にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2017年05月02日

最近の事 2017年5月 たまには違う雑談

こんばんは。
最近、休日も仕事の資料作りで気がめいっています。
あと1か月の我慢です。
GW進行中ですが仕事です。
まあ、たまには違った話題で愚痴ります。


●NetBSD on Intel Tablet
OSC名古屋2017に向けて最近やってます。
UEFIに対応していないので諦めて
LegacyBIOS機種にテスト中。
この世代はPowerVRなどでLiunxでも起動しなく苦戦。
まず旧型のUMPCでNetBSDしてみます。
やる事はておくれLiveイメージならUSB刺すだけですね。
ついでにGhostBSDもセットで試すつもり。

●Gentoo on Intel Tablet
実はGentooはGrub2がEFI-i386に標準で対応しているので優れものです。
USBを刺すだけで起動するのでArch系やRPM系と違って
良いですが、
「わーい、動いた。すごーい」とSNSに貼っても
周りにGentoo使いがいないので無反応・・・
寂しい・・・
やっぱり自分の近くにユーザーがいないと使わない法則ありそう・・・
寂しくなってきたので他のOS系に移ろうかしら・・・

●Fedora, OpenSuse, Manjaro on Intel Tablet
このディストリは大手で動作実績があるので
Grub2さえインストールすれば簡単です。
他は同じです。
最近ビルドするのも面倒なのでUbuntuを入れて、
マルチブートでGrub2のUbuntu自動設定を使いますw
Windowsや他のOSとセットで自動でセットUPしてくれますw
機種特有のドライバを除けば問題なさそうなので次のディストリに移るつもり。

●その他の候補
Android-x86系をちょっと見ています。
Kernelにパッチが当たっていてドライバ多いので特に問題なさそう。
FirefoxOSやSailfishOSはちょっとISOだけがない様子。


●Mainline Kernel Wifiトラブル
Kernel 4.10以降で無線LANがつながらないというトラブル多発。
原因良く分かっていませんが調査が必要。
せっかくの最新Kernelとディストリが使えません・・・

●Asus Tinker Board
Rockchip3288のやや高速ボードPC。
なかなか入手と移植が難しいと話題の機種。
アメリカのAmazon.comで買えます。
レビューを読むとどうやら3月末〜4月で
入荷して入手できる様になった様子。
是非買って試してみましょう。
僕も2台購入しました。
みんなで買えば怖くないさw

ASUS SBC Tinker board RK3288 SoC 1.8GHz Quad Core CPU, 600MHz Mali-T764 GPU, 2GB

●旧XP世代PCの使い方?
最近PCが家に大量に余っていますので使い方に困ることに。
旧世代のPCでLinuxディストリインストール作業の勉強してます。
流石に最新型に比べれば遅いかもしれませんが、困らない程度の速度。
問題なく使えてしまいます。
ManjaroとかNetBSDとか普通に動くや、なんて。
ドライバも動くし、アプリも問題ない。
ただメモリとHDDがちょっと難。
メモリはChromeとFirefoxが重量級になってしまったので食いすぎ。
非常に困った時代です。
今はVivaldiを入れてしのいでます。
ちょっと軽量で省メモリ。
この省メモリがありがたい。
Chromeはメモリある限り食いつぶすので4GB以下ではもう駄目。
ブラウザのメモリ問題はかなりストレスになっています。

●Vivaldi
という事で軽量、省メモリで重宝しています。
我が家のブラウザシェアはいつのまにかトップ。
メモリ問題が一番ネックです。
誰か省メモリでFlash、Html5が使えるブラウザご存じないですか?

●Anbox
AndroidコンテナのAnbox。
使い勝手は良いとは言えないですが、便利です。
調査はこれから。

●Linux暇つぶしゲーム
Ubuntuを使っていて用途が困るという人が多いので
僕の中ではシンプルゲームを遊んで気分転換するのが好きです。
用途に困ったらまずゲームをやってから考えるタイプですw

・2048-Gnome
 ⇒もう簡単に2048いける様になりましたw
・Gnome-Sudoku
 ⇒最近始めたSudoku。慣れるまで難しいです。
・SuperTux2
・将棋(Webゲーム)
 ⇒FlashやHtml5に対応したWebソフトが多いので困りません。
・DMMブックス、動画
 ⇒ストリーム再生ならFlashで動画も漫画も読めます。
・Kindle Cloud Reader
 ⇒保存型漫画ビュアー。小説がスマホじゃないと読めないのが難点
・艦これ
・Steam
 ⇒日本語ゲームは少ないけどLinux対応増えました。
  安いゲームを買って遊んでいます。
・DOSBox
 ⇒最近あまり使っていませんがゲームクライアントw
・FreeCiv
 ⇒面白いけど、時間がかかるのでたまにしか遊べません。


●Mastodon
あれから1か月経って落ち着いたかなというマストドン界隈
フォロワーさんが120人超えてしまいました・・・
いやまだそんなに経ってないです・・・恐ろしい。
Twitterなんて6年使って740フォロアーさんなのに。
書き込む度にローカルタイムラインと連合タイムラインで
見た人がフォローしてくれる流れ。
Twitterと違う人が集まるので面白いです。
SNSが増え続けると辛いですが・・・

●おーぷん2ch P2
ブラウザで読み書きできるP2のおかげもありおーぷん2chよく使ってます。
規制が少ないのが助かります。
特にUnix系OSを使うときなどはありがたいです。
ただ、人口が少なすぎるので相手がいないのが難点ですが・・・
是非おーぷん2chに来ませんか?

●アンテナが削除されてしまった・・・
色々とアンテナを作っていたのですが、
満足してログインせず更新を放置していたら消されてしまいました。
読むのは毎日見ていますが・・・
消されない個人用のアンテナ探しています。
コアな内容はやっぱり自分で作らないと・・・

●MIXI
最近MIXIに出没します。
おーぷん2chの掲示板と書き込み頻度が同じレベルですw
初心者の方も多いので、違った話題したいときに書き込みます。
意外と返信多いです。
Linux関係です。

posted by kapper at 20:57 | Comment(0) | 近況

2017年04月14日

最近の事 2017年4月 困った爆弾イベントフラグ発生w 

いやあ、大変な爆弾イベントが発生しました。
どうしよう。
そんなこんなを愚痴にします。

●弊社 TPM活動世界大会の発表!?
僕の知らないうちにTPM世界大会にエントリーされていて
発表内容と発表者が決められているというヲチw
これパワハラですよね・・・
急に親分に呼びつけられて、発表しろと。
で、おかしいと思って転送してもらったメールを見てみると、
どうやら3月末に既に鶴の一声で決まっていた様子。聞いていないよ!
先週はいつもの月次会議の資料作りで一杯で本当に余裕がなかった。
うぁ、完全に嵌められた。

自分の胸に手をあてて、何か悪いことをしたのか考えてみる。
頑張って成果出しましたよ!?
3月は問題多発で崩壊しましたが(ぉぃ

で、5月末までにプレゼン資料を作らないといけない。
もちろん、事前レビューが必要なので5月上旬には完成させないと・・・
ダメじゃん。GWアウトw
もちろん、仕事がなくなる訳がないです。
つまり、仕事が2倍になるヲチ。
土日ですな・・・。TPMの宿命w
プライベートがっつり浸食したらOSS活動できないじゃない。
OSC名古屋終わった・・・
去年のOSC名古屋と京都で進捗が遅かったのはそれが理由です。
実は去年も発表していますが、完全に崩壊して同僚に迷惑をかけてしまいました。
ダブルヘッダーは絶対無理。
加えて4月末も5月末も月次会議あるし・・・酷くね?
本当にスマン。

という事でOSC名古屋を楽しみにしていましたが諦めますw
土日の勉強会も。
無理無理。
しかし当日は空いているので発表と展示程度ならできないことはないけどw
その代わりOSC東京から更新なしです・・・
くそぅ

●鹿児島らぐ
最近数か月人が集まらなくて開催されていない話でしたが
やばいな、と思って急遽鹿児島まで参加しにいきました。
みなさんの元気で仲の良さそうな雰囲気で一安心しました。
中々鹿児島へは簡単に行けないですが、
Jetstarのツアーなら新幹線で東京に行くのとそれ程違いは無かったりします。

●Ubuntu17.04リリース
やっと、待望のUbuntu17.04。
実はUEFI32bitのWindowsタブレットではISOレベルで16.10が調子悪くて映りません。
Ubuntu16.04からアップデートさせる必要がありました。
T100TAなどを除くと。
これがバグが多くてとても辛くて、はやくKernelがアップデートしたISOないかな、と。
ExtixLinuxとかの独自パッチをあてたISOで動作確認してますが。
Debianとかはファームウェアが別パッケージ扱いでインストール面倒。
GNU限定だと一部パッケージが別扱いでISOに含まれません罠。
Manjaroだと4.8と4.10がポイントリリースで
4.9LTSのISOがないから一部機種で困ったりしてました。
MainLineのKernelベースだと何が問題なのか良く分かっていません。

Ubuntuを使いたい理由は「Wubi for Ubuntu」です。
WubiがなかったらUbuntuから離れています。
Ubuntu以外のディストリでも完全loopback運用できる様に勉強しないと。

●GPD-WIN
GPD-WINではUbuntu16.10が4.9LTS Kernelで動いて実用レベル。
消すのが躊躇われますが、後でUbuntu17.04に移行します。
UEFI64bitマシンではそれほど問題は出ていません。
ガンガン使えます。
ちょっと画面が小さいですが・・・

そう言えばCherry-Trailの電源センサーのINT33FEがパッチ出ました。
次のKernelには採用されそうです。
ただし4.11RC6には入っていませんでした。4.12系列かな?
Cherry-Trailもやっと実用レベル。
すごいね・・・

●T100TA
最近のお気に入りマシンです。
500GBのHDD内蔵型のを1万円で買いました。
HDDはキーボードドッグの方にありますので分離すると使えませんw
もっぱらノートPCみたいに使っています。
Surfaceもそうですが、USBで給電できるので荷物が減ります。
CPUスペックは流石に旧式ですが、この古さが良いんです。
Linux4.4LTS Kernelに対応しているので、
Ubuntu、Debian、OpenSuseやMintも動きます。
ありがたい。

●Surface3
Cherry-Trailの安価モデルですが、Ubuntu17.04世代で
やっと普通に動く様になりました。
それ以前はManjaroLinuxを使っていました。
やっぱりKernelが安定しないと辛いです。
例のごとくバッテリーセンサーが動いていませんがKernel待ち
SurfaceってMSってイメージがありますけど、
タブレットとしては最高峰のハードの出来が良くて驚きます。
そりゃ売れますわな。
Linuxが動く様になれば、もっと良いハードになります。

●Windowsタブレット全般
苦戦中です。
Kernelが安定していません。
バージョンによってドライバが動かなかったり。キツイです。
一応Kernel4.9LTS系列なら動きますが、安定しません。

●PCゲーム
Kapperは古いPCゲームが大好きでよく買います。
何故か何故かというと、
1.Windowsで普通に遊ぶ
2.WineでLinux動作確認
3.ブログに書く
4.BochsやDOSBox、Qemuでエミュってベンチマークしてみる
5.AndroidやRaspberryPiで動かしてみる

と遊びの幅が広いためです。
正直ゲームがつまらなくても楽しめます(ぉぃ
最近は忙しくてあまりやっていませんが・・・

posted by kapper at 06:26 | Comment(0) | 近況

2017年04月04日

最近の事 2017年3月 最近の色々と

4月になってしまいましたが内容は3月末に書きましたw
今回も最近の事を愚痴ります。
なかなか疲れが溜まってブログを書く気力がでないっすね。
体を壊しちゃいました。
まあ気を持ち直してれっつごー。

●イベントラッシュ
最近多すぎますよね?
OSCとか勉強会とか。
プライベートの時間を食い尽くして、人生ちょっと辛い。
まあ楽しいんですけどつぼさんとか
他のコミュニティをいくつも掛け持ちしている人の
プライベート時間どうなのか、とふと気に悩んだりしています。
時間のバランスコントロールが完全に崩壊して来てますよね。
それって複雑。
体壊すし。
もう今が面白ければ良いという発想の年齢ではなかったり・・・
幸い仕事に響いてないのが救いです。
仕事に響いたらこの活動辞めます。マジで。
勉強会で仲間が増える事は大賛成。
特色は全然違ってたり

・東海道らぐ:1回/月
 ⇒基本Linuxだろうとなかろうとなんでもあり
  あひる主義なのであひると相性の悪い人には合わない
・姫路IT系勉強会:1回/月
 ⇒ほぼインフラのみ。
  インフラ実務経験者以外は参加するのが辛い
・伊勢IT系交流会:3ヶ月/回
 ⇒IoTや電子回路多い
・福井技術者の集い:3ヶ月/回
 ⇒学生さんの研究内容。懐かしくて斬新で面白い。
・鹿児島らぐ:1回/月
 ⇒Linux関係。遠方なので継続した参加は不可能
・OSC+KOF:大体2〜3ヶ月/回
・海外:今年は不参加

どう考えても無理だわ・・・
3ヶ月に1回位のペースでローテションがベスト。
新しいネタを作る余裕も無いし。時間を作らないと。
そもそも人の話を聞くのはテーマが違いすぎて面白くないし。
似たような事をやっている人がいないというか
Kapperがニッチ過ぎてあかん、というかw
まあそれは皆さんが勉強会で感じている事をKapperも思っている訳ですよ。
テーマの方向性の違いは致し方がない。
ネタをまとめる事が勉強会の目的と言いますか。
行くなら関西、北陸がいいなあと。

逆にイベント参加していない、
ネット仲間にはちょっと感覚的に違うかもしれませんが
同好の仲間がいるって楽しいですよ。
一緒にお酒飲みませんか?

●GPD-WIN
結構面白いおもちゃですが、大解像度的に画面が小さくて厳しいです。
ただし、WindowsとLinuxを兼用出来るので、
勉強会用マシンとしても面白い。
荷物を減らせるか・・・

実用性として何に使うか?
ゲームですかね。
通常のLinuxをモバイル出来るんで開発でも何でも。
Windows10も普通に使えますし。
Officeを使うか、と言われるとちょっと画面が狭い。
一通り遊んでみて何に使おうか、なんて。

●DELL Insprion14
DELLのローエンド14インチノートPC
Bay-Trail世代のDualCore
UEFIテストのお遊びで買ったつもりが意外と使えて作業用。
最初にUbuntu入れた時はかなりヤバかったけど
メモリ増やしたらなんとかなった罠。
メモリ消費量は最低4GB程度で、
ちょっと食い過ぎ。6GB以上はいるね。
Unityとブラウザが原因。
ブラウザの省メモリなんとかならんのかね?この時代。

●NetBSD7.1
まだPCには入れていませんが、NetBSDの最新版。
Flashplayer24に対応したとか。
Qemuに入れて遊んでいます。
ちゃんと対応していますね。

●Windowsタブレット全般
OSとKernelの検証が作業量増えて面倒になってきました。
でも、Ubuntu、Debian、Manjaro、OpenSuseと大体分かってきて
そろそろ他のディストリに手を出さないといけないですよね。
Mintっているかな?
簡単なOSからメジャーディストリを抑えて全OSに展開。
FedoraとGentooをそろそろ。
*BSD系はGhostBSDかな?母体はFreeBSDですけど。
端末もちょっとづつ増やしています(ぉぃ
でもやっぱりT100TAは検証用には便利。勿論実用もOK
Debianだけ何故かタッチパネルが使えんw
GUIはGnome Shellをテスト中。意外と不便w

●モバイル、SailfishOSとか
Nexus5を買ったは良いですが、まだ着手出来ていません。
そうね、色々と試したい事沢山あるんですがこれからこれから。

●OSC東京2017
いつもの事ですが、忙しすぎて気がついたら終わっていたという。
Debian勉強会とかNetBSDとか山下先生のセミナーとか
聞きたい内容沢山あるんですけどブースから離れられなくて時間的に難しい。
残念。


posted by kapper at 00:41 | Comment(0) | 近況

2017年01月14日

最近の事 2017年1月 明けましておめでとうございます、など

大雪ですw
今更ですが、再び明けましておめでとうございます。
今月の愚痴をブログにします。


●Debianと中華Windowsタブレット
ARM系ではUbuntuを超える勢いのDebianですが、
Windowsタブレットではまだちょっと苦しいかなぁと。
KernelのバージョンがJessieでも3.16なのでちょっと古い。
ドライバとCPU暴走フリーズ周りがキツイっす。
Kernel4.8のTestingをあえて使っています。
CentOSも似たようなものですが・・・
インストーラーは公式対応してますが、ちょっと気合を入れて調査が必要です。

●GPD-WINとUbuntu
大体動くようになりましたよね。
実は最近液晶が壊れて表示しなくなったので、2台目発注着待ち。
第1OSをWindowsのままにしておけば外部USBモニタを使えたんですが・・・
UEFIの画面が表示されないのは困った。
残りはキーアサインとバッテリ表示のACPIでしょうか?
難しくないはずなんですけど、触っていないです。到着待ち。

●Cherry-Trail中華タブレットとUbuntu
苦戦しています。
ドライバが、発展途上なのでわかんない所沢山あります。
新しいハードウェアは難しいですよね・・・

●OSC浜名湖と東京
出展します。と言いますか東京は申請忘れでこれから出します。
単にど忘れです。
申請書早くだせと、怒られましたごめんなさいw
実はFOSSASIAがOSC東京と同じ日でしてこれ両方は無理だな・・・と。
金かかる上に金曜日なので移動含めるとかなり無理スケジュールなので
キツイのですが諦めます。
他の海外イベント調査必要ですね。

●勉強会、イベント多すぎ
最近イベント多すぎっすよ。オラ疲れた。
実は心が折れました。
仕事が大変で参加したくないっす。
正月も実は合計10時間ほど、会社の月次報告会の資料作っていました。
休み明け1/6に会社の月次報告会議。
自分のだけじゃなくて上司の報告資料も並行してつくらきゃ。
年末?レビューと修正含めると自分の時間なぞない。無理だ。
ああ、Linuxやってませんな・・・今年は残念。
ストレス発散がストレス溜まりすぎるという罠。
みんなお金の為にやっている訳ではないのに、多すぎません?
懇親会も禁酒してからとたんにマジ苦痛になってきましたw
お酒の力って大きいなぁと。
ブログを書くのもテストするのも勉強会に参加するのも気力次第。

と言いますか、ネットと違って勉強会では
自分と同じ活動をしている人はいないので、
参考にならないんです、実は。
それはお互いにそうであって、自分に都合の良い勉強会って難しいんですよ。
皆さんが感じている事は僕らも感じていて、
せめて発表する事が目的になっています。
聞くだけの人が面白くないのは僕らも全く同じなんですよね。
じゃあカテゴライズして同士だけ集めれば?というのも難しい。
それはネット上では可能な話です。
で、結局懇親会が楽しい、お酒を飲みながらw
雑談しながらお酒が楽しいw
でも肝臓がイエローアラームw
禁酒なう。

でもね、やっぱりお金のかからない懇親会必要ですよ。
収入のない若い人たちには特に。
交通費だけでも高いですもん。
そういう若い集いを考えるべきだと思います。はい。
難しいですけど・・・

●肝臓イエローアラームと禁酒なう
肝臓が健康診断でヒットしまして、自覚症状が出ています。
これ以上はヤバイと思い禁酒と運動を1.5か月続けています。
自覚症状と効果は、

・風邪を引かなくなった
・昼間眠くなくなった
・目が痛くなくなった
・便秘が無くなった
・夜突然起きなくなった
・気分の憂鬱が減った。イライラが減った。
・肌のハレ、痒みがなくなった
・ニキビが無くなった
・走っても息切れしにくくなった
・休日に疲れにくくなった

年齢が原因ではなくて、肝臓起因の毒素の自覚症状だったんですね。
気が付きませんでした。
最近よく風邪を引くな、とかアルコール弱くなったなとか危険信号です。
急には悪くならないです。
何個かヒットした人は暴飲暴食の影響です。
注意しましょう。

 http://www.minohonosaru.com/kanzou/kannzoujikakusyoujixyou.html

●Webゲームなど
Linuxや*BSDでも同じ環境で遊べるWebゲーム好きです。
マイブームです。
ガチャ嫌いですがw
でも艦これ飽きたなぁ、と。
お金が掛かりすぎるゲームは遠慮するとして、他のゲームも遊びたい。
そーだよね、Linuxで遊べる奴を。

●PocketCHIP
既にエミュレータ専用機となりつつある・・・
エミュ遊ばないのにw
これという使い方が思い当たらずに現在に至ります。
まあ皆様の家に余っているRaspberryPiで足りてしまいますよね・・・
その、解像度さえ何とかなれば。

●Linux初心者さんに向けて
いつも書く内容ですが、Linux初心者のススメっていりますかね?
勉強会でやっても良いですが、
その人にその場で本当に必要な内容になるとは限らない罠。
誰か犠牲になってOSCで毎回やってくださいw
飽きられるまでルーチンワークでw
お前やれって?飽きるから嫌やw
メンター募集中

●LinuxってWindowsと比べて何が良いんですか?
こういう質問を頂きます。
デスクトップなら特にないですw
サーバなら圧倒的に違ってました。Bash前は。
RaspberryPiとか含めて。
じゃあ何でLinux使うのか?一つはガジェットの為ですw
重いしメモリ食うし容量足りないし高いじゃん。
OSサポート切れたら終わりだし。
Linuxなら大体改造できますw
自分のOSが動くって良いですよね?
ソフトウェア的には無料の言語かな?
覚えるの苦痛ですけど(笑
自動処理も楽ちん。
後は旧機種をリサイクルしたりとか。
XP世代もUbuntuやDebian他で現役です。
NetBSDユーザーグループのつついさんがKOFでCF-T2をメインで使っていたので
メモリさえ増やせば多分15年くらいはUNIX系で普通に使えるはずです。
アレ2003年製造でしたよね。
初代RaspberryPiとかもスペックは良くないですが使っています。
PCなんて安いから幾らでも余るじゃん、という廃人の方にはどうしましょうね?
オールドゲームやOSなどを入れ替えしてみましょ。
シンクライアントとかもあるけど、それだけじゃ個人的にはPC余っちゃうw
Android-x86とか。

で、話を戻すと用途はいくらでもあるんですが、
アプリを使いこなせるか?に落とし込まれます。覚えるのが面倒という。
でも日常用途ってそんなにゲームとかやらないし(爆


●ニコナレ
発表資料を公開したは良いですが、アクセス数殆どないですw
音声入れた方が良いですかね?
マイクがあれば大丈夫ですか?
一発勝負なので気にしています。
是非コメント下さいな。

 http://niconare.nicovideo.jp/users/59379263

●タブレットWiki
細々と更新しています。
ブログ書きながら、資料作りながらなので手間かかってます。
英語バージョンも作りたいのでそのうち纏めていきます。
更新が重要ですよね。

 https://www65.atwiki.jp/kapper1224/pages/1.html

●Linux速報あんてな
自分でも楽しく使える事を前提として
Linux最新情報をアンテナにしています。
世間ではモヒカンSlackが大人気ですが、
僕のマニアックな情報はやはり自分のアンテナが一番ですw
皆様のブログをこっそり追加していますw
いつも大変ありがとうございます。

 http://kapper1224.antenam.jp/

●FreeDOS1.2リリース
なんとFreeDOS1.2がリリースされました。
前回と違うのはGUIフルパッケージのISOが出ており
アプリたんまりですw
OPENGEMですよね。
DOSなのにw
すげーって。
アプリもっと増やして(ぉぃ
これでネットでaptが使えたら最強なんですけど・・・(DOSだぜw
386〜486環境なら最強になりつつあります。
おーぷんここんやNetBSDローエンドユーザーの大敵(いるのか?
2017年でもDOSが現役なんてすばらしい、なと
開発全くかかわっていませんが勉強会で一発ネタしたい面白いw

 http://www.freedos.org/

●NetBSD7.0.2なう
以前にCF-N8にNetBSDを入れたらSynaptic Touchpadが動かなくて嫌でしたが
CF-T7環境に古くしたら問題なく動きました。
多分旧Core2Duoまでがサポート範囲なんですね。
UEFIが移殖されたらタブレットでもテストしたいですが・・・
最近ブログのネタ考え中。
特にエミュレータ環境でNetBSDを使いたいです。
古いガジェットにも入れてみたいですが放置中。

●Chromebookなど
以前壊れて使っていないですが、
Androidのコンテナ化の影響で面白そうです。
買おうかな、と思いつつもタブレット大量にあるので遠慮していますw
タブレット買いすぎやなぁ〜
ARM Linux使いとしては恵まれたプラットフォームですが、
そもそもインテル系だったらChromebookじゃなくても、
DebianでもUbuntuでも別に問題なかったりして

●Manjaro、ArchLinux
最近Manjaroを良く使っていますが、便利です。面白いです。
とにかくアプリの更新頻度がバカみたいに早くて
最新Kernelが常に使えます。
ぶっ壊れるな・・・(笑
ドライバ検証用には楽しいですが・・・
日常用途にはそれほど違いがないです。

●Grub2について
最近よくGrubで遊んでいます。
使い方も覚えて、後はOSハック。
でも色々とまだ問題があってブートしない機種OSも多数。
Grub以外のブートローダーなら起動するんかいな?
と勝手に想像しつつ、やはりWindowsは優れているなと感心させられます。
まあ初期OSが売り物として動かなかったら商品として成立してませんがw

●英語の勉強とVoice of America MP3
下記のサイトでVoice of AmericaのラジオがMP3でダウンロードできます。
でもオバマやトランプ、ロシアハッキングの話題ばかりで
ちょっと偏りすぎw
もうロシアとシリアネタは良いですw
民主党系メディアでしょうか?
通常ラジオニュースなんでめっちゃ速いです。
リスニング困難w
聞き流すにしても苦痛ですが慣れるまで繰り返してます?

 http://gandalf.ddo.jp/

●Pebbleの終焉とスマートウォッチ文化
Pebbleが買収されて、残念極まりない状態。
電池が長持ちしてアプリが多いスマートウォッチって
Pebbleしかないので辛いです。
いやAndroid Wearはアプリが増えたんで悪くないんですけど、
まだ使いにくいです。
自分でアプリを作ろうかなあと思いつつ。

本音はスマホを充電しながらスマートウォッチは寝る時
付けっぱなしにして遠隔操作したいです。
電池そんなに持ちませんが・・・
バイブレータ―で深夜に起こすなよw
目覚まし代わりにも良いかな?
デザリングON、OFFとかも時計から制御できるので。
ただ、スマホの画面が遠隔操作の影響で反応して
付きっぱなしになるときがあるので注意。

後はバイクナビの代わりとか、
スマホ電池切れの際にゲームやったり。
Google KeepがAndroid Wearに対応してから、
テキストを好きに表示できる様になったので気に入ってます。
ビュアーとしてあるべき姿に近づいています。
メモとかスケジュールとか、画像表示とか。
電車やバスの時刻表を入れておこうかな?
万歩計以外にも使い方を増やしつつある現状。
やっぱり本命はLINEニュースだったり、RSSリーダーですよね。
時々使っています。
Slackが対応したらモヒカン出来るんですかね?

それでもスマホの電池を使わないでサブマシンとして使う意味しかないかな。
そうね、まだ使い方が狭いな。
2ch読みたい。
ADBを使わずに自由にapkをAndroidWearにアプリ入れられる様にして欲しいな、とか。
中華Androidは電池悪すぎて。

●台湾弾丸ツアーやってみたい
LCCの深夜便に乗って早朝に台湾について、
深夜便で台湾から日本に日帰りするのが弾丸ツアーです。
宿泊なしで東京や大阪に行く感覚です。
それでいて国内旅行より安いという。
メリットはチケット次第でいつでも行けるという
デメリットはもっと遊びたいというw
セントレアは11時便、関空から2時便の深夜便が出ていますし、
桃園国際空港は24時間対応なので現地側は問題ありません。
土曜日に行って日曜日は日本で休息、と。
台湾日帰りオフ会やりません?(爆

●鹿児島弾丸フェリー?
一度やってみたいのが大阪⇔鹿児島弾丸フェリーw
雑魚寝で現地0泊船中2泊の往復利用プラン1万円。
ただ地理的に大阪港まで移動が大変でバイクや車は嫌だなぁと。
関西圏ならありなんですけど。
現地鹿児島での移動が大変です。

 17:55 発 翌朝 08:55 着

鹿児島らぐの勉強会には時間的に無理すね。
うむむ
posted by kapper at 15:24 | Comment(0) | 近況

2017年01月01日

2017年 あけましておめでとうございます!

2017年になりました。
去年はOSCや東海道らぐで色々とお世話になりました。
今年も宜しくお願いいたします。

200px-Persian_Cock.jpg
posted by kapper at 00:21 | Comment(0) | 近況

2016年12月29日

岐阜人のひねくれたななめ上目線で見た映画「君の名は」感想

元上司に言われて、気になったので映画「君の名は」を
見てきました。
凄く岐阜を調べて描いているな、とも思いますが
岐阜民の人間から見るととても違和感があります。
確か監督は長野県出身だったと思います。
ちょっとひねくれた視点でネタばれしない程度にレビューしますw

●映画「君の名は」
東京と岐阜県飛騨地方をネタにした映画です。
表現が美しくそれぞれの視点での、
ボーイミーツガールを描き切った大作です。
大ヒットしました。

・非常に現地を調査されており写実的
・ストーリーが美しい
・物語が加速するドラマチックな展開
・実在する土地、メーカー、JRを直接題材にしている

というこだわりがあります。
までは良いのですが、ど田舎岐阜人から見ると凄い違和感を感じます。
Kapperは東京⇒名古屋⇒岐阜へと田舎落ちした生活なので
東京の暮らしも岐阜の暮らしも良くわかってます。
そういう視点だなぁ、と思って頂ければ。
いや凄く面白かったです。素晴らしい映画です。

●岐阜人から見た気になる所
正直に言うと、これ岐阜じゃないだろw
と思う所が沢山あります。
勿論、絵は実在する風景を多様していますのは本当ですが。
多分、モデルは長野なんですよ。だから違和感。
岐阜じゃない、って言えます。
何故か。
岐阜に住んでいる人間の常識がすっぽり抜けています。


1.舞台は飛騨地方?
  飛騨古川駅から神社までの設定のはず?  
  
2.JRが2時間に1本?
  嘘でしょw
  私鉄だったら許すw
  特急ひだをいれても1時間に1本。しかも午前中だけw
  JR沿線は岐阜県では貴族が住む所です(言い過ぎ
  だいたい、飛騨古川駅から高山駅まではわずか3駅、16分の距離。
  つまり近所。通える。
  ローカル私鉄ならまだ凄くいい方で、本質はバスしかないのは普通。
  バスもあるだけマシ。
  2〜3時間に1本のバスなら山岳地方によくあります。
  これは辛いわ・・・

3.ど田舎?
  飛騨古川駅としたら高山駅の近郊になります。
  高山アピタあるやろw
  そもそも岐阜県から見たら近郊の高山駅は県下最大の観光地で
  全世界からの観光客が集まる一大繁華街。
  ど田舎じゃないんですよ。全然。
  ホテルは数か月前から予約しないと取れないし、カフェやバーが山ほど。
  当然ショッピングセンターや全国チェーン店が沢山あってグルメもばっちり。
  ここも凄い違和感があって
  
4.カフェがない?
  年寄りが多いど田舎の暇つぶしは喫茶店です。
  飛騨古川駅周辺はあるでしょ。
  高山駅まで行けば超観光地。JRでわずか16分。超贅沢な立地。
  昼間からビールが飲めるカフェ、バーがあります。
  夜遊びすらできます。
 (岐阜は車社会なのでビールは昼間から出すカフェバーはありません)
  JRやバイクなら近所。当然遊びに通うでしょ?
  高山駅から高速バスを使えば、学生でも東京やディズニーランドまで一直線。
  絶対に、「こんな田舎・・・」というレベルではありません。
  白川や郡上や揖斐郡ならちょっと考えます・・・
  舞台をそっちにすれば良かったの。

5.コンビニが夜9時まで?
  嘘でしょう?
  サークルKやローソン、セブンイレブンありますよね?
  ちょっと駅から遠いけど・・・
  町中ですよね・・・
  非チェーン店ならともかくこの2016年前後のご時世では、
  大手コンビニラッシュ競争は岐阜の山奥でも現存してます。
  多分。
  実際揖斐川町の山の中でもローソンあるし・・・商売たくましい

6.スマホ使ってる
  スマホを使っていると言う事は2012年〜現在が舞台
  既に高度近代化されている飛騨地方の時代でせうね・・・
  ですが、映画からは昭和の香りしかしませんがw
  現代なら山奥ならネット通販のAmazonの箱積みが無いとおかしい(ぉぃ

7.湖の周辺?
  川やダムはありますが湖は基本ありません。モデルは諏訪湖?
  JR高山線の沿線はね、殆ど川沿いなんですよ。
  川が無ければ嘘なんですね。
  飛騨川、宮川。
  岐阜でも最大級に美しい一級河川。
  でも宮川はあまり出てきません。凄い違和感。
  宮川無くして飛騨地方を描いて欲しくない・・・

8.飛騨弁?であるが岐阜弁とは全く違う
  かなり調査したと思います。
  凄く違和感あります。
  こんな喋り方しないもん。マジで。
  年寄り以外なら特に。

9.山斜面の家?
  これも凄ーく違和感ある。
  良く調べたな、と思いましたが、
  そもそも奥行ありすぎとか、立体的な倉庫+駐車場が無かったり
  ガスボンベないぞw
  普通にあると思うな電気と都市ガスw

10.山奥の巨大な盆地
  山頂にそんな空間がある訳がないw
  あんなどう見ても嘘くさい所よりも夜叉ヶ池の様な
  自然の神秘をモデルにして欲しかった。

  夜叉ヶ池

  夜叉ヶ池とは岐阜県と福井県の県境で幻想的な聖地です。
  地元の人間でも行くのを嫌がる片道3時間の断崖絶壁の山頂の聖地ですw
  少しでもリアリティを求めるならあれは無い。

11.東京から高山観光して日帰り
  ぇ?
  マジ遠いよw
  新幹線―特急ひだ―高山市内バス、タクシー
  高山駅から現地移動1時間と考えると、
  往復だけで移動10〜12時間は考慮する必要あり。
  観光地でも滞在できるのはごくわずかです・・・

●本来岐阜県には必ずと言ってあるはずのもの
岐阜県民にとって必ずあるはずのものが無いんです。
美しい舞台として飾るなら特に。

・蛍
・温泉
・雪および紅葉、桜
・お祭りの櫓、軕、神輿
・自動脱穀機
・怪しい曲がりくねった国道と高速道路
・トンネル
・通学する小学生の大群と交通整理するおじいちゃん(定年後の人達)
・登山服
・完全装備したロードバイクの人
・大型自動車、軽トラ
・農協
・農家
・ワークショップ、堆肥や農機具や苗のお店
・道の駅とよくある田舎まんじゅう、作物
・耕運機やフォークリフトのレンタルショップ
・年季の入った木材工場
・スキー場
・古いコテージ
・苔むした公園トイレ
・飛騨川、ダム、夜叉ヶ池
・電動自転車
・怪しい屋台(パチンコ屋台とか岐阜県特有の超マニアックなの)
・花火大会
・焼肉屋
・猿、鹿、イノシシなど山岳動物
・野良フリーマーケット
・路上無人野菜売り場
・漫画喫茶
・頑張って山の中を巡回するヤマト運輸のトラック(ぉぃ
・何故か不思議な場所に山ほどある中華料理店
・遠方からきた大型バイクの遠征客
・などなど


住人の視点だと、一番美しい季節の一番の場所を見れるんですよ・・・
言い方を変えると、東京のシーンであの場所をあえて映画で使う理由はないですよね?
もっと繁華街、もっと学生好みする場所は幾らでもありますよね?
テーマパークやお台場、原宿でも良いし。
岐阜県でもそれと全く同じ理由です。
もっと美しい所沢山あるのに、使わない理由なんてないよね・・・という残念感。

ええと、東京の3人が観光する高山市内周辺は割愛。
あれは適当に撮った写真のレベル。

●一番良かった点
勿論、JR名古屋駅w
あの金山側の地下道を通って特急ひだに乗るシーンまでは
目をつぶっても想像できるくらいです(ぇ
あのシーンは完璧ですw
ただ特急ひだのやかまし過ぎるディーゼルの音は再現されませんでしたね・・・

●感想
映画としては大変面白かったです。
ただ、残念なことに岐阜県民から見たらこれは実に長野県ですw
そしてど田舎の人間から見たら映画の10倍は美しい所があります。
もちろん田舎の人間から見たら10倍美しい東京の姿も。
これが一番残念。
多分監督は岐阜県に住んだことが無いんでしょう。
観光地の高山市〜奥飛騨を素通りするとそんな感じになります、と言った感触。

あと時代の感覚が無茶苦茶。
スマホ使っているのにもろ昭和。
山奥なら確実にAmazonで本とか飲食物とか買うはずです。
専門店全くないもん。ある訳がない。
この本や雑誌、グッズはどうやって入手したんだ?が臭いません。
ネットに決まっているじゃないですかw
Amazonを使わない岐阜県民なぞいないわ(偏見
また飛騨古川町周辺ならセブンイレブンあるだろ?
岐阜の山奥にもセブンイレブンが侵食した時代です。
住んでないから知らんだろw
現代この田んぼの中心にある現代的なセブンイレブンとローソンがw
ラジオはAMか短波だろ?FMなんて電波が届かないよ(爆

コメントを頂いたのでちょっと修正しました。
とまあ、凄く良く調べたなと思う所多数ありつつも
これは岐阜県じゃない、と思う違和感たっぷり。
もっと10倍美しい岐阜県は目の前にあります、はい。
本当に惜しいな。
映画は素晴らしいです。
posted by kapper at 22:54 | Comment(2) | 近況

2016年12月07日

最近の事 2016年12月

久しぶりに最近の事を愚痴ります。
たまにはパソコンを離れて、離れられなくて
ネタにします。
ええ、こんな生活です。ウソです。

●PCのブルーライトカット
最近、PCやスマホを常時使っているせいか
凄く目が痛いので真っ赤になります。
原因が特定できていませんが、
PCのブルーライトカットすると少し楽になりました。

・Windows:右クリック⇒グラフィックプロパティ⇒詳細設定⇒色調整
 ⇒青色⇒輝度-20
・スマホ:ブルーライトカットアプリを使う

簡単に設定できます。
少しだけ、目が痛くなくなりました。
本当に効果あるんですね。
PCやスマホを見ている時間が長い人は必須です。


●肝臓がついにエラーメッセージ
健康診断で肝臓が引っかかりました。
間違いなく暴飲暴食ですw
アルコールが問題です。太ったし。
実はバイクを壊してから、いつでもどこでも飲める環境になってしまい、
飲酒量が増加していました。
毎週勉強会、宴会状態でしたもんね・・・
運転しないもん
勿論、運動をしているのですが肝臓には関係なかった様ですw
禁酒しかない・・・

1週間くらいで禁断症状が出ますw
いや軽度で、マジで。
炭酸飲料を飲むと脳が騙されてくれるので、
実はそんなに大した事がありませんでした・・・
結局運転するときはアルコールを飲めないのでブレーキになっていた様な。


●バイクが直った!
8月に修理を出したバイクが直りましたw
どうやらカブのエンジンの部品が入手できなかったそうな(ぉぃ
で修理代もかなりかかりました(秘密
多分一番安いバイクを1台買える金額です。
次壊れたら買い替えだなぁ、と。
次はEVだw

移動も食事もやっぱり足がないと田舎では不便です。
物凄い影響が出ました。飲酒量増えたし。
どこにいくにもバス電車が必要。交通費高い。
荷物重たい、時間がかかる、不便。
夜までやってる近くの飲食店が歩いて20分のマックか30分のモスしかないw
ジャンクフードはもう嫌ですw
ショッピングセンターと本屋とゲームショップとハードオフが果てしなく遠い
ネットでしか物が買えんw
結局、わざわざ岐阜や名古屋まで買い出しw

ど田舎では距離の単位が都会の10倍以上あると思ってもらって、
歩くととんでもない事になります。
高校生とか良く生活できるな、と。雪積もったら特に。
冬は普通に氷点下いくし、夏は暑いし湿度は高いし
飯は冷凍ばかりで不味いし(注:山国なんで)肉食文化
名古屋の生活が愛おしいです・・・
まあこれから自由にバイクで行けますけどね。


●GPD-WIN登場
念願のUMPCが届いた!
日本人に大人気ですね。
意外とハイスペックです。タブレットより使いやすい
Linuxばっちり動くし!
USB-TypeCで充電も出来る!
DragonBox Pyraはどうなった?
PocketCHIPはどうする?

マイLiveディストリを配布予定です。
機種毎に微調整した、殆どUbuntu,Fedora,OpenSuse,Manjaro,CentOSな。
操作が楽なやつ。
OSC浜名湖で配布してみたい。誰だそんなの欲しい奴はw
10枚くらい、ISOイメージを詰め合わせてDVD-Rに焼いて自己満足w
成果?アウトプット?そんなの自己満足でどうでもよいわw
自分のさえちゃんと動けば・・・

●Asus Transfer T100TA
個人的なお気に入りのキーボードドッグ付きBay-Trailタブレット
Linuxが動きやすい。
とっても安い。
バッテリが長時間持つ。
しかも550gで軽い、画面大きい。フルキーボード。
USBが2個あって充電も出来る。
Linuxでタッチパネルと無線LAN、タッチパッドも。
移殖度高いね。
結構癖があるけど。
Ubuntu16.04がお勧め。Ubuntu16.10はXorgが落ちますん。
全く分からん。
他のディストリもGrub2さえ何とかなれば動きます。

●PocketCHIP
モバイル1CHIP
安いけど低解像度。480x272
どーすんのこれ?
せめてSVGAあれば。
低解像度ゲームくらいしか遊べない。
サーバもあるけどRaspberrPiの方が良い。ストレージ小さいし。
エミュレータが動くから低解像度ゲームくらいなら動くけど



posted by kapper at 07:14 | Comment(0) | 近況

2016年11月03日

最近の事 2016年11月  裁量動労制 「みなし労働」の欠陥と崩壊

世間では以前ホワイトカラーエグゼンプションが法制化するかどうかという
ニュースが出ていました。あれからどうなったのでしょうか?
弊社では20年ほど裁量労働制がありまして、
ここ最近職場崩壊の為に残業を付ける事になりまして
事実上崩壊しました。
世間では賃金制が殆どかと思いますが、功罪をブログにします。

●裁量労働制、みなし労働制とは
裁量労働制とは成果主義と共に日本に入ってきた制度で
労務時間給料を固定して支払われる制度です。
間違いなく残業代を減らす為の制度です。
Wikipediaを見てみます。

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%81%E9%87%8F%E5%8A%B4%E5%83%8D%E5%88%B6

単純に言うと、
・みなし労働時間として残業時間に関わらず固定賃金が支払われる
・36協定枠は残るので60時間以上の残業は医務局の報告が必要
・深夜残業、休日残業手当は同様に支払われる
・残業をすれば事実上単位時間給料は減る
・導入職種に大きな制限がある、はず?
・ホワイトカラーエグゼンプションとは全く別の制度

ブラック企業において適用されています。
ホワイトカラーエグゼンプションと混同しない様に注意が必要です。

●何が起こるのか?
これは全ての従業員との契約が必要です。
採用されると、残業代が固定給となり支払われます。
残業はつかなくなります。

利点
・出勤の制限がないから遅刻早退しても首にならない?はず?
・定時で帰ればお得になる
・時間管理が簡単になる
・営業など、帰宅時間が常に変動する職場では
 タイムカードを押す為だけに帰社しなくても良くなる
・景気が悪くても残業できる

欠点
・間違いなく残業が増えてブラックになる
・リストラが増える
・パワハラが増える
・査定が過剰なまでに厳しくなる
・時間換算の給料が少なくなる
・休みが取りにくくなる
・他の人の仕事を押し付けられる、押し付け合いになる
・職種適用範囲の定義がなく怪しい

まず、残業代が増えないので
一人当たりの仕事量をギリギリまで増やす仕組みになります。
当然ですよね、その為の制度です。
そこには数字だけで成果主義の考えなどありません。
部下の仕事量を増やした管理職は出世します。
当然モチベーションは限りなく低下します。

次にリストラが増えます。
当然ですよね。
一人当たりの残業時間が増えれば余剰人員は削減されます。
何故かって?固定給だから。
人員の数だけで算数されます。
都合の良い多能工化が加速します。
残業しない人からリストラされます。
残業しない人間の査定は極限に下げられます。

次に仕事量が多すぎて業務が運用できなくなります。
そうなると、当然パワハラが横行します。
言葉の暴力で仕事をやらせようとします。
パワハラの定義は結構あいまいですよね。
注意です。横暴を言われたら訴えましょう。
自浄作用があるとは思っていけません。
さらにモチベーションが低下します。

残業時間が増えると裁量権が極端に低下します。
選んでいる余裕などないのです。
残業時間が50時間/月を超えたら事実上裁量権など存在しません。
効率改善に投資する時間など不可能です。

最後に査定が異常に厳しくなります。
査定が残業時間で判断されます。
だいたい成果なんて上司の考え一つで変わります。
その内容をチェック出来る部外者なんていないんです。


ここまで読んでみて、本質である
「成果主義」、「効率改善」という言葉はどこにも出てきません。
目先の数字の残業代しか見ていません。
これが日本の会社です。
日本人の効率が悪いはずです。
モチベーションは限りなく低下します。

追加する問題として、30時間以上を超えると
時間給の人とみなし労働の人の給料が逆転します。
これはどういう事か?
例えば、共働きの夫婦がいます。
すると旦那の方が残業時間が長いにも関わらず
パートの奥さんの方が給料が高い事になります。
家族からしたら異常な状態です。
この時点で離職者が多発します。

●職務適用範囲の問題点
法律の適用範囲は限られていて誰にでも裁量労働制してはいけない。

・新商品若しくは新技術の研究開発
・情報システム
・公認会計士、弁護士、税理士の業務

学校機関や新聞、金融、広告を除くと
この程度しかありません。
この適用範囲外の職務は法律違反であり、
間違いなくブラック企業です。
注意が必要です。
ホワイトカラーエグゼンプションとは違う制度です。
弊社では実際には全ての間接部門に適用されています。
法律違反です。

で、実際に裁量労働制を適用しても良いであろう範囲がこちらです。

・時間当たりの給料が十分に支払われている人
 年収1千万円相当以上
 パート従業員と時間当たりの給料が絶対に逆転しない人
・係長以上の管理職。自分で方針管理書を作る人
 人事権において最低限の権限がある人
・間接労働部門である事。時間と連結して売上に直結しない仕事

つまり絶対に若い労働者に適応してはいけません。
モチベーションが下がるだけでなく、離職者が増大します。
あと生産量に応じて残業時間が増える業種
(製造、生産管理、設備管理、品質管理、品質保証など)
に適用してはいけません。
突発する業務に振り回される人は自由権限がありません。
離職者が激増します。


●起こる事
まず離職者が増大します。
でさらに人が減って厳しくなって余計苦しくなります。
業務を増やそうとパワハラが増加します。
言葉の暴力です。
で、さらに辞めていきます。
訴える人が増えます。
間接部門の人が足りなくなっても管理職は出世して首にはなりません。
完全なブラック企業の誕生です。
日本の社会だと頑張る人が多いので悲劇が増大します。
法令上約束が無視される様になるとコンプライアンス違反です。
外部に影響が出る様になります。
こうなったら企業としてアウトです。
訴えましょう。


●対策
まず利害関係抜きで相談できる相手を可能な限り作りましょう。
出来るだけ情報交換します。
で声に上げる事が第一。労働組合や外部の機関や医務局。
改善は容易ではないので異動希望も出しましょう。
健康被害が出る前に離職も検討しましょう。
家族の安全と健康が第一です。
体を壊したらその後の人生を生きていけなくなります。
ボイスレコーダーを携帯して録音しましょう。
メールなどで記録を残しましょう。
自衛が全てです。


●まとめ
残業代を減らす為の制度です。
ここには成果主義や効率という言葉は全く存在しません。
騙されてはいけません。
日本の場合、転職が難しいので重要な社会悪です。
確実に離職者が多発してお客様に迷惑がかかります。
会社として制御できなくなる事は当然の在り方です。
収益が傾き始めて、初めて会社側が気付きます。
こうして離職者を食い止める為、会社側が残業代を付ける様になり
事実上崩壊しました。
まあね、経営層は何もわかっていないんですよ。どこの会社も。
健康被害だけは絶対ダメです。
自衛しましょう。
posted by kapper at 23:20 | Comment(0) | 近況

2016年10月16日

最近の事 2016年10月 サムスン品質問題を品質管理専門家視点で見た感想

サムスンでスマホが発煙して炎上する品質トラブルが話題です。
メーカーの人間なら多分こんな事があったのだろうな、
という勝手な想像を元にコメントします。
なかなかニュースが表に出てこないので。
ちゃんとリコールしたサムスンは立派です。
でも、良くある事なんですよね実際。
ついにやっちゃったか、という感想です。
Kapperはスマホとは全く関係ない分野の人間です。


●サムスンの品質トラブルのニュースを読んで。
色々ありますが、こちらから

 サムスン スピード至上主義でつまずき?=できるか品質重視

 ライバルの米アップルを意識するあまり安全性を
 きちんと確保できないまま製品を発表するケースも
 あったという証言が出ている。
 マーケティング部門の前のめりの姿勢が開発者の声を
 無視する形となり、技術が伴わないまま見切り発車で
 製品が販売されたという意見もある。

 アップルにも飛び火?サムスンのスマホ発火事故

 サムスングループと取引関係にある日本の企業は、
 「今回の発火事故は本体側の『過電流』が、
 主な原因ではないかと私たちはみている」と話す。

 どういうことか。スマホの電池には、
 過度の電流や電圧などによる負荷を避ける
 「保護用IC(集積回路)」が組み込まれているものの、
 本体側で電流などを調節する回路に問題があり、
 保護機能を超えるような電流が流れ続けたのではないかということだ。


●何故、品質クレームが発生するのか
単純にいうと、出荷してしまったからです。
出荷しなければ、問題は発生しません。
開発部隊や営業部隊が品質保証より力を持ちすぎると出てしまいます。
社内の政治的な理由です。
変更管理を承認する本部長や事業部長がトロ臭いからこうなります。
良くある事です。

・新商品である
・部品を変更した
・工程を変更した
・工場を変更した
・調達先を変更した
・設計を変更した
・機械を変更した
・検査を変更した

まあリスクは普通に沢山あると言いいますか。
通常新商品開発にはISO9001で決まっている
『設計・開発の レビュー』に基づいて行われます。
信頼性、安全性にともなうFMEAがあって、要求事項をクリアした
製品のみが品質保証部門の承認をもって出荷される仕組みです。
ギャラクシーノート7ほどの主力製品で、放置される訳がない。
本来は。
そこの運営方法を甘く見た。人的リスクですな。


●発熱のリスク
通常CPUの発熱や過剰電流、カメラ、ゲームなど
負荷のかかる状態では発熱します。
設計に問題があったのでしょうか?
情報ソースが出てこないので明確になっていません。
今回サムスンSDI製のバッテリ品で異常が発生したと言われています。
でも実際はサムスンSDI製以外も発熱したらしいですけど・・・
通常1社から独占で部品を買うという事はリスクを考えると少ないです。
当然複数購買になるんですが、実はリスク管理はそれぞれ2倍になりますw
で部品数の分だけテスト検証はN乗になります。面倒くさい

●工程能力と設計FMEA
歩留まりや安全しろを見るのは本来工程能力指数で計算されます。
リスク検証はまず設計FMEAで数値化します。
で、要求スペックから規格値を仮決めします。
CPU周波数や電流値や発熱量みたいな感じでしょうか?
分からないので適当に喋ってます。
規格値に対して、安全しろを追加して試作品を作成し工程能力を算出します。
試作が少数の場合は勿論工程能力はあてになりませんが。
一般論としてCpkが1.33、60ppm以下になった場合に承認されます。
3σとはよく言われますが、適当です。
所が、60ppmというと100万台に60台は不良になる確率です。
不良は決してゼロにはなりません。
ギャラクシーノートの場合、数千万台作られるだろうから、
量産を許可されるのはCpkは1.67くらいいるのでしょうかね?
とっても検証に数量と時間がかかります。
ここが罠1です。

実際の生産量は250万台に対し事故は35件
ハインリッヒの法則から憶測で1:300のヒヤリハット相当があると仮定すると、
250万台に対しどんなに最低でも10500台の問題児がいる計算になります。
0.42%?。Cpk=0.95前後?
絶対に全数検査が必要なレベルです。
抜き取り検査では出荷してはいけないレベルですね。
つまる所、設計ミスの問題かと。
罠2です。

●調達部品の工程管理
調達する部品も当然工程能力が高い必要があります。
じゃあどうやって保証するの?
検査します。
N数と工程能力、リスクとコストを元に検査基準を決めます。

・管理検査:メーカー成績書のみ
・全数検査
・抜き取り検査

メーカーの成績書を信頼するなら管理検査です。
危険ですけど。
たいていは抜き取り検査です。
で、独自に工程能力指数を算出します。
この工程能力の高い低いで判断します。
工程能力が低いと当然不良が入ってきますが抜き取り検査だとハネる事が出来ません。
複数のメーカーから買うと当然リスクはN乗になります。
成績書がどの位信用できるか、十分すぎる検証が必要です。
当然サプライヤー監査します。
面倒なんですよ。

で、サムスンSDI製品から発火。
グループ会社だから甘く見たケース?
政治的に調達を強制された?
工程能力が低かった?検査が不十分だった?
従来製品だったか新商品だったか?
本当の所はわかりません。
ニュースで情報が出ないことにはなんとも。

●とまあ時間がかかります。
新商品が世に出てくるまではかなりの時間がかかります。
はやく新製品を出せばそれだけ市場に対し有利になります。
と、すると社内政治的に問題があった場合は
本来出荷してはいけないものが出荷される事がよくあります。
あのトヨタですらリコールをしてしまいます。
初回ロットが危険だと言われる理由がこちらです。

最近の中国メーカーみたいにあまりに登場が早い新製品は怖いです。
個人的には2chなどで様子を見てからしか買いません。
どこか問題がある形がなくなりません。

でもちゃんとリコールするサムスンは立派です。
大損害ですが。
問題はちゃんと説明責任を果たして、
次の機種でお客様に信頼を取り戻す事です。
じゃないと買ってもらえなくなります。


品質管理の業務と品質保証の業務って面倒なんですよ。
面白みの無い仕事ですし。
でも社内の大黒柱です。
問題なくて当たり前。あったら大問題。
すり抜けたら死活問題。
営業や製造や開発部隊の権力に負けない政治力が要求されます。
当然、社内外からの嫌われ者になります。
だいたい、品質保証の権力の弱い会社は崩壊します。
目先の利益に踊らされると痛い目にあいます。
そこの信頼関係が最終的にブランドイメージになるんでしょうか?
日本の場合。
Made in Japanでもまだまだ勝つチャンスは沢山あります。
がんばりましょう。
posted by kapper at 20:01 | Comment(0) | 近況

2016年10月01日

最近の事2016年10月 東海道らぐ下呂温泉開催と最近の事

こんばんは。
今月のグチします。
色々と悩み事が


●東海道らぐ 下呂温泉 あひる焼き合宿開催します!
という事でやります。
今回はKapperが初主催者です。
只今参加者5名です。もっと来てください(涙
皆様お忙しい中、誠にありがとうございます。
合宿形式の場合、ホテルの予約人数が確定しないので悩みです。
是非ご参加ください。

で、スケジュールですが何も決まっていませんw
とりあえずKapperの案
基本的にはご飯の時間とチェックアウトの時間以外はなりゆきで。

・〜17:00前後まで 各自下呂温泉現地に移動
・15:00〜17:00 ホテルチェックイン&自由行動、温泉ツアー
 ⇒Kapperの本名でホテル予約しています。
  湯めぐり手形 1枚1300円(税込) を購入すれば指定3箇所の温泉に入れます。
  売っている場所が3箇所しかないらしいのでご注意
  是非温泉ツアー行きましょう。
・17:00〜18:00前後?
 ⇒ホテルで18:00から晩ごはん。飛騨牛朴葉味噌焼定食。
  ご飯の美味しい店で有名です。
  アルコールは予算に入っていないので各自持参で。
  バローの純米日本酒を紙パックで買っていく予定です(ぉぃ
・19:00〜 発表会&ハッカソン?(特に考えありません)各自自由
・次の日 朝ごはん ホテル〜未定
・〜09:00 ホテルチェックアウト 時間早いです。ご注意を
 
・ホテル 温泉宿 廣司
 ・岩風呂(男湯)
  収容人数:5名/入浴可能時間:15:00〜09:00/1階
  浴槽数:1/浴槽材質:小川石とタイル/蛇口4個
 ・館内設備 軽食コーナーのみ
 ・自動販売機 自動販売機なし
 ・携帯各社電波到達状況
   NTTドコモ:全客室/ロビー
   au:全客室/ロビー
   SoftBank:全客室/ロビー
 ・ビジネスサービス ビジネスセンターなし
 ・駐車場 あり
   駐車場の種類 屋外
   制限 なし
   収容台数 10台(乗用車)要予約


●次回以降の東海道らぐ岐阜案
今度は1年後で観光オフシーズンでやりたいですw
岐阜県〜京都府、北陸まで僕のテリトリーで視野に入れてます。
なんなら東海道とは別のイベントでも・・・1回/年で。

・東海道らぐ高山w
・東海道らぐ岐阜駅周辺、各務原、大垣など
・東海道らぐ長良川温泉w
・東海道らぐ三重(伊勢、津、四日市)
・東海道らぐ湯の山温泉w
・東海道らぐ米原、彦根、敦賀
・東海道らぐ北陸(違

他の地域は他の人におまかせします・・・
ご意見ください

posted by kapper at 18:49 | Comment(0) | 近況

2016年09月06日

最近の事2016年9月 最近色々ありました

今月も最近の事を愚痴ります。
早朝なんであまり書けませんが。


●Windowsタブレット
最近の流行りがこれです。
とにかくしつこく発表している影響で徐々に反応が増えてきました。
やっぱり実機で動いてデータが出てくると周りの反応も変わります。
これでLinuxディストリ界隈でもタブレット文化を作ってみせます。
ドライバ周りにちと課題があるのが難点ですが、
それ以外はノートブックと大して変わりません。
食わず嫌いでしょ、と。間違いなく。
ペースは遅れつつも着実に動いています。
Ubuntuや他のOSも動作報告出ています。

端末を買うお金と検証する時間が厳しいです。
機種ごとの法則性ってあるんですかね?
Surface高いから嫌だな〜と。

逆にAndroid界隈を今後どうしようか悩ましいです。
勿論、有志の人は沢山いるんですが。
やっぱりオープンOS系は僕からまず初球を皆様に投げる必要がありますかね?
FirefoxOSやUbuntuPhone、SailfishOSも続報が伝わっていないなと。
なかなか流れを作るのは厳しいですよね・・・
ユーザーさんも自分から新しいOSに手を出すには
それなりに興味を持ってもらう必要があります。
どうやって興味を持ってもらうかは永遠の課題です。

●勉強会、OSC発表会関連
最近無茶な遠征しまくって経済的に、体力的に限界です。
何故行くって?
観光+グルメ+発表の為ですw
僕には布教の目的はありませんので、他に理由はありません。
基本的に発表するネタがあるときは積極的に参加しますが、
ネタが無い時は無理しないつもりです。
まあ、ね。同じ観光に行くとしても何か動機がいるじゃないですかw
その動機がイベントと重なると楽しみが増えると言いますか
おいしいモノ食べたいだけじゃなくて
ついでに観光と発表もしてこれば、と。
8月は18切符期間なので。移動是非の試験的目的も兼ねてます。

鹿児島はまとはらさんに合う為が目的なので、特別扱いですが
基本東京〜中部〜北陸〜関西がメインです。
東北や新潟や四国、九州は遠いです。
18切符で往復できる距離が基本です。
新幹線は極力使いません。
三重県と北陸地方の開拓しています。

でも当初はOSC京都と鹿児島らぐは確定でそれ以外は行く予定ありませんでした。
イベント多すぎて日程に自由がきかないので。
仕事がやばかったり体調が悪かったり、寝坊して電車に乗り遅れたりとかw
遠方の勉強会が増えそうなので今後も実際電車に乗って到着時間を確認してから
エントリーする勉強会が多くなりそうです。

ただし、東京とか金沢、姫路だと
移動時間が殆どになり資料作り出来て良いですが、
疲れてしまう、現地滞在時間が殆ど無い、お金がかかる
などなど色々限界がありまして、頻度を調整します。
主に18切符期間にするとか。

勉強会そのものの課題としては、
初めて参加する初心者の方のご意見では、
ネタに興味あるか無いかが難しくて
自分と似たようなテーマをやっている人が殆どいないので
マンネリ化してきています。
難しいですよね?
マニアックすぎる内容?
面白くないよね?
興味ないよね?
と言う感じでしょうか。
そもそもLinuxトークの中でも結構ジャンル分かれていまして
・ディストリ移殖、インストール
・謎ガジェットネタ
・インフラネタ
・セキュリティネタ
・アプリネタ
・リリース情報ネタ
・スクリプト、言語ネタ
・Webネタ
・仕事ネタ
・はじめての〜ネタ
・日本語関係ネタ
・パッケージネタ
・IoT、電子工作ネタ
・地域、海外ネタ
・学習方法ネタ
・自作PCネタ
これらが全て興味があってどうしても聞きたいという人なぞいないでしょう(多分
万人を満足できるネタなど最初からないのですw
それを期待して求める側が限界があり、間違っているんです。
無理でしょう・・・
正直に言うと。
あっと、これ次のアンケートに良いですね

結局、世間で売られている雑誌はそれだけ優れているんです。
もちろん本やムックも。
キチンとマーケティングして、分野を絞り込んで、
欲しい情報を最大公約数的に選別出来る凄さがあります。
なんと言いますか皆様に選んで頂ける凄さを実感します。


緩募!
 台湾LinuxUsersGroup
 北海道LinuxUsersGroup
 和歌山県、福井県、金沢
 三重県、京都府、奈良県、大阪
 IT系勉強会をご紹介ください。
 遊びに行きます。


●スマートウォッチネタ
我が家のスマートウォッチシェア(使用時間)は
Pebble 7
Android Wear 2.5
中華Androidウォッチ 0.3
AppleWatch 0.1
Tizen 0.1

でほぼPebbleの圧勝です。
何故でしょう。
一つはバッテリ。7日間使用は大きいです。
もう一つはアプリの多さ。
基本的にスマホを母艦としてBluetoothで通信するのは
各OS同じなので、違いはありません。
つまりスマホのスペックと通信を間借りしてます。
という事はスマホで処理して画面表示だけ転送すれば(以下略
Pebbleの良さは、
・健康用途
・地図、簡易ナビ
・Twitter、RSSクライアント
・画像表示
・EverNote
・録音
・ゲーム
・時計、ストップウォッチ
・スマホ遠隔操作
と最低限のアプリがそろっています。
主にフリー、シェアウェアですが・・・
つまり最低限他のスマートウォッチと同じ事ができてしまします。
勿論Ingressはありませんが。
現世代機は結構月日が立っています。
次世代機を各社が出すのか、どういうコンセプトにするのか
楽しみです。



posted by kapper at 07:13 | Comment(0) | 近況

2016年08月18日

最近の事 2016年8月 最近のガジェット関係

どーも、こんにちあ
まだまだ暑いですね。
今月の愚痴をブログに書きます。
最近色々と書かなかったですね・・・


●WindowsタブレットにLinux
最近注力しているガジェット。
インテル関係のガジェットって非常に情報が多くて
ARMと比べて楽でよいです。
インテルってオープンソースに協力的な素晴らしい会社ですw
ただ、Linuxディストリビューターもタブレットには
あまり力を入れていなくて、聞いてもあまり答えは帰ってきません。
Grub2関係で詳しい人がいないんです。単に。
UEFIでブートするだけならGrub2は難しくないです。
決して怖がってはいけません。
せっかくこんなに性能よくて安いのに・・・
実はARMタブレットに比べるとまだまだ普及していません。

ならばNetwalker実験所が発表しようかな、と。
チャレンジします。
ただ、世界中にある情報がバラバラで集まっていない
良くわかっていない所がありWikiでまず集約する事にしました。
閲覧性と編集が良いんです。

 スマートフォン、タブレットでLinux、*BSDを使おう @ Wiki

まだネタは書く前なのでこれからです。
ライター協力者募集中。
プレゼン資料でも発表していますし、今後のネタになるかと。

Wubi for Ubuntu16.04.1 Rev311がタブレット対応しましたので
誰でもWindows上からUbuntuを入れれる様になりました。
こういうのが欲しかったんですよね!
まだドライバ周りが動かないんですけど、テストも容易になりました。
是非試してみてください。

 https://github.com/hakuna-m/wubiuefi/releases

で目標としては、Kernelとドライバの動作確認。
また他のLinuxディストリのGrub2の設定を記録しておけば
USBから誰でも入れられる。
後はKernelとドライバの問題。
そこはチップを調べて記録する、と。
PowerVRが悩みどころですかね・・・

posted by kapper at 22:16 | Comment(0) | 近況

2016年06月13日

独自の生物学的な戦略解説論「弱者の戦略」を読んでみて

マーケッティング論で戦略論が語られる事は非常に良くあります。
ただ、概念的な内容ばかりで目の前の実例に応用しにくい
という事を良く思います。
ある大手メーカーの実例が本ではよく語られますが、
そもそも実務経験が無ければ分からない事が多数です。
今回は生物学的な面に注目した「弱者の戦略」の本が
大変面白かったのでブログにします。
ビジネス面ではなく、趣味の本ですが興味のある人はどうぞ。

〇「弱者の戦略」本の概要
世間にある戦略本は、分かりづらい実例が多いです。
Appleやトヨタなど勝者の戦略本は良くありますが、
市場的弱者の戦略論はまだ固まっていないと思っています。
実際の競争において、完全な勝利者は殆どいないのが背景で
誰もがあるべき姿を模索しています。
生物学的な実例より誰もが理解しやすい形で書かれたのがこの本です。

実際の内容は立ち読みするなり、買って読むなりお好きな方法で。
まあ、この本もガチガチ堅苦しくて読むのが辛い文面ですが(ぉぃ
もうちょっと柔らかい文面にしてくれ(ぉぃ

Amazonの解説

 海洋全蒸発や全球凍結、巨大隕石の衝突など、地球環境が激変しても
 多くの生命はしぶとく生き残り続けてきた。そして今でも、強者ではない
 動植物などはあらゆる方法で進化し続けている。群れる、メスを装う、
 他者に化ける、動かない、目立つ、時間をずらす、早死にするなど、
 ニッチを求めた弱者の驚くべき生存戦略の数々。





〇まず感想
如何なる生物もそれぞれの特定の環境のNo1しか生き残れない
ニッチと呼べる弱者も、環境に適応したNo1の生物である。
そこから問われる数々の方法論が書かれてます。
実践出来るかどうかは一切無視するとしてw

外来植物の例が分かりやすいでしょうか?
天敵のいない国では、外来種は好き放題繁栄出来ます。
その分野、その地域でNo1になった証拠です。
食物連鎖の盲点を突いた進化論です。
ビジネスにおいてもそういったポジショニングを確立させる事が
商売に対する利益を確保する手段になしえます。
勿論、市場が大きくなれば新興勢力との競争もありますが。

分かりやすい反面、実用性は?と聞かれると
経済を語っている訳ではないので期待してはいけない。
そうです、この著者の稲垣栄洋先生は植物学者さんです。
読み物です。
そこが残念な所かなぁ、と。
posted by kapper at 05:30 | Comment(0) | 近況

2016年06月12日

最近の事 2016年6月 スマートウォッチ市場を考えてみて

こんにちは。Kapperです。
イベントの嵐の様な5月が終わりまして、
心身ともに灰になりましたw
6月は一息入れつつ、OSC京都2016に向けて準備します。
それ以降のイベントは落選しましたので実は予定なしですw
無理しないでそのまま予定を入れないでおこうかな、と。今のうちは。

●スマートウォッチ概要
スマートウォッチの市場的にはIDCが調査報告されていまして、
Applewatchが49.4市場シェアを抑えながらも、低下する推定ですね。

      2015年 ⇒ 2016年(推定)
Applewatch  61.3%⇒ 49.4%
AndroidWear  15.2%⇒ 21.4%
Tizen     8.2%⇒  11.3%
Pebble    8.6%⇒  7.0%
RTOS     3.8%⇒  5.0%
Android    2.1%⇒  3.6%
Linux     0.9%⇒  2.3%

市場の推移をみると、AppleWatchとPebbleが低下傾向
Android系とBluetooth系、Tizen系が伸ばすと見られています。
Tizenってマジで売れてんの?日本だと全くですけど。
中華系の安価ウォッチが伸びています。
新商品効果でしょうか。
AppleWatchもPebbleも次世代機が登場するので奪い返しがあるでしょう。

source: IDC Forecasts Worldwide Shipments of Wearables to Surpass 200 Million in 2019, Driven by Strong Smartwatch Growth and the Emergence of Smarter Watches

IDC_smartwatch-e1458238301436.png

●各OSの長所短所
一通りの機種を入手して使っています。

・Applewatch
 市場の牽引役であり開拓者
 アプリ数が圧倒的に多くiPhoneと連動する仕組み
 最近停滞気味で使っていない人も多いと聞きます。
 〇長所
 アプリが特に多い。公式サポート多数。
 UIがきめ細かなスタイルで斬新
 日本語標準対応
 高性能
 〇短所
 画面が小さすぎて使いにくい
 電池の持ちが良くない。
 ジョグとボタンの関係が謎操作性。まだまだ使いにくい
 高価な割に低機能
 単独運用には非常に制限があり、結局iPhoneを使う方が楽である
 iPhone本体が無いとどうにもならない。電池食い

・AndroidWear
 着実にシェアを取りつつあるNo2
 多数のハードメーカーを揃え、安価なモデルが入手容易
 機能的にそこそこだが、Wifiも使えMapやネットまで広範囲
 完成度はまだ高くなくアプリが少ない
 電池持ちも悪く継続性が課題
 〇長所
 WatchFaceが多数。面白い
 GoogleFitと連動しておりデータが見やすい
 Twitterや画像ビュアー、IngressやEverNoteなど公式アプリが多い
 解像度が高く視認性が良いスマートウォッチも沢山
 必要最低限は抑えてありバランスが良い
 日本語標準対応
 高性能
 〇短所
 電池の持ちが良くない。消費が激しい
 アプリがそこそこ。まだ少ない
 バイブレータが弱く通知に気付かない。 
 UIが不便。
 モサイ野暮な外観が多く、ファッションとして不向き
 スマホが無いと殆どのアプリが機能しない。余計電池を食う
 スマホ本体にもデータを置くのでアプリの分だけかなり容量を食われる
 

・Pebble
 ジャンルの最初の開拓者
 Bluetoothを付けっぱなしでも最長7日間使えるスペックが強み
 以後のスマートウォッチのモデルになった機種
 アプリが非常に多く意外と多機能
 他の機種と比べ長所と短所が逆になる
 GBA程度のスペックで重量級のアプリは動かない
 解像度やハードスペックに限界がありコアなユーザー以外へ浸透が課題
 店舗売りしないと日本では駄目だろうけど、ネット主体
 日本語公式非対応

 〇長所
 超時間バッテリ。これだけでも大きく光る。
 単独使用のアプリも多く、スマホと連携しながらも独立して使える 
 スマホ内部のファイルをそのまま見るアプリも多数あり
 何故かゲームが多い
 通知、連動機能が全ての母艦、Pebbleアプリを指定できるので優れもの
 常に時計画面が表示。視認性が良い
 twitterやEvernote、画像ビュアー、MAPやナビなど、
 一通りの機能は揃っており侮れない
 野良アプリが誰でも開発して公開できるので百鬼夜行状態
 〇短所
 商用ベンダーの公式アプリが殆どない
 日本人アプリが非常に少ない
 タッチパネル非対応なのでボタン入力で操作
 解像度が狭く、表示文字数が少ない
 初期のPalmと同じで時期にハードが追い越す為、将来性がない

・Tizen
 スマホをそのまま時計に持ってきた様な設計で
 時計というより腕時計型スマートフォン
 前提条件としてサムスンのギャラクシーが母艦として必要で抱き合わせ販売
 OperaMINIの存在が非常に大きくネットに強い。
 ビュワーとしては鮮明で非常に強力だが、
 ゴツイ、野暮、重い、高い、電池もたね
 アプリが全然増えない。開発者いるのか?
 日本では前提条件が重くユーザーが殆どいない。オワコン?
 個人的には負けが確定しているはずであろうOS

 〇長所
 OperaMINI。長所はこれに尽きる。
 twitterなど画像表示もOKで鮮明
 解像度が高く視認性が良いスマートウォッチ
 Wifiで単独使用も全く問題なし。単独使用も前提
 高性能
 〇短所
 電池の持ちが良くない。消費が激しい
 アプリ非常に少なく。オワコン。
 ギャラクシーが無いとログイン、アプリを追加出来ない。敷居が高い。
 UIが特に不便。勘弁してください。
 モサイ野暮な外観が多く、ファッションとして不向き
 サムスン1社なのでフォロアーなし。ハードもアプリも増えない
 将来性がない

・中華Androidスマートウォッチ
 スマホをそのまま時計に持ってきた様な設計で
 時計というより腕時計型スマートフォン
 アプリがandroidそのままで多数。
 設計、バッテリ、OS、外観まさに安物中華。
 ファッションとして使うには非常に恥ずかしいw
 
 〇長所
 Androidのアプリ。長所はこれに尽きる。
 Minecraftから艦これまで。何でも動作。
 解像度が高く視認性が良いスマートウォッチ
 Wifiで単独使用も全く問題なし。単独使用も前提
 安い
 高性能
 〇短所
 電池の持ちが良くない。消費が激しい
 Androidなのに日本語入力がほぼ不可能。やばすぎる仕様
 UIが特に不便。勘弁してください。
 モサイ野暮な外観が多く、ファッションとして不向き
 Ingressは解像度不足で操作不能。せっかくのAndroidが(涙
 
posted by kapper at 09:40 | Comment(0) | 近況

2016年05月05日

最近の事 2016年5月 最近のガジェットとIoTについて

皆様GWお疲れ様です。
仕事の方もいれば一息付けている方もいるかと思います。
今回は姫路IT系勉強会、伊勢IT交流会、東海道らぐの懇親会で
話題になりました最近のガジェットとIoTについてブログにします。


●最近のガジェット関連
1.RaspberryPi3
まずはRaspberryPi3が発売されました。
CPUがアップグレードしたものの中味は同じ。
使い方も同じでどういう使い方をしたら良いか、
と途方に暮れるご意見が多いです。
旧機種が余っていますもんね。

・動画録画再生能力の向上
・Teamviewerの公式対応
・Exagear-DesktopによるWindowsアプリ動作増
・Blender使ったり3D関連
・Android関係の重いアプリが動作
・重いブラウザ、LibreOfficeがそこそこ快適
・Chromium+PepperFlashPlugin、艦これ
・GnomeやKDEなど重い統合デスクトップ環境が実用的なレベル
・PCSXやYabauseなど重量級エミュレータが速度UP
・Node.jpなどサーバ関連の処理速度UP

決定的な長所は無いものの、デスクトップユーザーとしては
少し使い勝手は良くなります。
今まで様子見していた重いアプリ側が少しづつ対応していくかと。
重たいアプリって何ですか?まずそこからです。
動画能力が上がると、レコーダー端末としては面白いです。
IoTの端末としてはコスト的に量産は別にしてテストモデルとして良いかと。


2.Windowsタブレット
インテルがATOM撤退のニュースが流れ衝撃が走りました。
今後はハイエンドのCorei系に集中する事になり、
安価グレードはARMでハイエンドはインテルと市場を明け渡すことになります。
MicroSoftがOSを無償で展開し、逆にインテルが撤退する事態です。
一番打撃を受けるのは中華メーカーとMSでしょうね。
市場の流れは一気にARM Androidへと移ります。
しかし日本国内ではWindowsタブレットがシェアを伸ばしている気がしています。

あと、Windows10が標準で個人データを収集してMSに送っている件
これはヤバイのでOFFにしましょう。重いし
あとはBash on Windows(Ubuntu)。是非使いましょ。

中華Windowsタブレットは本当に安物で、


3.スマートウォッチ市場 AppleWatch VS AndroidWear
あんまりパッとしないスマートウォッチです。
個人的に時計は嫌いだったのですが、今は毎日使っています。
市場シェアの61.3%前後をAppleWatchが占めて
その他でAndroidWearが15.2%と2強を占めます。

 Apple Watch、2015年スマートウォッチ市場の過半数を占める

安価なAndroidWearと高価なAppleWatchを市場的にどう見ますか?

・5万円前後もする高価なAppleWatchが売れたという事実。
・AppleWatchのアプリ数は15,000を超え他機種に比べ膨大な数
・AndroidWearもアプリが少ないながら売れている
・Tizen、Pebble他は伸び悩み。
・割にギーク層を除くとあまり普及していない
・時計と通知、万歩計以外の用途がまだ弱い。キラーコンテンツが少ない
 当面は新アプリ開発が目玉
・実際の市場は安価なBluetooth時計に移りつつある予感
・解像度がVGA(640×480)を超えた当たりからスマホの代替となる
 つまり現状はまだ普及前の過渡期
・電池持ちとしてスマホと連携に課題あり

スマートウォッチとしての機能に諦めが出てくると
通知だけに特化した安価なBluetooth時計が売れています。特に中国で。
Bluetooth時計もスマートウォッチのジャンルに入れる必要があると思います。
OS側が弱いのか、値段が高過ぎるのかまだ評価が確定していません。
逆に先進国側では安物の中華時計を付けたくない文化もあるかもしれません。

一方で、GPSトラッカーとしての子供向けスマートウォッチが増えると思います。
親側からみて安全とそれ以外の不要な機能はいらないので、市場がマッチしています。
子供のおもちゃ代わりとしても良いですね。

 スマートウォッチは子供から普及する? KDDIのキッズ端末『mamorino Watch』の可能性に迫る

スポーツ支援として使っている人も増えました。
GARMINのとか。
個人的にスマートウォッチは実際には人間用IoT端末として普及すると見ています。
GPSにしろ、万歩計心拍計にしろ、常に身に着けていても違和感がありません。
人間から直接データを取る端末としてこれ以上の機種はないからです。
人間から直接BIGDataへという価値はまだ実現していませんが誰もが気づくはずです。
そういうアプリが今後の見どころです。
アプリを開発して市場を独占してみませんか?
次世代のジョブスやビル・ゲイツになりたい人を期待しています。

4、Androidスマホ、タブレットのLinuxディストリ化
東海道らぐ主催者のしまださんやKapperが最近遊んでいるのが
この分野。
主にディスプレイ付きのLinux端末としての使い方ですが
まだ日本ではそれほど使われていません。
デスクトップのLinuxのシェアが低いのが理由でしょうか?
答えはLinuxとして使うのに拡張性から抵抗があると見ています。
省電力で古い機種のリサイクルに重要です。
OSC名古屋、京都2016でもセミナーやりますので是非見に来てください。
この分野のトピックスとしては

・Androidタブレットが普及期からコモディティ化が進み仕様が公開
・Linux化のアプリが増加して簡単に誰でも出来る様になった
・独自OSも多数増えて仕様がオープンに。DeviceTreeの普及のお陰
・Android機種のスペックがかなり上がり、サーバとしてもOK
 余っている端末が多く省電力でリサイクルには最適
・日本国内では自分でOSを作る人が少ない。支援しないと。
 セミナー資料でこっそりと説明に追加する予定
・FirefoxOSや第3のOSがのきなみノックアウト状態
・内蔵ストレージの容量が課題でLoopbackメモリの解説が必要
・そもそもChrootの存在を実際に使っている人が少ない

ARM使いとしてはこれ程ハイエンドな機種が使われないのは勿体無いです。
でも強要はできないのでHackingしてみますか?という感じです。
OSの解説だけじゃなくて、実際の使い方の解説をしてほしいという要望がありました。
ネタ不足なのでページをそちらに増やします(ぉぃ
個人的には第3のOSがもっと普及しないと面白くないな・・・
開発しているブロガーさんも、
開拓する市場があるうちに早い所、是非表舞台に出てきてほしいです。




PS.
ご質問ありがとうございます。
自分のブログにコメントできなくなりまして・・・

Ubuntu標準のリポジトリがJauntyのEnd-of-Lifeにより、
サーバが移転されておりまして、通常ならもう一つの
Netwalker専用リポジトリからJaunty-end-of-lifeパッケージをインストールする事で
新規サーバに自動的に切り替わるシステムとなっております。
しかし何故かUbuntu標準のリポジトリが切り替わらないケースがたまにありまして、
パッケージが使えなくなってしまうので手作業にて切り替えます。

 sudo gedit /etc/apt/sources.list

でテキストエディタが開いたら下記の文章を直します。

 deb http://ports.ubuntu.com/ jaunty main universe multiverse restricted
 deb-src http://ports.ubuntu.com/ jaunty main universe multiverse restricted
               ↓
 deb http://old-releases.ubuntu.com/ubuntu jaunty main universe multiverse restricted
 deb-src http://old-releases.ubuntu.com/ubuntu jaunty main universe multiverse restricted
posted by kapper at 14:44 | Comment(1) | 近況

2016年04月17日

最近の事2016年4月 色々と

今日も最近の事をネタにします。
あんまりLinuxネタ書いていないですね・・・
ちょっと精神的に疲れていまして、資料作りに追われています。
負の連鎖ですよね、うまくいきません。
まあ気分転換にここでブログにします。


〇電子回路、電子工作
最近RaspberryPiでやり始めています。
ブレッドボードを使えば、ハンダ付けもいらない
簡単な手軽さが良いですよね。
言語の勉強にもなりますし。
人気の元がなんとなく理解できました。
お勧め。


〇各地の勉強会にご訪問
色々なIT系の勉強会に参加させて頂いております。
主にLinux関係の。
同好の人たちと、発表して、雑談して、お酒を飲むのは格別です。
会社にIT関係の趣味の人がいないので
別世界的な価値観がうれしいです。
仲間は自分から参加して作れば良いのです。アジア全体で(ぉぃ
また地方観光的な視点もありまして、
気分転換の外出する理由にもなりますし。
まあ、交通費と飲み代が高いので近距離に限ります。
新幹線やLCCありますのでたまに行くのは良いですが、経済的に続きません。

そういう時に18切符や高速バス、周遊券が助かります。
是非、格安チケットを紹介してください。
18切符のシーズンにイベントを開催してください。
助かります。
Maker系の勉強会もやりたいですね。
同好会レベルでも十分です。発表の場さえあれば。


〇IT系勉強会の悩み事(自称初心者 VS ベテラン主催者)
最近各地で質問しているのが、自称初心者対策。
RaspberryPiで初めてLinuxに触りました、など。
でも正直IT系勉強会で本格的に初心者に対応しているものって余り聞きません。
何故でしょうか?

それは、主催者側が面白くないからです。
準備がとても大変だから。得るものがないから。
結局、無償のボランティアベースだからです。
実は勉強会という名前が悪いんです。
技術交流会という名前にすれば良いんです、本来なら。
よく仕事の勉強のためにという人がいますが、
そういう人たちはまず有償のセミナーに参加した方が良いかと。
知識や経験を得るためにはそれなりの準備とサポートが必要です。
労力をかける人件費、サポート費用、情報料。
限られた時間を使って、ただで自分だけの知りたい内容を教えてもらう事が間違いです。
そういうものをボランティアベースの勉強会に求めるのは限界があります。
それは大間違いです。

IT系勉強会は基本有志のボランティアで、主催者のモチベーションで決まります。
主催者のモチベーションとは何か?
自分が楽しい発表会かな?
つまりその人の個人の考え方次第です。
IT系勉強会の目標は何でしょうか?
参加者の拡大?名誉?商売?たぶん違いますね。
まずは、永続した運営が最優先です。
つまり共同運営者と後継者探し。
場所、日程決め、Web配信、司会、プロジェクター準備、懇親会予約などなど
一人でやるのは酷な話です。
例えば恋人のデートや結婚したり子供が出来たりすると
休日に勉強会を開催する余裕なんてなくなり2の次です。そんなもの。
だから共同運営者か後継者が必要になります。
忙しくなって無くなっていった勉強会は数知れません。

○ではLinux初心者にお勧めなのは?
話を戻して、初心者だから学びたいという人はどうなんでしょう。
わざわざ勉強会に参加して学びたい学習意欲は大したものです。
実際、それだけの行動力のあるひとは滅多にいませんよね。
でも参加者のレベルはばらばら。
例えばMSDOSユーザーで端末に詳しい人から、コマンドラインを知らない人まで色々。
良く聞く言葉で、
「黒い画面でCDコマンドから1から教えないといけないのですか?」
人によっては結構キツイ。まずUbuntu使おうぜw
対象となるユーザーのレベルなんて絞れません。
勉学でも小学校、中学校、高校、大学と段階を踏みます。
絶対的なレベル分けが必要なんです。
そしてそれを受け皿とするコミュニティは残っていません。
難しいんですよね。

まずは本を読むことが最短かと思います。
それが最優先です。
LinuxならLinux系雑誌やムック。
それから各種ブログ。大変参考になります。
LinuxであればCUIを極力使わない情報量の多いディストリ、
 例えばUbuntu、OpenSuse、Fedoraをお勧めします。
質問はまずフォーラムか掲示板でしてみましょう。
比較的沢山の人が集まりやすい所が良いです。
また例えばある分野は無いって?まず自分でブログを書くしか。
また比較的初心者向けのイベントのOSCに参加するとか。
同好の人を見つける事はもちろん可能です。
僕の場合はブログやSlideshareを公開しています。
それを踏み台にして自分の分野を見出してほしいです。
僕のNetwalker実験所の本来の目的は
 「Linuxを入れたけど何をしたら分からない、どうしよう」
という悩みへの入り口からです。アプリの解説やインストール方法など。
まずはコピペから試してみましょう。とりあえず動きます。
そして出口は自分で見つかります。

逆にブロガーが極端にいないコミュニティや
公式ドキュメントしかないコミュニティは危険です。
強烈な原理主義者が多いです。無理して近寄らない様にしましょう。
初心者に寛容であるか、否かはドキュメントに出てきます。
自分で選択しましょう。


〇海外のオープンソースイベントに参加してみて
今年も海外のオープンソースイベントに参加しています。
旅費がバカにならないので、学生さんには無理かと思いますが。
主な目的としては、

・英語や中国語を使う機会を作りたい
・アジア中をIT関係で回ってみたい、現地の人と会話したい
・日本人の活動をアジア中に伝えたい
・現地の活動を英語で世界に伝えたい、もちろん日本語でも
・TwitterやFacebookで情報を共有したい、友達を作りたい
・IT系勉強会で発表するネタにしたい
・そのうちMaker系でもネタを作りたい

でもIT系って世界共通言語でどの国も同じだったんですよ。
どの国にもITエンジニアと学生さんがいてレベルが高い
つまる所、日本のIT系って優位はありませんでした。
20年30年のUNIX系の歴史の積み重ねが長所でしたが、
現在では若者の力が強いアジア系に押されています。
日本語が唯一の産業障壁になっていますけど・・・
コスト勝負になると、時間の問題ですな。

○仕事&プライベート
喋れる範囲でw
仕事は、改善のおかげで不良品がごっそりなくなり
不良率XX%⇒1.X%まで改善しました。
当然事業目標達成です。わ〜い
いや驚きですね。
事業にたっぷり貢献しました。
でも改善提案書を書いても2,000円/件しか貰えないんです・・・
そんなに改善するネタはロスが無くなったのでもう2度となかったりしますがw
なんか寂しいw

ボスの当たりというか暴言が厳しいのは継続しており、
同期を含め何人もの若者が会社を辞めていきました。
なんだかな・・・・この昭和脳みその連中はw
頑張れば成果が出て儲かる時代はとっくに終わっているんですよね。
残念ながら。
この体育会系老害どもめ。

事業は戦略の段階で勝負が決まってしまう時代になりました。
戦略のミスを戦術で取り返す事は出来ません。
シャープとかも・・・そうなのかな?
だから仕事を始める前にアウトプットの計算をしないといけません。
ここまでやったら事業の数字にこれだけ反映出来る、
そういうアウトプットの定義が出来るまで着手してはいけません。
つまり途中で絶対に投げ出さないことが大切で、
しっかり効果を確認できて初めて仕事の完了です。
沢山あるネタ案から効果の数字を算出します。
そしてその中で全体のネタの中から優先順位付けをするんです。
で、順番をつけて計画を組みます。1個づつ終わらせると
終わらせた分だけアウトプットになります。

工数と名のつく努力は今の時代では報われません。絶対に忘れてはいけません。
工数は極端に増えたり減ったりしません。
つまり、残業を前提にしても工数は対して増えない所か
やっつけ仕事の増加という意味でアウトプットが減り悪影響を及ぼします。
無理、無駄、ムラはダメです。
やっつけ仕事、途中やり、逃亡は最低です。
結局数字につながりません。怖いですね。
posted by kapper at 21:32 | Comment(0) | 近況

2016年03月03日

最近の事 2016年3月 最近の悩み事と「間接部門の自工程完結」

どーも、こんにちは。
今日も最近の愚痴をブログに書きます。
悩み事が沢山ありまして、思う様にいきません。
まあそれとトヨタ初の流行り事の「間接部門の自工程完結」を
ネタの肴に今月のブログにします。


○間接部門の自工程完結
日本人のホワイトカラー(間接部門)は非常に非効率で
「1人当たりの生産性」が先進国最下位と呼ばれています。
色々と皆様思い当たるフシはあるかと思いますが、
トヨタではホワイトカラーの生産性の低さに目をつけて、
改善活動として「間接部門の自工程完結」というテーマで成功しているそうな。

お勧めはしませんが、下記の本が出ています。
下記の本はトヨタの元偉い人が書いた本です。
実際どういう風にやるとか、レクチャー本ではありません。
そこはトヨタのノウハウ隠しでしょうかね?
あれこれ色々と活動している空気といいますか、雰囲気だけ伝わってきます。
口述筆記でしょうか?
雑談です雑談。



要は「どんなに頑張っても、やり直しさせられたり失敗したりで、
時間ばかりかかり成果が出ないのは仕事のコミュニケーションのやり方が不味いせいだ。
一度で仕事が完了できる様に仕組みを作る必要がある」
でしょうかね?
表現が乱暴ですけど。

Kapperなりに自己解釈してみます。
本や他の人の解釈とは全く違いますが、
重要なのは一つの仕事を効果が出るレベルまで確実に終了させる
仕組みを作ることです。
その為に不要な阻害要因をルール化して取り決める事です。


・労働時間とアウトプットが比例する活動
 ⇒理由:アウトプットにならない業務は成果が出ない。優先順位を落とす
 1アクション1アウトプットと定義する
 仕事がアウトプットになるか否かは最後までやりきる事
 途中で投げ出さない事。ゴールの姿を最初から決めておくこと
 着手する前に作業工数と優先順位を明確にすること

・報告書のフォーマットを決めて必ず変えない。全員で共有
 ⇒理由:時々、文面を見てフォーマットをコロコロ変える人がいます
 流石に無駄です。フォーマットは共通なのを作って部署全体で共有しましょう。
 レイアウトやグラフや表などを含めて。
 そうすれば、使い回しができますし作り直しは減ります。
 また必要な情報はできるだけ1枚にまとめて1枚完結にしましょう。
 枚数を増やすと、ストーリーが合わなくなり作りなおす構成が増えてしまいます。

・データ作成と資料作成依頼するとき受ける時はフォーマットを決めて
 必要事項に全て書き込む様にする。OSCの申請書みたいなチェックリスト
 ⇒理由:自工程完結の最たるものですが、
  依頼側と受け側の認識を同じにするため。
  必要な情報を一覧で明記できる様にします。
  申請書みたいな形態が一番確実です。
  勘に頼るとそこまで頭が回らなくなって抜け落ちます。

・情報の共有化を徹底して言った言わないの無駄を省く
・データは常にあるべき場所にあり関係者がいつでも見れる
 加えて定期的にメールなどで週報で発信しルーチンで全員に共有する

・事前にスケジュールを週報で毎週時間単位で作成する。
 業務はそこに埋めていく。
・業務棚卸しを行い分単位で必要な全ての業務を書き出す。

・業務に対しては正直であること
 ⇒嘘をついて得られる利益って実は無視できるレベルです。
  人間というのは正直か否かで判断される要素があるので、
  一度疑われると非効率を強要されます。
  バレたらどうしよう、と言った本来不要なストレスを抱えます。
  
  日本人って非常に甘い所がありまして、
  頭を下げて「申し訳ありません」って謝れば大抵許してもらえます。
  これは営業職の経験談ですw
  たまに許して貰えない人ももちろんいますが、人の問題なので
  その人と仕事から上手にスッパリ手を引きましょう。相性が悪いんです。
  
 
・突発事項や丸投げ業務を引き受けない、自分でも作らない、可能な限り断る
 ⇒協力して業務を行うのは時代の流れだが、丸投げする人間が多すぎる
  業務を経験の薄い人間へ右から左に投げて非効率なまま、
  この手の人種に限って自分で手順書要領書を作成しないケースが多い

・打ち合わせは遅刻しない。定時間で終わる。
 議事録を作成する。不参加のメンバーに必ず共有する。
 議事録作成者はプロジェクター資料を映す人とPCから独立させる
 目的は適度に不参加させる事で効率を良くすることと、
 情報を共有することで「あれどうなった?」を無くす事
 ⇒まあ基本ですが、報告書と議事録作成者を同一にすると時間がかかります。
  場合によっては宿題事項だけを書くのも良いでしょう。
  何回言っても議事録を読まない人種は何処にでもいるので、
  体で徹底して教育しましょう。非効率を改めない人種は武力で排除しますw

これはKapper個人のこだわりです。
急がば回れ。とことん遠回りする。そこに拘る。
考えれば考える程、理詰めですごいのですが自工程完結。
面白いのが以心伝心で仕事をする世代を全否定しています。
そういう思想なのです。
バブル以前の世代は1言ったら10理解しろ、という世代でした。
しかし正直、今の時代では非効率なんですよ。
ITツールを駆使すれば伝達する方法はいくらでもあります。
空回りするオールド世代。
トヨタの戦略は、こういう無駄世代を徹底的に排除する戦略です。
つまり高年齢層程、時代に取り残される被害が大きい考え方。

◯失敗学のススメと一般業務への思考変換

功名に焦る司令官は、時々テーマを沢山抱える事が成果だと考える
日本人的悪い習慣がありまして、大半が中途半端なままクローズせず挫折します。
質が大幅に低下します。
成果であるアウトプットがゼロのままクローズせず時間だけが過ぎていきます。
情報の伝達もできず、優先順位も付けずに仕事の山に埋もれて挫折します。
私の上司よ。貴方の事ですよ。
実は作業工数は物理現象であって、
沢山のテーマを抱えようと、少数のテーマにしようと、
実際に有効的に使える時間は同じなのです。
そして成果は終わった数だけ事業に寄与するのです。
そして数を減らしていけば、空いたリソースを他に展開できます。
つまり戦力の分散という愚を犯すのではなく、
各個撃破する戦略が軍事上絶対なのです。戦史が物語っていますね。
それを仕組みとして見える様にするために「大日程」が必要なのです。
ランチェスターの法則としても最近はビジネスで有名ですよね。

僕は正直に上司の事を「無能」と直接言いますが、
こんな原始的な事を理解できずに失敗ばかりするからです。
アウトプットゼロ。
そして失敗した理由を理解できない。反省しない。
また繰り返す。結果は会社に損害の山。
皆さんは注意しましょうね。

なぜ成功したのではなく、なぜ失敗したのか。
これがKapperの長年のテーマです。
こちらを参考にしてみますと、
なぜ日本は負けたのか?――戦史に学ぶ、未来への舵取りと提言 《第1回》

(1)数々の戦闘における失敗、弱点が次の戦いにフィードバックされず、
「失敗から学ぶ」ことができなかったこと。
(2)エンジニアを消耗品として扱い、ブラックな過重労働とパワハラを強要したことで、
 貴重なベテラン戦力をなくしたこと。
(3)インパール作戦やガダルカナルのような補給リソースと作業工数概念の欠如。
 リソース的に無謀なプランを功名心に駆られて失敗すること
(4)バブル世代の以心伝心の意思疎通の悪さ。
(5)科学的・合理的思考の軽視。
 クローズ出来ないまま他の業務に手を出す悪さ
(6)情報戦の軽視
(7)人事の失敗など

です。
まあ何時の時代もどの環境になっても同じ事を繰り返しています。
嘆かわしいです。

成功の裏である失敗の本質は、無理ムラ無駄からまず始まります。
無理の定義って何ですか?
ムラの定義って何ですか?
無駄の定義って何ですか?
そうです、まず何が原因かを定義する必要があるのです。
原因を抽出して層別するという作業が必要になるのです。
その内容が妥当かを決めるのが、作業工数や成果などを書きだして
数値化して事前評価する。
で、優先順位を上から1、2、3、と決めていく。
この作業をできない人、やらない人が多い事か。
学歴的に賢い人ほど、疎かにする傾向があります。同○○大学の人とかw
自分の頭の中で考えようとする、考えれると根拠もなく勝手に思い込む、
そして希望的観測で見積もりの甘さで失敗する。
正直言って馬鹿ですね。
そこで失敗の原因を更に他責にする。論外です。

最近はリスクアセスメントなどでリスク抽出の言葉が良く使われます。


posted by kapper at 06:36 | Comment(0) | 近況

2016年02月08日

最近の事 2016年2月 DOSBoxとx86エミュレータ、その他思った事

今月の近況の愚痴をブログします。
まあ最近は16bitの世界に逆戻りして短い時を楽しんでいます。
今回はそういった心境を整理して、
早く32bitの世界に戻れる様、棚卸ししていきます。

○DOSBoxとx86エミュレーションと長年の逸話
KapperがPocketDOSやBochsから追跡している長年のテーマの一つです。
OSC浜名湖2016では想定外でしたが大受けしました。
大変ありがとうございます。
僕らには目新しいテーマではないのですが、それでも珍しかったのでしょうか。
新しきものを追求するのは非常に大切ですが、古いものをクリアにするという
発想は前々からありましたがOSCの表舞台では避けていました。
当たり前すぎて。
色々な人に申し訳なさすぎて。
ネタがなかったので断念して過去の引き出しをOSC浜名湖でぶつけて見ました。
まあ温故知新といいますか、僕の偏見が大きかった様子です。
実はハードウェアの進化で使いにくかったアプリを実用化して花を開かせました。
今それを楽しんでいます。
ローカルで楽しんでいるブロガーさんも是非表舞台に遊びに来てほしいですよね。

ARMでWindows9xやアプリを動かしたいという気持ちが昔ありました。
モバイル機種ではアプリが少なかったんです。
LinuxZaurusやCEでは満足にXやアプリが扱えず物足りません。
Palmなんかは別格でフリーウェアの嵐でしたが限定的な仕様。
まあそんな時代からです。

所がNetwalkerを境にUbuntuがARMで動く様になりアプリに困らなくなりました。
Officeやブラウザやゲームまで。
大変な革新でしたね。
新規に開発する必要がなくなり、ARMでコードとアプリを共有化できる
そんな夢の様な時代がやってきたのが2009年でした。
しかし絶望に落とし込めるサポートアウト。
まあその繰り返しです。ARMの闇は。
そうは言ってもソフトとハードは進化し続けて現在に至ります。
x86のOSやアプリが簡単に動く様になり、Windows9xまで手軽に。
良い時代になりましたね〜

○初心者講座?
今回軸を変えまして「初めてのDOSBox」というネタで初心者向けに転換しました。
これ昔からやりたかった事で、
何かを発表する際に万人に満足できる発表は出来ません。
なら、初心者向け、中級者向け、マニア向けの選択肢があるはずです。
一つのテーマに3つの発表ベクトルがあるんです。
ネタが3倍に増えましたw
OSCでは中級者向けに絞っていますが、今回は初心者に振ってみました。
まあテーマ選定理由が既に初心者向けでないのはヲチですw

楽しいんです。
昔からやりたかったですが優先順位を低くしていたので。
東海道らぐのメンバーはコアな専門家が多いので面白くないかと思いますが。
旧式の16Bit環境も見直して行きます。
以前、「蘇るDOS」というテーマを14年前にHPに作りました。
その延長上です。

○最近の思うこと
僕の思いとして、
「記録は実験より重要である」
を自己紹介に上げています。実験所ですがw
実験して成功しても、記録が無ければ時の闇に葬られてしまいます。
ソフトウェアなんてそんなもの。
いえいえ勿論、ソフトウェアに限りません。
記録を残す事によって初めて次のステップに進める、そう思っています。
記録を読み直すことによって定着し、効率が良くなって後戻りがなくなります。
また記録を読む事によって他の人が同じ知識や経験を積む事が出来ます。
それが面白いんですよ。
人間一人のリソースなんてたかが知れていまして、何でもは出来ません。
色々な人が自分のやりたい事をやっています。
それも優先順位付けの一つです。
でも各人がゼロから同じ下積みをやるなんて無駄の塊です。
どうやって自分のテーマをクローズさせるか?後戻りしないか?
その結論を出さないまま、着手するのは無駄の局地です。
クローズする手段と結論を決め手から着手しましょう。

「お前の仕事はオープンソースか?」
と上司に言われました。バレタかw
ここを読んでいたら是非教えてくださいw
まあそう思い続けています。

でも最近思うこととして、
人生の思考と選択肢をどうデジタル化で表現するか、ですね。
アドベンチャーゲームである様なデジタル的な複数の選択肢です。
実の所、極論ですが人生の選択肢って選ばされているものです。
面白いですよね?
そうではないですか?
所がゲームと異なる所として、選択肢は少数では無く無限にあるのです。
この無限をどこまで知覚できるかが、人間の最大のゲームなんです。
面白いですよね?
もし少数だと感じたら、その人がその立場と視点で
見たいものを見たいという常に視野搾取にあるんです。
優先順位とかも含めて。
僕の思いとしては無限の選択肢をどれだけ知覚できるか?です。
 家でご飯を食べる、外に出かける、買い物にいく
そういうプロセスは何故発生したのでしょうか?
時間がそうしたのでしょうか?立場がそうしたのでしょうか?
行く、行かないだけでも無限の方策と時間軸があります。
面白いですよね?
将棋や囲碁を常に指しながら日常を過ごしている感じですかね?
将棋や囲碁好きですか?
自分のこの一瞬の立場はあるルールで自分で選んだものと選ばされたものの複合です。
無限の選択肢をどこまで知覚できるか?作り出せるか?
でも時間は誰でも平等に流れて失われていきます。
今の人生そんなゲームを毎日楽しんでいます。

では知覚というプロセスは何なのか?
例えば天才が天才であることは名古屋大学の天野教授を見ればよくわかります。
天才のプロセスは思考を通さずに瞬時に結論を導き出す事とよく言われます。
先生の名言として、ある一言が忘れられません。
「私は英語なんてまともに勉強した事がありません、
 勉強しなくても喋れるんですよ」
凡人の僕にとって衝撃の一言でした。
ああ、かの赤崎先生ですらそんなことは言えませんでした。
真の天才って素晴らしい。
ただ天才に凡人が勝てないかというとそんな事はありません。
天才にだって沢山の弱点があるんですよ。それが面白い。
色々ありますが、まず知覚の視野の限界です。
そうです見たいものしか見ないんです。
如何に無限の知能があっても視野が自由になりきらないんですね。
無限の視野というものは、そのベクトルを知覚しようと意識しないと得られない。
まあ難しくないんですがw
忙しいと誰でも優先順位的に絞られます。
万物の天才って文学理化学含めて殆どいませんよね。
羽生名人もインタビューの中で、

インタビュー「より将棋を深められると。いいことばかりですか。」
羽生名人「いや、どうしても相容れられない部分もあると思います。
 人間の思考の一番の特長は、読みの省略です。
 無駄と思われる膨大な手を感覚的に捨てることで、
 短時間に最善手を見出していく。その中で死角や盲点が生まれるのは、
 人間が培ってきた美的センスに合わないからですが、
 コンピュータ的思考を取り入れていくと、その美意識が崩れていくことになる。
 それが本当にいいことなのかどうか。
 全く間違った方向に導かれてしまう危険性も孕んでいます」
 http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20150312-01/3.htm

こう答えています。凄いですね。
「人間が培ってきた美的センス」、ですか。
僕ら凡人はプロセスで勝負するしかないんですよね。
プロセスって凡人の知恵です。QC7つ道具とかなぜなぜ分析とか。
道具に頼る事で時間は掛かるけど天才と同じ結論を得る。
まあそんな現代です。

学生時代に「実存主義」にはまりまして
図書館にこもって沢山の哲学の本を読みました。恥ずかしい過去です(ぇ
まあヘーゲルとか精神現象論も古い本ですがよく読みました。
こういう思考が好きなんです。

僕としてはデジタル世代でありたいと願っています。
いずれ近い将来に羽生名人の仰る「人間が培ってきた美的センス」の
外側の世界の価値観になるはずです。
面白いですよね?
外側の世界を知覚できる人が次の世代の天才です。


○間接部門の自工程完結
posted by kapper at 00:41 | Comment(0) | 近況

2016年01月04日

最近の事 2016年1月 あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。
昨年は日本と海外のオープンソース活動の表舞台に参加させて頂き
色々とご指導頂き誠にありがとうございました。
今年も宜しくお願い申し上げます。

書きたい事は東海道らぐLTで沢山話してしまったので
追加コメントという程度で。
読み返してみると去年と殆ど変わりませんし悪化しています。(汗
本質を見極める事が出来ず、決断できなかったのは自分の落ち度です。
恥ずかしながらも、過去の記録が残っているのはブログの良い所。

〇昨年の反省
1.やりたい事を並べすぎて全然進まなかったな
と言うのが反省1です。
去年と全く同じ内容といいますか、悪化していますw
まだ選択と集中を厳密に出来ないなと。
時間を確保するのが最優先です。現状維持は無理です。
OSCの発表周期を見直します。

スケジューリングが曖昧なのが弱点です。
で、ネタ切れ。宿命ですね(涙)
ネタを作る旅からやりなおさないと。


2.海外OSC、東海道らぐ参戦
去年は海外OSCに参加させて頂きました。
海外に沢山知り合い出来ました。皆様に感謝申し上げます。
仕事と並行するのは大変でしたけど楽しかったです。人生感が変わりました。
また今年もよろしくお願い申し上げます。

OSCと東海道らぐLTのネタを並列する事を両立させるのが大きな課題です。
45分のメインテーマのセッションは出来るだけ犠牲にして
サブテーマの位置づけを15分前後にて作成しネタを蓄積させる
活動を最優先に行います。
とにかく小さいネタを積み上げる活動に転換します。
残念ながら。


〇今年の進め方
1,海外オープンソースイベント参戦
今年も近隣諸国を優先して英語勉強がてらに参戦します。
もちろん、ブログでレビューする予定です。
日本みたいに毎回新ネタを用意するのは危険なので当面止めときます。
キャパ次第ですが日本の活動は縮小します。
仕事もとてつもなく忙しいので、体を壊しかけています。
パワハラ暴言上司のお陰で、部署内が全員精神的に病んでいます。
残業時間とストレスと、言葉の暴力に耐えかねて、離職者も出るかも。
というか僕を一番最初に早く外せw
そろそろ限界点かなぁ。早く他の部署に異動したいです。

2,今年のARMネタ
今年もまずChromebook。その次にタブレット。最後にRaspberryPi。
それから何やろう?というのが本音。
45分話せるネタが意外とありそうでネタがないのが事実。
今回、意図的にいくつかのテーマの優先順位を大きく下げました。

優先順位付け(A〜C)
A・海外OSC発表、資料作り
C・国内OSC発表、資料作り
C・国内勉強会とLT大会発表、資料作り
A・Netwalkerビルド(ディストリ作り)
C・N900 (需要あるかな?LT向け)
C・IS01 (いつか着手したい。LT向け)
A・Chromebook(継続)
A・Nexus7 Android(焼き直し。追跡)
A・Android中華パッド (継続)
B・Windows中華パッド (継続)
C・CygWin(継続)
C・Pkgsrc on Linux(継続)
B・x86 Emulation on ARM Linux
C・OpenPandora (最後発。Pyraのリリースに合わせて?)
B・RasPI系ARMボードPC (周回遅れ、本家コミュニティあり。LT向け)
B・スマートウォッチ (ネタ不足。とりあえずテーマを決める所から)
C・スティックPC全般(他のOS系テーマと平行)
C・NetBSD ARM (本家コミュニティあり。LT向け)
C・FirefoxOS (本家コミュニティあり。LT向け)
C・UbuntuPhone、Touch(本家コミュニティあり。LT向け)
C・その他OS(SailfishOS、Tizen他。LT向け)
C・PS2 Linux他(ゲーム機系)
C・エミュレータ系(BochsとかQemuとか。LT向け)
B・パッケージ独自ビルド
A・言語勉強
B・3Dプリンタ自作(実は3Dプリンタ無くても出来る事に気がついた(謎)
B・Blender勉強(UIが使いにくいです・・・)
A・3D CAD勉強(アプリ探さないと・・・)
B・NG-Spice、LTSpice勉強
A・英語、中国語勉強

また沢山w
絶対出来ないぞ、俺w
分かっているよな自分w
自分で思いつくものを全て書き出してみないと頭の中は本当に分からないものです・・・
進まないのはこれが一番の理由というか悪さです。
というかこれでは45分話せない・・・
是非、皆様も優先順位付けしてみて下さい。
意外と無駄というか無理沢山出てきますw
また皆さんもこれが聞きたいというネタがあったら是非教えてください。
皆様の声が一番のモチベーションです(本当に)

OS系で攻めるか機種別で攻めるか。
あまり良いネタが選別出来ません。
流行りに拘ってはいけません。
いつも最も良いネタを仕込める訳ではありません。
リソースないのに贅沢言いません。

○ここ最近の機種
・Netwalker
ちょくちょく使っています。
ディストリ系ビルドを進めていますが時間がかかります。
そこが勉強し所。
アプリもOSもハードもまだ死なすには惜しいですが、
流石に現役Chromebookとスペック差が3倍を超えると使いにくいw
RaspberryPiも同じです。

やっぱり旧式デバイスにはアプリ追加です。
OSなんて突き詰めるとアプリの有無です。
使いたいアプリを追加、学習、増やすか。
元々Netwalker実験所のコンセプトはOS入れた後使い方が分からない悩みに対し
何に使うか、こんな使い方あるんだぜ、
出来るんだぜをLinuxで証明する事が目的です。
ばんばんビルドしましょ。

・ARM Chromebook
去年と今年のメインです。
毎日の様にフルで使ってます。
早く次世代機お待ちしております。
x86とかC720とか欲しくないヤイw

・RaspberryPi
最近良く使っています。
ブログ書かないと、と思っていますが。
ありきたりの内容を気にせず書けるか、書かないか
後発であることを気にしてはいけないんですよね。
得るものは沢山あります、って。

・Tablet全般(Android、Windows)
他のデバイスに押されながらも使っています。
便利です。楽しいです。
いずれまた、色々と。
posted by kapper at 23:08 | Comment(0) | 近況

2016年01月01日

あけましておめでとうございます 2016年1月1日 A Happy New Year!

あけましておめでとうございます。
昨年は沢山の方にお話頂き誠にありがとうございました。
今年もよろしくご指導お願い申し上げます。
コメントご指導、Twitter Facebook ブログ オープンソースカンファレンス
東海道らぐ 姫路IT系勉強会 kernel/VMなどなど
ガンガンお待ちしてます。
posted by kapper at 10:45 | Comment(0) | 近況
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ