にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2019年03月30日

#NT京都 2018 初参加 出展者側の感想と反省

NT京都4.jpg

今年はNT京都2019に初参加しました。ブログに残します。
主催者様、参加者の皆様ありがとうございました。


●NT京都とは
ニコニコ技術部を主体としたMake系のイベントです。
京都市 西院春日幼稚園・春日神社境内と幼稚園を貸し切っての日曜日開催です。
東京、名古屋、京都、加賀、金沢、広島、熊本など各地で開催されています。
色々なジャンルの人が沢山集まっていました。
是非参加してみましょう。
感想として


・場所:京都駅電車かバス20分。立地良好です。
・規模:59ブース?と1ステージ
・推定参加者:公式発表で468人/日で日曜日開催。73コミュニティ前後。
 イメージはOSC名古屋より少し多い程度。(OSC大本営換算値w)
・来訪者:5割以上が若者。ニコニコの影響?
 残り1割が家族連れで大人が3割前後。
 平均年齢が非常に若い凄いイベントですね。
・Make系?:自作ならなんでもOK。
・出展内訳:2割位はロボット。6割位が電子工作系、
 1割が手芸やコスプレなどで残りが機械系
 電子工作が多めでした。
・出展者出席率:9割くらいが出展。欠席も幾つかありました。
 

●出展まで
公式HPのスプレッシュシートに記入するだけです。
期日まで先着優先です。
ブースやワークショップ、5〜15分のLT大会、懇親会など自己申請する形です。
後は公式運営さんでブース位置の指定が決まって当日開催です。
難しくはありません。

●全体からみて
ハード関係ですが、電子工作が多かったです。
あとはロボット、自動演奏、IoTなど。
ファミコンの遠隔2プレイ対戦がすごかったです。
またOpenStreetMapの方々も出展されていました。
きゅうべえさんのアニメ作成フリーウェアも面白そうです。
使ってみます。
後は、ニコニコドームやセルフ屋台w
インパクト絶大。
自作バイクとかも気合入っていました。
見どころ満載です。

●Kapperの展示と当日会場
会場では奥の方にブース設置。
近くにJoshinやコンビニ、飲食店があるので調達には問題ありません。
電源はコンセントを分配。
電源を沢山使うブースの人が多いのでブレーカー飛ばない様、ご注意。
安全関係も消化器や非常口が狭いのでスタッフさんからご説明。
いざという時の説明ありがとうございました。

NT京都5.jpg

展示物は配布物を増やす形で、スマホの改造資料を印刷。
後は、NetBSDユーザーグループさんにもらった資料と、
東海道らぐ関係の資料を机の上に置いていきました。
ガジェット関係は少し少なめ(机の上に置けなかったw
でタブレットとスマホ、UMPCなど。
UPBortsとSailfishXを机の中心に置いて、コンパクトなスマホ面積w
いつものCF-U1にNetBSDとDOSBox-XでSuperDepth。
スマホは展示と充電が楽で良いです。(タブレットは充電に時間がかかる)
あとは午後にファミコンとEasyCapを設置。

今回はオーソドックスに配布資料を沢山持っていって無料配布。
Maker関係者は無料配布しないらしく、
大量の資料を無料配布するブースはKapperだけです。
そういう意味で差別化出来て良かったのかもしれません。

NT名古屋とNT金沢が不人気で暇だったので、NT京都も暇だろうと思ったら
11:00からセミナーLT大会がありまして発表しました。
ガジェット関係の改造で。
目玉のAndroidスマホ改造があったので全面に出しましたが
色々と興味を引いたのか、その後は来場者多数でした。
「セミナー聞きました」という感じで。ありがとうございます。
やっぱりKapperはセミナーと配布資料がないと、
アピールチャンスがなくて駄目ですね。
ちゃんと準備しましょうか。
セミナー後に手渡しで資料を配っていましたが、
14時過ぎに60部が無くなってしまいましたw
アレ?OSC名古屋以上じゃないか?
NT京都は人気があって良いですね。



僕の配布資料はこちら。

https://www.slideshare.net/kapper1224/presentations

実際の感想としては、

・OSCに来ている方が殆いない。接点少ない。
・NT関係の常連とMakerFaireに来る人が多いのでそちらと交流出来ます。
・若い学生、社会人多数。おもちゃ大好きw
・周りが派手なおもちゃ、電子工作ばかりで地味なブースになった。
・やっぱりセミナーがあると情報発信があって違います。必須。
・OSやAndroidの改造を知らない人多数。
・LinuxというとUbuntuユーザーが殆ど?雑誌の影響力が強い。
・UbuntuPhoneは知っている人多数だがSailfishOSは誰も知らない。
 アピール不足。
・Windowsタブレットがマジで人気ないです・・・
 ああそちらは良いや、なんて。Androidじゃないと駄目っぽい。
 しかしどちらが汎用性があるかというと・・・
・今回もKapperを知っている人が殆いません・・・
 ほぼ知名度ゼロです。だからやりがいがあるのかと
・東海道らぐの紹介ビラやNetBSDを持っていく人がいました。
 まとめて資料を持っていく人も。
 Linux関係に抵抗ある人も多数。今後の課題。
・ホワイトボードに書いてるのを読む人多数。
 多分、ホワイトボードに書かないと何か分からなかっただろうと推定
・ノートパソコンの裏にプレゼン資料のQRコードを貼ったら見る人多数。
 どこが見やすい場所か迷っていました・・・
・たまにはOSC勢もアウェーで勝負すると自分の弱点が分かって良いと思う。 
 Unixユーザーが集まる場所だけがアピールする場ではない。
 LibreofficeやMikutterも出すと良い。十分通用する。

今回は初参加して空気を読むのが目的。
他のブースと比較して弱点を聞く事。
人脈を作ったり。
東海道らぐとNetBSDのアピール出来ました。
いずれNetBSD/DreamCastとかも展示したいですね・・・


●来訪者さんのご意見
ここは思い出しながら別途更新します。

・スマホ改造出来るんですか?
⇒改造できる機種と改造できない機種があります。
 NexusシリーズやMotorolaなど。
 全部は出来ませんけどね。

・LinuxディストリがAndroidに焼けるんですか?
⇒PostmarketOSというディストリが100機種以上に対応しています。
 インストールは面倒そうですけど・・・

・Nexus7 2012が余っているんですが、改造できますか?
⇒PostmarketOSが使えます。
 Ubuntuは古いOSだけで現在はサポートアウト。
 AndroidのカスタムROMは4.4.4か7.1.2がお勧め
 一応使えますよ。

・どのAndroidのROMを焼くと軽いですか?
⇒Android5と6を除くと、
 AndroidのカスタムROMは4.4.4か7.1.2がお勧め
 メモリがあれば8も良いかも。
 旧機種はメモリが少ないのが課題でしょうか・・・

・UbuntuPhoneって死んだんじゃないんですか?
⇒Canonicalのサポートは終了しましたが、
 UBPortsというコミュニティで生きています。
 このまえリリースしたばかりです。

・これ(SailfishOS)なんですか?
⇒ヨーロッパで主に開発されいてるLinuxスマートフォンOSです。
 ターミナルとかAndoridアプリとか使えます。
 
・PC-98とかX68000とかWindows3.1のアプリを動かしたいです。
⇒エミュレータなら問題ないかと。
 DOSBox-XとかXM6iとか。
 Windows9xまで動きます。
 
・発表資料にスマホやタブレットがモニタ代わりになるって聞いたんですけど
⇒EasyCapでビデオキャプチャ代わりになります。
 Androidでも使えます。
 iPhoneは対応していませんが・・・

・HDMIをAndroidでキャプチャしたいのですが対応していますか?
⇒HDMIはUSB3.0でAndroid9.0以降のみです。
 帯域が広すぎてデータ量が多いのでUSB2.0では無理かと。
 LinuxやPCだったら普通に使えますが。

・VGAとかは映せますか?
⇒ビデオ端子とHDMIの中間、例えばVGAは無いんですよ。
 何故か。需要が無かったんですかね・・・
 まあネットが使えればリモートデスクトップすればよいかと。

・Nexus7 2013あるんですけどUbuntu動きますか?
⇒UbuntuTouchなら・・・aptも一応使えますけど
 XMirで動くアプリが少ないです。今後に期待。

・GPD-PocketやGPD-WinでもLinux動くんですね・・・
⇒18年10月以降のディストリなら多分問題なく動きますw
 Kernelのバグが酷かったです。
 直ったはず。

・これ(PocketCHIP)何ですか?
⇒RaspberryPiみたいな1ボードPCに
 バッテリ、液晶、キーボードがついた市販品です。
 Debianが動きます。
 残念ながらメーカー倒産してしまいましたが・・・

・Vaio Type-Pもリサイクル出来るんですね?
⇒古いPCもLinuxなら軽量WM使えます。
 キーボード打ちやすいUMPCが欲しいという人が多いので・・・
 改造して展示しています。



posted by kapper at 13:18 | Comment(0) | NT関係

2018年10月07日

#NT名古屋 2018 初参加 出展者側の感想と反省

NT名古屋3.jpg

今年はNT名古屋2018に初参加しました。ブログに残します。
主催者様、参加者の皆様ありがとうございました。

#NT名古屋 2018当日まとめ


●NT名古屋とは
ニコニコ技術部を主体としたMake系のイベントです。
ささしまライブの中京テレビ1Fホールを貸し切っての土日開催です。
東京、名古屋、加賀、金沢など各地で開催されています。
色々なジャンルの人が沢山集まっていました。
是非参加してみましょう。
感想として


・場所:中京テレビ1F。名古屋駅徒歩15分。立地最高です。
・規模:59ブース?と1ステージ
・推定参加者:推定350人/日前後で土日2日開催。
 OSC名古屋より少ない程度OSC浜名湖より多い程度。(OSC大本営換算値w)
・来訪者:7割以上が若者。ニコニコの影響?
 残り2割が家族連れで大人が1割前後。
 平均年齢が非常に若い凄いイベントですね。
・Make系?:自作ならなんでもOK。
・出展内訳:3割位はロボット。4割位が電子工作系、
 1割が手芸やコスプレなどで残りが機械系
 電子工作が少なめでした。
・出展者出席率:9割くらいが出展。欠席も幾つかありました。
 


●出展まで
公式HPのスプレッシュシートに記入するだけです。
期日まで先着優先です。
ブースや3分LT大会、懇親会など自己申請する形です。
机一つに1000円の費用がかかります。
後は公式運営さんから連絡メールが複数回来て当日開催です。
難しくはありません。


●Kapperの展示と当日会場
会場では奥の方にブース設置。
電源ケーブルが届かなかったのでヤマダ電機まで買いに行きましたw
名古屋は便利ですねw


前回のNT金沢の反省を活かし、ハードウェアガジェヲタが多いと推定、
UMPCを主体として、キーボード付き端末を多数。
8インチタブレットを2枚、
10インチ2in1
Netwalker他モバイルガジェットを数台というあっさり感。
僕の配布資料はこちら。

https://www.slideshare.net/kapper1224/presentations

実際の感想としては、

・OSCに来ている方が2名ほど。接点少ない。
・若い学生、社会人多数。おもちゃ大好きw
・周りが派手なおもちゃ、電子工作ばかりで地味なブースになった
・まずLinuxって何それ?おいしいの?から始めないといけない空気w
・タブレットがマジで人気ないです・・・
 マニアックなPDAを机に並べた所、そちらに反応が集まりましたw
 ハードウェアガジェヲタ。キーボードヲタクw
 電子工作系ではキーボードと拡張端子がないと使いにくいのかも。
・Kapperを知っている人が数名だけ・・・
 ほぼ知名度ゼロです。だからやりがいがあるのかと
・資料やシールの配布しなかった。
 おもちゃやお土産がないと駄目かも。
 他の人がやらない活動を。
・ホワイトボードに書いてるのを読む人多数。
 多分、ホワイトボードに書かないと何か分からなかっただろうと推定
・Linuxユーザー殆どいない。一部の出展者だけ。
・たまにはOSC勢もアウェーで勝負すると自分の弱点が分かって良いと思う。 
 Unixユーザーが集まる場所だけがアピールする場ではない。
 LibreofficeやMikutterも出すと良い。十分通用する。

今回は初参加して空気を読むのが目的。
他のブースと比較して弱点を聞く事。
人脈を作ったり。

●今回の「今日のこの1機種」
展示物で気になった1機種のアンケートを取らさせて頂きました。
LOOX U50X/Vが大人気です。古い機種なのにw
まあこのサイズ最近少ないですよね・・・
タブレットマジ人気無いです(ぉ

Vaio TypeP 3票
Dayfiler 4票
Portabook 2票
GPD-Pocket 3票
LOOX U50X/V 7票
PocketChip 2票
Yoga2Tablet 2票
T100TA 1票


●来訪者さんのご意見
ここは思い出しながら別途更新します。

・PC詳しくないです。良く分かりません。
⇒Windowsやスマホ使っていますよね(汗
 楽しいですよ。

・RaspbianがPCで動いているんですか
⇒x86版が動きます。
 Windowsタブレットでも動作しています。
 初代RaspberryPiでも動く軽量さが旧式UMPCでもOK。
 勉強用にも良いです。

・Libretto100をシンクライアントとして使いたいです。
⇒Opencocon良いですよ!
 作者さんもLibrettoユーザーです。

https://opencocon.org/

・くまもんの人ですか(ぉ
⇒くまもんのTシャツを着ていましたが熊本県民ではありません(汗
 えー、でもこのTシャツ着て歩いている人いませんね・・・

・Portabookはサイズが大きい、TypePサイズが欲しい
⇒Type Pをリニューアルしてもらえないですかね・・・
 UMPC復活までもう少しかかりそうです・・・

・この電子辞書でLinuxが動くんですか
⇒Android搭載の電子辞書です。
 アプリ動くんで改造出来ますよw

・Type Pのキーボードを設計していました(出展者)
殆ど使いこまれていない綺麗な機種ですね。
⇒ハードオフで買いました。
 UMPCもLinuxで活躍出来るので復活させてみませんか? 

・この前トランジスタ技術でRaspberryPi WでHP200LXの様な自作ありました。
キーボードをレーザ加工で作られています。是非読んでみて下さい。
⇒ありがとうございます。
 見つけたら読んでみます。

・Tablet格安で改造したら面白いですね。
⇒安くて速くて軽い。三拍子です。
 おまけにRaspberryPi3の約4倍高速です。どですか?

・Portabookの様なキーボード使ってみたいです。
⇒Portabookは投げ売りされて今でも安いはずです。
 最近店頭で見ないのでそろそろ球数が少なくなりそう。

・色々な機種展示していますね。
⇒色々と集めています。

・他の機種でもRaspbian Desktop動きますか?
⇒IntelのPCなら大丈夫です。軽いですよ。

・Androidを改造したいんですけど。
⇒Nexusシリーズから色々遊べますよ。
 Nexus5が一番実績があるかも。

・ARMのWindows出ますよね。どうですか?
⇒軽くて良さそうですが、改造できるかが課題かなぁ。

・Atomは遅いのでCoreMシリーズが欲しいです。
⇒GPDシリーズも出ましたしWinタブもCoreMシリーズ結構あります。
 スピードでお困りの場合はそちらもどうぞ。

・タブレットを3000円で売って下さいw
⇒PCショップじゃないので・・・
 店舗で購入を・・・

・T100TAにAndroid-x86動くんですね。
⇒恐らく動くはずです。USB刺すだけで快適ですよ。

・どんなLinuxが動くんですか?
⇒最近の新しいLinuxのバージョンなら何でも。
 Android-x86かFedoraをお勧めします。
 困ったらopenSUSE Tumbleweed。

・昔Windows8のタブレットにLinuxを動かそうとしたけど歯が立たなかった
⇒Windows8のZ2760はまだ動作実績がないです。
 Windows8.1以降の機種ならOK。

・GPD-WINはバッテリ起動が不安定でUSBで少し充電しないと起動しない
⇒ファームウェアにバグあるんですよ。仕様です・・・

・Ubuntu32bitの日本語環境がほしいんですけど、
 USBメモリにインストールして使いたいです。
⇒Ubuntuno32bitはもう出ないと思います。Ubuntu17.04までです。
 Ubuntu16.04LTSを日本語化した方が良いかと。
posted by kapper at 20:47 | Comment(0) | NT関係

2018年07月09日

#NT金沢 2018 初参加 出展者側の感想と反省

NT金沢4.jpg

今年はNT金沢2018に初参加しました。ブログに残します。
大雨で大変な事態でしたが想定していた以上に、大盛況でした。
主催者様、参加者の皆様ありがとうございました。

NT金沢6.jpg

●NT金沢とは
ニコニコ技術部を主体としたMake系のイベントです。
金沢駅地下を貸し切っての土日開催です。
東京、名古屋、加賀、金沢など各地で開催されています。
北陸には大きなイベントが少ないので、
色々なジャンルの人が沢山集まっていました。
是非参加してみましょう。
感想として


・場所:金沢駅地下広場。立地最高です。
・規模:56ブース?と1ステージ、ニコニコドーム他展示物
・推定参加者:推定650人/日前後で土日2日開催。
 OSC名古屋より少し多い程度OSC京都より少ない程度。(OSC大本営換算値w)
・来訪者:7割以上が若者。ニコニコの影響?
 残り2割が家族連れで大人が1割前後。
 平均年齢が非常に若い凄いイベントですね。
・Make系?:自作ならなんでもOK。
・出展内訳:8割位は電子工作系、
 1割が手芸やコスプレなどで残りが機械系
 Make系とはいえ電子工作系に偏りすぎですね。
・出展者出席率:大雨の中でも9割くらいが出展されていまして、
 残り1割位が欠席されていました。
 大雨の影響でしょうか。

NT金沢3.jpg

ニコニコの影響か若い人がとても多いな、という感想です。
親子連れも沢山来ていました。
OSCとは非常に対象的なイベントで参加層が全然違います。
驚きました。

NT金沢1.jpg

●出展まで
公式HPのスプレッシュシートに記入するだけです。
期日まで先着優先です。
ブースや3分LT大会、懇親会など自己申請する形です。
机一つに1500円、椅子一つに500円の費用がかかります。
後は公式運営さんから連絡メールが複数回来て当日開催です。
場所などは平等に先手申請優先となります。
難しくはありません。

NT金沢5.jpg

●当日の大雨と移動
豪雨で各地で決壊しており、前日から関ヶ原から西は電車が停止、
福井県では完全に大雨で交通機関が麻痺していました。
現地に移動可能なのはレンタカーで浸水地域を避けながら移動するか
新幹線で東京経由で移動するしかありませんでした。
高速バスも高山線もJRも全て運休。
前日の情報からこれは現地入りは難しいなと思って
レンタカーを借りて移動しました。

滋賀県北部〜敦賀までが浸水により通行停止で
福井県が豪雨で大雨洪水警報の為、高速道路で移動しました。
高速道路でも後ろの車が水しぶきと霧で全く見えない位で
水溜まりの中を走る形で50km/H規制でした。
誰も守っていませんでしたが・・・

金沢は小雨で大したことはありませんでした。
二日目は晴れていました。
北陸新幹線は問題なく運行していました。
地域により差が大きく出ていましたね。

金沢では駐車場が沢山あるので遠めの所を借りて止めました。
安かったです。

レンタカー:8800円/2日
ガソリン代:4000円
高速代:4000円(一部下道)
有料駐車場:800円/2日
宿:4500円

結構出費しました。残念。
移動も慣れていなかったので辛かったです。
予定では特急しらさぎを使えば、
寝ながら会場まで一直線だったのですが・・・


●Kapperの展示と当日会場
会場では金沢では著名なふぁらお加藤氏のブースの隣でした。
ご迷惑をおかけしました。

8インチタブレットを数枚、
10インチ2in1 タブレットを2台
Netwalker他モバイルガジェットを数台というあっさり感。

配布資料は止めておいて、SlideshareのURLをQRコードで展示。
あまり人気はありませんでしたが何名かが写メ。
ありがとうございました。
僕の配布資料はこちら


https://www.slideshare.net/kapper1224/presentations


実際の感想としては、


・周りが派手なおもちゃ、電子工作ばかりで地味なブースになった
・子供連れ、一般人が多くLinuxは避けて通る人ばかり
 Linux怖くないよ・・・
・「うわ、Linux難しい。嫌だ」えーw
・まずLinuxって何それ?おいしいの?から始めないといけない空気w
・タブレットがマジで人気ないです・・・
 凄く白い目で見られました(ぇ
 逆にNetwalkerの方がモバイルガジェットとして人気でしたw
 マニアックなPDAを机に積んだほうが良かったかもね。
 電子工作系ではキーボードと拡張端子がないと使いにくいのかも。
・Kapperを知っている人が数名だけ・・・
 ほぼ知名度ゼロです。だからやりがいがあるのかと
・Linuxフリーズしまくり?
 UIがちょっとね・・・仕方がない
・資料やシールの配布しなかった。
 おもちゃやお土産がないと駄目かも。
 他の人がやらない活動を。
・NetBSDの配布資料(OSC浜名湖)を立ち読む人多数。目立ちました。
・ホワイトボードに書いてるのを読む人多数。
 多分、ホワイトボードに書かないと何か分からなかっただろうと推定
・Linuxユーザー殆どいない。一部の出展者だけ。
・一般向けに説明するには資料が難しすぎたかも。
・たまにはOSC勢もアウェーで勝負すると自分の弱点が分かって良いと思う。 
 Unixユーザーが集まる場所だけがアピールする場ではない。
 LibreofficeやMikutterも出すと良い。十分通用する。

今回は初参加して空気を読むのが目的。
他のブースと比較して弱点を聞く事。
人脈を作ったり。


●NT金沢の長所、短所

1.北陸最大級のハード、ソフトウェアイベント
⇒OSCを超えるであろうレベル。
 北陸には他のイベントが無いので多数の参加者が集まる。
 遠征勢も多い。
 コミュニティの集いのためのイベント

2.金沢駅地下とアクセス最高

3.多種なイベント同時開催
⇒有志のコスプレ殺陣や石川メンバーのイベントも

4.売買自由。コミケ的なノリも

5.何故か電子工作系が殆ど?
⇒他のイベントと比べるとちょっと偏りすぎかな?
 コミュニティがけっこう内輪化になりつつありそう。
 内輪が加速すると一般客が引くので注意。

6.大学の先生、学生が多い。
⇒工学系の先生も沢山。
 人とコミュニティの繋がりがあるのが凄い。
 産・官・学まで後少し。

7.企業名義の参加がゼロ?
⇒ほぼ同人活動のためのイベントですね。
 ボランティア主体。
 出展者の机椅子代金と寄付が資金源。
 企業、出版社の参加も募っては如何でしょうか?
 広告費次第ですが、多分呼べば沢山集まりますよ。
 
8.セミナーが3分LT大会のみで発表が少なく限られる
⇒展示だけが発表だとは言いたくはないけど肯定しない。
 ステージが1箇所だけ、というのが残念。
 ロボット大会やCTF、ハッカソンや勉強会などもあっても良い。
 多様性ではCOSCUPやKOFの方が上だと思った。
 多分Make系の人たちはMake系のイベントしか知らない。

9.出展者の為のイベント?
⇒参加者が飛び入り参加出来る仕掛けがない。
 セミナーやハッカソンなどで何かを参加して学べるものが無い。
 おもちゃをチラ見するだけで数十分会場をぐるりとして終わり。
 会場にいてもらう仕掛けがない。
 ここは他のイベントに大きく負けている。
 
10.県外遠征勢も多く広範囲の参加者

11.あちー。蒸し暑い。
 地下街なので当然、エアコンなぞありません。
 汗ダクダク

12.金沢グルメマジうめー。
 寿司も金沢カレーも魚介類も。
 ゴーゴーカレーも金沢オリジナルメニューがあるとは・・・
 
13.日本海が凄く美しいです。

NT金沢2.jpg

●来訪者さんのご意見
ここは思い出しながら別途更新します。

・このタブレットは動かないから地味で駄目ですね。
 眺めていても、動かないから良く分からない。
 動くものを展示した方が良いですよ。

⇒今回一番こころに響いた一言。
 本当にありがとうございました。
 動くというのは物理的な意味です。
 むむむ、思想が違いますね。やりますな。
 これは、Linuxが動いたら何に使うか?の問題もあります。
 僕らLinux使いはOSが動けば、アレ出来る
 アレ遊べるがすぐ分かりますがそうでない人も。
 まあそりゃそうですね・・・確かに。
 
 物理的にというとLEDとか動画とか?
 ゲームとかを動かすのを止めたのは、OSにこだわらなく動くから。
 でもそれじゃ普通の人には分からない。
  
・Windowsタブレット安くなって良いですが、拡張性はどうですか?
 僕は電子工作とかやってますけど動かせますか?

⇒拡張性はUSBとWifi、Bluetoothなどで
 ArduinoならUSB接続になりますね。
 やすおか教授が動かしていましたね。そちらの方々は詳しいです。

・RaspberryPi3より安いというのが惹かれます。
 モニタあるし、CPU性能上だし。モニタリングとかIoTとか。

⇒単体で表示出来るんで据え置き表示も兼ねています。
 サーバにしても良いし。AI動かしても良い。

・うわー、Linux嫌だ。難しい

⇒wwwww
 今回よくあったご意見でした。
 WindowsやMacしか使ったことがない人が凄く多いです。
 一番問題なのは、何に使えるか?でしょうか。
 伝わりません。まあそりゃそうか。
 初心者Linuxって本が本当に無くなりました。
 Linuxを使える事が凄いという時代が終わったからです。
   

・ホワイトボードに書いてあるから読むと分かるけど、
 タブレットを置いてあるだけじゃ嬉しさが分からない。
 もっと分かりやすくした方が良い。

⇒そうですね・・・
 ガジェットを見ただけでは何のブースか分からないんで、
 ホワイトボードに説明文を書いています。
 OSは伝わらないんですよ。
 嬉しさの定義は人によって変わりますから難しいですね。
 まあ、Googleがスマホで勝って他のメーカーが衰退したのも
 そこにあるかもしれませんけど。
 難しいです。
 

posted by kapper at 23:34 | Comment(0) | NT関係
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ