にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2019年02月24日

最強7インチ Windowsタブレット HP Stream7 Lubuntu18.04 インストール その1

Stream7.jpg

チープな中華しかない7インチWindowsタブレットでも
恐らく最強であろうはHP Stream7。
LUbuntu18.04を入れてみました。
メモリが1GBしかないので・・・Gnome使いたいです。
デュアルブートやAndroid-x86を入れても足りる32GBの容量。
マニア心をくすぐる、僕のお気に入りです。



●HP Stream7(Windows版)とは?
アメリカで$99で販売された超格安Windowsタブレットです。
現在は比較的高値安定していますw
7インチで32GBのSSDのあるタイプで
そこそこ頑丈な作りしています。
もちろん中華OEMですが・・・

LUbuntu18.04でタッチスクリーンがGoodix HIDで
Wifiが標準で使えます。
ちとLubuntuが不安定ですが・・・
小さいので荷物にならないので好きです。
Android-x86もデュアルブートして、と。
あと2台くらいキープしたいのでE-bayで輸入します(をぃ

・7インチ HD IPS タッチスクリーン - 解像度1280×800ピクセル
・インテル Atom Z3735G クアッドコアプロセッサ搭載
・1GBメモリー / 32GB SSD ストレージ
・Windows 8.1 OS (32-bit) (日本語使用可能) Office365 1年間使用権付属(日本語化可能)。
・[サイズ] 192.7 x 110.7 x 9.9 mm 
・[重さ] 353.8g

メモリが1GBで少ないので不安定なのがたまに傷。
惜しい。
Nexus6より一回り大きい程度なので片手にすっぽり。
それでもUbuntu使えます。
中華にしてはがっしりした作り。
Gole1が小さすぎたので、このくらいが重要です。
他の中華と比べてもSSDの容量に余裕があるのが楽しみ。


●Lubuntu18.04のインストール
今回はOS無しなのでLubuntu18.04をそのままインストール。
実は19.04開発版を入れようとしたんですけど、
計算値上でメモリが1GB無いらしくてインストーラーで止められました。
くそう。
ISOファイルをRufusで焼いて、bootia32.efiを
/EFI/bootフォルダに上書きして起動するのは同じ。

UEFI画面でセキュアブートをOFFにしてブート順番の変更は必須。
いつもどおりですね。
そうするとLUbuntuが起動してインストール出来ます。
ブートローダーのgrub2-efi-ia32がいるので、
インストール開始する前にネットに接続必要です。
レポジトリが30以上あって多すぎて長いんで有線LANを使いました。
ここまではいつもと同じ。

で再起動。ブートローダさえ入っていれば無事起動します。
LubuntuでタッチスクリーンはOK、Wifiも繋がります。
BluetoothとSoundは認識していますが、動きません。
そんな所でしょうか?
ただしLubuntuの影響として、使っていると何故かフリーズします。
あとは、タッチでクリックできなくなります。
再起動しかなくなります。
Kernelの不具合でしょうか?
アップグレード必須ですかね?

●まとめ
Lubuntuが不安定な所を除くと良い機種です。
本当にコンパクトでガジェヲタお勧め。
まあ実用性はもっとメモリの多い機種の方が良いですw
Gnomeを入れたいんですけど・・・
キーボード代わりとしてonboardを入れましょう。
重宝します。
他の7インチや中華に出せないクオリティがこの機種の魅力です。
手放せなくなりますw

posted by kapper at 20:56 | Comment(0) | HP Stream7
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ