にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2019年04月20日

5000円 OS無しWindowsタブレット Dynabook Tab S38 Mageia7 Gnome インストール その2

MageiaS38.jpg


今日はS38にMageia7 Gnomeを入れてみました。
MageiaはRPM系列でフランスのディストリです。
ブルーを基調にしてDrakeツールが特徴です。
Fedoraと同じくUEFI32bitとUEFI64bitの両方に対応しているので
Windowsタブレットでは初心者向けのディストリです。
ちょっとバグあってこなれていませんが、
Kernel5.0.0なのでまずまず。




●MageiaとS38
S38は初期のタブレットですが、Linuxで安定しています。
MageiaのUEFI32bitのテストとして使っています。
まだドライバ関係では他のディストリ程Fixされてなさそうですが、
一応使えました。

Mageiaの特徴として、

・RPM系列で青色を基調としたデスクトップ重視
 使いやすい独自のツール群を重視している設計
・UEFI32bit,64bitに標準対応。ISOをddで焼くだけ
・各種WMと一緒に何故かIceWMを標準実装w
 省メモリで結構使えます。古いPC向け。
 ログアウトして設定し直すと使えます。
・リリース間隔がやや長め。中途半端な設計。
・i586とx86-64bitの両対応

特筆する所がなさそうな感じもしますが、
FedoraやopenSUSEと比べると

注意点として

・インストール時に最初に入力を要求されるパスワードを入れると
 ブートローダー時にユーザーとパスワードを要求されるロックがかかりますw
 ブートするには「root」「指定したパスワード名」を入力します。
 解除するにはMageiaコントロールセンターのシステム起動時の設定で
 パスワードを空欄にすればOK

・Wifi、Sound、TouchscreenはOK。画面回転も手動
 Bluetoothは認識せず。

●Mageiaのインストール
ISOファイルをダウンロードしたらddコマンドでそのまま焼きます。
まずセキュアブートをOFFにしてUSBメモリをUSBハブに挿して起動。
F10かF12をキーボードで押しながら起動するとBoot切り替え出来ます。
そのままGnomeが起動するはず。楽です。
あとはインストーラーに従ってインストール。
パスワードを聞いてきますが空欄。
Windowsとデュアルブートする際には手動でパーティションを割りましょう。
要注意。

で再起動したらまたユーザー名とパスワードを入れます。
これは普通にWM上でのユーザー。
起動したらそのまま使います。
ドライバ関係はライブUSB起動した時に確かめましょう。

Kernelが最新なので簡単に起動できました。
KDE版とか古いバージョンはバグまるけです。
Atomにまだチューニングされていないのかも。

●まとめ
簡単ですがMageiaが起動しました。
まあ昔からAtomと相性が悪かったので・・・
2年前のSUSEと同じレベルかと。
ドライバがまだ一部アレですが、インストールが楽なのはありがたいですね。
Fedoraみたいにインストーラーにへんな縛りがないのが救いです。
ddコマンドで焼いてUEFI32bitが起動するディストリが増えてほしいですね。

posted by kapper at 21:18 | Comment(0) | Dynabook Tab S38

2018年09月19日

5000円 OS無しWindowsタブレット Dynabook Tab S38 Debian with Raspberry Pi Desktopテスト その1

S38Raspbian.jpg

今回は確か5000円であきばU-Shopで買ってきた
OS無しWindowsタブレットにDebian with Raspberry Pi Desktopを
入れてみましたのでブログにします。
このOSはUEFI32bitに対応していたんですねw
RaspberryPiと同様で軽めですが、タブレットとしては
使いにくくカスタマイズ必要。
勉強用にどうぞ。

●Debian with Raspberry Pi Desktop
Dynabook Tab S38はBay-trail初期の8インチタブです。
当時の汎用的なスペックですが、
SecureBootをOFFにすればアレコレ遊べます。
良い感じです。

Debian with Raspberry Pi Desktopは
RaspberryPi公式が出しているデスクトップ向けで
学習用に良いです。
なんとUEFI32bitにも対応していたので使ってみました。


https://www.raspberrypi.org/downloads/raspberry-pi-desktop/


まあノートPCには良いですがタブレットには
足りていない所がいくつかあって使いにくいです。
とりあえず

・Wifi設定が手動。ドライバは自動認識しない事が多いので自己責任
・タッチスクリーンの自動回転は非対応。xrandr
 傾けるとタッチスクリーンの角度が変わります。
・バーチャルキーボードは非対応。aptで入れましょう。

などなどでGnomeと違って全部自分で設定する必要があります。
dynabook Tab S38側でみますと

・タッチスクリーン対応
 xinputでは04F30732:00 04F3:0410で何か分かりません?
・内蔵Wifiは自動認識せず。Debianなんで。
・Kernel4.9でも問題なく起動。大きなバグ無し
・インストールと設定にはUSBキーボード必須

良く分からない所がありますが当たりの部類かなぁ。

●Debian with Raspberry Pi Desktopインストール
公式HPからダウンロードしてRufusかddコマンドでUSBメモリに焼きます。
その後、ESCかF2押しながら起動して、SecurebootをOFF。
でUSBにHubと刺して起動。
ブートメニューが出たらGraphical Installを選択。
その後は普通にDebianです。

Multi-Archと比較するとネットワーク無くても
インストール出来ますので楽です。
後は再起動すればRaspbianが起動します。
Debian何時もどおりで簡単です。
パーティションでWindows消さないよう自己責任。

起動したらUSBのLANを刺してaptでアップデート。
細かい所は割愛。

●まとめ
簡単にインストールと起動できました。
流石にタブレットでは使いにくそうですが、
USBキーボードとセットで。
中身は普通のDebianなので細かいことは気にせずに。
試しに動かしてみる、という感覚から如何でしょうか。
RaspberryPi3の3.5倍程度のCPUなので
体感的には困らないんでしょうかも?
posted by kapper at 21:59 | Comment(0) | Dynabook Tab S38
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ