にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2018年07月25日

6000円 OS無し 格安安定機種 YOGA Tablet2 Debian9.5 Stretch Multi-Arch インストール その1

Yoga2.jpg

今回はYOGA Tablet2にDebian9.5をインストールしました。
YOGA Tablet2は最近やっと値下がりしてきています。
Linux上ではKernel4.9でも非常に安定しているので、バグ少ない。
古いディストリを使う上で初心者お勧めな機種です。
安く入手出来れば使ってみましょう。



●YOGA Tablet2とDebian9.5 Multi−Arch
YOGA Tablet2はWindows版のタブレットの方で、
比較的高値安定していたのでジャンク入手が難しかったのですが
最近出てくるようになってきました。
この機種はKernel4.9でも安定しているので、
古いディストリでも非常に安定動作するので
僕のお気に入りの一つです。

で、Debconf18に合わせてDebian9.5をMulti-ArchのISOで
インストールしてみました。
Debian9.5のKernelは4.9.0-7(Kernel4.9.110)です。
とりあえず安定していますが、
ドライバの為にExperimentalのKernelも入れています。
現時点ではKernel4.18.RC4です。
ブート時にマルチブートで選択出来ます。

スペックは



オーソドックスなスペックですが高解像度対応です。

●Debian9.5 Multi-Archのインストール
まずDebian9.5 Multi-ArchのISOファイルをダウンロードします。
ネットインストール版しか無いはずです。
UEFI32bitとUEFI64bitに両対応です。
UEFI64bitの機種なら普通にAMD64のISOを使ったほうが良いかも。

RufusかddコマンドでUSBメモリに焼きます。
microUSBにUSB-HUBとUSBメモリ、USB有線か無線LAN、
USBキーボードと必要ならUSBマウスを
そのまま本体にUSB-HUB経由で繋いで、
電源ボタンをON、「ESC」か電源ボタン+音声上キーで
ブートメニュー画面を表示させます。
Secure BootはOFFにします。
ブートはUSBメモリから起動します。

USBメモリからDebianが起動しますと、
GUIかCUIのインストーラーを選択できますがどちらでもOK。
あとはそのまま選択するだけですが、
HDDのパーティション割りには注意。消えます。
ダウンロードは2時間位。電池をフル充電しておきましょう。
ダウンロードが終わるとインストール完了。

●Kernelのアップグレード
とりあえず起動すれば問題ないですが、
ドライバやバグ対策でKernelをアップグレード。
こちらを参考に。

How To Upgrade Kernel

●Wifiの設定
T100TAと同じ。

su
cp /sys/firmware/efi/efivars/nvram-74b00bd9-805a-4d61-b51f-43268123d113 /lib/firmware/brcm/brcmfmac43241b4-sdio.txt
modprobe -r brcmfmac && modprobe brcmfmac


●まとめ
Debian9.5でも一応動きました。
でもKernelから考えると、Debian10.0Betaを使ったほうが良いかと。
YOGA Tablet2はKernel4.9でも動作確認が取れているので
使用上は多分問題ありません。
他のWindowsタブレットは多分こんなにスムーズには動きません。
あとはGnomeか、WMとか。
onScreen Keyboardがほしいですね。
posted by kapper at 07:15 | Comment(0) | YOGA Tablet2
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ