にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2013年05月22日

ウィルスとバックアップの謎の相談事

Kapperです。
今日は会社で受けたPCの相談事がツボにはまりましたのでネタにします。
まあ聞かれた人の相手によって大分印象は変わりせうw


○相談事の概要
とある日の良くある相談事。

Aさん「実は実家のパソコンがコンピュータウィルスに感染したので
   バックアップを取りたいのですが、HDD貸して貰えないでしょうか?」
Kapper「ぇ?」

どこにでもありそうな相談事ですが、
頭が真っ白になりまして何を意味しているのか
理解できませんでした。
本人面白すぎる天然キャラなので
あえて深く質問を返しませんでしたが、
多分こういう想像です。

 1、PCをネットで使っている際にどこかからウィルスを拾って感染した。
 2、怪しい挙動になりウィルスに感染した事を確認
   (ウィルススキャンソフトに引っかかった?)
 3、大事?なデータがあるので削除、リカバリ出来ない
 4、リカバリする為にデータをHDDに移したい
 5、HDD持ってないけど買うのは勿体ない。誰かに借りよう

突っ込みたい所は山ほどあるのですがPC初心者レベル?なので
中途半端な情報は与えず生暖かく見守ってあげる様にしました。
このご時世にどっからどんなウィルスを拾ってどんだけ破壊されたのか
大変面白そうですが。まだPCは起動する様です。
ちょうどUSB HDDが手元になかったので

Kapper「DVDやブルーレイにコピーしたらどう?」
Aさん「多分容量が足りない」
Kapper「どのくらい容量必要なの?」
Aさん「80GB位」
Kapper「大した大きさじゃないね。手持ちのメモリカードだとちょっと足らない。
    ネットワークHDD(NAS)ならあるけど使う?」
Aさん「何それ?」
Kapper「LANケーブル経由で繋ぐだけだけど」
Aさん「難しくて良く分からない」
Kapper「・・・USB?」
Aさん「USBがいい。返す時にHDD大丈夫?」
kapper「・・・。(こいつ感染させたまま返却する気か?)
    ・・・まあほぼLinuxしか使ってないから再フォーマットするから気にしないけど、
    そっちは大丈夫?」
Aさん「データがバックアップ出来れば大丈夫」
Kapper「・・・。そうなんだ・・・」

済みません。
見事に会話がかみ合っていませんw
ヒヤリングするのも注意深く考えます。
見てくれと言われるのが面倒なので、
何が大丈夫なのか根拠が気になりますが経緯余罪含めて後日談で確認しますw

手持ちが無いので余っている玄箱とかSCSIとかUSB1.1とかDVD-RAMとか
押しつけてみようかなとも思ったのですが説明するのも面倒なので
ちょっと考えます。

○気になった点

1、どこからどんなウィルスを拾ったのか?

 通常ルーターがある程度ポート塞ぐはずなのでOSのセキュリティアップデートを
 掛け続けていれば素人でも簡単にやられないはず。
 危険なエロサイトでも見ていたか、スパムからバックドア貰ったとか?
 
2、何故ウィルスに気が付いたのか?

 プロバイダにパケット怒られない限りは
 Windowsの挙動が不安定になった?
 通常ウィルススキャンソフトに引っかかったと考えるべき?

3、検疫出来ていないのになぜバックアップするのか?
4、他のストレージPCなど別の2次感染源を考慮しないのか?
5、そもそも家内外のネットワークを考慮しているのか?
6、感染したHDDをそのまま他の人に返すつもりなのか?
  普通迷惑じゃないのかなぁ。

まあ本来色々調査が必要かと思いますが。
自宅訪問無料サポートは勘弁したいので、
まず吉報を楽しみにまってみます。
あら不思議?なの?
経験談がある方は是非教えて下さいな。
posted by kapper at 23:17 | Comment(0) | PCその他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ