にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2013年05月05日

単3乾電池 電子ブックリーダー jetbook Lite 購入

Kapperです。   
今回も世界でも珍しい乾電池電子ブックリーダーのjetbook LiteをE-Bayで入手しました。
折角なので感想などをブログにします。
残念ながら日本語は文字では表示出来ませんが
画像専用と考えたら素晴らしい機種である事に変わりはありません。
対応フォーマットが多いのが強みですが、スペックが低いので
もっさりに耐えられる人にはお勧め。

参考までYoutubeの動画

 Review of the Ectaco Jetbook Lite e-Reader

 MobileReadのWiki



〇jetbook Liteとは
jetbook Liteは電子ブック端末で世界でも珍しい単3乾電池4本で動作します。
ベースにLinuxOSが入っております。
連続90時間で数か月〜1年はまともに使えます。
残念なのは日本語を表示出来ない点ですが、加工して画像表示すれば。
多数のフォーマットに対応していますが豆腐対策が切実な端末。
欧米言語には一応対応しています。

特徴としては


・Support of Adobe DRM, ePub, Mobi, PRC, RTF, .txt, .pdf, .fb2, .jpg, .gif, .png, .bmp
 and html file formats
・Support of eReader (PDB) DRM format through Ereader.com and Fictionwise.com
・English-English dictionary for instant word definitions
・Pre-loaded with the top 100 favorite classic ebooks
・Perfect pocketable size
・Support for eBook contents in Albanian, Arabic, Catalan, Danish, Dutch, English, Faeroese,
Farsi, Finnish, French, Galician, German, Hebrew, Icelandic, Italian, Norwegian, Portuguese,
Spanish, Swedish, Croatian, Czech, Estonian, Hungarian, Latvian, Lithuanian, Polish, Romanian,
Russian, Slovak, Slovenian, Vietnamese and other languages.
・Bidirectional cross-dictionaries between English, German, Spanish, Polish, and Russian
・Multilingual interface options
・Pre-loaded CIA World Factbook
・Bookmarks and auto page turn functionality
・Adjustable font type and size
・Screen rotation support for both portrait & landscape modes
・SD card slot (expandable up to 32GB)
・Batteries 4xAA (rechargeable batteries can be used as well)
・Free firmware updates available at www.jetbook.net


という所でしょうか。
意外にも多数のフォーマットと32GBのSDカード、単3乾電池の組み合わせです。
対応フォーマットは日本語表示できないので
画像表示は出来ますが埋め込みフォントは対応しておりません。
つまり内臓フォントに無い言語は豆腐で表示出来ません。


〇使ってみて第一印象
外観おもちゃのプラスチックタイプでごちゃごちゃボタンが多数あります。
5インチモニタは小さくシンプルで軽量です。乾電池の部分が出っ張ってます。
サイズはCDのケースより片側1p程小さい程度です。
日本人風のまともな説明書は無く箱に書かれた表示と電子マニュアルだけです。

開いてみますと意外にTFT液晶が見やすくWikireaderとは比較になりません。
初期ではエドガーアランポーやコナンドイルの英文小説が9本入っていて
試し読みが出来る様になっております。
画像表示の際には急に読み込みが重くなるのは仕様ですねw
勿論タッチパネル非対応。

内臓ディスクには容量が無いので基本的にSDカードを入手して
それに入れる形になっています。
標準のファイラーで操作してファイルを選択します。
日本語ファイル名を付けない様に注意します。

〇ファイルのカスタマイズと画像表示

・電子ブックコンバータ Calilbre
PC側のコンバータにはこれを使います。
Jetbook Liteもサポートされていて調整出来るので便利ですが、
画像のインポートが出来ません。jpgファイルでないとエラーでます。

・画像サイズ調整
こいつの解像度は640×480なので片方でもそれ以上の解像度の画像は表示されません。
画像エディタでサイズ変更する必要があります。
特に指定はありませんので標準のペイントを使います。
ピクチャの指定で縦横が640×480を下回る様に設定して保存しましょう。

・端末SDカードに保存
これはコピーするだけです。
Calilbre使っても良いですし、エクスプローラーでも問題ありません。
ファイル名には日本語が入らない様にしましょう。


〇結論

・スマホ、タブレットユーザーならそちらの方が便利
・日本語表示には画像データ必須ですし、作成には母艦、SDカードが必須で
 単独では使えません。勿論無線LANとかもありません。
 1ファイルづつ画像加工する手間を惜しまない人には良いかもしれません。
・単3乾電池は小さくて軽いのでいざという時に便利です。
 エネループを使うのも良し。マニア心をくすぐる逸品です。
・入手は国内にはありませんのでE-Bayから直輸入する必要あり。
・端末は安くて静止画はなんとかOK。自炊派オンリー端末。
・立ち上がりに数十秒かかるのでもっさり。起動してももっさり
 ファイル読み込みももっさり。なにをするにももっさり。
 スーパーもっさりに耐えられれば。

 
〇まとめ
当然ですが単3乾電池が全てです。全世界で唯一現役です。
無理に入手する必要は無いとは思いますが日本人から見たら完全にマニア向け。
母体がLinuxですが改造できる情報が一切ないので手の付けようがありません。
改造は無理だから画像英文専門端末として使いましょう。
欲しい人は円高でE-Bayに在庫があるうちに入手しましょう。
他に日本に直接発送してくれるサービスがあれば良いのですが。
興味のある方はどうぞ。
posted by kapper at 19:09 | Comment(0) | モバイル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ