にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2013年02月28日

最強省エネテクニック  電力測定テスト エコワット編 その2

Kapperです。
前回でおおよその電力マップを作成できたかと思います。
じゃあ次は本当に電化設備の省エネ対策として買い替えを検討できる
レベルかどうかを判定する目安が必要になります。
一番格安なエコワットを使って測定してみましょう
というのが今回のネタです。

〇エコワットとは
エコワットは電力値から簡易CO2測定と電気代を表示する機器で
安価ながらも最低限の機能を持つ電力測定機器です。
Amazonで980円で買える事で知られています。
定格電力値の高い電力を正確に測るのには必要不可欠で。
切り替えの重要な指針となります。

〇さっそく測定
エコワットでまずPCを測定してみます。
デスクトップPCの場合、電源容量によって出力が決まっていますが、
周辺機種の取り付けによって電力が異なります。
値をうのみにせず測ってみるのが重要です。

実際はかって見ますと350Wの電源ですが、116Wと表示されました。
大体1/3程度の電力です。
電源容量でなく使用電力に左右される様でした。
高クロックなCPUやグラフィックボード、HDDなどが電力を食いますので
使わない周辺機種は外しておきましょう。

〇まとめ
実際に電力を測ってみないと分からない事もあります。
買い替えするか否かの指針は改善できる電力代の差なので
読み間違えますとペイできなくなるので痛いです。
測定出来ましたら電力マップを改定してみましょう。
980円は勿体ないかもしれませんが、
コスト改善と投資のバランスを明確に線引きできるので
入手できる機会があれば是非測定してみましょう。
posted by kapper at 22:37 | Comment(0) | 節電
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ