にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2012年10月14日

モバイルUbuntu、NetWalker登場 テキストエディタ Gedit 起動高速化 プラグイン設定編 その181

kapperです。
今日は皆大好きGnome標準テキストエディタの
geditの起動時間高速化を試してみたいと思います。
結論としましては他のエディタに乗り換えた方が遥かに速い、ですが
まあ試してみましょう。

〇Gedit
Geditとはgnomeの標準統合エディタで多機能な割に使いやすい事から
事実上の標準テキストエディタとして使われております。
ただテキストエディタとみるには高機能すぎる所もあり、
機能が重厚でやや重たいアプリとしてみなされています。
geditはCやPythonで書かれており速度が引きづられる面と
多数のプラグインやモジュールを起動時に読み込みますので
その分他のエディタより起動が遅くなります。

まあこちらにベスト14 Linuxテキストエディタが紹介されていますので
気に入ったものを使っていただければ良いかと。
〇プラグインの設定
こちらの情報を参考にしますと、
どうやらプラグインの「ファイル参照ペイン」が悪さをしている様な感じです。
設定変更してみましょう。
geditを立ち上げて、

 編集→設定→プラグイン→ファイル参照ペイン
 をクリックして外します。

$time gedit

real   0m7.008s
user   0m2.260s
sys   0m1.360s


気持ち速くなった気がします。
まだ7秒くらいかかります。
折角なので全部プラグインを外してみます。
またPythonのバージョンもアップグレードしてみます。
(というかしたままでした)

$time gedit

real   0m5.658s
user   0m2.220s
sys   0m1.210s

正直微妙です。
大幅な速度アップまでは望めませんが。
ちなみに他のエディタを使ってみます。
leafpadとnanoです。

$time leafpad

real   0m3.351s
user   0m1.070s
sys   0m0.380s

$time nano

real   0m0.463s
user   0m0.000s
sys   0m0.000s


流石に速いですよね。
端末さえ立ち上げておけばnanoは一瞬ですw
まあソフト違いますもの。


〇まとめ
まあ贅沢言えませんがちょっとだけ。
体感速度というのは微妙な感覚です。
気にならない程度に速く遅くってのは線引きが難しいです。
色々エディタを試してみましょう。
posted by kapper at 11:05 | Comment(0) | Netwalker
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ