にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2018年04月17日

WINE動作テスト Wine32bit版を強制的に使用する方法 その3


今日はWINEを64bitOSでも32bit版を強制的に使う方法をメモします。
LinuxもOSが64bit化しましてインストールされる
WINEも64bitが優先されます。
所がWindowsアプリを見た場合、32bitOSしか動かないのも多いです。
特に古いアプリは。
ここを切り替えます。

●Wine64bitとWine32bit
UbuntuとかだとMulti-lib対応していると
Wine64bitとWine32bitが両方インストール出来ます。
所が、優先的に使われるのがWine64bitになるので
こちらから指定しないとWine32bitになりません。
何故か?
.wineのフォルダを64bit仕様で作ってしまうためです。
つまりWindowsのCドライブ本体です。
本当かよ、と思いますが・・・エラーが出ます。

で、古いゲームとかを遊ぶ場合はWine32bit
じゃないと起動しないアプリが多いです。
なので強制的にWine32bit環境にします。
こちらを参考にしました。感謝。

Wineのインストール・設定方法の記録


やり方は簡単です。
Wineを実行する前に

export WINEARCH=win32 winecfg

を実行するだけです。
所が、問題が一つあって
.Wineが64bitで生成されているとWINEが起動できません。
やむなく削除するしかなさそう。

rm -r -f ~/.wine

あとはWinetricks allfontsなどで日本語環境を入れます。
いつもどおりです。
毎回exportするのは面倒なので、
.profileあたりに追記しておきましょう。

gedit .profile

でexport WINEARCH=win32 winecfgを貼り付けて保存。
特に問題はないかと。
これでエラーの出ない32bitアプリが起動できます。

●まとめ
Wine64bitでは古いゲームはエラーが頻発します。
仕方がありません。
64bit環境はここ数年なので、まあ諦めて使い分けしましょう。
むむむ。
でもソフト資産が動かないと止むを得ないかもしれません。
将来是正される事を祈って、現在はWine32bitを使いますかな。
posted by kapper at 05:21 | Comment(0) | WINE

2018年04月15日

本日のWine動作テスト 2018年4月15日

Screenshot from 2018-04-15 20-01-04.png

久しぶりにwineネタを更新します。
本日のWineの動作テストをメモします。
細かい所は下記のリンク先参照。

WINEでWindowsアプリ動作確認


●Wineでの動作アプリ
実に数面ぶりの更新ですね。

OS環境はUbuntu17.10.1 Amd64の
Stable wine-2.0.2 (Ubuntu 2.0.2-2ubuntu1)と
Develpoment wine-2.18 (Ubuntu 2.18-1)


○Xanadu アンバランス版
Wine Develpoment版のみ動作。
Stable版は固まって動かず
フルスクリーンモードで動かすと良いかも。

◎RAINE Win版
問題なく動作。
初期設定が必要

○DALK外伝
フォントエンコードエラーの影響で
インストール中にファイルが読めず
DVD生ファイルをHDDに一旦コピーして、
〜/gamedata/DALK外伝〜のaidファイル名とWaiファイル名の
エンコードエラー「DALK外伝」部分をファイル名変更して
表示出来る様にするとインストール、起動出来る。

×電車でGO!プロフェッショナル
インストーラーが起動せず

△世界でいちばんNGな恋
Wine Develpoment版のみ動作。
Stable版は固まって動かず
オープニング動画部分で落ちてプレイ出来ず

△断罪のエミリア
動画部分がMpeg1で再生できず。
つまりプレイ途中で画面が表示されなくなります。

◎美少女万華鏡 罪と罰の少女
問題なく動作確認

◎DALK Windows95版
動作確認。

◎闘神都市2 Windows95版
動作確認。

◎DOSBox-X
問題なく動作確認


注)
この結果はWine64bit環境でした。
なのでエラーが頻発しています。
wine32bit環境ではエラーが出ないと思われます。
コメント追記まで。
posted by kapper at 20:18 | Comment(0) | WINE

2018年04月11日

WINE動作テスト NeoGeoCDエミュレータ Raine Ubuntu17.10.1 その2

Screenshot from 2018-04-11 06-50-53.png

家に沢山あるNeoGeoCDのゲームをUbuntuで動かしてみたくて
RaineをWineで動かしてみました。
Ubuntuでソースコードからビルドしましたが、
ライブラリリンクエラーが多発して様子見です。

●WINE動作テスト記録
本家HPとKapperのHPをご参考までに。

 http//kapper1224.sakura.ne.jp/UNIX4.html
 https://appdb.winehq.org/objectManager.php?sClass=version&iId=9594
 http://qiita.com/amasaku/items/765b669fc51e6bc9ec04

まあ過去には色々やっていました。

●WINEと東方紅魔郷
今回の環境はこちら、

・Ubuntu17.10.1 amd64
・wine-2.18
・公式HP Rating:なし

公式HPには登録されていません。
問題としては、

・Raine標準のopenGL設定では画面が表示されない。
 Video設定をWindibにする
・読み込み出来るのはISOファイルかCUEファイルのみ
 イメージ化する時にサウンドファイルをISOに入れるか
 同じフォルダに置いてCUEファイルを置かないと音が出ない
・BIOSは各自入手してRaineのフォルダに置くかオプションで指定

が現時点のWINEでの問題。

インストールとしては、
公式HPからWindows版をダウンロード

 wine raine32.exe

でCDイメージファイルを指定して読み込むだけ。
Keyコンフィグは特殊なので、一度オプションから確認しましょう。
CDROMの読み込み速度はデフォルト8倍ですが好きに変更できます。
一応プレイ出来るはずです。

●まとめ
一応動作できました。
まあLinux版を動かしたいですが・・・ビルドエラーが。
CDの焼き方とかBIOSとかは質問しないで下さい。答えません。
とりあえず動いたので遊んでいますけど。
コントローラー必須かも。
またネットでブログなどを検索してみると良いかもしれません。
決して諦めないように遊んでみて下さい。
posted by kapper at 07:08 | Comment(0) | WINE

2017年03月23日

WINE動作テスト 東方紅魔郷 Ubuntu16.10 その1

Touhou.jpg
今回は久しぶりにWINEに東方紅魔郷を入れてみました。
動くのは知っていますが、
WINEのバージョンが変わるたびに挙動が変わるので
都度テストをしないと良くわからない傾向があります。

●WINE動作テスト記録
本家HPとKapperのHPをご参考までに。

 http//kapper1224.sakura.ne.jp/UNIX4.html
 https://appdb.winehq.org/objectManager.php?sClass=version&iId=9594
 http://qiita.com/amasaku/items/765b669fc51e6bc9ec04

まあ過去には色々やっていました。

●WINEと東方紅魔郷
今回の環境はこちら、

・Ubuntu16.10 amd64
・wine-1.9.20 (Ubuntu 1.9.20-1ubuntu2)
・公式HP Rating:Silver

動くけど問題あるよ、という程度です。
問題としては、

・CD-ROMからインストール出来ない(Ubuntuパーミッション特有の問題)
・コマンドラインから起動させるとエラーが出て動かない
・ファイラーから右クリックで「Winebrower」経由で動作
・全画面表示は切れて見えないのでWindow表示にする
 初回はwinecfgで画面を「仮想デスクトップでエミュレート」する
 その後で東方のコンフィグ設定でWindow表示に切り替える
・Winetrickで日本語フォントを入れておく必要あり?
・ゲーム画面の外をマウスでクリックするとキー操作出来なくなる
・体験版は起動時にエラーが出て動作しない。原因が分かっていない。

が現時点のWINEでの問題。

インストールとしては、
まずCD-ROMを繋いで、データを全てホームフォルダなど
どこかにコピーして借り置きする。
でWineでインストール

 wine install.exe

インストールされたら、公式HPよりパッチをダウンロードして
インストール指定したフォルダにコピーする。

 cp kouma_update102f.EXE .wine/drive_c/Program\ Files/kouma/
 wine .wine/drive_c/Program\ Files/kouma/kouma_update102f.EXE
 
後はファイラーを立ち上げて、東方紅魔郷.EXEを右クリック
起動するアプリを指定、winebrowserで開けばOK。
初回はフルスクリーンになると操作出来ないので
winecfgで画面を「仮想デスクトップでエミュレート」する
その後でコンフィグ設定でWindow表示に切り替える

一応プレイ出来るはずです。

●まとめ
一応動作できましたが問題多数です。
東方の場合は全世界からテスターが沢山動作報告されるので
公式HPを都度見てエラー情報を確認しましょう。
なんかオカシイと思っても諦めずに公式HPを見てみましょう。
多分、何らかのレポートが上がっているはずです。
またネットでブログなどを検索してみると良いかもしれません。
決して諦めないように遊んでみて下さい。
posted by kapper at 06:25 | Comment(0) | WINE
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ