2012年06月19日

モバイルUbuntu、NetWalker登場 東方風 弾幕シューティングゲーム Noiz2sa編 その161

Kapperです。
今回はLinux ARMで動く唯一の東方風弾幕シューティングゲーム
Noiz2saをNetwalkerとDynabook AZで遊んでみました。
実は作者のABA Gamesさんとゲーム、
この業界では世界的に有名で各種ディストリに移植されております。
残念ながらARM LinuxではOpenGLが動作しませんので、
rrootageなどの他のゲームは動作しません。
感謝して遊んでみましょう。

〇Noiz2saとは
Noiz2saはBulletMLエンジンを搭載しマルチプラットフォームに
移植されてる弾幕ゲームです。
美しいレンダリングで有名です。
Windows環境では勿論の事、
ゲームの少ないLinux界でも高く評価されております。

〇Noiz2saのインストール
インストールは簡単で、

 sudo apt-get install noiz2sa

Gnomeランチャーには表示されませんので、
端末から起動させます。

 noiz2sa

フルスクリーンで起動します。Windowモードで動かしたい人は
-windowのオプションをつけましょう。
ぬるぬる動作してくれます。
素晴らしいです。

〇まとめ
今回はライブラリを追加しておりDebian Lennyのレポジトリと併用しております。
次作が全てOpenGLなのでNetwalkerやDynabook AZで動作しないのがあまりに残念です。
x86環境で是非遊んでみましょう。
そちらはそのうちこっそりネタにします。
暇つぶし替わりに是非どうぞ。
posted by kapper at 20:35| Comment(0) | Netwalker
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: