にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2012年01月21日

モバイルTegra2 Dynabook AZ オーバークロックカーネル 3.0.8 1.5GHzテスト2編 その9

Kapperです。
またまた2chの有志の方がAZのオーバークロックカーネルを
公開して頂きましたので感謝してテストしてみました。
今回はUbuntu12.04に搭載予定の最新Kernel3.0.8です。

●オーバークロックカーネル
概要は前回同様です。
Ubuntuはカーネルを改変する事でオーバークロック設定が可能です。
搭載されているTegra2はかなりオーバークロック耐性が高いらしく
実はAndroidでは結構やられておりまして、
1.7GHz〜2GHzまで実例があるそうです。(2GHzは流石に怪しいですが)

Dynabook AZの場合はUbuntuの公式サポートがありますので
Kernelもテスト更新されていきます。
Ubuntuでも有志の方が公開されましたので
自己責任で是非試してみましょう。

●オーバークロックカーネルのテスト
やり方は2chに書いてある通りです。
そのまま転載します。


  Ubuntu 1.5GHzオーバークロックカーネル 3.0.8

  3.0.8は12.04のカーネルです。
  これの1.5GHzオーバークロック版を作成しました。

  インストール方法
  sudo -s
  ・リポジトリの登録
  /etc/apt/sources.list.d/659.listがないときは
  echo "deb http://dl.dropbox.com/u/34541889/dynabookaz/ ./" > /etc/apt/sources.list.d/659.list
  ・パッケージリストを最新に更新
  apt-get update
  ・パッケージのインストール
  apt-get install linux-image-3.0.8

  インストールが終わったら「カーネルの切り替え」ツールを起動して、
  「3.0.8(1.5GHz)」オーバークロックカーネルに設定します。
  システムを再起動すると1.5GHzオーバークロックカーネル(3.0.8)が使えるようになります。

  注意事項
  3.0.8の1GHzオリジナルカーネルは「3.0.8-4-ac100」です。
  3.0.8はスピーカーから音が出ません。
  ondemandモードが正常に動作しているので、クロックアップカーネルのパワーを
  十分生かしており、2.6.38.3よりはサクサク感があります。
  11.10環境でも動作しますが、USBメモリーを認識しないなど若干問題があります。
  1.5GHzカーネルを使い続けていて今のところおかしな挙動は示しておらず、
  安定していますが、もし仮にあなたのハードウエアにダメージを与えても当方は
  いっさい責任を取ることはできません。
  使用は自己責任でお願いします。


クロックの設定は専用アプリが作られておりまして、
「カーネル切り替えツール」をメニューから実行させて下さい。
標準カーネルとオーバークロックカーネルを選択し、再起動しましょう。

●BOINCベンチマーク
BOINCによるベンチマーク結果を下記に報告します。


1.5GHzオーバークロックカーネル 2.6.38.3

826 floating point MIPS (Whetstone) per CPU
3069 integer MIPS (Dhrystone) per CPU

1.5GHzオーバークロックカーネル 3.0.8

864floating point MIPS (Whetstone) per CPU
3143 integer MIPS (Dhrystone) per CPU

数字的な改善効果としては3〜4%です。
体感効果として実感できるレベルとは難しそうです。
たぶんモジュールのON、OFFなどの固定負荷が下がっている程度かと。
うちの新入りPCの格安CF-T7が下記のベンチマークです。
Coreトレードマーク(TM)2 Duo プロセッサー 超低電圧★版 U7600(1.20GHz)とほぼ同等です。
メモリの量が違うので体感速度は分があるんですけど。
驚きですよね。

872 floating point MIPS (Whetstone) per CPU
3166 integer MIPS (Dhrystone) per CPU
 
●まとめ
まだ開発版なので作者の方の湖面と通りでいくつかの機能が使えません。
バグがあれば本家LaunchPadに報告しようかなと思っておりますけど。
実際のUbuntu12.04での公開バージョンは3.2系統の予定だそうなので
まだまだFixされるかと思います。
まだUbuntu12.04もα版の開発中ですし。
β版〜RC版になれば美味しいかとw
自己責任でゆるりと試してみましょう。
posted by kapper at 12:16 | Comment(0) | Dynabook AZ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ