にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2014年06月15日

モバイルUbuntu、NetWalker登場 Android4.0.3イメージ MicroSDブート テスト1編 その227

今日は工学院大学 金丸研究室で移植されたAndroidイメージを
遅まきながら試してみました。
公開からかなり時間がかかっていますが記録をします。

○NetwalkerでのAndroid
Androidはオープンソースの為、自分でコンパイルすれば
一応動作できる様になっています。
工学院大学ではコンパイル方法とインストール方法まで
公開されているので非常に分かりやすくて助かります。

 android 4.0.3 (ICS: Icecream Sandwich) on NetWalker : 工学院大学 金丸研究室 


○Androidのインストール
基本的にはHPに書いてある内容そのままです。
丁寧な文章ありがとうございます。

まずNetwalkerにMicroSDを挿入して領域変更します。
NetWalker に gparted をインストールし、SD カードのパーティションを切ります。
gparted のインストールは

 sudo apt-get install gparted

そのままgpartedを実行してもMicroSDの領域が出てきませんので
コマンドラインで指定します。

 sudo gparted /dev/mmcblk0

を実行します。mmcblk0p1と間違えない様にしましょう。
パーティションは2つ必要で、

・ext3 領域 (kernel/android システム格納) : 1GB 程度, ラベルを rootfs
・FAT32 (LBA) 領域 (SDカード領域) : 残り, ラベルを media

のように設定します。
終わったら、一度SD カードを抜き差ししてマウントします。
そして、下記の手順でインストールしていきます。
http://mit.sharp.co.jp/os.tar.bz2 をダウンロードし、SDカードの ext3 領域に展開します。

 wget http://mit.sharp.co.jp/os.tar.bz2
 sudo tar xf os.tar.bz2 -C /media/rootfs

SD カードの ext3 領域の /media/rootfs/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules を編集し、
一行文の中身を全てコメントアウトします。
(無線 LAN デバイスを eth0 に固定するためです)
例えばgeditを使います。

 sudo gedit /media/rootfs/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

SD カードの ext3 領域の etc/rc2.d/S01upfirm を etc/rc2.d/~S01upfirm とリネームします。

 sudo mv /media/rootfs/etc/rc2.d/S01upfirm /media/rootfs/etc/rc2.d/~S01upfirm

SD カードの ext3 領域の boot/boot.conf を編集し、コンソールのオプションを
に変更します。 例えばgeditを使います。

 sudo gedit /media/rootfs/boot/boot.conf

 console=tty1

カーネルイメージ zImage (ビルドした場合は $ANDROID_ROOT/jaunty-arm/arch/arm/boot/zImage)
をSD カードの ext3 領域の boot ディレクトリにコピーします。
(Gingerbread で使った kernel では起動しません)

 wget http://brain.cc.kogakuin.ac.jp/research/files/ics/zImage
 sudo cp zImage /media/rootfs/boot/

上でビルドしたandroid システム領域を例えば
SD カードの ext3 領域の android/ics などとコピーします。
圧縮済みのものをダウンロードした方は、展開して配置してください。
android/ics/init というファイルが存在する配置になっていればOKです。

 sudo mkdir /media/rootfs/android
 wget http://brain.cc.kogakuin.ac.jp/research/files/ics/ics4.0.3-20120102.tgz
 sudo tar zxf ics4.0.3-20120102.tgz -C /media/rootfs/android

SD カードの ext3 領域にて etc/rc.local を編集し、 「exit 0 」の手前に
と書きます。 例えば

 sudo gedit /media/rootfs/etc/rc.local
 
 /usr/sbin/chroot /android/ics /init


以上の準備が整ったら、SDカードをアンマウントします。

 sudo umount /media/*

そしてUbuntuをシャットダウンしますが、Ubuntu シャットダウン時は、
毎回このアンマウント処理を行った方が無難です。

 sudo poweroff

起動時は、 マウスボタンを2つと電源ボタンを長押しします。


○Androidを使ってみて
HPに書いてある内容そのままですが、
まず無線LANの認識が悪く、電波も弱いのでネットが安定しません。
後はエラー表示が多発してバックグラウンドでよく落ちている様です。
また挙動が不安定で動作がやや重い気がします。
省電力モードで動かなくなりますが液晶が表示されたままなので
電源ボタンで動かす必要があります。

○まとめ
移植と動作は問題ありません。
ただ安定動作は難しい気がします。
MicroSDをベースにする限り、SSDより速度面でハンディがあるのは止む終えないですが。
色々な使い方を模索していきましょう。
posted by kapper at 12:01 | Comment(0) | Netwalker
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ