にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2013年05月10日

大垣祭り

今週末、5/11と5/12は大垣祭りです。
市内の道路を閉鎖して街中を軕が駆け巡ります。
駅前商店街の600店の屋台も県下トップクラスの集まりです。
他県の人では見たことのない岐阜県特有の文化、
超マニアックな屋台めぐりが楽しめますw
鮎の塩焼きとか飛騨牛とかアレな珍品が沢山出店するのが目玉かと

城下町大垣に初夏の訪れを告げるまつり
http://www.city.ogaki.lg.jp/0000001311.html

posted by kapper at 05:58 | Comment(0) | 旅行

2012年08月18日

北海道旅行 簡単まとめ

Kapperです。
盆休みに行ってきた北海道旅行をまとめてみます。
Kapperは夜行移動マニアなので旅する時は夜行ばかり使います。
写真はTwitterに貼ってありますのでそちらをご参考に。

1、経路および交通費
細かいバスや電車を省きますとこんな感じです。
+αでローカル線をイメージ下さい。

・名古屋→東京:夜行高速バス@楽天トラベル 3,000円
  楽天トラベルを使えば簡単に安価夜行バスを利用できます。
  体力さえあれば往復5,000円程度で東京まで行って帰ってこれます。
  新幹線終わってから夜まで飲んで移動するのにも便利です。
  東京に朝6時についてぐるっと観光。
  途中銭湯にてお風呂に入ります。
  夕方の新幹線で時間厳守で東北に向かいます。

・東京→大宮:JR京浜東北線 540円
  実は東京から東北地方に夜行バスで行きたかったのですが、
  盆休みにはバス、新幹線のチケットが満席で全く取れませんでした。
  ただし面白い事に東京→大宮間は完全に埋まっていますが、
  大宮で新幹線を降りる方が結構いるらしく、大宮から東北へは指定席が取れます。
  事前に大宮からの指定席を取っておきます。
  まず大宮まで普通電車で移動します。
  大宮駅で待ち時間がありましたのでせっかくなので鉄道博物館をヲチしました。

・大宮→八戸:東北新幹線 15,350円
  今回の旅行での一番の大失敗がこのルート。
  本当はこの「東京・函館きっぷ」を利用して7,000円で北海道まで移動する予定でした。
  所がバスが満席で青森まで移動できない。
  どのルートも満席でNG。
  新幹線やはまなすで新青森、函館に行くのは前使った手法なので
  今回は八戸フェリールートに変更しました。
  JR新幹線代が予定外に非常に高くつきました。
  計画性のなさが出費につながっております。
  大宮から指定席を取りのんびり八戸まで。

・八戸駅→八戸フェリーターミナル:タクシー 2,200円
  八戸フェリーターミナル行きバスは八戸駅でなく、本八戸駅経由だったんですね。
  HPから全く気が付きませんでした。時間がなかったのでタクシーにて移動。
  大きな出費です。
  八戸港は沢山あるので行先をよく間違えるそうです。
  要注意。

・八戸港→苫小牧港:シルバーフェリー 4,500円
  多分陸路より海路の方が一番効率の良いルートがこれ。
  海の直線ルート+夜行なのでゆっくり休みながら移動できます。
  JRだと函館経由で数倍の値段します。
  時間限定ですがレストランと大浴場がありましたのでお風呂に入れます。
  2等きっぷは予約個室でなく大部屋の雑魚寝。
  詰め込めば沢山乗れるので多分予約なしでも乗れます。
  お盆の号でもまだまだ沢山乗れそうでした。
  Webはあてにならないので電話確認しましょう。
  
・苫小牧港→札幌:高速バス 1,270円
  直行バスがこちら。2時間くらい。
  安いですが結構停車が多く長いのでJRを使ってもよいかも。
  早朝の電車やツアーに参加する場合には時間に要注意です。

・札幌⇔旭川:JR旭山動物園きっぷ 5,900円
  旭川動物園までの往復一式チケット。これも大失敗。
  旭川動物園に行ったあとは時間をみて行先を考える予定でした。
  所がここらへんは一時間に一本の世界。乗り遅れると最後。
  ものすごく交通不便な場所です。
  時間を何時間もロスしました。
  自動車でなければ旭川、美瑛、富良野を一日で回るのは困難なので
  この「[札幌発] 旭山動物園・富良野1DAYピクニック号」ツアーを使えばよかったなと後悔。
  勿論富良野には行きましたが、札幌まで帰ったのが夜中でした。

・旭川⇔中富良野:JR普通 1,040円×2
  無人駅ルートのこれが1時間に一本。失敗したなー。
  移動と待ち時間が長かったです。
  それでも中富良野をレンタサイクルでぐるりと1周回れました。
  実は旭川→網走ルートと相当悩みました。
  ただJRルートでは網走→ウトロ温泉ルートが容易でないので断念。
  知床の朝の観光フェリーにも間に合いませんし回る時間もホテルも取れません。
  割り切って札幌に帰って銭湯と晩ご飯。
 
・札幌→知床ウトロ温泉ターミナル:都市間バスイーグルライナー 8,000円
  地獄のキャンセル待ち夜行バス。
  知床行きは大人気なんですよね。
  札幌へ帰るルートの夜行バスは取れませんでした。
  運よく無事チケット取れましたが、無かったら大幅に計画変更でした。
  知床はEmobileが圏外だったのでTwitterには載せれていませんでしたが、
  知床観光フェリー→知床観光バス→ウトロ温泉
  と3コンボが一番楽しい一時だったかもしれませんね。


・知床ウトロ温泉ターミナル→JR知床斜里駅:バス 1,600円
  JRの駅までのバス路線。
  直行夜行バスキャンセル待ち狙いはホテル満席の中、野宿確定フラグで
  非常に恐ろしいのでバスJRルートを選択。
  まあこれは仕方のないですな。

・知床斜里駅→網走:JR普通 810円
  知床斜里からは特急は出ていないので鈍行。
  勿論本数は少ないですが、バスの時間が調整されていたので
  移動の時間のみ。でも結構かかります。

・網走→札幌:JR特急 9,210円
  なんと5時間の特急ルート。疲れました。
  ここも格安の夜行バスにしようかと思ったのですが体力の限界。
  札幌のホテルで一泊したかったので特急にて移動。

・札幌泊:ホテル時計台 4,100円
  楽天トラベルにて予約。札幌駅〜すすきの間のアクセスの良い場所。
  ほかにも安いホテルありましたがここに決めました。
  久しぶりにぐっすり安眠一晩。

・札幌市内観光:1日
  以下略


・札幌→苫小牧東港:直行バス 1,270円
  フェリーに乗るために直行バスにのります。
  駅から港までの経路がないので直行バスを使います。
  フェリー会社間で場所が異なる為に何度も運ちゃんが確認していました。
  歩いて港間を移動するのは無理だそうです。
  乗り間違えは確かに怖いですよね。

・苫小牧東港→敦賀港:新日本海フェリー 15,900円
  こちらは完全予約制のベッド指定のフェリー。
  巨大な観光ホテルタイプの大型フェリー。
  売店、レストラン3つ、大浴場露天風呂、映画館、ゲームコーナー、洗濯室完備。
  キャンセル待ち狙いは時間と経路の関係上、野宿確定フラグが非常に怖いですよw
  無事ネットで予約できました。
  19時間直行ルート。時速45q。
  今思うとバス移動分を考えるとトワイライトエクスプレスでも良かったなぁ。
  そちらのプラチナチケットはさすがに取れませんでしたけど、、、、
  たぶんこのルートは一生で2度と使わないだろうと思うと
  残念ですね。

・敦賀港→JR敦賀駅:バス 340円
  駅まで専用バスにて移動。
  やはり車移動の方が多数なのかバスは人が少ないです。
  安いので便利かと。

・敦賀駅→大垣:JR普通 1,450円
  本当はしらさぎ直行便を使いたかったのですが、時間の関係上
  電車がなく鈍行にて帰宅。
  距離的には名古屋⇔豊橋間程度でしょうか?
  距離は近いのでそこまで困りません。


○まとめ
費用的には宿泊費、雑費、近距離バス鉄道抜きで73,420円ですね。
宿泊費込みで77,520円ですか。
実際にはもっとかかっていますが。
飛行機往復で80,000円程度なのでまずまずでしょうか。
疲れましたけどw
夜行ルートを絞り込めば後1万円ちょっと位はコストダウン出来ましたね。
敦賀ー苫小牧フェリー往復30,000円位、
トワイライトエクスプレス往復が50,000円位なので
プラチナチケットが取れればもう少し安く行けそうです。
東京のエアドゥ、夜行バス、1万円大洗フェリールートが羨ましいです。
名古屋より西は北海道より韓国の方が安いんですよね。
だからみんな韓国旅行に行くのかもしれません。
北海道の場合、台湾旅行と同額です。香港に行けるかもしれません。
様々なルートを予算と時間に合わせて楽しんでみましょうね。
posted by kapper at 20:46 | Comment(2) | 旅行

2012年08月15日

ただいま北海道旅行中

ただいま北海道旅行中です
更新は今しばらくお待ちを
ツィッターにて更新中です
posted by kapper at 17:18 | Comment(0) | 旅行

2012年05月13日

台湾 台北一日目

ちょっと時間が経ってしまいまいしたが
GWの台湾旅行での台北一日目をブログにUPします。
初日は言葉の関係上で結構難儀しました。

●日本〜台湾
GWでの旅行なのでチケットがなかなか取れず
今回は関西国際空港から桃園国際空港までエバー航空でフライトしました。
大阪梅田から約1時間弱の距離です。
チケットはネットで購入しましてEチケットです。
日本の航空代理店と異なりちゃんと休日でも前日24時間で買えますので大丈夫。
まあ台湾はGWは平日ですけどねw

関西国際空港は入国口から入ると数々のテナントがありますが、
飲食店やダイソーと言った日本から出国する際の
お店が沢山ありまして、必要な物の一部はここで入手可能です。
便利ですよね。
出国持ち物検査してゲートを通りますと免税店があり、
お土産関連はここでも購入できます。
日本酒関連は台湾の関税が厳しいので、
現地で飲まれる方は持っていくと便利です。
お酒は1ℓまで免税対象です。
Kapperはワンカップの大吟醸を3缶程買って持っていきましたw
1缶300円で手軽に持ち歩いて飲めますので便利です。
お土産用の箱付の大瓶買ってもよかったのですが
高いし重いし邪魔だしw
ちゃんと探せば免税店の日本酒コーナーに隠れておいてありましたw
昼前から既に立派な酔っ払いですw

搭乗ゲートは離れておりまして、モノレールで移動になります。
搭乗ゲート付近はインターネット完備しておりまして、
無料の共用端末と有線ケーブル、無線LANが完備しております。
共有端末はWindows Embeddedのシンクライアントとなっておりまして
ネットを動かすとちょっともっさりします。
PC持ち歩いていない人には便利です。
韓国の仁川は有料でしたからねぇ。

飛行機に乗りますと普通に後列へ。
前列が台湾人関係が多く、後ろが日本人が多い様な気がします。
搭乗率は低く30%弱でしょうか?ガラガラでした。
台湾は平日ですし日本から台湾にいく便は入手が簡単そうです。
帰りは大混雑でしたけど。

日本〜台湾間は約2.5〜3時間で機内食が出ます。
パンとパスタとチーズケーキ。
ビールは台湾ビール、アサヒビール、ハイネッケンを選べます。
台湾では日本ビールと言えばアサヒビール。
アサヒビールといえばスーパードライではなく一番搾りです。
日本と全く同じ日本製が台湾全てのコンビニに置いてあるくらい普及しています。
これまた微妙な味付けで
機内食はJALやANAには及びません。
贅沢は言えませんけどw

●桃園国際空港
桃園国際空港は関空や中部国際空港と同じくらいの規模で
比較的大きいレベルの空港です。
入国審査は非常にシンプルで簡単に終わります。
日本のパスポートの力は絶大です。
日本人が勿論多いのですが、中国人やマレーシア人が6割位おりまして
ツアー客が沢山おりますね。
旗振りながらついていくツアー旅行は既に世界共通のネタです。
中国人に対しては入国管理が厳しく列が長蛇。
早く終われ―w

入国審査を通過して入国しますとまず最初にやることが現金確保。
基本カードで押し通しますが、現金がないと不便。
台湾ドルと日本円のレートは現地がものすごく安く
絶対に日本国内で換金してはいけません。
1元=2.8円レートで現地では2.8数円で交換出来ますが、
日本で換金すると1元=2.3円程度で5円分も取られます。

あと入国したら携帯電話を必ずレンタルしましょう。
桃園国際空港1Fの億にレンタルショップがあります。
台湾は日本以上にスマートフォンが普及しており、
ネット検索するのも必須です。
勿論モバイルWifiも貸し出しておりますので、
日本から端末を持ち込んで無線LANを使うと非常に便利です。
レンタル料は200元/日+保険100元/日です。
600円弱でネット使い放題になるので、
ホテル等でネット使用料を払うよりよっぽど便利で安いです。
現地で調べたり、Twitterしたりネット見たりするには必須。

台湾は基本的には第2外国語は英語です。
ホテルや空港は基本的に英語が通じます。
タクシーの運ちゃんも稀に英語が通じます。
日本語はホテルや日本人街の中山区だけだと思った方が良いです。

●桃園国際空港〜台北市街
基本はバスで移動します。大体1時間弱位の距離があります。
バス会社4社ありまして、どれを使っても問題ありません。チケットを買いましょう。
150元くらいでしょうか。
勿論タクシーを使っても問題ありませんが、1,600元程度です。

Kapperの場合は台湾新幹線に乗りたくなりまして、
桃園駅までバスで移動して、そこから台湾新幹線で台北駅まで移動しました。
25分+25分+乗り換え時間なのでバスで移動した方が安くて速いですw
台湾新幹線は日本の新幹線と同じ車体でN9形式、
外観乗りごごちは当たり前ですがまさにひかりと同じ。
東海道新幹線で移動するのと変わりがありません。
音から振動まで全く同じです。気持ち悪いですw

●台北 光華電子市場
MRTで数駅にあるのが光華電子市場。
前にブログで書きましたので詳細は割愛しますが、
こちらは入国したばかりなので慣れるまでは恐ろしくて歩けません。
人が通りかかり話しかけられても近づけません。
汗だくだくになりながらスタバで一休み。
初日は止むをえませんね。
海外旅行に行かれる際には初日は余裕をもって計画しましょうね。
次の日からは落ち着いて慣れるので大丈夫ですが。

●ハワードプラザホテル
台北で最大規模のホテル。
テナント、お店が多数ありまして非常に便利です。
基本普通の高級ホテルでルームサービスも24時間対応。
ネットは280元/日。
お値段標準価格9,000元/日と高価なので連泊すると
財布に優しくありませんが。
バーや日本料亭もありますが韓国と違いカジノはありません。
日本語が通じるスタッフが沢山いますので助かりますが、
基本は英語です。交渉事は英語で行うと思った方が気が楽。
韓国と違い観光客向け日本語教育はそれ程進んでいませんでした。

実はMRT忠孝復興駅から歩いて10分〜15分位と結構距離がありまして、
荷物があると結構キツイです。
ホテルへは基本タクシー移動になります。
Kapperの個人的な意見として同じ金額を払うのであれば
もっと交通アクセスの良い安価なホテルでスイートルームを
取る方が快適かと思います。

●MRT(地下鉄、モノレール)
台湾の地下鉄は乗り放題チケットか初乗り20元コインを買って改札口に通します。
表示や列車は漢字表記されておりますので日本人でもばっちし読めますので
迷いません。大変助かります。
基本的に台北市内はMRTかバスを使いまして、
距離があればタクシーが速くて安いのでそちらを使いましょう。
タクシーも比較的良心的で韓国と異なりボッタくりは少ないです。
でも乗るときは夜間ボタンが付いていないことを確認しましょうw

●その他
台湾人は日本人そっくりで殆ど見分けが付きません。
最近は日本ブランドとネットの普及で日本と同じものが簡単に入手できます。
見分ける方法は服装の量(台湾は半そでがかなり多く日本人は厚着です)や
髪型です。黒髪ストレートが基本なので。
日本人は全部茶色に染めたりする人が多いですが、
台湾人は下から半分くらいしか染めませんのでそこだけは目立ちます。
パーマかけたりアレンジしたりするのは日本人です。

あと女の子が非常に可愛くて美人が多いです。
基本的に太っている人が少ないこと、
目が細く頬顎回りがシャープで細い人が多数です。
(日本人は目が大きく頬回りが丸い女性が多数です)
また目の下のたるみが大きいのも特徴で目回りを観察すると分かり易いです。
男は逆に目が細く頬がまるい人が多く日本人とは逆パターンですね。
韓国人風の髪型をしている人も中にはいます。
ああ羨ましい。

地下鉄でカップルが抱き合ってキスする傾向が多く
電車の中でかならず数カップルがキスしてます。
周囲を気にする日本人ではありえないでしょうか。
あっさり温和な良心的で情熱的な民族なので、
彼女にするとねちこくて大変かもしれませんねw
posted by kapper at 10:50 | Comment(0) | 旅行

2012年05月06日

台湾 台北二日目

台湾旅行、台北二日目です。
今日は市内をぐるっと回りました。
まず故宮博物館に向かいました。

●故宮博物館
蒋介石が大陸より台湾に移った際に、
多数の歴史重用品を台湾に持ち込んだのが切っ掛けだそうです。
文章は清代のが主で毛筆、絵画、歴史文章があります。
器物は明代のが中心で、白磁器が多数あります。
もちろん壷オタクの乾隆帝のブツも山ほどあります。
青銅器は夏〜前漢までの青々と錆びついた精密な物が沢山。
仏教物も晋代から日本人作のものまで多数。
一番人気はもちろん奇跡の白菜。
中国人は宝石と言いますか、光物が大好きですね。

日本には青銅器時代が事実上ありませんでしたので、
紀元前の証拠物がこれでもかとありますと、
歴史の深さに恐れ入ります。
(日本でも弥生時代や縄文時代のブツはもちろんありますが)

当然観光名所で観光客もこれでもかと来まして、
館内渋滞長蛇の列です。白菜が大人気なんですよね。
3ヶ月にブツが入れ替わるそうで、歴史の重みの大きさがわかる限りです。
どうせなら日本人向けに三国志のネタや関羽像のおみやげでも
用意してくれれば大変喜ぶんですけどw
水滸伝や三国志などの時代のブツは殆どありません。

●台北101
次の観光名所として91階タワーのある台北101及び周辺に向かいました。
これはアジアでも最高峰の建物の一つで、台北市内を一望できるタワーです。
ちょっと高いですが庶民に大人気の建物で、
下階が巨大なショッピングモールとなっております。
ブランドものから人気店の出店まで、様々な最先端文化の中心です。
もちろん大型のショッピングセンターが多数あります。
フードコートで大人気の小籠包のお店で一服しました。
とっても美味しかったです。びっくりしました。

●台北駅周辺〜中山地区
台北駅の北側にあります中山地区は旧日本人街として有名です。
日本で有名な三越をはじめとして多数の日本資本テナントが入っておりまして、
ダイソーやモスバーガーなど多数のおなじみのお店があります。
日本と同じ料理、服、製品が並んでおります。
外観で台湾人と日本人の見分けが付きにくくなったのも
メディアの影響以外にこういう日本ブランドの進出の影響があるかと思います。
特にモスバーガーは小規模な店舗が多数ありまして、
マクドナルドより進出率が高いです。驚きます。
勿論吉野屋などのテナントもあります。
日本とメニューと味付けが微妙に違いますけどねw

もちろん夜の街もありましてクラブやキャバクラもありまして
このエリアに限れば日本語が十分通じます。
1000元〜2000元コースでしょうが、梯子すると数万円コースですw
日本から出張に来た重役さんを接待する様な場所で、
スーツを着た多数の日本人が見られました。

●MRT忠孝復興駅周辺〜忠孝敦化駅周辺
忠孝復興駅周辺は都心の中心繁華街でしょうか。
日本資本で有名な太平洋そごう百貨忠孝館・復興館があります。
台北最大の日本テナントで数々のブラント店でシャネルや資生堂と言った
国内外のブランドショップ、無印やハンズと言った日本資本が
多数入っておりまして、女性客でにぎわっております。
台北の中心地です。
中央の国道を境に多数のテナントがあり、
郊外に飲み屋が多数並んでおります。

忠孝敦化駅周辺はどちらかと言うと若者向けの街でしょうか。
地下鉄で歩いて一駅です。
脇道に入りますと服屋と飲み屋街となっておりまして
大学生位の若者のたまり場になっております。
ダーツ店やバーが沢山あります。
かの有名な台湾パチンコ店もありました。
中を除いていますと小規模カジノみたいになっておりまして、
パチンコ、パチスロ以外にもルーレット等の機器があり
色々なギャンブルを遊べる様にはなっております。
勿論18禁で、入店には年齢制限があります。
流行やファッションの発信地みたいな感じでしょうか。

●まとめ
台北市内をぐるりと回りましたが、繁華街中心で、
関羽廟や夜市までは行けませんでした。
もう一日あればもっと回れたかと思いますけど
贅沢は言えませんね。
posted by kapper at 05:26 | Comment(0) | 旅行

2012年05月05日

光華電子商場の価格調査

台湾のKapperですw
今日光華電子商場周辺を回って来まして、
気づいた事をメモします。

●光華電子商場
光華電子商場とは台湾の台北駅からMRT(地下鉄)で2区間の所にある
八徳路電気街と光華数位新天地を含めた電気街で
台湾の秋葉原と呼ばれております。
規模的に秋葉原の1/3〜1/4でしょうか。
PC関連のお店が密集しています。

●ショップ動向
小型店舗の動向はMACとAcer、ASUSに一色されてます。
やはりiPhoneとiPadの人気は絶大で道行く人々が殆ど持っており、
台湾独自のスマホはHTCが一部見られる位です。
またソニーやサムスンの店も幾つか見られて、
Vaioやギャラクシーも売られておりました。
PC自作ショップももちろんありますが、
主体は殆どノートPCとスマホ。結構意外です。
韓国に行った時は自作PCがかなり多数を占めていたので
やはりAsus、Acerのお膝元だけはあります。

日本製品はゲーム機、一部ノートPCとデジカメとプリンター程度しかありません。
後は殆ど台湾製です。日本製はどうやら台湾市場で殆ど駆逐されてしまった様子。
残念ですが、台湾市場の巻き返しを期待します。

●価格情報
さっくりメモした程度では、
Apple関連がローエンドのモデルで
 MacMini NT19,400〜
 iPAD NT12,500〜
MacBookAir NT31,900〜
 iPhone NT21,900〜
 iPod Touch NT7,490〜
 
ギャラクシー7.7 NT15,000
ギャラクシー10.1 NT11,900(値引き)

ViewSonic ViewPad 7e NT5,400
ASUS Tegra3 NT15,000〜

Asusノート NT15,900〜
デスクトップ Sempron 2.8GHz NT7,500〜
       i5 3GHZ NT19,900〜

MicroSD 32GB NT699
DVD−R 10枚 NT59〜100

象印炊飯器 NT3,290〜
現地炊飯器 NT1,500〜

PCゲームソフト新品 NT300〜1,500

みたいな感じでしょうか。(NT1=2.8円)
台湾製品は比較的安く感じますが、日本と大きく価格は変わりません。
MP3プレイヤー他も日本と同じ物が売られておりますが、価格は同じです。
中国製品、中華PADが殆ど売られておりません。
品揃えは各国の製品が輸入されている日本の方が遙かに上です。
あきばおーとかに圧倒的に品数で負けてます。
あと違法CD関連が殆どありません。正規ライセンス品ばかりです。


●まとめ
安いものは安いけど後は日本と同じ、でしょうか。
特に輸入物は。
現地で買える様なものはありませんでした。
日本の輸入規制が如何に小さいかが良く分かります。
超円高だからかもしれませんが。
posted by kapper at 07:35 | Comment(0) | 旅行

2012年05月04日

ハワードプラザホテルなう

光華電子街をぐるっと回りまして、
やっとハワードプラザホテルに到着、一服します。
チェックした内容は後でまとめますが、
結局は日本で買えるものばかりで目新しいものはありませんでした。
(むしろ日本の方が遙かに豊富です)
価格もノートPCやモバイルもの高価品は
日本と同一価格に近く、バッテリとかサプライ品とかを
除くと安いものはありません。残念ですな。

ハワードプラザホテルは巨大な高級ホテルで
都心の忠孝東路周辺のすぐ側にあり、好立地にあります。
テナントも半端でなく、びっくりしましたw
Kapperはこれから夜の街に消えていく予定です。
posted by kapper at 20:46 | Comment(0) | 旅行

台湾桃園国際空港到着

台湾の桃園国際空港に到着
現在24℃ですごく湿度が高くジメジメしてます。
初夏位でしょうか。
今回は折角なので寄り道をして台湾新幹線に乗りに行きます。
次の機会がいつになるのかわかりませんので。

空港ですぐにWifiルーターをレンタルします。
一日200元で3日間で900元(2,500円位?)
これでネット使い放題。
ふふふ。
posted by kapper at 17:02 | Comment(0) | 旅行

これから台湾

こんにちは。
突然ですがこれから台湾に遊びに行きます。
エバー航空で関空経由の格安チケットが入手できましたのでw
GWでもJALやANAでなければチケットは前日入手できますな。
向こうは平日ですし。

本当は近い韓国に行く予定でしたが、
チケットが入手できれば話は別です。
謝謝台湾を込めて台北で遊んできます。
台北PCレポートなんて出来たらなぁと思っております。
posted by kapper at 11:23 | Comment(0) | 旅行

2012年01月09日

大須観音 初詣参拝

kapperです。
ついでに大須神宮に参拝してきました。
混むのが嫌でしたので正月三が日は避けました。

●大須観音
大須観音は名古屋の地下鉄 大須観音駅徒歩直ぐの場所にある
神社で繁華街の中にある大きな寺院の一つです。
とは言いましても名古屋 都心そばなので神社の規模は
それほど大きくなく、大須商店街の中にありますので
繁華街にも帰りに気楽に遊びに行ける位置になっております。
Wikipediaの説明では、

元亨4年(1324年)に後醍醐天皇が大須郷(現岐阜県羽島市桑原町大須)に
北野天満宮を創建。元弘3年(1333年)に同社の別当寺として
僧能信が創建した真福寺が当寺の始まりである。


●大須観音参拝
地下鉄 大須観音駅そばです。
駅から徒歩数分で境内へ。
境内は本堂一つで、仁王像の門をくぐると直ぐです。
中は商店と鳩が大量にいまして参拝の列が出来ております。
鳩は公害の元なのでKapperからすると本当に駆除したく勘弁して欲しいのですがw
本堂は大きなお寺で直ぐに賽銭箱があります。
こちらも太平洋戦争で焼けてしまったので改築しております。
何千年の歴史ある建屋という訳ではないのが残念ではありますが。

栄、大須商店街に遊ぶついでに寄れます。
近くに商店街やゲームセンターもありますので
観光ついででも十分ブログのネタになりますよw
今回はラーメンバーガーなど珍しい出店もありました。
通常はそんなに人がいないのですが、長蛇の列が出来ておりました。
是非立ち寄りしてはどうでしょうか。
posted by kapper at 13:29 | Comment(0) | 旅行

2011年01月10日

千代保稲荷神社 初詣参拝

Kapperです。
今日は岐阜では有名な”おちょぼさん”こと
千代保稲荷神社に初詣参拝してきました。
そのネタをブログのネタにします。

●千代保稲荷神社とは
千代保稲荷神社とは南濃の岐阜県海津市にあります神社で
商売繁盛・家内安全のご利益がある神社とされております。
商売の神様なので個人商店から営業マンまであやかりに
かなりの広範囲の参拝客があります。観光名所です。
月末や初詣にはかなりの参拝客があり、
もちろん商売人のKapperもあやかりに参拝しにいきました。
今年は仕事の都合で個人参拝です。

●おちょぼさん本殿
もちろん稲荷さんなので狐の神様です。
そらもう沢山の狐様ですw



本殿には参拝所の他に蝋燭立て、名刺入れがありまして、
神社内には美術館もあります。
商売の神様なのでご利益を預かりに名刺を奉納する方が多数います。
連日かなりの人だかりです。
元旦からかなり日が経ってますが昼間から行列を作っております。
あいかわらず凄い人気ぶりです。



●おちょぼさん商店街名物
おちょぼさん商店街には観光客目当ての
多数の露店、商店街がありまして連日賑わっております。
TVやネットでも度々紹介されておりまして、
至る所に”TVで紹介”の張り紙がしておりますw
そらもう物凄い人だかりです。スーツ姿のサラリーマンも結構います。



名物は串揚げでしょうか。
どて煮、えび、肉など多数の串揚げを揚げたてそのまま
すぐに食べれて後払いです。揚げたては美味しいですよ。
1本100円なので気にせずバクバク食べれますw
昔は1店舗しかなかったのにTVで紹介されてからは、
至る所に串焼き屋が増えておりますw
すでに観光名所ですね。




あとは佃煮屋ですが名物いなごの佃煮が一箱500円で買えますw
小型のいなごですが間違いなくあのいなごですw
今でも売ってるんですね。是非買ってみましょうw



最後にはなまずの蒲焼でしょうねw
ええと、ここでは最大丸ごと一匹のなまずの蒲焼が食べられます。
一匹3,000〜5,000円でしょうかw
なかなか見かけませんよねw
先ほどの串焼きでお腹が一杯でしたので、
Kapperは残念ながらご遠慮させて頂きましたw
ネタとしては最高に面白いかもしれませんがw




とまあこんな感じでぐるりと参拝。
本当はこういうかっこいい写真を撮るべきでしょうが、
そこはKapperならではと言う事でご愛嬌w
交通不便な場所にありますが、
是非観光にでも遊びに来ては如何でしょうか。
それではまた。
posted by kapper at 21:19 | Comment(0) | 旅行
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ