にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2012年08月19日

超高速シンクライアントOS OpenCocon 使ってみた その1

Kapperです。
大分遅くなりましたが超高速シンクライアントOSであります
OpenCoconを試してみましたのでブログのネタにします。
知りえたきっかけはオープンソースカンファレンスにて作者さんに
直接教えて頂いたのが背景です。

○OpenCoconとは
OpenCoconとは旧型PCのリサイクルなどを目的として組み込みLinuxである
OpenEmbeddedをベースにリモートデスクトップに特化した
次世代シンクライアントOSです。
特筆すべき所はフリーであることと必要スペックが極めて小さい所にあります。

・最低スペック
 CPU: 初代Pentium 100MHz程度以上
 メモリ: 16MB以上 (ただしSwap推奨)
 ディスプレイ: VGA以上(画面はかなり狭くなりますが)
 ネットワーク:有線LAN必須、DHCPサーバ機能がないのでルータ環境も必須。
 HDD:CDブート使用可。ただしHDDインストールした方が高速。150MB相当。


もちろん快適に使うにはもう少しスペックがあった方が確実です。
CDブートしたらX.orgも使わずCUIから直接リモートします。
今の時代でこれほどまでに低スペックで実用的なケースはまずありません。
眠っているPCがあればもう一度立ち上げてみては如何でしょうか。

○OpenCoconの使い方
こちらの作者さんのブログが詳しいです。
まず本家HPよりISOイメージをダウンロードして
適当なCDライタで焼きます。
最近ならOpenCocon V3でしょうか。
CDに焼きましたら使用するPCのCDROMドライブに入れて起動。

まずリモートする母艦PCのIPアドレス、ユーザー名、パスワードを調べます。
作者さんのブログ参照。
起動したら画面に小さいメニューが出てきます。
Windowsが母艦の場合は「Connect RDP」を選択しまして、
IPアドレスとユーザー名、パスワードを入力します。
無事設定できていればリモートで母艦の画面が出てくるはずです。
簡単ですよね。



○まとめ
これほどシンプルで高速に動くRDPはさすがかと思います。
MSのシンクライアントOSは非常に高価で個人では使えません。
普通にLinuxをディストリ経由で使ったのではこの速度は出ません。
組み込み用のカーネルを駆使した成果でしょう。
残念ながらまだ無線LANが使えないのが課題でしょうか。
家庭用内LAN環境では絶大な効果があるはずです。
Kernelで無線LANが対応していないならLANアクセスポイントを使っても良いでしょう。
旧式PCも是非使ってみましょう。

posted by kapper at 13:14 | Comment(0) | OpenCocon
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ