にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2020年04月24日

Ubuntu改造日記 7,980円ジャンクCF-AX2+Wubi for Ubuntu20.04 デュアルブート --isopath その86

Ubuntu2004.jpg

今回はUbuntu20.04がリリースされましたので、
Wubi for Ubuntuに--isopathオプションを付けて
コンフルで7,980円で買ったジャンクのCF-AX2に
デュアルブートでインストールしてみました。
カメラが標準で付いているのでZoomで発表するためです。
簡単です。

●Wubi for Ubuntu + --isopathオプション
開発版および新規リリースのUbuntuを
Wubi for Ubuntuでデュアルブートするには、
cmdから--isopathオプションをつけるだけでISOファイルを
指定してインストール出来ます。

MINTとか互換OSもいけるでしょうか?
Wubi for UbuntuはUbuntuベースのインストーラーが
あるOSなら何でも対応出来る設計になっています。


●Ubuntu20.04のインストールとデュアルブート
今回はUbuntu20.04をWindows10とデュアルブートします。
まずWubi for Ubuntu 19.10公式版をダウンロードし
Ubuntu20.04の公式ISOファイルをダウンロードします。
でWindows10からコマンドラインでインストールします。
検索バーかどこかから

cmd

でコマンドラインを立ち上げて
今回はUSBメモリにコピーしたファイルを実行させます。
Dドライブですかね。

d:
wubi1910r338.exe --isopath ubuntu-20.04-desktop-amd64.iso

とTabキーで指定してインストーラーを立ち上げると、
何時もどおり普通にインストール出来ます。
難しくはありません。
で再起動するとそのままインストーラーが立ち上がって
インストールされます。
途中で「EFIパーティションがありません」ってエラーが出るけど無視。
Windows用のEFIパーティションに書き込みますので気にしない。

で、再起動する際にUbuntuのgrub2ブートローダーを
立ち上げますが、そのままでは起動しません。
F2かESCキーでBIOS画面を起動しまして
UEFIのブート順番をWubiを1番上に設定します。
これでちゃんと起動出来るはずです。
気になる人はセキュアブートもOFFにしておきましょう。

ブート優先順位でWubiを一番にすると
何時もどおりGrub2の画面が出るので
そのまま起動できるはずです。
あとは何時もどおり。

●Zoom
公式HPにUbuntu版のdebファイルがありますので
14.04+をダウンロードして端末からインストールします。

sudo dpkg -i zoom_amd64.deb

当然依存関係のエラーが出ますので、

sudo apt update
sudo apt install -f

で後は勝手に調整して入れてくれます。
これでZoomが使えるはずです。
後はランチャーから普通に起動


●まとめ
--isopathコマンドを使うことで簡単に
最新のISOファイルからWubi for Ubuntuがインストール出来ます。
Ubuntu20.04LTSも問題ありません。
ガンガン使いましょう。
Windows10を消したくない人、デュアルブートしたい人は
迷わずWubi for Ubuntuを使いましょう。
簡単、楽しい、最新Ubuntu。
posted by kapper at 22:19 | Comment(0) | Ubuntu
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ