにしました。
今回もバスがあるので楽です。
JR名古屋駅から時間的に一番近いハードオフです。
観光に寄られた際にはついでにどうぞ。

●ハードオフ一宮店
一宮周辺に2件あるハードオフです。
JR名古屋駅から新快速で1駅、JR一宮駅からバスで3区間、
比較的交通の便が良いのが特徴です。
ハードオフ尾西店の方はiバス高野島か開明駅から歩いて結構あります。
特徴としては、

1.オフハウスと1体の店舗
2.国道近くにあり車での通行が便利
3.商品の入れ替えがそこそこありたまに行くと良い。
  最近音楽と家電と工具関連が多く、電子製品は非常に狭く少ない
  1階がオフハウス。
4.一宮駅からかなりあるが、最寄りのバス停あり3本/時間と結構ある。
5.時間に余裕があればハードオフ尾西店も交通機関ではしご



地図で見てもらうのが一番ですが、
結構に遠いです。最寄りバスあり。
車の無い人には不便な場所です。
車以外で行く方法として、

1.バス 印田駅から歩いて5分
  一宮駅の東口から横断歩道を渡ってすき屋のそばに
  5番バス停がありまして、そこから岩倉駅行きのバスに乗ります。
  180円3区間です。
  歩くには意外とと遠いです。
  で、そこから近くの交差点より北へ5分前後。
  歩くと少し距離があります。
  でハードオフ一宮店です。


●まとめ
ハードオフ一宮店は比較的回転率が高いので良く行きます。
バスでは行った事が無かったです。
時間があれば尾西店も寄り道できますな。
名古屋駅からJRや名鉄で近いので、
名古屋に遊びに来た際に寄り道するには最適かと。
最近は電子関連は非常にスペースが狭く品数も少なくなってきました。
こちらはバス、名鉄の本数が多いので比較的楽です。
そこからさらにハードオフ岐阜うさ店まで寄るのは上級者のテクニックw
タグ:ハードオフ
posted by kapper at 10:45 | Comment(0) | 旅行

2016年11月23日

新世代UMPC Cherry-Trail #GPD-WIN Wubi for Ubuntu16.10 改良と新規リリース その2

CxsXdrJVQAAtUOO.jpg

今回はWubi for Ubuntu16.10作者の
hakuna-m氏にgithubでコンタクトを取って
GPD-WINのCherry-Trailに改造の対応して頂きましたので
ブログにします。
だいぶ使いやすくなりました。



●Cherry-TrailとUbuntu
UbuntuをGPD-WINでブートする際にいくつか修正がありまして、

1.電源をいれた後「ESC」を押しながらUEFIを起動し
  OSのブートでUbuntuを選択
2.起動したGrub2の設定を修正
3.インストール後の再起動の際にまたGrub2の修正
4.無線LANと画面回転⇒これはOS側の問題

という段階で修正する必要がありました。
これは簡単な話なので作者さんにお願いして修正してもらいました。
リリース版はこちらです。

 https://github.com/hakuna-m/wubiuefi/releases
 https://github.com/hakuna-m/wubiuefi/issues/27

Cherry-Trailでブートしない問題点としてGrub2側で二つありまして、

1.グラフィックドライバNGの為、GUI画面が起動しない。外す必要がある
  grub.cfgを修正し
 "i915.modeset=0" もしくは "nomodeset"
をKernelオプションに追加する必要がある
2.Grub2のGUI画面に非対応なので、grub.cfgを修正し
 テキストブートローダー設定にする必要がある。
 Grub.cfgの記述の読み込み順番から、Kernelを読み込む直前で固まります。
 ・”gfxmode $linux_gfx_mode”を削除するかTextモードにする

似た様な問題に見えますが、一つはブートした後の
Kernelモードの問題でもう一つはgrub側の問題です。
X.orgはフレームバッファなのでドライバなしです。
debianのブートローダーではこちらの問題が対策済みです。
参考はこちら。

 http://linuxiumcomau.blogspot.com/2016/10/running-ubuntu-on-intel-bay-trail-and.html


●修正版のダウンロードとWubi for Ubuntu16.10
じゃあ修正してもらったので使ってみます。
無事リリースされました。

 https://github.com/hakuna-m/wubiuefi/releases

こちらのファイルをWindows上でダウンロードして実行。
もしUbuntuのISOファイルを持っていたら
同じフォルダに置いておくと読み込むので
ダウンロード時間を短縮できます。

実行すると
・容量
・UbuntuのGUI選択
・ユーザー名、パスワード
を選べますので好きなのを選択。
するとOSイメージファイルが作成されてコピーされます。
で再起動。

再起動するとGrub2の画面が出ますので、
「ESC」を押して自動起動を止めた後、
真ん中にある「Intel graphics workarounds」を選択すると
Ubuntuが起動して自動的にインストールが進みます。
Cx5wKwlUsAAFFNz.jpg

終わると再起動しますので、UEFI画面を出します。
電源を入れたらUSB充電ケーブルを抜いた状態で
「ESC」キーを押しっぱなしにします。
USB充電ケーブルを刺しっぱなしだと、充電モードになって起動しません。
で、UEFI画面が起動しましたら、
SAVE & EXITのタブのUbuntuを選択します。
で、Grub2画面が起動します。
ここはそのまま起動しても修正してあるので問題ないはずです。
Ubuntuが無事起動します。

●無線LAN
内蔵無線LANは使えるはずですが、何故かルーターに繋がりませんw
今回は諦めてUSBの無線LANカードを使います。
USB無線LANカードにランプがついて認識しますと、
画面右上のルーター選択が出ますので
USB無線LAN側にクリックするとネットに繋がります。

まあ現時点では最新機種のドライバ不備はまだ珍しくありません・・・

●画面の回転
Ubuntuは横画面表示になって面倒なので画面を回転させます。
通常ならxrandrコマンドで動かせるはずですが動きません。
調べてみるとxorg.confで指定する必要があるそうです。
で、こちらを参考に

 https://ubuntuforums.org/showthread.php?t=2313209

フレームバッファというのが気になりますが・・・
まだディスプレイドライバが無いので仕方がありません。
普通に起動しないですからね・・・
ubuntuの場合は、xorg.confファイルは無いので
各デバイス事に作成します。
端末から

 sudo gedit /usr/share/X11/xorg.conf.d/10-monitor.conf

テキストエディタは何でも良いです。
下記内容をコピペして保存します。

Section "Device"
Identifier "Configured Video Device"
Driver "fbdev"
Option "UseFBDev" "true"
Option "Rotate" "CW"
EndSection

Section "Screen"
Identifier "Default Screen"
Monitor "Configured Monitor"
DefaultDepth 24
SubSection "Display"
Depth 24
Modes "800x1280"
EndSubSection
EndSection

保存したら再起動します。
重要なのは"CW"の部分です。ここが回転設定です。
再起動しますと、画面だけでなくキーアサインも全て回転されています。
こりゃ便利。

●内蔵無線LANの認識と設定
通常では内蔵無線LANが接続できません。
内蔵無線LANをLinuxで認識させる為には、
brcmfmac4356-pcie.txtとbrcmfmac4356-pcie.binの両方が必要です。
Ubuntuの場合、brcmfmac4356-pcie.binはあるので、
brcmfmac4356-pcie.txtだけ拾ってきてコピーします。
テキストエディタでコピー貼り付けして保存します。
端末から

  sudo cp /(ファイルのある場所)/brcmfmac4356-pcie.txt /lib/firmware/brcm/
  sudo modprobe -r brcmfmac
  sudo modprobe brcmfmac

これで内蔵無線LANがLinuxで認識します。
多分ディストリは問わないはずです。
データはこちらから。
 
 brcmfmac4356-pcie.txt


●BOINCベンチマーク
基本ですがUbuntu上でBOINCベンチマークを取ってみました。
プロセッサに拘らず色々な機種で同じ計算方法で測定できるので
使っています。
GPU抜きの数字です。

・integer 49115
・floating 1956

ということは、1コアあたりが旧Core2duo 3.0GHzの約2倍?
raspberrypi3の約15倍?
ARM Chromebook Tegra K-1の約4倍?
そりゃ速い訳ですわ。
Bay-Trailと比較してもかなり体感速度が違います。
Ubuntuならさくさくです。


●参考資料、予備知識
最近WinタブにLinuxを移殖する研究やっています。
たまたま旬の機種ネタですが、今回その知識と経験が最大限に反映できました。
実はLinuxディストリビューターでも東海道らぐでさえ
Grub2を真面目に会話できる人はごく少数です。
まして、Cherry-Trailの話題だとさらに一部のハッカーのみです。
UEFIのgurb2の設定さえできればどのディストリでも動くはずです。
そういう意味ではATOMタブは面白いです。
是非ご一読を。



●まとめ
とりあえずインストールと初期設定まで
日本語は標準で設定されるので変更不要です。
実はUEFI64bit機種なので殆どのディストリが簡単に動きます。
ファイルが不足していますので、
無線LANに繋いでからaptなり言語設定なりで追加してください。
そちらはUbuntu側のマニュアルか何かで。

GPD-WINは良いですね。
Netwalkerの再来です。
軽量、高速、フルキーボード、最新鋭、
しかもOSは簡単に自由に選択できる汎用ATOM。
Linuxの知識がある程度十分あれば何でもできる位遊べます。
流石、簡単Intel。
ARMではこんなに簡単に移殖できません。

ちょうどこのテーマをメインで今ハッキングしていて良かったです。
2009年に今の知識と経験があれば、な。と
今でも悔しい所はありますが
今のスキルを皆様にフィードバック出来ればと。
posted by kapper at 15:25 | Comment(0) | GPD-WIN

2016年11月20日

新世代UMPC Cherry-Trail #GPD-WIN 購入レビューとWubi for UbuntuLinux16.10インストール その1

CxsXdrJVQAAtUOO.jpg

今回は先週届きましたGPD-WINと
Wubi for Ubuntu16.10を試しましたのでレビューします。
良いですよね。これ。
小さくて機能は十分、おまけに高性能。
Windows10だけでなくLinuxも使いたいです。
一応ちゃんと起動しました。
UEFI64bit機種なので大抵のディストリが簡単に動きます。

●GPD-WINの購入
GPD-WINの正規代理店となった緑屋電気から購入しました。
当時は39,800円です。
ガジェヲタの社会人なら皆買いましたよね(ぇ
GearBestなどかも買えるらしいです。
折角だからUbuntuを入れてみました。
まあUbuntuが動けば他のOSも動くはずです。

 https://www.makuake.com/project/gpd-win/

基本スペックはこちら

detail_1833_spec.png



●GPD-WINを購入してみて
まず小さいのに高性能です。
タブレットをそのままUMPCにしている感じです。
キーボード、コントローラー切り替えマウス
USB2個(1個はType-C)HDMI、MicroSD、ヘッドホンと
基本は抑えてあります。凄いね。
マウスの感度は微妙ですが問題なく使えます。
こういうのあると助かります。
ちょっと画面が小さいかな、とも思いますが。

●Wubi for Ubuntu16.10でUbuntuをインストール
とりあえずパーティションを残したままUbuntuの動作実験。
まず本家HPからバイナリファイルをダウンロード。
実行するとインストール開始します。
もしUbuntuのISOファイルを持っていたらバイナリファイルと
同じフォルダに置いておくと自動で使ってくれるので
ダウンロードの手間が無くなります。

 https://github.com/hakuna-m/wubiuefi/releases

実行したら再起動。
Grub2のブートローダーの画面で「ESCキー」
そのまま起動するとブラックスクリーンになり動きません。
Cherry-Trail全機種の特徴です。i915の問題だそうです。
Grub2の画面で「e」キーを押してコマンド入力画面にします。
ここでquietの前にi915.modeset=0を追加して「F10」
FNキーを押しながら。
実行するとUbuntuが起動します。
インストール作業は勝手にやってくれるので
電池が切れない様に注意して放置。
再起動したらOSを切り替えるためにUEFI画面にする必要がありますので
「ESC」キーを押しっぱなしにします。するとUEFIが起動。
なんかそういう仕様だそうな。
UEFIが起動したらSave& でUbuntuを選択。
Bootoverrideでしょうか?
でまたgrub2が起動しますので、「e]キーで止めて
ここでquietの前にi915.modeset=0を追加。nomodesetでも問題ないです。
もう一つの設定が、grub.cfgの”gfxmode $linux_gfx_mode”の
行を削除する必要があります。
graphics modeだと起動しないんです。
何故か。要注意
「F10」FNキーを押しながら。
実行するとUbuntuが起動します。

ログインパスワードを入れればUbuntuが起動します。
ひとまずここまで。
Wifiとタッチパネルは動作しましたが掴みが悪いです。


●まとめ
まずWubiでUbuntuの起動まで。
Ubuntuが動作すれば、他のLinuxディストリもいけるでしょう。
デュアルブートです。
いいですね。
UEFI64bit機種なので大抵のディストリが簡単に動きます。
ノートPCやSurfaceと同じです。
Netwalkerの再来です。
当面は最強のモバイルマシンです。
是非使ってみましょう。
posted by kapper at 17:51 | Comment(0) | GPD-WIN

2016年11月17日

$49 格安1チップモバイルPC PocketChip オートログイン解除とWM選択 Matchboxデスクトップ その3 #PocketCHIP

CxZmdzcUUAAtGhZ.jpg

久しぶりにPocketCHIPのネタをブログします。
いや使っていますよ。
不便なUIだからイライラしますが、貴重なARM端末。
レトロゲームやエミュレータくらいなら
多少なんとかなります。
今回はWMをMatchboxに切り替える事で使いやすくなりました。
ブログにネタにします。

●PocketCHIPとMatchbox-Windowmanager
PocketCHIPの標準WMはPocket-WMという
一応独自のWMが搭載されていますが、これが不便。

・ランチャーがなく日本語入力切り替えできない
・キーバインドしかWindowの切り替えできない
・全画面表示でPCSXが画面中心が合わない
・アプリのランチャーを追加するのが面倒
・とにかく低機能

なので、軽量なMatchboxに入れ替えします。
上の欠点が解消されますので凄く便利(=普通?)になります。


●Matchbox-Windowmanagerインストール
インストールは簡単です。
端末から

 sudo apt install matchbox

でインストールされました。
WMの切り替えは
テキストエディタから編集します。nanoを使うと、

nano ~/.matchbox/session

 #! /bin/sh
 LC_ALL=C; export LC_ALL
 matchbox-desktop &
 matchbox-panel &

nano ~/.xinitrc

 matchbox-session &
 exec matchbox-window-manager

保存したら再起動。
出てくるはずです。
詳しくはこちらのHPが詳しいのでご参考までに。

 matchbox window manager on NetBSD/hpcmips


●オートログインの解除
好きな時に好きなWMを使いたいので
オートログインを解除して起動ログイン時に選択できる様にします。
多少面倒でありますが、WM切り替えできる方が便利です。

テキストエディタでコメントアウトするだけです。

 sudo nano /etc/lightdm/lightdm.conf

後半に auto-loginの行が2行ありますので、
先頭に#を追加してコメントアウトします。
保存したら再起動。
ログイン画面が出てきます。
画面右上をタップすると、WMを手動で選択できる様になります。
Matchboxなど好きなモノを使いましょう。

●まとめ
MOZCを使いたいのと、PCSXで全画面表示する為に入れました。
Matchboxを入れれば、
ランチャーや日本語入力切替えできますし、Window表示できます。
普通の事が普通にできる様になりました。
アプリによっては「Alt」+「Enter」で
全画面表示できるので表示も問題ないです。
ランチャーを横から縦表示にすれば画面調整に良いかも。
大分PocketCHIPが使いやすくなりました。
是非使ってみましょう。
posted by kapper at 02:45 | Comment(0) | PocketChip

2016年11月13日

Netwalker Labo KOF2016 講演資料 正式版 「Windows10タブレットにUbuntu16.04を色々入れてみた 2016年度 #KOF2016 Install Ubuntu16.04 on Windows10 Tablet」

11/12に大阪KOF2016にARM Linux関連でWindows10タブレットのハッキング
などをモチーフとして出展、講演致します。
11/12(土)17:00〜 大阪ATCです。
現時点で出来た部分までで正式版として公開致します。

I will speak about 「Hacking with Android on Linux, secound presentations」
to July 30 in Kyoto,Japan.
The it is possible to have material now and then published.

KOF2016の公式HPはこちらです。

 https://k-of.jp/2016/

PDF資料はこちらです。

 http://kapper1224.sakura.ne.jp/Netwalker osc KOF2016.pdf




1、KOR2016向けの改正版として公開します。
  ダウンロードはPDF、データ閲覧はSlideshareなどを使っています。
  Windowsタブレットにハマり過ぎてしまいました・・・

2、資料に誤りや公開上問題がありましたら修正しますので
  ブログまで是非ご連絡頂けましたら大変助かります。

3、内容はx86に関係する内容とARM全般の内容が混在しています。
  Windows10タブレットでLinuxを動かす方法を纏めました。
  45分ですが、かなり詰め込みました内容です。
  発表は全部できないと思いますので、ここでは資料優先にしておきます。

4,次回のネタ大募集中です。
  Kapperのセミナーは皆様のご意見を反映する形で、
  実施するつもりで計画を立てています。
  是非ご意見下さい。

2016年11月06日

2万円超格安ノートPC Jumper EZbook2 購入&レビュー その1

Cwi_2aTVQAArwmc.jpg

Chromebookがお亡くなりになられたので、
以前買った中華PCのJumper EZbook2をメインにしています。
Twitterでは色々とつぶやいていますがレビューします。

●Jumper EZbook2
中華タブレットのスペックそのままで、
キーボードと14インチモニタでノートPCにしてしまった
なんと2万円PCです。
購入はGearBestから中国輸入で。
スペックは、

CPU :Intel Cherry Trail Z8300(Atom-X5 Z8300) 64bit Quad Core 1.44GHz, up to 1.84GHz
RAM + ROM: 4GB + 64GB eMMC
ディスプレイ : 14インチ 液晶
解像度 : 1920 x 1080 フルHD
OS: Windows10
バッテリー : 3.7V/10,000mAh
カメラ: リア 5MP / フロント 2MP
MiniSD: 最大128GB
インターフェース : USB 2.0×1,USB3.0 x1、MiniHDMI x1,MiniSD x1、ヘッドホンジャック
WiFi /Bluetooth :WiFi802.11 b/g/n 、Bluetooth4.0
サイズ:  34.65 x 22.95 x 1.76 cm / 1.18kg
UEFI64bit対応

数字的にまずまずです。
安い割に。

●使ってみた感想
まずMACからパクった外観。露骨だな、あと。
液晶もタッチパネルでないので破損のリスクは小さいです。
思ったより高解像度で綺麗です。

で外側外観がオールプラスチックでやわらか反りまくりですw
簡単に傷ついてしまいます。
ものすごく安っぽいw
けちったな・・・
裏側の固定ネジが汎用ネジなので外れますw
強度設計ヤバいので落下やぶつけたり禁止。
破壊強度が寿命に直結しそうな設計です。

バッテリは初期設定で80%前後で制限されており、
安全しろ高め設計になっています。
つまり長くは使えません。大体4〜5時間前後でなくなってしまいますので
一日持ちません。電源と充電できるスポットを確保する必要があります。

タッチパッドが果てしなく使いにくいです。
マウスを別途用意しましょう。

重量は14インチで1.2sと非常に軽いです。
犠牲にしているものはありそうですが・・・

Windows10を入れていますが、初期設定では重いです。
日本語化と軽量化が必要です。
日本語化はまず英語でログインしてから、言語設定で
日本語IMEを入れます。オプションで言語パックを入れれば日本語になります。
軽量化はまずWindows10のレポート機能をOFFにします。
それからデスクトップのプレビュー関係をOFFにすれば速くなります。

日本語入力する際には最初だけIMEアイコンバーから日本語を設定します。
あとは随時「Alt」+「〜」キーで切り替えます。
普通の英語キーボードですね。

●Linux運用について
SSDが64GBありますので何とか使えます。
UEFI64bitなのでOSに関わらずつ変えます。
注意事項としては、

・無線LAN、タッチパッドが使えない
 ⇒USB経由で
・電源調整機能を自分で設定

くらいでしょうか?
素直です。
Windows10上からWubi for Ubuntu16.04でも簡単に使えます。


●まとめ
全体的に完成度は低いですが普通に使えます。
価格相応お得です。
ただ、強度とバッテリに難がありまして
USB-TypeCでHDMIがついていないのが注意。
破壊しないように取り扱いに気をつけないと。
スペック的にも早くはないので注意。
Linuxもさくさく動きますので文句はありませんが
高級感といいますか、ありがたみはゼロかと。
壊さない様にして使いつぶす道具であるならば、と。
posted by kapper at 11:50 | Comment(0) | Jumper EZbook2

2016年11月03日

最近の事 2016年11月  裁量動労制 「みなし労働」の欠陥と崩壊

世間では以前ホワイトカラーエグゼンプションが法制化するかどうかという
ニュースが出ていました。あれからどうなったのでしょうか?
弊社では20年ほど裁量労働制がありまして、
ここ最近職場崩壊の為に残業を付ける事になりまして
事実上崩壊しました。
世間では賃金制が殆どかと思いますが、功罪をブログにします。

●裁量労働制、みなし労働制とは
裁量労働制とは成果主義と共に日本に入ってきた制度で
労務時間給料を固定して支払われる制度です。
間違いなく残業代を減らす為の制度です。
Wikipediaを見てみます。

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%81%E9%87%8F%E5%8A%B4%E5%83%8D%E5%88%B6

単純に言うと、
・みなし労働時間として残業時間に関わらず固定賃金が支払われる
・36協定枠は残るので60時間以上の残業は医務局の報告が必要
・深夜残業、休日残業手当は同様に支払われる
・残業をすれば事実上単位時間給料は減る
・導入職種に大きな制限がある、はず?
・ホワイトカラーエグゼンプションとは全く別の制度

ブラック企業において適用されています。
ホワイトカラーエグゼンプションと混同しない様に注意が必要です。

●何が起こるのか?
これは全ての従業員との契約が必要です。
採用されると、残業代が固定給となり支払われます。
残業はつかなくなります。

利点
・出勤の制限がないから遅刻早退しても首にならない?はず?
・定時で帰ればお得になる
・時間管理が簡単になる
・営業など、帰宅時間が常に変動する職場では
 タイムカードを押す為だけに帰社しなくても良くなる
・景気が悪くても残業できる

欠点
・間違いなく残業が増えてブラックになる
・リストラが増える
・パワハラが増える
・査定が過剰なまでに厳しくなる
・時間換算の給料が少なくなる
・休みが取りにくくなる
・他の人の仕事を押し付けられる、押し付け合いになる
・職種適用範囲の定義がなく怪しい

まず、残業代が増えないので
一人当たりの仕事量をギリギリまで増やす仕組みになります。
当然ですよね、その為の制度です。
そこには数字だけで成果主義の考えなどありません。
部下の仕事量を増やした管理職は出世します。
当然モチベーションは限りなく低下します。

次にリストラが増えます。
当然ですよね。
一人当たりの残業時間が増えれば余剰人員は削減されます。
何故かって?固定給だから。
人員の数だけで算数されます。
都合の良い多能工化が加速します。
残業しない人からリストラされます。
残業しない人間の査定は極限に下げられます。

次に仕事量が多すぎて業務が運用できなくなります。
そうなると、当然パワハラが横行します。
言葉の暴力で仕事をやらせようとします。
パワハラの定義は結構あいまいですよね。
注意です。横暴を言われたら訴えましょう。
自浄作用があるとは思っていけません。
さらにモチベーションが低下します。

残業時間が増えると裁量権が極端に低下します。
選んでいる余裕などないのです。
残業時間が50時間/月を超えたら事実上裁量権など存在しません。
効率改善に投資する時間など不可能です。

最後に査定が異常に厳しくなります。
査定が残業時間で判断されます。
だいたい成果なんて上司の考え一つで変わります。
その内容をチェック出来る部外者なんていないんです。


ここまで読んでみて、本質である
「成果主義」、「効率改善」という言葉はどこにも出てきません。
目先の数字の残業代しか見ていません。
これが日本の会社です。
日本人の効率が悪いはずです。
モチベーションは限りなく低下します。

追加する問題として、30時間以上を超えると
時間給の人とみなし労働の人の給料が逆転します。
これはどういう事か?
例えば、共働きの夫婦がいます。
すると旦那の方が残業時間が長いにも関わらず
パートの奥さんの方が給料が高い事になります。
家族からしたら異常な状態です。
この時点で離職者が多発します。

●職務適用範囲の問題点
法律の適用範囲は限られていて誰にでも裁量労働制してはいけない。

・新商品若しくは新技術の研究開発
・情報システム
・公認会計士、弁護士、税理士の業務

学校機関や新聞、金融、広告を除くと
この程度しかありません。
この適用範囲外の職務は法律違反であり、
間違いなくブラック企業です。
注意が必要です。
ホワイトカラーエグゼンプションとは違う制度です。
弊社では実際には全ての間接部門に適用されています。
法律違反です。

で、実際に裁量労働制を適用しても良いであろう範囲がこちらです。

・時間当たりの給料が十分に支払われている人
 年収1千万円相当以上
 パート従業員と時間当たりの給料が絶対に逆転しない人
・係長以上の管理職。自分で方針管理書を作る人
 人事権において最低限の権限がある人
・間接労働部門である事。時間と連結して売上に直結しない仕事

つまり絶対に若い労働者に適応してはいけません。
モチベーションが下がるだけでなく、離職者が増大します。
あと生産量に応じて残業時間が増える業種
(製造、生産管理、設備管理、品質管理、品質保証など)
に適用してはいけません。
突発する業務に振り回される人は自由権限がありません。
離職者が激増します。


●起こる事
まず離職者が増大します。
でさらに人が減って厳しくなって余計苦しくなります。
業務を増やそうとパワハラが増加します。
言葉の暴力です。
で、さらに辞めていきます。
訴える人が増えます。
間接部門の人が足りなくなっても管理職は出世して首にはなりません。
完全なブラック企業の誕生です。
日本の社会だと頑張る人が多いので悲劇が増大します。
法令上約束が無視される様になるとコンプライアンス違反です。
外部に影響が出る様になります。
こうなったら企業としてアウトです。
訴えましょう。


●対策
まず利害関係抜きで相談できる相手を可能な限り作りましょう。
出来るだけ情報交換します。
で声に上げる事が第一。労働組合や外部の機関や医務局。
改善は容易ではないので異動希望も出しましょう。
健康被害が出る前に離職も検討しましょう。
家族の安全と健康が第一です。
体を壊したらその後の人生を生きていけなくなります。
ボイスレコーダーを携帯して録音しましょう。
メールなどで記録を残しましょう。
自衛が全てです。


●まとめ
残業代を減らす為の制度です。
ここには成果主義や効率という言葉は全く存在しません。
騙されてはいけません。
日本の場合、転職が難しいので重要な社会悪です。
確実に離職者が多発してお客様に迷惑がかかります。
会社として制御できなくなる事は当然の在り方です。
収益が傾き始めて、初めて会社側が気付きます。
こうして離職者を食い止める為、会社側が残業代を付ける様になり
事実上崩壊しました。
まあね、経営層は何もわかっていないんですよ。どこの会社も。
健康被害だけは絶対ダメです。
自衛しましょう。
posted by kapper at 23:20 | Comment(0) | 近況
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ