にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2012年04月02日

Windows高速化 メンテナンスレシピ Windows2000 拡張カーネル編 その7

Kapperです。
今回のメンテナンスレシピでは黒翼猫さんの
Windows2000の拡張カーネルをネタにします。
まだ旧機種で2000を使いつづけている方にお勧めです。
勿論無保証なので自己責任で対応願います。

○Windows2000拡張カーネル
Windows2000はMSよりサポートアウトしまして
現在はXP以降に移管されております。
動作しないアプリや.Netなどの動作サポートが無くなっております。
今回はXPの機能も一部追加しました黒翼猫さんの
拡張カーネルを入れて見ました。
簡単な解説を転載します。

 Windows で 使ってるOSより高いバージョンのサブシステム向けに作られた
 アプリケーションを起動しようとすると、
 『〜.exe は有効な Win32 アプリケーションではありません』という
 エラーがでてきます。
 XPやVistaの実行ファイルで『〜.exe は有効な Win32 アプリケーションではありません』
 がでる仕組みを解除した Windows 2000用 Kernel32.dllを作成してみました。

これにKDWもインストールすれば
最新環境は無理ですがまだ2000も頑張ってくれます。


○Windows2000拡張カーネル インストール
黒翼猫さんのサイトはこちら
大変感謝です。
インストールは特に難しくなく、
SP4を入れてあれば、EXEファイルをダウンロードして
実行するだけです。
後は無事動作することを祈って再起動しましょう。

再起動したら、2000では動作しなかったFashアップデートなど
エラーを吐きまくりますが勝手に動く様になるはずです。
Kapperの環境ではKDWと組み合わせて、
GoogleChrome18が2000でも動作しました。(重いですが)


○まとめ
Windows2000でもHotfix含め色々手を加えている方がいらっしゃいます。
dllエラーが多発しますので安定版を入れてくださいな。
リカバリ必須なので環境を壊したくない方は避けるのが手です。
まあ、PCスペックに余裕があればXPを入れるのが間違いないです。
今更Windows2000を使いこなすのは職人技なみのテクニックが必要です。
あくまで実験用の遊びとして、2000のカスタマイズとして、
自己責任で試して見てくださいな。

PS.
 拡張カーネルとKDWを併用するのは危険だそうです。
 不安定になりますので絶対やらないで下さい、との事です。
 ご指摘誠にありがとうございます。
posted by kapper at 17:36 | Comment(0) | Windows
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ