にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2014年06月16日

モバイルUbuntu、NetWalker登場 Ubuntu 10.04 Lucid chroot導入編 その228

今回はNetwalkerのchrootでLucidを入れてみました。
ネットで情報を入手してテストしてます。
若干内容を変えてありますが基本は同じです。
感謝です。

○Netwalkerのchroot環境
Netwalkerでもchrootを使う事で様々なディストリを導入可能です。
サポートされているOSを使う事で一部分でも最新版を導入できます。
今回はLucidをテストしました。

○Ubuntu Lucidの導入
今回もこちらを参考にしました。

 打倒RaspberryPi!? NetWalkerはじめました(その9:Chrootでdebian)

まずはapt-getで関連パッケージを導入。

 sudo apt-get install debootstrap schroot

chrootを導入するディレクトリは~/ubuntuにします。

 mkdir ~/ubuntu

debootstrapの設定を変更。
ubuntuの設定は無いので書き換えます。

 cd /usr/share/debootstrap/scripts
 sudo cp jaunty lucid

debootstrapコマンドでlucidをインストールします。

 sudo debootstrap --arch armel lucid ~/lucid http://ports.ubuntu.com/ubuntu-ports/

インストールが終わったらrootでOSに入ります。

sudo chroot ~/ubuntu /bin/bash

chrootで、地域や言語の設定を行います。[ ] の中身が設定値。
ついでにapt-getで必要なアプリを追加します。

 apt-get install locales sudo

 dpkg-reconfigure tzdata [Asia -> Tokyo]
 dpkg-reconfigure locales [en_US.UTF-8 / ja_JP.UTF-8]

ユーザーを追加します。

 adduser (username)

ユーザーを追加します。
とまあ、ここまでやったら一旦親OSに戻ります。

 exit

戻ってきても管理者権限のままのはず…
その足で、子OSへ通常ユーザーで入るときの設定をします。

 sudo gedit /etc/schroot/schroot.conf

※[sarge]の設定を[lucid]に替えて、users=(username)にすればいいと思います。
書き換えます。


[lucid]
description=Debian lucid (stable)
location=/home/kapper1224/lucid
priority=2
groups=sbuild
aliases=stable
users=kapper1224


管理者権限から降りて

 exit

通常ユーザーで子OSに入ります。

 schroot -c lucid -p

多分動いたはずです。

○12.04 preciseアップグレードNG
12.04にアップグレードしてみましたが
libc6のエラーで動作しません。
kernel2.6.31以上の認証が必要らしいです。
そんな理由だったのか。

locale: /lib/libc.so.6: version `GLIBC_2.15' not found (required by locale)
Checking for services that may need to be restarted...
Checking init scripts...
Checking for services that may need to be restarted...
Checking init scripts...
Nothing to restart.
WARNING: this version of the GNU libc requires kernel version
2.6.31 or later. Please upgrade your kernel before installing
glibc.

The installation of a 2.6 kernel _could_ ask you to install a new libc
first, this is NOT a bug, and should *NOT* be reported. In that case,
please add lenny sources to your /etc/apt/sources.list and run:
apt-get install -t lenny linux-image-2.6
Then reboot into this new kernel, and proceed with your upgrade
dpkg: error processing /var/cache/apt/archives/libc6_2.15-0ubuntu10_armel.deb (--unpack):
subprocess new pre-installation script returned error exit status 1
Errors were encountered while processing:
/var/cache/apt/archives/libc6_2.15-0ubuntu10_armel.deb
E: Sub-process /usr/bin/dpkg returned an error code (1)



○まとめ
細かい所に課題はありますが一応動作します。
実は12.04preciseの導入テストもやってみたんですが、
libc6のアップデートの際にkernelのバージョンエラーが出て
インストール出来ませんでした。
2.6.31以上が必要だそうです。
それで12.04がNetwalkerで動作しないんでした。
kapperはまだchroot勉強中です。
是非使ってみて下さい。
posted by kapper at 01:05 | Comment(2) | Netwalker
この記事へのコメント
libc6はビルド時に最低カーネルバージョンを指定できます。
2.6.28を指定すればNetWalkerでも動くlibc6ができます。
Posted by ょぅ at 2014年06月16日 21:15
ょぅ様

コメント及びお教え頂き誠にありがとうございます。
libc6をコンパイルした事なかったので大変助かります。
そんな方法があったのですね。
知りませんでした。
Posted by Kapper at 2014年06月16日 21:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ