にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2011年12月07日

モバイルTegra2 Dynabook AZ Unity-Gnome高速メニュー搭載 ClassicMenu Indicator編 その6

Kapperです。
またしてもAZのUnityネタですが、
Unityのランチャーが激しく使いにくいので
Gnomeのメニューを追加しようと思い今回のネタにします。
やっぱり通常のメニューランチャーの方が使いやすいですよね。
是非試して見て下さい。

●ClassicMenu Indicatorとは
Unity特有のメニューがDashで、CairoDockに似ていますが
常用するアプリは登録、そうでないのはアイコン選択する形です。
所がこれが凄く重くてクリック数が相当多くなる設計です。
はっきり言いまして使いづらいのも事実。
そこで旧来のGnomeメニューランチャーをIndicatorに登録する事で
旧来の使い勝手を再現しようというのが
ClassicMenu Indicatorです。
pythonのスクリプトなのでどのアーキテクチャでも使用できます。
UnityのGUIが馴染まない方は是非試して見て下さい。

●ClassicMenu Indicatorのインストール
まずは本家よりパッケージをダウンロード。

 wget http://www.florian-diesch.de/software/classicmenu-indicator/dist/classicmenu-indicator_0.06_all.deb

ダウンロードしたらインストール。
ダブルクリックでもapt-getでもどちらでも問題なし。

 sudo apt-get install classicmenu-indicator_0.06_all.deb

インストールしたら再起動。簡単ですよね。
再起動したらいつもの右上のIndicatorに白色のUbuntuマークが増えているはず。
これがランチャーです。
是非使ってみて下さい。

●まとめ
思った以上に便利です。
いちいち登録しなくてもよいですし、
アプリの一覧がランチャーで見えますので簡単です。
でもこれが普通なんですよね。本来。
Unityだからって毛嫌いせずに是非使ってみましょう。
posted by kapper at 00:00 | Comment(0) | Dynabook AZ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ