にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2019年01月19日

世界の全ての機器を制覇するOS NetBSD pkginでリポジトリにパッケージが無いと出た場合は要注意 その31 #NetBSD


NetBSDのpkginを使うとバイナリファイルを
直接インストール出来ますが、
本家のレポジトリを直結して使うと混んでいて遅いです。
なのでミラーを使うわけですが、最新版になると
バイナリファイルが完全にミラーに無いこともあるので、
pkginでインストールする歳にはエラーが出ます。
もちろん、Yを押せば強行インストールになっていまいますが、
当然libファイルが無いのでインストーラーが落ちます。
ご注意を。

●pkginとレポジトリ
pkginのレポジトリファイルは、

/usr/pkg/etc/pkgin/repositories.conf

にファイルがあって、そこにURLを書き込むんですが、
本家のリンクのままにしておくとダウンロードが遅いです。
なので日本のリンクなどを貼っていきます。

http://www.netbsd.org/mirrors/

ところが、最新のバージョンのパッケージになると、
一部パッケージが無い場合がありました。
ftp2.jp.netbsd.orgとか。
そうするとエラーが出ます。
その時にはストップしてミラーを変えましょう。
強行してうっかりYを押すとライブラリエラーが出て困ります。
ミラーのリンク先を直接ブラウザで開いてみてみましょう。
一部のファイルが無いかもしれません。

仕方がないので、複数のミラーを登録しておきます。
そうすれば、どこかからダウンロード出来ます。
もちろん遠くを貼るとダウンロードはかなり遅くなりますが・・・
確実です。
pingで接続速度をチェックすると良いかもしれませんが。
注意喚起という事で。
posted by kapper at 21:24 | Comment(0) | NetBSD
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ