にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2015年05月21日

Netwalker Labo OSC2015Nagoya 講演資料 正式版 #oscnagoya #HKOSC #COSCUP

5/23にOSC名古屋2015にARM Linux関連でNexus7 Ubuntuなどを
モチーフとして出展、講演致します。
5/23(土)13:00〜 国際センター 5Fラウンジです。
現時点で出来た部分までで正式版として公開致します。

I will speak about the hacking of Linux Nexus7 to May 23 in Nagoya,Japan.
The it is possible to have material now and then published.
In August of the OSC Kyoto is expected to add a small part such as a description of the source code.

OSC名古屋2015の公式HPはこちらです。

 [名古屋] オープンソースカンファレンス2015 Nagoya

  Netwalker osc nagoya2015.pdf


1、OSC名古屋向けの改正版として公開します。
  ダウンロードはPDF、データ閲覧はSlideshareなどを使っています。
  ソースコードなどの細かい解説はOSC京都までに読んで
  作りこむ形で考えています。

2、資料に誤りや公開上問題がありましたら修正しますので
  ブログまで是非ご連絡頂けましたら大変助かります。

3、内容はx86に関係する内容とARM全般の内容が混在しています。
  Android全体像の内容は動作しない内容もあります。ご容赦願います。
  (主にブートローダー他。)

4,次回のネタ大募集中です。
  Kapperのセミナーは皆様のご意見を反映する形で、
  実施するつもりで計画を立てています。
  是非ご意見下さい。

2015年04月19日

台湾COSCUP2015 プレゼンテーション申請しました

8/15〜16のお盆休みに台湾COSCUP2015が開催されます。
台湾では9大イベントと呼ばれるうちの一つの
台湾最大級のオープンソースのお祭りです。
台湾は近隣の親日国だけあって日本人も多数参加されます。
中には東海道らぐみたいに10人くらい集まって、
一つのセッションでLT大会を行った実績もあるそうです。
Web申請はこちらからどうぞ。

 COSCUP 2015 Call for Presentations

◯プレゼンテーション出展の申請
まだWebで申請したばっかりです。
今の所の予定はこんな感じでしょうか。

エントリー:15/4/18 - 5/23
​スケジュール公開:15/6/13

申請内容はこちら
大抵のオープンソース活動が該当するのでは?

・Open Source Culture & related topics
 Open source community experience
 Open source related legal issues
 Open source software howtos, tips or hacking
・Open Source Governance & Open Data
 Platforms for Open Source Governance
 Open source technologies for government
 Culture and experience sharing for the open government
 Websites & apps with open data
 Open data related topics
・Open Source Developing Experiences
 Experience sharing to the newbies
 How to make your projects more popular
 How to cooperate to the developers world wide
・Any other free software / open source related issues
Any free software / open source topic, not listed above, is also welcome!

◯Web経由でのKKTIX申請
特別なことは必要無いですが、記入欄が長いです。
まずKKTIXに登録します。これは日本語でOK。

後は必要項目を記入します。
これは大抵Webで公開される紹介文ですが、長いです。
Kapperを含め英語で考えるのが面倒な人多数だと思いますので、
〜去年の台湾COSCUPのAgendaからパクって改造しましょう。
過去の事例を見ると、記入した内容がどの様に表示されるかが勉強になります。
HPにセミナー紹介文としてそのまま乗ります。

・フルネーム
・Email
・暱稱 / Nickname
・手機 / Mobile
 ⇒携帯電話の番号。連絡先ですね
・簡歷 / Bio
 ⇒コメントに苦しむ項目その1
  セミナーの紹介文に多分記入されます。
  COSCUP2014からパクりましょう
・講題 / Topic
 ⇒タイトル名
・您演講所使用的語言 / Language of your talk
 ⇒EnglishかChinese
・短版摘要 (100 字內) / Short abstract (max 100 words)
 ⇒コメントに苦しむ項目その2
  これもセミナーの紹介文に多分記入されます。
  COSCUP2014からパクりましょう
・摘要 / Abstract
 ⇒コメントに苦しむ項目その3
  これもセミナーの紹介文に多分記入されます。
  長文必要なければ同じでも良いかな?
  COSCUP2014からパクりましょう
・其他疑問或建議 / Any other questions or suggestions?
 ⇒質問あればどうぞ。
  Kapperは初参加なので情報教えて、と英語で。


◯まとめ
まず申請までです。
COSCUPは申請多数なので審査の篩があるのでしょうか?
こういうイベントは先手必勝で、日程や場所など早いもの勝ちな所があります。
是非申請してお盆休みは一緒に台湾遊びにいきましょう。

2015年04月13日

Netwalker Laboratory OSC2015 Nagoya 講演 Presentations β1版公開 #oscnagoya #HKOSC #COSCUP

5/23にOSC名古屋2015にARM Linux関連でNexus7 Ubuntuなどを
モチーフとして出展、講演致します。
5/23(土)13:00〜 国際センター 5Fラウンジです。
現時点で出来た部分までで一先ずβ1版として公開致します。
完成度はまだ50%前後です。
注) 誤字脱字まだ直していませんw
   もちろん作成遅れ起因の確信犯です(涙)
一回Chromebookのデータが消えてしまいお亡くなりになってしまいました。

I will speak about the hacking of Linux Nexus7 to May 23 in Nagoya,Japan.
The it is possible to have material now and then published as a β1 version.
Perfection is still about 50%.


OSC名古屋2015の公式HPはこちらです。

 [名古屋] オープンソースカンファレンス2015 Nagoya

  Netwalker osc nagoya2015.pdf


1、完成度は50%前後でまだまだ修正します。
  作成中のページは意図的に削除しています。
  文章もまだザックリで、これからちゃんと書き直します。

2、資料に誤りや公開上問題がありましたら修正しますので
  ブログまで是非ご連絡頂けましたら大変助かります。
  申し訳ありませんがまだ誤字脱字沢山あり、修正中です(まだ確信犯)

3、内容はx86に関係する内容とARM全般の内容が混在しています。
  Android全体像の内容は動作しない内容もあります。ご容赦願います。
  (主にブートローダー他。)

2015年02月28日

オープンソースカンファレンス2015東京Spring 出展者側の感想と反省 #osc15tk

今回のOSC東京の出展者側のネタと反省します。
なんか沢山の人混みに揉まれてネタがないのですが(逆だろw)
まあ気になった所をコメントします。

○オープンソースカンファレンス2015東京
細かい出展の準備はOSC2014浜名湖の時に書きましたので割愛します。
今回は金土曜日開催で土曜日のみ参加しました。
講演内容の資料はこちらに置いてあります。

 Netwalker実験所 OSC2015東京Spring 講演資料 正式版公開 #osc15tk

  Netwalker osc tokyo2015spring2.pdf



○OSC東京の出展者側から見た感想
OSC東京の長所と短所を並べてみます。

長所
1.まずOSC最大規模であること
  沢山の人と出展者が集います。
  一般の方が多いです。が、多分Linux使いが沢山いそうです。
  おそらく初心者の顔をしたモグリですw
  是非声を掛けてみましょう。

2.無線LANが開放されて使いたい放題
  太っ腹ですねー。
  明星大学のネットワークインフラは大変優れています。
  掲示板にデカデカと貼ってありましたので皆さん助かったのではないでしょうか。

3.一部のセミナーがUstreamで配信された事。
  最新のクラウド技術をネットで全世界に放映されました。
  会場に来れない方々にとってもOSC東京を見れる素晴らしい活動ですね。

短所
1.会場が変更になり1F、2Fと5Fに別れたこと。
  それ自体は問題ないのですが、2Fと5Fで全く何やっているのか分からない。
  5Fにいた人は今回企業ブース知らないですし、
  2Fにいた人はコミュニティーブースがどうなっているか
  多分分からないです。
  オライリーとかの雑誌の販売もいつもありますが、
  今回どうなっているか全く分かりませんでした。
  多分わざわざ1Fに買い出しにいった出展者は少ないはずです。
  この拡大し続けるOSCの今後はどうなるんでしょうか。

2.ブースが狭い。
  机が狭いのではなく、後ろのスペースが壁際で殆ど無い。
  荷物所か椅子を動かすことも出来ません、移動することも出来ません。
  座りっぱなしか立ちっぱなしです。
  今回隣のGentooユーザーグループさんにお願いしまして
  机と机の間を広げて人が通れる様にして貰いました。ありがとうございます。
  それだけだと不味いのでブースの前に立って説明していました。
  折角来て頂いた方も座っていないと不在と思った方が
  沢山いたのではいないかと懸念しております。
  すぐ近くに立っていましたw
  足がパンパンです。疲れました。

3.ブースのジャンルが固まり過ぎてセミナーに人が少ない?
  特に10:00〜と最後の時間は難しかったのではないでしょうか。
  まあこれだけの規模になると9部屋同時進行で厳しいかもしれません。
  OSC東京に出展する側の悩みどころです。
  いったいどの位規模が拡大していくのでしょうか?

4.人が多すぎてご飯食べにいけませんでしたw
  まあ12:00〜Debian勉強会をお聞きした為にタイミングを逃しただけですがw
  午後の人混み半端でなかったです。
  全く動けません。残念。
  出展者側としてよくあることですw


◯セミナー状況。セミナー内でのアンケート結果
今回10:00〜セミナー時間でありまして、東海道らぐとかNetBSD他と
スーパーブッキングして参加出来ませんでした。残念です。
流石に単独講演で講師が抜け出すワケには行きませんw
というか遅刻すら許されませんw

朝一番で人が一番少ない時間帯なのでがっかりしていましたが、
意外と結構来て頂き誠にありがとうございます。
最初12人位で講演中に人が増え始め、20人弱まで来て頂きました。
また廊下からもガラス越しで椅子に座って見て頂いた方も数人いました。
大変有難うございます。

今回は長丁場なのでセミナー内で簡単なアンケートを取らさせて頂きました。
OSCなので初心者の方も結構いると推定していました。

1.動画配信を購入とかゲームをやりますか?
 ⇒ゼロ人。一応DRM関係の質問なんですけど。Linuxがやや弱い分野です。
  皆さん動画買ったりゲームとかしないそうです。
  この時点でちょっとホッとしました。
2.MSOfficeとかLibreOfficeとか使いますか?
 ⇒半数程。皆さん意外とOffice使わないんですね?
  僕はOffice使わないと仕事出来ません。この資料作れません。
3.UbuntuとかDebianとかLinuxディストリを使っていますか?
 ⇒全員挙手w
  驚きました。笑いました。
  皆さんガチのLinux使いですかw
  それは全く想定していませんでした。
  東海道らぐですらMAC使っている人沢山いますよw
  この時間にこのマニアックな講演をピンポイントで聞きに来てくれる人は
  全員ガチの方々でした。多分。大変ありがとうございます。
  思い込みの考え方を変えないといけないですかね?
  貴重なご意見でした。
4.RaspberryPiとか使った事がありますか?
  ⇒1/3強でした。意外に多いのか少ないのか。
  まあ普通のセミナーでしたら1/3もARM1ボードPCを買わないんですかね?
  感覚的な所なので非常に良く分かりません。
  OSCの講演者全員にアンケートをとっても1/3は行かないのかな?
  流石に発表者はガチのプロ強者揃いだからまあ、興味本位で持ってますわな。

繰り返しになりますが、皆さんガチのLinux使いでした。
やっぱりお聞きしてみるものですね?
セミナーの資料作成は相手がWindows使いであると想定しないといけないのですが。
東京のOSCは・・・なんて裏で言っている東海道らぐの皆さん。
ちゃんと使っているOS環境を逆質問してみましょうねー。
おそらく主観的思い込みで判断しない方が良いかも。
こちらからの逆質問次第で、きっと面白いご討議出来るはずです。
先入観は宜しくないかと。

今度から逆質問をOSCのマイブームにしてみます。
簡単な内容で逆質問チェックリストでも作りましょうかな。
「Linuxや*BSD使ってますか?」「どんなディストリを使っていますか?」
程度の簡単な記録を取ります。
つぼにヒットしたネタで話が広がれば、とっても嬉しいです。
僕が昔営業をやっていた際には、元上司から
「お客様に訪問する前に必ず何をお聞きするかチェックリストを作成しなさい
 確認を忘れたり、聞けなかったりする事があると2度手間になるし、
 戦略にも影響が出る。マーケッティングの業務は絶対。
 出来なければ業務をこなした事にならない」
お客様に聞くというのは営業として神聖なる業務です。マーケッティングです。
まあそうやって長年教育されているものでありまして、
経験上のものであって、他意はありませんです、はい。

2015年02月14日

オープンソースカンファレンス2015浜名湖 出展者側の感想と反省 #osc15hm

先週のOSC2015浜名湖お疲れ様でした。
盛り上がりました。今回も大変楽しかったです。
来訪者、出展者、事務方全ての人に大変感謝致します。
今回OSC浜名湖に出展した感想をコメントします。
反省と今後どうするかを一旦整理したいと思います。

○オープンソースカンファレンス2015浜名湖
細かい出展の準備はOSC2014浜名湖の時に書きましたので割愛します。
今回は水曜日祝日開催で参加しました。
講演内容の資料はこちらに置いてあります。

 Netwalker実験所 OSC2015浜名湖 講演資料 完成版公開 #osc15hm

○OSC浜名湖の出展者側から見た感想
OSC浜名湖の長所と短所を並べてみます。

・長所
 1.全てのセミナーを見られる15分構成で、ホールの中央にセミナー会場があるので
   一体感がある。ブース出展者もセミナーを見る事が可能な数少ないスケジュール。

 2.Ustream配信されており現地にいなくてもセミナーを見ることが出来る。
   それも全セミナー対象。
   特定のセミナーだけでなく全ジャンルで公開されている
   司会役さんとUstream撮影係さんが常駐しており、
   インタビュー含め臨場感がある。
   1日中付きっきりで大変お疲れ様でした。ありがとうございます。

 3.展示数の関係かブースに余裕があり、色々展示したり配布物を置ける。
   ゆったりとした雰囲気が独自の会場を作り出している。

 4.浜松、静岡の独自のコミュニティーが非常に強い。
   浜松自作OSの会とか他大学関連とか多数。
   OSC名古屋や東京とかにも是非出展してほしいです。

 5.コアな層が結構沢山いるので細かい話も出来る。
   また後半は暇なので出展者通しでのんびり話をする余裕がある。
   技術交流にはもってこい。
   他のOSCは忙しいので難しいですが。

・欠点
 1.祝日水曜日は苦しい開催日。
   前泊するのも厳しいし、次の日仕事の人は休めない。
   中部圏で大手のトヨタグループは祝日休みがないので
   関連する企業の方々は仕事で来訪出来ない。
  IT産業の業務は普段企業が休みで稼働していないタイミングで
   メンテやリプレースを行うので祝日出勤が多い。
  大きなデメリット。
 
 2.日程と地域性で一般客の方々が非常に少ない。
   多分1/3位は出展者か関係者。
   家族連れや学生さんが殆どいませんでした。
   KOFみたいです。
   アナウンスが非常に弱いかと思います。 
   またうなぎとか浜松餃子とかグルメでも有名なので色々と広報してほしいです。
   他の都市圏と比べると地域性に恵まれているので、
   積極的にネタにしてほしいです。
   ネタは一つでも多い方が良いです。
   浜松は良い所なので地の利を活かして欲しい。

 3.関西圏の方々が非常に少ない。多分これない。
   もう少し作戦を考えた方が良い。
   また東京圏からはOSC東京Springの近くなので出展者も少ない。
   OSC大分から4日後と間がなく出展者にも厳しいスケジュール。
   もう少し間隔を開けた方が良いです。
   来年は1/23でしたね。
   今回はスケジュールの都合上、過労で体を壊す人が出てくる?
   豊橋〜浜松〜静岡〜沼津とかで持ち回りでやりませんか?
   ・豊橋:関西圏の人がギリギリ圏内
   ・浜松:グルメが美味しい所。静岡県の都市圏
   ・静岡:県庁の大都市。長野や甲府からギリギリ行動可能圏内
   ・沼津:観光地。ほぼ関東の人たち?

本当に自分勝手な意見で申し訳ありません。
良い所と悪い所が沢山あります。
OSC浜名湖は独自路線で良い所が沢山あります。

○展示の際の貴重なご意見
今回お話した意見を整理します。
僕の場合、自腹無報酬なのでここでご意見を聞く為だけに出展しています。
出展者の方々のご意見が多いのですが、無記名で書いておきます。
誰のご意見か分かっても内緒でw

1.Chromebookって何ですか?何に使うのですか?
  どんなメリットがあるのですか?
  ⇒一番多かったのがこのご意見です。
   セミナーや配布資料を送付してますので、ネタにしてます。
   詳細な内容はセミナーや配布資料を見て頂くとして、
   Amazon.comに代表されるUSA市場では価格の安さです。
   後、僕らLinux使いからするとメーカー側で既に
   Kernel、U-boot、X.org、GPUやドライバまで公式サポートしてくれて、
   メインラインまで採用されている。
   移植で用意ですることが殆どない素晴らしいおもちゃw
   サポートのあるLinuxってラクで楽しいです(ぉぃ

2.日本人って保守的ですよね。
  海外と違ってChromebookが市場に受け入れられるでしょうか?
  ⇒日本はデスクトップやノートPC市場ではWindowsが強い人気がありまして
   安いからといって市場に食い込むには時間がかかりそうです。
   安かろう悪かろうでは通用しませんね。
   ただ、AndroidやChromebookなど爆安路線に引っ張られて
   MSもOS無償戦略に転換しなければならない程追い詰められています。
   消費者にとって競争は利点ですよね。
   またソフトウェア開発者がAndroidなどマルチプラットフォームに移るかが楽しみです。
   OS非依存の環境が進んでいますので、そちらの動き次第かと。

3.Nexus7 2012にLinuxを入れたい。
  せっかく使えるスペックのある端末なのにもったいない。
  Ubuntuコミュニティがサポート終了したので、非常に残念。
  最近のOSを紹介して欲しい。
  ⇒毎回必ず頂く定番のご意見になってます。
  Nexus7 2012は皆様持っているらしく、Linuxを入れたいとの。
  やっぱり端末のシェアを見ないと駄目ですね。
  マーケッティングリサーチ重要です。
  Nexus7 2013はサポートされていますが買わなかった人多数。
  僕がこういうARMの事をやっているのをご存知で、
  わざわざOSCまで来て頂いて、ブースで声を掛けて頂くというのは
  Ubuntuコミュニティの後追いで白い目を見られると残念だなー、
  と思っていたのですが、これだけ要望が大きいなら
  Ubuntuもサポート機種選定を見誤ったかもしれませんね。
  Ubuntuがやらないなら僕の方でそのうちメイン45分のネタをやります。  

4.マニアックな輸入端末が多いですね。見たことがありません。
  意図して展示しているのですか?
  ⇒ある程度は意図しています。実験や展示を目的として購入もしています。
  僕らは自分の成果物をモノで表現するのが難しいので、
  興味を持ってもらい、知って頂く触って頂く事が難しいのです。
  ここがMakerフェアと一番の違いです。
  NetwalkerやRaspberryPiが置いてあっても別に珍しくありません。
動機づけと言いますか、一目で違いがわかるマニアックな展示を目指していますw

5.LibreOfficeでARMをテスト不足しているのですが。
 ⇒当方ではLibreOfficeは殆どARMしか使っていません。
 ARM版でそれ程大きな不具合がないので気にしていませんでしたが・・・
 たまには大規模コンパイルしてテストしてみます。

6.無敵CD-928ってこれですか?どんな端末なのですか?
 ⇒今回初公開の台湾Android電子辞書です。
  世界的に見ても結構珍しい端末ですよね。

7.RaspberryPiのブートローダー解析しませんか?
  意外とそこらへん調べている人が少なくて穴場です。
  ⇒RaspberryPi関連はネタにされすぎて、後発なので
   まあ敢えてやらなくても良いかな?と思っていました。
   ブートローダーで45分やるのはキツイですが、そのうちLTあたりでネタにしてみます。

8.Androidのコンパイルや独自ビルドを行っているコミュニティが日本にない
  誰かコミュニティレベルで運用して欲しい
  ⇒確か日本Androidの会さんがかなり活発的に動いていたかと。
   独自ビルドの供給までは至っていませんが。
   結構解析が盛んです。
   僕もまずHPとプレゼン資料を見てみます。

Netwalker実験所 カーネル/VM night! LT講演資料 正式版公開 #kernelvm

2/14(土)20:45〜にカーネル/VM night!に
ARM Linux関連でChromebook Ubuntuなどを
モチーフとしてLT講演致します。
15分の時間的にも限界なので、この資料を正式版として公開します。
Kernel/VM探検隊の公式HPはこちらです。

カーネル/VM探検隊
 カーネル/VM night!

OSC東京45分バージョンではもっと作り込みますので
そちらの方を見て頂ければと思います。
ご容赦願います。

下記の点にご注意願います。
是非不具合点とご意見を
お教え頂きたく何卒宜しくお願い申し上げます。

 Netwalker kernelvm2015night.pdf

1、Kernel/VMのLT用として15分バージョンを作成しました。
  時間の関係上で、全体像と概要の抜粋のみです。
  OSC浜名湖と比べコアな情報を組み替えました。
  これ以上はネタの積み上げは15分では無理と判断しました。
  また不足分と会場でのご意見はOSC東京などで反映させて下さい。

2、資料に誤りや公開上問題がありましたら修正しますので
  ブログまで是非ご連絡頂けましたら大変助かります。

3、内容はx86に関係する内容とARM全般の内容が混在しています。
  もちろんChromebook全体像の為、動作しない内容もあります。ご容赦願います。
  (主にブートローダー他。)

4、Chromebookは日々進歩していますので、
  情報の食い違いが出てくるかもしれません。
  直しますので是非教えて下さいな。

2015年02月08日

Netwalker実験所 OSC2015東京Spring 講演資料 β2版公開 #osc15tk

2/28にOSC東京SpringにARM Linux関連でChromebook Ubuntuなどを
モチーフとして出展、講演致します。
現時点で出来た部分までで一応β2版として公開致します。
おおよその内容を纏めました。
ページ数が少ないのでもう少しだけ修正する予定です。
OSC東京Springの公式HPはこちらです。

 [東京] オープンソースカンファレンス2015 Tokyo Spring

マニアックなソース部分はまだ全然です。
もうちょっと作り込みますのでご容赦願います。
もし宜しければ是非ご指導宜しくお願い申し上げます。
_| ̄|○ お願いします

下記の点にご注意願います。
是非不具合点とご意見を
お教え頂きたく何卒宜しくお願い申し上げます。

 Netwalker osc tokyo2015spring beta.pdf

1、資料はまだ作成中で今後修正する可能性があります。
  ストーリー概要の整理の段階でネタ切れしてまして文字ばかりです。
  タイトル、内容等もまだ仮の段階で修正します。

2、資料に誤りや公開上問題がありましたら修正しますので
  ブログまで是非ご連絡頂けましたら大変助かります。

3、内容はx86に関係する内容とARM全般の内容が混在しています。
  もちろんChromebook全体像の為、動作しない内容もあります。ご容赦願います。
  (主にブートローダー他。)

2015年02月04日

Netwalker実験所 OSC2015浜名湖 講演資料 正式版公開 #osc15hm

2/11(火)14:15〜にOSC浜名湖に
ARM Linux関連でChromebook Ubuntuなどを
モチーフとしてLT講演致します。
15分の時間的にも限界なので、この資料を正式版として公開します。
OSC浜名湖の公式HPはこちらです。

OSC浜名湖2015

OSC東京45分バージョンではもっと作り込みますので
そちらの方を見て頂ければと思います。
ご容赦願います。

下記の点にご注意願います。
是非不具合点とご意見を
お教え頂きたく何卒宜しくお願い申し上げます。

 Netwalker osc hama2015.pdf

1、OSC浜名湖用として15分バージョンを作成しました。
  時間の関係上で、全体像と概要の抜粋のみです。
  比較的説明的な情報を組みました。
  これ以上はネタの積み上げは15分では無理と判断しました。
  また不足分と会場でのご意見はOSC東京などで反映させて下さい。

2、資料に誤りや公開上問題がありましたら修正しますので
  ブログまで是非ご連絡頂けましたら大変助かります。

3、内容はx86に関係する内容とARM全般の内容が混在しています。
  もちろんChromebook全体像の為、動作しない内容もあります。ご容赦願います。
  (主にブートローダー他。)

4、Chromebookは日々進歩していますので、
  情報の食い違いが出てくるかもしれません。
  直しますので是非教えて下さいな。

2015年01月26日

Netwalker実験所 OSC2015東京Spring 講演資料 β版公開 #osc15tk

2/28にOSC東京SpringにARM Linux関連でChromebook Ubuntuなどを
モチーフとして出展、講演致します。
今月末、来月初に余裕が無いので先行してクローズさせたいです。
現時点で出来た部分までで一応β版として公開致します。
まだ作り途中で完成に向けて今後も更新続けます。
雑な作りになり申し訳ありません。
OSC東京Springの公式HPはこちらです。

 [東京] オープンソースカンファレンス2015 Tokyo Spring

まだ完成度60%位です。
マニアックなソース部分はまだ全然です。
もっともっと作り込みますのでご容赦願います。

下記の点にご注意願います。
是非不具合点とご意見を
お教え頂きたく何卒宜しくお願い申し上げます。

 Netwalker osc tokyo2015spring beta.pdf

1、資料はまだ作成中で今後修正する可能性があります。
  ストーリー概要の整理の段階でネタ切れしてまして文字ばかりです。
  タイトル、内容等もまだ仮の段階で修正します。
  まだ作成途中のページは本資料では削除してあります。
  後日更新予定です。
  また不足分とご意見はOSC東京などで反映させて下さい。

2、資料に誤りや公開上問題がありましたら修正しますので
  ブログまで是非ご連絡頂けましたら大変助かります。

3、内容はx86に関係する内容とARM全般の内容が混在しています。
  もちろんChromebook全体像の為、動作しない内容もあります。ご容赦願います。
  (主にブートローダー他。)

4,ブートローダー他の情報はまだKapperが勉強不足で
  個別の対応までついてこれていません。
  ご質問を頂いてもご回答出来ませんのでご理解願います。

5、本文のフォントが小さくて読みにくい場合は
  お教え頂けましたら大変助かります。

2015年01月11日

香港OSCから登録と講演募集期間の延期のお知らせ

ファーストコンタクトです。
香港OSCからやっと返事がきました
と読んでみたら、募集期間を2/28まで延期するという。
大きな会場を確保しようとした割に集まりが悪かったかw
6か月後の計画を決めろというのもちょっと無理があったのかな。
想定範囲内ですかね。
special submissionって何かやるの?
とりあえず決まった事以外、謎なメールです。


Hi,

Thank you for submitting proposals to Hong Kong Open Source Conference 2015.

Previously we announced, due to venue availability, the conference is postponed to 26-27 June 2015 (Friday-Saturday), and confirmed venue is Charles K Kao Auditorium and conference halls at Hong Kong Science Park, Shatin.

Therefore, the program committee decided to extend the Call For Proposals period to the end of February (28 February 2015).

Program committee will begin to review submissions next week. We will notify you about the result of your submissions in early of March. Program committee will also process some special submission cases during CFP extension period.

HKOSC 2015 Website: http://2015.opensource.hk

For any enquiry about CFP and HKOSC, please feel freely to contact with us at conf2015@opensource.hk

2015年01月04日

海外オープンソース、Linux関連のイベントを調査してみた

海外のオープンソース、Linux関連のイベントをネットで調べてみました。
適当にググってみただけですw
国と数が多すぎるので適当な所で公開してみます。
イベント、参加資格の大小気にせず抽出中です。
日数が多いイベントは多分特別大きなイベントです。

 海外オープンソースイベント.xls 

国数多すぎるよ、イベント多すぎるよ、何のイベントか文字が読めないよw
適当に随時更新してデータベース的にしてみたら楽ですかね?
こんな事に興味あって時間割いている人あんまりいませんが。
分からない事だらけですが、ご意見あれば是非。

Netwalker実験所 OSC2015浜名湖 講演資料 β版公開 #osc15hm

2/18にOSC浜名湖にARM Linux関連でChromebook Ubuntuなどを
モチーフとして出展、講演致します。
今月末、来月初に余裕が無いので先行してクローズさせたいです。
現時点で出来た部分までで一応β版として公開致します。
まだ作り途中で完成に向けて今後も更新続けます。
雑な作りになり申し訳ありません。
OSC浜名湖の公式HPはこちらです。

 [浜名湖] オープンソースカンファレンス2015 Hamanako

15分という限定された時間なので残念ですがまだ内容が薄いです。
OSC東京45分バージョンではもっと作り込みますので
ご容赦願います。

下記の点にご注意願います。
是非不具合点とご意見を
お教え頂きたく何卒宜しくお願い申し上げます。

 Netwalker osc hama2015 beta.pdf

1、資料はまだ作成中で今後修正する可能性があります。
  ストーリー概要の整理の段階でネタ切れしてまして文字ばかりです。
  タイトル、内容等もまだ仮の段階で修正します。
  まだ作成途中のページは本資料では削除してあります。
  後日更新予定です。
  また不足分と会場でのご意見はOSC東京などで反映させて下さい。

2、資料に誤りや公開上問題がありましたら修正しますので
  ブログまで是非ご連絡頂けましたら大変助かります。

3、内容はx86に関係する内容とARM全般の内容が混在しています。
  もちろんChromebook全体像の為、動作しない内容もあります。ご容赦願います。
  (主にブートローダー他。)

4,ブートローダー他の情報はまだKapperが勉強不足で
  個別の対応までついてこれていません。
  ご質問を頂いてもご回答出来ませんのでご理解願います。

5、本文のフォントが小さくて読みにくい場合は
  お教え頂けましたら大変助かります。

2014年12月23日

Netwalker実験所 東海道らぐLT 2014年12月 講演資料 β版公開 #東海道らぐ

12/27に東海道らぐにARM Linux関連でライトニングトーク致します。
次のネタ資料作成が間に合わないのでブログで適当に書いている
最近の事 2014年12月バージョンを適当にPPTにしてみました。
現時点で出来た部分までで一応β版として公開致します。
まだ作り途中です。
雑な作りになり申し訳ありません。

下記の点にご注意願います。
是非不具合点とご意見を
お教え頂きたく何卒宜しくお願い申し上げます。

 Netwalker toukaidoLT 201412.pdf

1、資料はまだ作成中で今後修正する可能性があります。
  ざっくり作ったので、適当です。

2、資料に誤りや公開上問題がありましたら修正しますので
  ブログまで是非ご連絡頂けましたら大変助かります。

2014年11月17日

KOF2014 出展者側の感想と反省 #kof2014

少し時間が経ってしまいましたがKOF2014のプチ反省会をします。


○KOF2014とは
関西オープンフォーラムで2002年以降かなり続いています。
関西圏は力があって良いですね。
中部圏は負けまくりです。羨ましいです。


○KOF出展までの段取り
Web経由で申請してそのまま通ればOK。
でスケジュールが決まりWebで発表。
そのまま当日と言った流れです。
調整とかありません。急に更新されるので注意が必要です。






○KOFの良いとこ悪いとこ

良い所
1.独自イベント性の高さ
 公式HPからは伝わってこないかもしれませんが
 かなり独自性の高いイベントを実施しています。
 そこがKOFの魅力の一つです。
 ミニCTF、オープンハードカンファレンス、ジュンク堂企画
 特にミニCTF大人気でした。

2.セミナールームがテーマ毎に統一
 おおよそのテーマがショーケース2などで統一されていて
 ジャンル毎で被らない様になっている。
 ブース出展者と講演者にはキツイスケジュールですがw

3.会場スタッフの多さ、誘導や管理がしっかりしている

4.ATCの環境の良さ
 文字通りショッピングモールなので何でもあります。
 コンビニ、飲食店、喫茶店、ダイソーなど。困る事はありません。
 交通も地下鉄経由なので混雑しますが問題なし。

○会場での状況、配布資料
紙ベースで配布した資料は、こんな感じでした。
一緒にPDFファイルもリンク置いときます。

・東海道らぐLT Android 4.x CyanobenModの移植方法を調査してみた:40部
 Netwalker kofLT 2014.pdf
 ⇒WebでのPDFのダウンロード数がとっても少ない残念な東海道らぐLT資料
  ですが紙面を見て持っていく人多数。驚きました。
  Androidのハックネタは人気があります。
・Androidクラウドブック DynabookAZでLinuxを色々と遊んでみよう:30部
 ⇒今回もマニアック過ぎるメイン。
  その時の講演テーマは持って行って頂ける人そこそこいます。
  しかし手に取っても結局持って行って頂けない方々はそれより多かったです。
  内容はOSC東京とほぼ同じです。東海道らぐLT資料作成で力尽きました。
  14.04がサポートアウトになった時、中古沢山出たんですが今はまた入手困難。
  最近殆ど見かけなくなりましたがネット通販で偶然予備機入手。
 Netwalker kof 2014.pdf
・NetwalkerとARM Linuxカスタマイズ情報:15部
 OSC京都の時の資料です。
 古い資料はあまり持って行ってもらえません。
 他の資料と一緒に持っていく人が多かったです。
 Netwalker使いはもう少ないですかね?
 最近またNetwalkerの中古入手難しくなってますが。店舗で見ません。
 Netwalker osc kyoto2014.pdf
 

○来場者とご討議
ざっくりと纏めてみました。
これだけコアなモバイルなお話が出来るのもうちだけですw
意外に無敵CD-920知っている人多かったです。今回一番人気でした。
日本未発売ですけど。

・ZaurusとNetwalkerはどちらが使いやすいですか?(Netwalker実験所だから)
 ⇒究極の質問ですね。
  Netwalkerのキーボードを抜きにすれば、
  表示:Netwalker 画面、解像度が大きいです。
  持ち運び:Zaurus ポケットの中に十分入りますね。
  キーボード:Zaurus 残念ながら。
            通勤電車などで立ちながら使うときはZaurus。
            机の上に置くならNetwalker。でもモバイル優先。
            どちらも小説書いたり長文書くのは難しい。
  マウス:Netwalker 賛否両論ですが、個人的にはNetwalker使いやすいです。
  十字キー:Zaurus ゲームとかUI操作する時は十字キー使いやすいです。
           用途が大きく広がります。
           ジョグダイヤルとかも使い勝手良いです。
  電池:交換式のZaurus、PC-T1 電源5Vはとっても素晴らしいです。 
  電源ケーブル:Zaurus Netwalkerは電圧の関係上、汎用コネクタを使いたくなかった
          のは分かりますが良く折れます。苦情多数。
  希少性:Zaurus 小型の機種は希少性が高いので重宝されます。
          小さいだけでもステータスです。

総合的にZaurusでしょうね。同じスペックでも売上はZaurusの方が上でしょう。
タブレットと差別化するならコンパクトで凝縮していないと優位性が。
台湾Android電子手帳みたいにうまく消費者のニーズをつかんで
高額機種でも差別化して生き残って欲しいです。

・Nexus7に入れるLinuxディストリは何が良いですか?
 Ubuntuデスクトップがサポートされなくなってしまいました。
 ⇒お勧めできるもの実はあまり無いです。
  chroot環境でDebianとか使うのをまずお勧めします。
  UbuntuTouchも良いんですけど、デスクトップじゃないし・・・

・Nexus7のUbuntuディスプレイドライバって今どうなってますか?
 以前は2012のタッチパネルとか非常に不安定でしたよね。
 ⇒Kernelのバグでした。
  確かUbuntuTouchに切り替わった後に14.04のKernelで改善されたのですが、
  2012ではUbuntuTouchサポートアウトなので使えませんでした。
  残念です。

・N900のOS乗せかえしていないのですか?
 ⇒実はまだ標準のMaemoのままです。
  レビューしたい機種が多すぎて手が届いていないです。
  KubuntuやMeego入れてみたいんですけど。そのうち。

・台湾Android電子手帳面白いです。小さいのにDebian動くと良いです。
 ⇒台湾Android電子手帳は完全なAndroidです。
  日本のDayfilerやBrainみたいな規制の多い端末と違って
  遊び心いっぱい、改造したい放題です。
  差別化の方策としてAndroidを採用し、出来るだけ制限をなくす方向で
  進化したのは日本と真逆の発想です。だから生き残ったのでしょうか。
  また台湾国内限定せずにワールドワイドで売れる設計になっているんです。
  日本語、英語、中国語、ハングルと地域限定していないのが台湾製品の凄さ。
  またDebian Norootが動くと超小型280gクラムシェルDebianです。
  欲しいんですよ、キーボード付いたDebianが。
  そういうのが。

・OpenPandora初めてみました。面白い設計しています。(多数)
 ニュースで聞いた事あるけど実物初めてみました。
 ⇒ここでもOpenPandora大人気です。
  実際使っている、って人殆ど見かけません。是非触ってみて下さい。
  既に何回も展示していますが初めて触った方多数です。
  DragonBoxPynaも出たら欲しいです。真面目にレビューしたいです。
  いつ出るかまだリリースされていませんが。

・DynabookAZって面白い時期に出ましたよね。改造できる良い機種でした。
 ギリギリUbuntuがまともに動いた最後のARM機種ですよね。
 ⇒わかる人にはわかるこのAZの良さ。
  やはりわかる人の集まるKOF。
  当時持ってなかった人には今だと伝わりませんが、
  思いのままにUbuntuが遊べました。
  実はARM Ubuntuがまともに動いたモバイル機ってそんなになかったりします。
  Nexus7もディスプレイドライバが大変な時期がありました。

・DynbookAZのUbuntu14.04ってどうなんですか。ちゃんと動きますか?
 ⇒問題多数です。
  今回のメイン講演内容です。
  やはりKernelメンテナンスさんの力は絶大です。
  過去の機種なのでLTSで長期サポートしたくなかったんでしょうね。
  残念。

・DynbookAZの講演内容マニアックすぎませんか?
 AZユーザーなら非常に良く分かりますが、非ユーザーには無理でしょう。
 ⇒とっても厳しかったです。
  やっぱりDynabookAZでUbuntuユーザーはレベルが高いです。
  今のAZユーザーはこの内容にもついてこれる人が結構います。
  反省します。

・SurfaceにUbuntu動かして使ってます。セキュアブート対応です。
 RTではないですが。
 ⇒RTでなくてもUbuntuがフルで動くので欲しいです。
  RT改造できれば良かったのですが残念です。

・ChromeBookってどうやって使うんですか?
 ⇒chrootでUbuntu乗せてます。便利です。
  ブラウザやFlash使うときはChromeOS。
  アプリやOffice使うときはUbuntuに瞬時切り替え。
  安くて速くて軽いウルトラブック。
  Androidのアプリもそのうち動きます。

・Debian Norootと言えばMikutter勢が盛り上がってますね
 ⇒僕もDebian Noroot好きです。
  開発したアプリがAndroidでも動くのは非常に良い事です。
  是非使ってみましょう。

2014年11月03日

Netwalker実験所 KOF2014 東海道らぐLT講演資料 完成版公開 #KOF2014

11/8にKOF2014にARM Linux関連でDynabookAZ Ubuntuなどを
モチーフとして出展、講演致します。
そのついでですが東海道らぐのLTで数分間トークする予定です。
現時点で出来た部分まででネタ的に一応完成版として公開致します。
Android機にCyanobenModを移植方法を翻訳した、というネタを行います。
ちなみに講演会場は14:00〜14:50 ショーケース2です。
時間と場所よろしくお願い致します。

下記の点にご注意願います。
是非不具合点とご意見をお教え頂きたく何卒宜しくお願い申し上げます。

 Netwalker kofLT 2014.pdf





1、一応完成版として公開します。
  ざっくりですが今回はここまでにします。
  詳しい事はブースなり東海道らぐLTでお願いしますが、
  翻訳ネタなのでテストしてません(汗
  資料に誤りや公開上問題がありましたら修正しますので
  ブログまで是非ご連絡頂けましたら大変助かります。

2、Netwalker実験所の本来のセミナー
  DynabookAZ移植ネタも宜しく。そちらが本テーマです。
  11/8 17:00〜17:50 ショーケース2です。

3、ARMマニアなのでよろしく!

2014年10月22日

オープンソースカンファレンス2014東京Fall 出展者側の感想と反省 #osc14tk

先週のOSC2014東京お疲れ様でした。
盛り上がりました。今回も大変楽しかったです。
来訪者、出展者、事務方全ての人に大変感謝致します。
今回OSC東京に初出展した感想をコメントします。
反省と今後どうするかを一旦整理したいと思います。

○オープンソースカンファレンス2014東京
細かい出展の準備はOSC浜名湖の時に書きましたので割愛します。
今回は土日開催で二日間参加しました。
講演内容の資料はこちらに置いてあります。

 Netwalker実験所 OSC2014東京Fall 講演資料 完成版公開 #osc14tk



○OSC東京の出展者側から見た感想
OSC東京の長所と短所を並べてみます。

・長所
 1.全てがOSC最大規模であること。
   来訪者から会場、セミナー数やコミュニティ数まで。
   有名なコミュニティが多数参加されていました。
   18切符のシーズンならもっと来る方が増えるかもしれませんw
   高校生や大学生の方々にも沢山参加して欲しいですよね。

 2.明星大学という大規模な校舎をお借り出来ている。
   とてつもなく大きくて充実した設備。
   とっても太っ腹ですよね。

 3.土日の休日二日間開催であること。
   自由に参加でき、好きな日程で見学できる。

 4.Ustreamで一部セミナーをWeb発信でした事。
   当日来れない人にも最新のクラウド技術を見る事が出来たはず。
   勿論、後日でも見返す事ができる。

 5.セミナーがテーマ毎に分散されており好きな所に見に行ける
   重複しにくい日程。

 6.ブースツアーを有志でも募り、多数の方々に何回も紹介できたこと。
   今回OSCに来訪される方々のある程度は2〜3年後には出展する側に回ります。
   現在は下見に来ている段階です。
   僕もそうでした。

 7.このはとかAzureとか沢山のキャラクターを入口とか色々な場所に飾ってあった事。
   企業の宣伝にもなりますし、沢山の写真ツィートありました。


・欠点
 1.ブースが二部屋あり、同一テーマが各部屋バラバラに展示
   隣の部屋がどうなっているか、全く分からない。(時々見に行けるとしても)
   視界に入る範囲でないと何がどうなっているか、難しい。
   せめて同一テーマだけでも、と。

 2.ディストリ系のブースなど多数来客やメンバーが予想される所も
   机半分でスペースが無かった事。
   コミュニティの人すら集まる事が出来ない。大変だなぁと。

 3.ライトニングトークの枠が少なすぎる
   ここは最大規模の東京なんですよね。
   45分講演するのって中身や集客力などでとっても勇気がいります。
   5〜10分程度のライトニングトーク枠をもっともっと沢山用意しては如何でしょうか。
   発表の間口を広くして沢山のテーマに参加して頂く。
   そして関係者やユーザー含め周囲の沢山の人を巻き込んで集めて頂く。
   実はディストリビュータや開発者でも45分の単独講演は極力避けている様子です。
   例えば初参加で45分って余程くそ度胸がないとありえない。
   
 4.日曜日に自動販売機が売り切れになり、
   午後には飲食物を全て入手出来なくなった事。辛いです。
   飲食、自動販売機の校内マップなどを掲示したらどうか?

 5.企業ブースも長机一つでコミュニティと比較して殆ど優遇されていない。
   机で場所を定義、指定するのではなく、スペースで区切ったらどうか?
   スペースを自由に使う配慮を企業優遇策として提案しては如何か。
   例えば商談用ミニブースを提供します、とか。
   他の展示会みたいに企業向け説明会を開いては如何でしょうか?
   条件次第では展示したい大小の企業はお聞きしている限りでも他にもあります。

 6.大学関係者の発表が限定的
   やはり論文数や発表件数にカウントされない為ですかね?
   先生方の査定の都合上、致し方ありません。
   〜学会と協賛?〜の会と共同開催?みたいな事を出来たら良いですが。

 7.海外の方々が最大規模の東京ですら殆どいない
   日本人は何人か海外でも講演されている方々もいます。
   OSC HKとか台湾COSCUP2014とかにOSC東京の出展案内を出しては如何でしょうか?
   会場にパンフレットを1枚置いておいてもらうだけでも十分だと思う。
   英語版HPがあればなお良いですが。
   台湾COSCUP2014のHPでは言語識別表示まであります。

 8.スケジュールの都合上、過労で体を壊す人が出てくる?
   前日までの準備、移動を加えると
   二日間フルタイムは結構キツイです。
   徹夜組は過労ダウン確定かとw
   こればっかりは何か良い知恵があると良いですが。


本当に自分勝手な意見で申し訳ありません。
自分とは関係ないですが、企業の宣伝広告の枠も広がって欲しいです。
後、懇親会での泡盛大変おいしかったです。
龍神も最高でした。
宮原様と有志の方々のご提供感謝致します。
色々と申し訳ないです。

○個人的なご提案

1.パンフレットのみ展示、紹介
  NetBSDユーザーグループさんの所などで沢山のコミュニティーのシールなどが
  集まって配布されていました。これをヒントに
  当日来れない、遠方のコミュニティも通路などに置いてご紹介すると言った形です。
  これはどちらかと言うと来訪者の方々へのサービスになるかと。
  また企業紹介であれば宣伝広告枠の拡大に?、なると良いんですけど。
  希望があればポスター枠や旗やノボリでも良いかもしれません。
  
○展示の際の貴重なご意見
OSC京都の際に書き忘れたのでそちらも追加します。

1.OSC東京
  ・SailfishOSの開発者なんですけどN900のブートプロセスを教えて欲しい
  ⇒いきなり凄い人です。
   ブートローダはU-Bootには変わりはないと思いますが。
   今回の講演でもAZの内容で色々と報告してます。
   参考サイトDebian on N900

  ・最近Netwalker関連の実験ブログの更新止まってませんか?
   更新して下さい。
  ⇒済みません。OSC対応優先で実験ネタ全体の更新が遅れてます。
   色々やりたいネタがたまってきたのですが少しづつ更新考えます。

  ・NetwalkerのKernelのアップデートをして欲しい。
   ディストリが古くなって使えない。
   ⇒申し訳ありませんがスキルが足りないので長期課題です。
    宜しければNetBSDを使ってみては如何でしょうか。
    僕は*BSDもLinuxも大好きです。
    個人的には将来的にみてLinux Kernelに拘りすぎなくても良いかなぁと。

  ・Netwalkerの外観がGnomeのままですね。改造していないのですか?
   ⇒実はpkgsrcで最新版Mikutterを動かしています。
    9.04で普通にやろうとすると大変です。でも誰も気づいてもらえない・・・
    OSC京都の際にicewm+XP GUIにしたのですが興味を持って貰えませんでした(涙)
    やはり外観は変えた方が良いですかね?
 
  ・DynabookAZが何故こんなに世界的にHackされたのですか?
   競合他社製品と比べて何が違ったのでしょうか?
   ⇒特殊な時代背景がありました。
    DynabookAZが発売されたのは2010年8月で初代iPadと同世代。
    RaspberryPiが発売された2012年2月よりもずっと前です。
    当時はHack出来るほかの機種がありませんでした。
    NetwalkerやN900が発売された2009年はARMのスペックが遅すぎてもっさり
    次の世代としてUbunutのスペックに間に合ったHack出来る貴重な機種でした。
    海外向けで発売されたのとUbuntuの開発モデルに採用されたのが違いです。
    他社製より非常に愛されました。

   ・OpenPandoraが面白い設計です。興味があります。
    ⇒こいつの特殊なモバイル設計は大変人気ありますよね。
    良く考えられています。
    ARMに興味を持ってもらうとしては最適です。

   ・Jetson TK-1が面白い。ベンチマークが速いです。
    ⇒今回触れる様に周辺機種を一式用意しました。
     dmesgとかベンチマークとかついでに見て欲しかったです。
     次はARMv8世代の入手を狙ってますw

   ・OpenCLの開発やってますがJetson TK-1の3D性能どれくらいですか?
    ⇒まだ測ってません。Xの調子が悪いので表示が。

   ・展示の写真をブログに掲載しました
    ⇒ご紹介頂き誠にありがとうございますー。
     でも検索エンジンで見つかりません(涙)
     アドレスを聞いておけば良かった・・・

2.OSC京都
  
  ・Netwalkerって非常に遅いですよね。改造して下さい。
   ⇒でもKernel以外はやり尽くした感が出てきました。
    ⇒動画再生が遅いです。何とかして下さい
     ⇒Σ(´∀`||;)ドキッ!!
      1Mbbsで変換すれば大丈夫ですよ。
      動画関連色々やりましたけど難しいんですよ、本当に。

  ・Jetson TK-1を動かしてみたいです。
   ⇒京都は入荷したばかりでしたが今回は一式用意しました。

  ・ブログ見てますが何故Galapagosの改造しないのですか?
   既存のOSネタの焼き増しですか?
   ⇒Galapagosが出た時はNetwalker改造全盛期の時代でした。
    ブートローダ関連めちゃくちゃ難しいんですよー。
    今回のAZの改造ネタを参考にしてみて下さい。

  ・ドライバを自分で書かないのですか?
   *BSDなど他のOSを移植しませんか?
   ⇒申し訳ありませんが今はまだドライバ書ける知識がありません。
    長期課題で現在勉強中です。今しばらく勉強する時間を下さい。

  ・AZのUbuntu14.04が調子悪いんですけどもう使えないんでしょうか。
   ⇒サポート終了したので色々と難しいです。
    メインラインKernelを入れなおして継続させるしかなさそう。

  ・

2014年10月16日

Netwalker実験所 OSC2014東京Fall 講演資料 完成版公開 #osc14tk

10/19にOSC東京2014にARM Linux関連でDynabookAZ Ubuntuなどを
モチーフとして出展、講演致します。
現時点で出来た部分まででネタ的に一応完成版として公開致します。
Android機にLinuxディストリを移植するというネタを行います。
ちなみに講演会場が3F 304室に変更になったそうです。
時間と場所よろしくお願い致します。

下記の点にご注意願います。
是非不具合点とご意見をお教え頂きたく何卒宜しくお願い申し上げます。

 Netwalker osc Tokyo2014.pdf





1、一応完成版として公開します。
  あれこれやりたい事がありましたが今回はここまでにします。
  講演時間は最終日の最後の時間になりますので時間が残っていません。
  誠に申し訳ありませんが質疑応答は可能な限りブースで事前にお願いいたします。
  資料に誤りや公開上問題がありましたら修正しますので
  ブログまで是非ご連絡頂けましたら大変助かります。

3、内容はDynabookAZに関係する内容とARM全般の内容が混在しています。
  もちろんARM Linux全体像の為、動作しない内容もあります。ご容赦願います。
  (主にUnlockやブートローダー他。)

4,他のAndroid機種関連、FirefoxOSなど他のOS関連、
  ブートローダー他の情報はまだKapperが勉強不足で
  個別の対応までついてこれていません。
  残念ですがご質問を頂いてもご回答出来ませんのでご理解願います。

2014年09月23日

OSC資料作成対応 B5対応高速プリンター PX-S840 購入しました #osc14tk

OSC向け配布資料を印刷する際にとても大変なので
新型プリンターを購入しました。
EPSONのビジネスインクジェット、PX-S840です。
B5普通紙まとめ買いを加えてトータルランニングコスト1/3前後にもできそうです。


正直プリンターなんて何を買ったら良いのか浦島太郎でサッパリわかりません。
高速でランニングコストの安そうなレーザプリンターを、と探していましたが
B5自動印刷タイプが殆どありません。本体高いしランニングコストも結構します。
B5は面積の小ささとコストもあるんですけど、軽いので。A4の重さと場所は運搬キツイです。
まあA5でも良いんですけど。
速度とコストとB5印刷出来るもの希望だったのですが、
今使ってるMP480のスペックがこんなものです。

・印刷コスト
 カラー;12.8円
 モノクロ:推定3.8円
・印刷スピード
 カラー;4.5ipm
 モノクロ;6.5ipm
・両面印刷、手差し

速度は遅いですしランニングコストは当時そこそこです。
手差しのみなので大量印刷は最初から対象外です。
インクが切れたり詰まったり手差し入れ替えするので夜寝られません。
前日まで徹夜で資料を作って、不眠不休でOSCに丸一日張り付くのがとても辛いんです。
懇親会では体力の限界です。
まあ僕もこれを買った際にそこまで要求してません。年賀状程度です。
スキャナとかコピー出来る複合型ですし。

○質問内容と機種選別
2chの専門家に質問してみました。ありがとうございます。
質問テンプレはこんな感じです。

1.予算(相場がわからない場合は大体でOK)
 [ 〜4万    ]円
2.タイプ
 A4単体
3.デジカメ写真印刷形態(A4複合、L判/はがき専用を選んだ場合のみ)
 しない 
印刷するもの(複数回答可)
 モノクロ文書
5.スキャンするもの(A4複合を選んだ人のみ・複数回答可)

6.使用頻度
 [ 500 ]枚/月  利用間隔 [最大 30 日]
7.重視するポイント(3つまで優先順に並べる。但し両立しにくい機能もある。ない項目は足す)
 B5自動両面印刷
 文書の印刷コスト
 印刷速度 

8.使用するPCのOS
 [ Windows7    ]
9.買換えの場合は今使っているプリンタの機種名
 [  MP480     ]
10.購入目的(プリンタで何をしたいか。印刷するものでイラスト・その他を選んだ人は目的を詳細記入)
 メインは文章印刷。PPTファイルのセミナー資料。
 B5で自動両面印刷。

11.希望・要望欄(自由記入。欲しい機能や現在の機種への不満、検討中の機種等具体的に。)
 セミナー用に配布印刷するB5の資料を500枚/回程、高速に印刷したいです。
 今のは手差しのインクジェットなので非常に遅くて辛いです。
 自動両面印刷希望です。

・回答内容

とにかく速度を、となるとまずはレーザーが候補に挙がるが、
その予算でカラーだと、インクジェットと大差ない速度の機種しか買えない。

次に候補に上がるのがビジネスインクジェット。約3万のEPSON PX-S840が良い。
中位クラス以上のレーザーと遜色ない速度、顔料インクで高画質高耐水、
B5自動両面対応で、カラーのランニングコストもレーザーよりはるかに安い。

○PX-S840スペック

・印刷コスト
 カラー;6.1円
 モノクロ;1.8円
・印刷スピード
 カラー;20ipm
 モノクロ;20ipm
・両面印刷 カートリッジ式自動印刷

速度三倍、コスト1/3、大型インクとB5自動印刷可能なので
セットしておけば後は放置して寝れますね。
シャア専用で赤く塗っておけば良いですかね?
こういうの欲しかったです。
にしてもこちらの希望をギリギリレベルでさっと教えてくれるのは
流石2chの専門家です。
CANONも新型を出すそうなので、そちらも検討しても良いです。
リサイクルインクを購入すればもっと安くなるかもしれませんが、各自の判断で。

後は折り曲げて、ホッチキスを止める製本作業が楽になると嬉しいです。
流石に自動折り曲げ機を買うのは気が引けます (^_^;)
もう気分はすっかり同人誌サークルですw

○推定総コスト
1回のOSCに配布する資料はB5;500枚程度あればちょうどいい感じです。
MP480の場合

・MP480
普通紙:300円
インク代;2200円
   ↓
・PX-S840
普通紙:300円
インク代:700円

B5普通紙も500枚単位で買うとそれなりですが、
5000枚(10冊単位)単位で買えば送料込みでそれなりに安くなります。
5000枚なんてOSC配布しなきゃ絶対いらないなw
一生使い切れないでしょうしw
余裕のあるうちに早めに発注しておきます。

Forestway/コピーペーパーDA B5 500枚*10冊/FRW697360
価格 2,006円 (税込) 送料込
http://item.rakuten.co.jp/cocodecow/740137/

2014年09月21日

OSC用のTwitter顔入り名札作ってみた #osc14tk

OSCで出展、もしくは来訪する際に色々とお話しする機会があるのですが
ネットではSNSとかで良く会話していても
友人、知人で無ければ直接の面識がないので
誰か分からない、何を話して良いか分からない
といった課題もあります。

以前Twitterでつついさんが提案されていましたが、
Ejectのあひるさんの様にTwitter顔入り名刺があると良いな、と思います。
実は口頭でお話が出来るのが数分程度なので、
 相手が何に興味あるのか、相手がどんなスキルがあるのか
 相手がどんなハード環境を使っているか、などなど
が分からないうちに時間が過ぎてしまいます。
大変勿体ないです。
実はとてつもない位詳しい人だったりして。本題に入れない。

そこでTwitter顔入り名札を作ってOSC広島に行ってみました。
通り過ぎる人は皆名札を必ず見ていきます。視線で分かります。
何人かの人は気づいてすぐにSNS同様に会話が打ち解けます。
「あれどうなった?」とか「これどうなの?」とか
効果絶大でした。

○名札、名刺の作り方
フリーの名刺作成アプリを使っても問題ありません。
沢山あります。
ただ、所詮画像データなのでペイントあれば何でも作れます。
UbuntuとかならgLabelsがよさそうです。

 gLabels

・名刺サイズ:182.0×257.0mm
・配置:画像データ、名前、アカウント、所属情報その他
・両面に2枚貼り付け
・名刺入れは100円均一かどこかで入手

印刷する際には注意しましょう。
知らないうちに良く表裏ひっくり返るので
表裏両面2枚を名刺入れに入れて首から下げましょう。
そうすれば表裏気にしなくても良くなります。
OSCに来訪される方々は名札ご確認を是非お願いいたします。

2014年09月09日

Netwalker実験所 OSC2014東京Fall 講演資料 β版公開 #osc14tk

10/19にOSC名古屋にARM Linux関連でDynabookAZ Ubuntuなどを
モチーフとして出展、講演致します。
今月末、来月初に余裕が無いので先行してクローズさせたいです。
現時点で出来た部分までで一応β版として公開致します。
まだ作り途中で完成に向けて今後も更新続けます。
雑な作りになり申し訳ありません。

下記の点にご注意願います。
是非不具合点とご意見を
お教え頂きたく何卒宜しくお願い申し上げます。

 Netwalker osc Tokyo2014 beta.pdf

1、資料はまだ作成中で今後修正する可能性があります。
  ストーリー概要の整理の段階でネタ切れしてまして文字ばかりです。
  タイトル、内容等もまだ仮の段階で修正します。
  まだ作成途中のページは本資料では削除してあります。
  後日更新予定です。
  また不足分と会場でのご意見はKOF報告時などで反映させて下さい。

2、資料に誤りや公開上問題がありましたら修正しますので
  ブログまで是非ご連絡頂けましたら大変助かります。

3、内容はDynabookAZに関係する内容とARM全般の内容が混在しています。
  もちろんARM Linux全体像の為、動作しない内容もあります。ご容赦願います。
  (主にUnlockやブートローダー他。)

4,他のAndroid機種関連、FirefoxOSなど他のOS関連、
  ブートローダー他の情報はまだKapperが勉強不足で
  個別の対応までついてこれていません。
  ご質問を頂いてもご回答出来ませんのでご理解願います。

5、本文のフォントは20、24で一応統一しております。
  小さくて読みにくい場合はお教え頂けましたら大変助かります。
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ