にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2012年12月19日

新世代タブレット Nexus7 Android OS root化 TWRP recovery image インストール編 その13

Kapperです。
今回のネタはNexus7のAndroid OSでroot化をネタにします。
母艦はx86のUbuntu12.10を使いました。
root化をすれば保証外ですがカスタムカーネルや
オーバークロックカーネルなどが使える様になります。
Ubuntuのユーザーが日本では少ない為か、調査に時間がかかりました。
興味のある方は試してみてください。

○Nexus7のAndroid root化
実際のLinuxでも同じですが、システムの変更に関わる部分は
スーパーユーザー権限のあるrootなどが必要です。
Androidはユーザー制限が厳しいので色々カスタマイズするためには
root化が必要になっております。

○Ubuntuを母艦としたNexus7のroot化
設定方法は母艦がWindowsの時とほぼ変わりません。
WindowsのOSの場合は割愛します。
参考にしましたのはこちらとこちらのHPです。感謝。

 http://juggly.cn/archives/64529.html
 http://bernaerts.dyndns.org/linux/245-ubuntu-precise-install-android-sdk
 http://bernaerts.dyndns.org/android/246-ubuntu-root-nexus-7-tablet

まずUbuntuのインストールの時にも設定しました初期インストールが必要です。
Ubuntuの端末から下記のPPAレポジトリ登録とインストーラーを入れます。
詳細は割愛します。

 sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-nexus7/ubuntu-nexus7-installer
 sudo apt-get update
 sudo apt-get install ubuntu-nexus7-installer

次にNexus7の電源ボタン長押しで電源をOFFにします。
電源が切れましたら右上あたりにあります
「電源ボタン」と「volume downボタン」を押しながら再起動します。
するとドロイド君の起動画面が出てくるはずです。
そうしたら、Nexus7とUbuntu PCをMicroUSB-USBケーブルで繋ぎます。
繋ぎましたらUbuntu PCの端末から下記コマンドを入力。

 $ sudo fastboot devices
 1234567891234567 fastboot

こんな感じに表示されましたらOK。
でNexus7をアンロックします。
こちらも端末から入力。

 sudo fastboot oem unlock

そうするとこんな感じの画面表示になりますので
YESを選択して「電源ボタン」を押します。
すると元のドロイド君画面に戻りましてアンロックされます。
で一度「電源ボタン」と「volume downボタン」を押しながら再起動します。
画面に赤文字で"LOCK STATE - UNLOCKED"と表示されていればOKです。

次にSetup ADB Udev Ruleの設定です。
これをしないとNexus7のリカバリモードでPermissionエラーが出て書き込めません。
Ubuntu側にUSBでNexus7つないだ状態で端末から、

# lsusb
...
Bus 002 Device 059: ID 18d1:4e42 Google Inc.

こんな感じで表示されればOKです。
その後に設定ファイルを書き換えます。

# sudo gedit /etc/udev/rules.d/99-android.rules

下記の文章をまるごとコピペして保存します。

# Google Nexus 7 16 Gb
SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="18d1", ATTR{idProduct}=="4e42", MODE="0777" # MTP mode with USB debug on

保存したらudevを再起動。

# sudo service udev restart

次にAndroid toolsのインストール。
下記を端末から実行。

# sudo add-apt-repository ppa:nilarimogard/webupd8
# sudo apt-get update
# sudo apt-get install android-tools-adb android-tools-fastboot

インストールしましたらこちらからSuperuserをダウンロード。

 http://androidsu.com/superuser/

今の時点なら多分このファイルでした。

 http://downloads.noshufou.netdna-cdn.com/superuser/Superuser-3.1.3-arm-signed.zip

次にTWRP recoveryをダウンロードしてインストール。
こちらからダウンロードします。

 http://teamw.in/project/twrp2/103

ダウンロードしましたら、TWRPをNexus7にコピーします。
端末から下記を入力してOKAYが出ればOK。

# sudo fastboot flash recovery openrecovery-twrp-2.2.2.0-grouper.img

sending 'recovery' (7006 KB)...
OKAY [ 0.880s]
writing 'recovery'...
OKAY [ 0.527s]
finished. total time: 1.407s

でNexus7をリブート。端末から、

# sudo fastboot reboot-bootloader

rebooting into bootloader...
OKAY [ 0.020s]
finished. total time: 0.020s

再起動しましたらbootloader menuでVol downを押し
RecoveryModeを選択してPowerを押します。
リカバリモードが立ち上がりましたらMountをタップして選択。
端末から下記を実行します。

# adb devices

List of devices attached
xxxxxxxxxxxxxxxx recovery

# adb push 'Superuser-3.1.3-arm-signed.zip' /sdcard

1322 KB/s (1324669 bytes in 0.977s)

無事Nexus7に転送されましたら、
Nexus7の画面ををタップして戻りInstallをタップ。
Nexus7の/sdcardのフォルダ一覧が表示されましたら、下の方にあります
Superuser-3.1.3-arm-signed.zipをクリックしてから
画面下のアイコンを右にシェイプしてインストールします。
終わりましたらまたMount画面を出してMount Systemを☓表示にします。
で端末より下記を入力してrecovery-from-boot.bakがあればOK。

# adb shell
* daemon not running. starting it now on port 5037 *
* daemon started successfully *
# cd /system
# ls
app fonts recovery-from-boot.bak
bin framework usr
build.prop lib vendor
etc media xbin
# exit

Nexus7を再起動すればSuperuserのアプリアイコンがあるはずです。
なかなかUbuntu母艦からNexus7が認識しない場合は
USBを繋ぎながらNexus7の電源を繰り返しON、OFFしてみましょう。

○まとめ
意外と面倒でしたが無事Roor化できたはずです。
無保証になりますが興味のある方は是非試してみましょう。
posted by kapper at 23:29 | Comment(0) | Nexus7
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ