にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2012年01月31日

モバイルTegra2 Dynabook AZ 省メモリ Unityランチャー非表示編 その10

Kapperです。
今日はUnityの目玉であるUnity-2d-launcherを
表示しない様にしてプロセスとメモリを節約しよう
というのをネタにします。
Unityはとってもメモリ食いなのでAZでは苦労します。
機能減の割に思ったほど効果はありませんでしたので
興味のある方は是非試してみてください。

●Unity-2d-Launcherについて
新世代Ubuntuの目玉でもありますUnityのLauncher。
タブレットを視野に入れた直観的なランチャーですが、
重い、マウス操作ではクリックが多く不便といった
不満点もまだ残っているのが現状です。

十分なスペックがあるならばともかくAZではメモリ食いますので
外してみました。

●Unity-2d-Launcherの外し方
起動するWMの設定を変更。
Unityの場合はubuntu.session、Unity-2dの場合はubuntu-2d.sessionを編集。

 sudo gedit /usr/share/gnome-session/sessions/ubuntu-2d.session

で2行を修正
まずlauncherの指定を削除

 RequiredProviders=windowmanager;panel;launcher;
  ↓  
 RequiredProviders=windowmanager;panel;

DefaultProvider-launcherの行にコメントアウト

 DefaultProvider-launcher=unity-2d-launcher
  ↓
 #DefaultProvider-launcher=unity-2d-launcher

で保存して再起動。
再起動したらランチャーが表示されなくなるはずです。
ただ、アプリの機能が使えなくなってしまいますので
ClassicMenu Indicatorを代替えに先に入れておきましょう。
入れ忘れの無き様。

消費メモリの変化はこちら。
376,740KB → 346,100KB
わずか30MBです。思ったほどメモリを食っていませんね。
他にもメモリを食う要素はありますので
少しづつ削っていきましょう。

●まとめ
機能の割に改善効果は少ないです。
ただAZの512MBで既にギリギリなので
メモリを少しでも確保できるように試してみましょう。
posted by kapper at 22:03 | Comment(0) | Dynabook AZ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ