にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2021年06月28日

Ubuntu改造日記 USBメモリ、SSDプチフリ対策 電源接続時サスペンド設定 その98

screen210628.jpg

こんにちは。
今回はUSBメモリ、SSDプチフリ応急対策をネタにします。
UbuntuやLinuxを入れるとどこかでプチフリします。
原因が特定できていませんが、AC電源をつないだ状態で
スクリーンセーバー稼働時にフリーズをしている現象が多いと思いました。
サスペンドを入れる事で応急的にプチフリをなくす事ができました。

●Lubuntuとプチフリ
Lubuntuは確か標準設定でAC電源接続時はサスペンドがかからない
設定になっていたはずと推定します。
しかし、USBメモリやSSDにLinuxを入れた場合に放置してしまうと
スクリーンセーバーが起動して最後にフリーズした画面が残ります。
物理的な接触不良を除くと、このパターンが多数をしめていると思いました。

仮説として、スクリーンセーバーが動いていても
OSは起動していてデータの読み書きが進んでいる。
ある時に何らかの現象が起きてOSごとフリーズする。
であれば、サスペンドにしてUSBメモリの電源供給を断っておけば
フリーズしないんじゃないか?という説です。

なので早速、AC電源時のサスペンド設定をONにします。
メニュー→設定→LXQT設定→電源管理をクリックし
アイドル→サスペンド 25分
などに設定します。
ハイバネーションはUSBメモリやSSDの寿命を縮めるので止めましょう。

すると電源つけっぱなし、寝落ちした際にサスペンドして
電源キーで普通に復帰できるようになりました。
サスペンドでプチフリを回避できました。
簡単な話ですが応急処置にはなりました。

●まとめ
当たり前の話ですが、使わない時はUSBメモリやSSDの電源をOFFにする
のが確実なプチフリやバッドセクタ対策です。
今回はサスペンド機能で代用しました。
電源が動いている限りデータの読み書きは無くならないはずです。
寿命を伸ばすには読み書き回数を極限にまで減らさないと損です。
デスクトップは応急処置として問題なさそうですが、
サーバとして使う場合は、どうしましょうね???
別案を考えるしかなさそうです。

posted by kapper at 19:56 | Comment(0) | Ubuntu
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ