にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2019年02月17日

6000円 8.9インチWinタブレット CLIDE8.9 Wubi for Ubuntu18.10インストール その1

CLIDE89.jpg

次はこの前CLIDE8.9にWubi For Ubuntu18.10を入れた時のメモ。
一言で書くと問題ないけど、Bluetoothと音は動かない。
そんな感じ。
DOSパラタブレットと外観が殆ど同じなので
中華のOEMかもしれません。
タッチスクリーンはGoodix HIDでした。



●CLIDE8.9
Bay-trailの初期型8.9インチです。
ドライバに大きな不具合がなく、
8.9インチなので解像度が広く使いやすい
充電共用MicroUSBに加えUSB Type-Aもあるので充電しながら使える。
比較的軽い。
などなど8.9インチのメリットは沢山あります。
まあ埋もれている名機でしょうね。
最近更に安くなってきました。
スペックは、


・液晶:8.9インチカラータッチスクリーンIPS液晶
・無線LAN:802.11b/g/n
・Bluetooth:Version4.0
・プロセッサー:Atom Z3735F
・OS:Windows 8.1
・メモリ:2GB
・解像度:1920 × 1200ドット
・カードリーダー:micro SD
・ストレージ:32GB
・バッテリー容量:6000mAh
・動画再生:約7時間※
・UEFI:32bit

まあスタンダードなスペックです。
特別な所はありませんが・・・
Wubi for Ubuntu 18.10でWindows8.1とデュアルブートしています。
Ubuntu上ではタッチスクリーン、Wifi、画面回転が動作。BluetoothとSoundは動作せず。
DG-D09IWとほぼ同一の中華OEMだと思います。

●Wubi for Ubuntu18.10のインストール
いつもどおりです。
まずUSBメモリにWubi本体とUbuntu18.10のISOファイルを
同じフォルダにコピーして実行します。
でストレージ容量を取りすぎない様に注意して
インストール。
再起動したら、まずWifiか有線LANに接続。
Wifiなら右上のアイコンをつついてメニューを出して設定。
これをしないとgrub2がインストールされないので
ブートローダーが起動しません。
ご注意を。

無事ネットにつなぎ更新分とgrub2パッケージをダウンロードしたら
再起動。
しかしここで放置するとWindowsブートローダーが先にきているので
Windowsが起動してLinuxは起動しません。
まずUEFI画面を表示してブート優先順位とSecureBootをOFFにします。
WindowsのPC設定の変更からUEFIの再起動しても良いですし、
ブート時にF2かF10かF12でUEFI画面を出して
Ubuntu起動の優先順位を変えて保存します。
これでUbuntuが起動します。

画面の回転は横画面で表示されますかもしれませんが回転。
回転センサーは機能しています。
GPUも機能しています。
dmesgはこちら

http://kapper1224.sakura.ne.jp/clide89_dmesg.txt

●Android-x86 BlissOS
ライブイメージでBlissOS DailyBuildを起動してみましたが、
一応問題なく動作しました。
良いですね・・・
ライブ版であれば問題なく遊べます。

●まとめ
とりあえず動きました。
まあ音とBluetoothは他のWinタブでも似たような問題なので・・・
最近安くなってきたので、表示用には良いです。
どんどん安くなると良いですね。
スペックを気にしないならお勧め。
posted by kapper at 12:31 | Comment(0) | CLIDE 8.9
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ