にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2012年11月05日

新世代タブレット Nexus7 USBホストケーブル 周辺機器活用編 その3

Kapperです。
Nexus7の使い勝手は如何でしょうか。
Ubuntuを使うのにタッチパッドは苦労します。
前回のネタを参考に是非初期設定をやり遂げてみて下さい。
面倒ですよねw

〇USB周辺機種
実は電源用のUSB端子がNexus7のUSBホストになってまして
市販のUSB-MicroUSBホストケーブルでUSB機器が使えます。
電源にあまり余裕がなさそうですけど、
Bluetooth含め最初は無いと不便で困ります。
大抵のものは動くはずです。
USB機器をつなぐと充電できなくなる罠付きですがw

〇USB機器のテスト
動いた周辺機種をざくっと

・USBマウス
・USBキーボード
・有線LAN UE-200TX-G
・USBハブ U2H-PP3BBK
・USBカメラ 30万画素
・USBメモリ
・USB HDD
・USBカードリーダー


〇Bluetooth機器のテスト
こっちもついでに。
Ubuntuで動くものなら青葉でも問題ないかと。

・マウス
・キーボード
 (認識は問題ありませんがエラーが出て落ちて動かなくなりました...
  手動にて設定が必要です)
・Androidスマホ


多分ですがUbuntuで動くものは一通りは動きそうな感じです。
マウスかキーボードは当面必須でしょう。
タッチタイプで簡単に使えるアプリ無いでしょうか?
暇があったら色々試してみます。
posted by kapper at 21:58 | Comment(3) | Nexus7

2012年11月04日

新世代タブレット Nexus7 UbuntuLinux 12.10 初期設定編 その2

Kapperです。
無事にNexus7にUbuntuをインストール出来ましたでしょうか。
英語版設定のままなのでちょっとセットアップしましょう。
細かい所は従来のままです。


〇無線LANの接続
まず再起動しましょう。
そうすれば無線LANのアイコンが動きますのでクリックして設定します。
多分繋がるはずです。


〇新規ユーザーの追加
インストール時のユーザーはUbuntu Userです。
このまま使うと全世界共通Administrator権限でセキュリティゼロなので
自分のユーザーを設定しましょう。
アイコンか右上メニューの「System Settings」を起動させると
System Settingの一覧が表示されます。
右下に「User Accounts」がありますのでタップします。

「Other Accounts」をクリックしますと、ユーザー設定画面が出てきます。
右上の「Lock」を押すとロックが解除されて新しいユーザーを追加できます。
この時パスワードを聞いてきますが、初期パスワードは「ubuntu」です。
左下の「+」を押すと新規ユーザーを追加出来ます。
アカウントタイプは自由で良いですが、
ログインオプションの「Acount Disable」の所を押してパスワードを追加しましょう。
自動ログインのON、OFFは各自の自由で。

ユーザーを追加しましたら右上のメインメニューに Lock/Swich Account
をクリックしてユーザーを変更します。
実はかなり重要です。
お忘れ無き様。


〇日本語表示
次は日本語設定です。
設定メニューの「Language Support」をクリックします。
すると自動的にインストール画面が出てきますので一旦キャンセル。
「Install/Remove Language」をクリックしますと色々な言語設定画面が出てきますので
「Japanese」を選択してインストールします。
自動で色々なパッケージが入りまして日本語化されます。
関連パッケージがインストールされましたら、
「Language for menu〜」の一番下に日本語が追加されますので
ドラッグして一番上に持ってきます。
右のタブの「Regional Formats」の「Display numbers〜」の表示を日本語に切り替えます。
でログオフもしくは再起動。
表示が日本語に切り替わるはずです。


〇時刻の設定
次は時刻の設定。
アメリカ?に設定してありますので
「時刻と日付」の設定を選んで画面中央の世界地図で東京を選択します。
時間設定が変更されればOK。


〇電源の設定
ここではサスペンドするかしないかだけです。
初期設定ではバッテリー駆動時も電源接続時もサスペンドしないにしてあります。
Nexus7には蓋の電源ONOFFが無いのでサスペンド設定は
各自の自由に変更しておきましょう。

〇Classicmenu indicatorのインストール
こんな使いにくいドッグ環境をまともに使おうとしたら気が狂いますので
Classicmenu indicatorをインストールします。
メニューバーを追加してくれます。
まずは本家よりパッケージをダウンロード。

 http://www.florian-diesch.de/software/classicmenu-indicator/dist/classicmenu-indicator_0.07_all.deb

ダウンロードしたらインストール。
ブラウザかダブルクリックでインストール。
インストールしたら再起動。簡単ですよね。
再起動したらいつもの右上のIndicatorに白色のUbuntuマークが増えているはず。
これがランチャーです。
是非使ってみて下さい。


〇ソフトウェアの追加
UnityドッグにUbuntuソフトウェアセンターがありますので起動してクリック。
まず右上の検索にキーワードを入れてuimかibusを入れます。
これが無いと日本語入力は始まりませんよね。
Unityドッグにibusが出てきますので右上のキーボードをクリックすると設定出来る様になります。
インプッドメソッドにAnthyが入っています。
人気のmozcが無いのは何故でしょうか?
キーボードが無いと日本語入力できるのでしょうかね?
Ctl+Spaceキーで日本語入力に変換できます。
変更しようにもボタンが...


〇ソフトウェアキーボードのマウスキー対応へ変更
Ubuntu標準のソフトウェアキーボードには
実はマウスボタンをソフトウェアキーボードに追加して操作性を改善出来ます。
システム設定の「ユニバーサルアクセス」の「ポインター操作とクリック」に
マウスキーをONにします。
これでマウスキーの追加が出来ます。
また「副ボタンのクリックの代替え」と「ホバークリック」も便利なのでONにしましょう。
これでマウスの挙動をタッチタップで代替えできます。
ある意味必須ですよね。


〇ソフトウェアアップデート
端末からapt-getでもsynapticでも使って良いですが、
まずアップデートファイルを入れておきましょう。
いつも通りで、

 sudo apt-get update
 sudo apt-get upgrade

今日現在で91個程パッケージがアップデートされます。
Unity環境ではなぜか更新チェックに時間がかかります。
手動でアップグレードを掛けておきましょう。


○BOINCインストール、ベンチマーク
BOINC自体はapt使っても良いですし簡単に入れられます。
Ubuntuの強みですね。

他の環境のベンチはこちらを参考下さい。
早速ベンチを測ってみる事に

 BOINC Client Ver 7.0.27 arm
 Ubuntu Linux 12.10 ARM版
 OS:Linux:3.1.10-6-nexus7
 Number of CPUs: 4
 711 floating point MIPS (Whetstone) per CPU
 2495 integer MIPS (Dhrystone) per CPU

Tegra2と比べてもそれ程高速化しておりません。
Netwalkerのおおよそ2倍位で、
Tegra2のDynabook AZの1.2GHzにクロックアップしたのとほぼ同等です。
Nexus7が1.3GHzである所を考慮しますと、クロック対比はそう変わりません。
性能同じ * CPU4個って所でしょうか。
性能UPはそこまで望めない感じでしょうか。


〇まとめ
色々ありますけど端末が使えないと不便です。
こんなの一個づつクリックして設定しろって?
せめてマウスが無いとたまりません。
設定一つするのに何回タップして作業するのか?
アプリ落ち、処理落ちや待ち時間もイライラします。
Unityはまだまだ駄目だなー。
たまらなくウザい。
でもこれでCanonicalの中の人にも気づいてもらえるはず。
タブレットにはUbuntuはまだまだ不便な存在の様ですな(涙)


PS1.ソフトウェアのインストールで下記の内容をコメントしましたが、
 アップデート後にUnityの設定が変わってしまい、
 ランチャー、メニューバーが表示されなくなってしまいました。
 再インストール必須です。
 多分UnityがOpenGL必須でNexus7がまだ非対応の為かと思います。
 Unity-2Dがなくなった弊害が出ております。
 対応されるまではソフトウェアソースに追加するのは止めておきましょう。

 >まずシステム設定でソフトウェアソースから追加します。
 >インターネットからのダウンロードにrestricedとアップデートに追加しておきましょう。
posted by kapper at 21:24 | Comment(0) | Nexus7

新世代タブレット Nexus7 UbuntuLinux 12.10 インストール編 その1

Kapperです。
ついに次世代タブレットのNexus7を購入しました。
Ubuntuが動作動作報告が上がったのが切っ掛けです。
Canonicalがサポートに乗り出したのも大きいです。
UbuntuだけでなくChromiumOSが動いた様ですね。
タブレットの本命なので間違いなく他のディストリも続くでたしょう。
待ち望んだNetwalkerの後継になると良いな。

〇Nexus7 & Ubuntu
Nexus7はGoogleから発売されたAsusのTegra3タブレットで、
安価な割に高性能で遊べる端末です。
拡張性が低いのが難ですが、全世界に展開された
驚異的なユーザー層を誇り間違いなく次世代タブレットの中心になるでしょう。
Root化やHack例も多数報告されており、群を抜いております。
Androidを使うのも良し、Ubuntuを使うのも良し、遊んでみましょう。

本家の報告はこちらからです。
日本の方もさっそく報告例が。
大変感謝です。
Ubuntuからは既に専用インストーラーが開発されておりまして、
誰でも簡単にインストール作業が可能です。
androidは消去されますが是非使ってみましょう。

〇Ubuntuのインストール
Androidのデータが削除されますのでバックアップしましょう。
こちらは割愛します。
リカバリ用のデータはUbuntu本家HPに貼ってありますね。
下記は本家HPのまんまですが、インストールをするのに必要な下記を用意します。

・Ubuntu12.04以降がインストールされたPC
 (Windowsでも可)
・MicroUSB-USBケーブル
・Nexus 7 Tablet本体 (8GB, 16GB, or 32GB)

今回はUbuntuを使いますのでWindowsの方法は割愛します。
Ubuntuの端末から下記のPPAレポジトリ登録とインストーラーを入れます。

 sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-nexus7/ubuntu-nexus7-installer
 sudo apt-get update
 sudo apt-get install ubuntu-nexus7-installer

次にNexus7の電源ボタン長押しで電源をOFFにします。
電源が切れましたら右上あたりにあります
「電源ボタン」と「volume downボタン」を押しながら再起動します。
するとこんなドロイド君の起動画面が出てくるはずです。

そうしたら、Nexus7とUbuntu PCをMicroUSB-USBケーブルで繋ぎます。
繋ぎましたらUbuntu PCの端末から下記コマンドを入力。

 $ sudo fastboot devices
 1234567891234567 fastboot

こんな感じに表示されましたらOK。
でNexus7をアンロックします。
こちらも端末から入力。

 sudo fastboot oem unlock

そうするとこんな感じの画面表示になりますので
YESを選択して「電源ボタン」を押します。
すると元のドロイド君画面に戻りましてアンロックされます。
で一度「電源ボタン」と「volume downボタン」を押しながら再起動します。
画面に赤文字で"LOCK STATE - UNLOCKED"と表示されていればOKです。

そこまで来ましたらUbuntuをインストールします。
まずUbuntu PCのダッシュもしくはランチャーに
こんな感じのアイコンが表示されますので実行します。

後は半自動です。
Nexus7のメモリ容量を聞いてきますので自分の機種のをクリックしてOK。
boot.imgとrootfs.imgが自動でダウンロードされます。
混んでいるらしく結構長いです。今だと2時間位でしょうか?
のんびり待ちましょう。
ダウンロード完了しますとFlash領域に書き込みが開始します。
終了しましたら電源が切れてNexus7にUbuntuのインストールが開始します。
無事終了します。
簡単ですよね。

〇まとめ
今回はここまで。
次回は簡単なセッティングを行います。
高解像度の割に比較的サクサク動きます。
細かすぎて動かしにくいのが難です。
USBホストもありますので周辺機種が欲しいですよね。
是非試してみましょう。
posted by kapper at 18:47 | Comment(0) | Nexus7

2012年11月03日

Google Nexus7買いました

Kapperです。
突然ですがNexus7を購入しました。
さっそくUbuntuを入れてみます。
これだけのメジャー機をCanonicalが
Ubuntuの準サポートしてもらえるのはありがたいですね。
posted by kapper at 22:04 | Comment(0) | Nexus7
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ