にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2021年09月30日

Ubuntu改造日記 3,000円ジャンクiPad2+xrandr+x11vnc サブディスプレイ化 XFCE4編 その107

FAdLgbSUYAkEF2u.jpeg

今日は皆さんのご家庭で眠ってるジャンクiPad2を使って
定番のジャンクタブレットをサブディスプレイにするお遊びです。
前回はDeskreenを使いましたが今回はシンプルにX11vncです。
GnomeのVinoでやる方法はよく書かれていますが、
XFCE4でやる方法はあまり書かれていません。調べたらありましたが。

●ジャンクiPad2とサブディスプレイ化リサイクル
ジャンクiPad2は2011年発売でサポート切れ。iOS9.3.5で
ほとんどのアプリがAppleストアから更新されて入りません。
Androidと違ってJailbreakしないと古いバージョンのアプリは入りません。
のでほとんど使いみちが無い状態です。
かろうじてVNCとかブラウザでYoutubeが見られる程度です。
しかも超もっさりで遅いです。解像度も1024x768で狭いし。

初代iPadはOSが更に古いので論外にしても普通に考えて買ってはいけません。
しかしジャンクなので使わないと損です。
RealVNC ViewerがたまたまiOS9.0対応なので使えました。
これはやらねば、と

所がブログがGnomeのVinoをVNCサーバにした記事ばかりで
XFCE4環境でどうやろうか、とググっていた所それっぽい記事がありました。
ありがとうございます。
この3つの記事を合体させました。

・[Ubuntu 18.04] Android(やiPad)をサブモニターにする備忘録
https://qiita.com/hir-osechi/items/5a106f75ff1b9b8cd469

・VNC をセカンドディスプレイとして使う on Ubuntu 18.04
https://qiita.com/nanbuwks/items/d12a98c8d41630c31a55

・XMonadでiPhoneをディスプレイとして使う
https://mjhd.hatenablog.com/entry/2015/09/01/145537

●サブディスプレイ化
まずはx11vncを入れます

 sudo apt install x11vnc

次に拡張モニタ追加

 sudo nano /usr/share/X11/xorg.conf.d/30-virtscreen.conf

で下記をコピペして保存

Section "Device"
Identifier "intelgpu0"
Driver "intel"
EndSection

次にxrandrの設定
iPad2の解像度を入力

cvt 1024 768 60

するとこんな感じに出てくるのでコピー

# 1024x768 59.92 Hz (CVT 0.79M3) hsync: 47.82 kHz; pclk: 63.50 MHz
Modeline "1024x768_60.00" 63.50 1024 1072 1176 1328 768 771 775 798 -hsync +vsync

でこのModeline以降の文をコピーして後につけて貼り付け

xrandr --newmode "1024x768_60.00" 63.50 1024 1072 1176 1328 768 771 775 798 -hsync +vsync
xrandr --addmode VIRTUAL1 1024x768_60.00

その後データ確認

xrandr -q

で*がついていたらOK。
もしついていなかったら、一度再起動してからもう一度コマンドを実行

VIRTUAL1 connected 1024x768+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 0mm x 0mm
1024x768_60.00 59.92*
VIRTUAL2 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)

で仮想ディスプレイを追加出来たら次はx11vncの設定

mkdir ~/.x11vnc
x11vnc -storepasswd (パスワード) ~/.x11vnc/passwd

で自分の好きなパスワードを登録して下さい。
でテキストエディタでチェック。文字化けしていたら自分で直して下さいw

nano ~/.x11vnc/passwd

でチェックして問題なければOK。
先にifconfigでIPアドレスを確認しておいて下さい

 sudo apt install net-tools
 ifconfig

。x11vncサーバを起動

x11vnc -clip 1024x768+1920+0

ここで後ろの+1920+0はサブディスプレイを配置する位置です。
+0+0だと重なります。
僕のCF-LX6だと解像度が1920X1080なので
+1920+0だと右隣の場所にしていする方法です。
後で修正出来ます。

で実行して端末内でヴァーって文字が出てきたらOK。
後はiPad2のRealVNCから接続します。

●RealVNC接続
App StoreからRealVNCをインストール
起動したら画面右上の+を押してIPアドレスと名前を入力
名前はログインするUbuntu側のユーザー名
IPアドレスは::を2つつけてポート番号。標準は5900

192.168.177.16::5900

みたいな感じで設定します。
すると画面左よりテレビマークのアイコンが追加されていくので
タップしてVNCを起動します。
ユーザー名とパスワードとIPアドレスが間違っていなかったら、
Encryption画面が出てConnectをクリックすると
サブディスプレイがVNCで表示されるはずです。

スクリーンショット_2021-09-30_19-51-06.png

最初は画面が重なっているかもしれません。
で、画面の位置を動かしたい時は
Ubnutu側のXFCE4のディスプレイ設定を変更します。
「メニュー」→「設定」→「ディスプレイ」
でディスプレイの設定画面を出してから
右側のモニタ指定を2.VIRTUAL_1に変更し
画面を好きな所にぐるぐると移動させます。
場所を決めたら「適用」を押してからRealVNCを接続すると
その位置にサブディスプレイの画面が移動します。


●まとめ
比較的簡単にxrandrとx11vncでジャンクiPad2をサブモニタにしました。
多分タブレット側はVNC viewerさえ起動できれば何でも良いはずですw
しかし解像度が合わないとどうも使いにくい。
そして不具合としてiPad2のVNC画面でUbuntuのマウスポインタが表示されていません。
iPad側のポインタだけです。何故かな。
後は不具合ではないですが遅延します。圧縮転送出来ません。
操作が不便です・・・

旧式のタブレットを使ってサブディスプレイにしてみました。
表示関係は便利です。
完璧とまでは言えませんがXFCE4上でも出来ました。
多分xrandrとx11vncが動けばNetBSDとか他のOSでも出来るはずです。
他に-clip出来るVNCサーバがあれば良いのですが。
特に特殊な設定はありませんので、
皆さんのジャンクタブレットをリサイクルしてみましょう。
posted by kapper at 20:03 | Comment(0) | Ubuntu
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ