にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2021年01月24日

LibreOfficeで自動化マクロを作ろう 初回JREインストールと実行まで その6

screen-2021-01-24-11-22-35.jpg


勉強会の資料を作るのが面倒という話が東海道らぐにあって、
じゃあLibreOfficeのImpressのマクロで作れば良いや
と思いました。
しかし全く日本語資料がありません。
そりゃそうか。
なら自分で書こうというシリーズです。

●LibreOfficeマクロ
主にBASIC、VBA、Pythonなどなどがありますが、
VBAが一番手堅いかなぁとおもいつつもBASICで。
参考文献はこちら

https://www.pitonyak.org/OOME_3_0.pdf
https://wiki.documentfoundation.org/Macros/Basic/Documents
https://wiki.documentfoundation.org/Macros/ja

●openJDKのインストール
JREエラーが出ます。
無くてもいけるらしいですけど、入れます。

sudo apt install openjdk-11-jre-headless

Windowsの場合はopenJDKかJREを各自で入れてください。
入れたらjavaのバージョンをターミナルで実行して確認し、
動いているのを見たらLibreOfficeを再起動

screen-2021-01-24-10-48-22.jpg

●まずCalcで動作確認
まず「ツール」→「マクロ」→「マクロの編集」で編集画面が出たら
適当なサンプルコードを入力して実行「F5」

Option Explicit
Sub Main
MsgBox "LibreOfficeで初マクロを作りました"
End Sub

動いた。

そしてLibreOfficeで初マクロを作りました。
何故かマクロ入力画面でUim-Anthyで日本語入力する際に表示出来ないバグが…
ワロタw
誰も日本人チェックしていないなこれ
日本語のマクロ関係はかなり注意が必要。
動作はしますが、翻訳関係は特に注意。

screen-2021-01-24-11-22-35.jpg

●まとめ
個人的にここまでくるのに結構悩みました。
そりゃLibreOffice使わないわな。
マクロがこれじゃ始めるのも大変です。
しかし、色々な言語やツールが今後増えて
Python使えるのでがんばりましょう。
というかどんなPythonコード???
という所からスタートです。
がんばって使いましょう。
posted by kapper at 11:32 | Comment(0) | LibreOffice
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ