にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2021年11月21日

シンプル・ミニマムOS #archLinux Lets noteのサウンドが鳴らない対策 Realtek ALC269VC その18


昔書いたLet's Noteの音が鳴らないRealtek ALC269VC対策ですが
もう一度やってみたのでブログにする。
最近のUbuntuでは解消されている?
Archだし・・・

●ealtek ALC269VC問題
Let'S Noteによく採用されていたealtek ALC269VCですが
alsamixerで何故か主音源がヘッドフォン側になっていて、
初期ではOFFにしてあるので音が出ないというバグ。

let's noteで音量調整ができない Ubuntu18.04編
https://kinacon.hatenablog.com/entry/2018/07/29/083302

仕方がないのでalsamixerでヘッドフォンの音声を上げると音がでます。
まあここはいつもどおり。
毎回それは面倒なので設定を保存します。
音声出力をalsamixerで設定してから

alsactl --file ~/.config/asound.state store

で設定内容を保存。それを起動時に実行。
自動実行の方法は何でも良いですが、

nano .bashrc

で最後に保存

alsactl --file ~/.config/asound.state restore

でターミナル実行時に動きます。
手抜きw

●まとめ
いつまで残るLet' Noteのサウンド問題。
自動実行はなんでも良いです。好きな方法で。
systemctl使っても.bashrcでも.profileでもcrontabでも。
どうしてこのバグ治らないんでしょうね・・・
もう長年のバグ。不思議です。
posted by kapper at 21:00 | Comment(0) | Arch Linux
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ