にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2012年10月03日

モバイル百科事典 WikiReader 海外爆安品 通販購入 その2

Kapperです。
最近かの最強乾電池端末のwikireaderが
本家アメリカで爆安販売されております。
約$20=1,600円程度?円高なので8,000円近い日本のと比べると格別の違いが。
ハードはそのままなのでソフトさえ入手出来れば日本語化出来ます。
2台目に如何でしょうか?

〇Wikireader輸入
Amazonは日本に送ってくれませんので
Ebayを使いましょう。
勿論本家のEbayです。
物価は時価ですが、今の所$20前後です。
送料込みでクレジットカード、海外輸出OKのお店を探しましょう。
送料が馬鹿になりませんのでコミで検索。
条件にヒットする店舗からネットより購入しましょう。
多分1週間位で入荷するはずです。

〇日本語化?
本体からMicroSDを引っこ抜いてPCに差します。
MicroSDのデータは全てHDDにバックアップしましょう。
日本語版のデータをMicroSDにコピーして、本家のWindowsUPdateの
ツールを使って最新版に更新しましょう。
更新がおわりましたらまた本体に差して再起動すればOKです。

日本語版を持っていない人は?
Wikireaderはマルチラングエッジなので
英語版の本家HPに全てのデータが公開されております。
MicroSDを差して英語版UPdateツールを使うか、
本家HPに生データがありますので落としてMicroSDに入れて下さい。
試していませんので自己責任で。


こいつの良さは日本人の手にはデカすぎるモバイル性
ではなく超越した90時間長時間バッテリが魅力です。
あのポメラでさえこいつの足元にも及びません。
wikipediaの機能だけならどんな端末でも大抵使えます。
せめてテキストリーダーかコンバータさえあればな、と思う所が残念です。
タグ:wikireader
posted by kapper at 22:44 | Comment(0) | モバイル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ