にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2019年01月05日

2000円 ジャンクOS無しWindowsタブレット DG-D09IW2 BlissOS Android-x86 9.0 Pie+Kernel4.20 ライブテスト その2


Bliss1.jpg

次にジャンクのDG-D09IW2にBlissOS Android-x86 9.0を
USBをメモリに焼いて起動してみました。
この機種の場合は安定しています。
結構起動しないタブレットが多いので残念ですが。

Bliss2.jpg

●BlissOS Android-x86 9.0
Android-x86プロジェクトのディストリで
BlissOSの開発版でbleeding_edgeというバージョンで
最新のAndroid-x86の9.0 PieとKernel4.20の組み合わせで
公開されています。12/28にビルドしたのものでしょうか。
ダウンロードはこちらから。

https://downloads.blissroms.com/BlissOS/bleeding_edge/

この機種の場合は一通り動作して遊べます。
勿論、Wifiも音も出ます。
最新のAndroidを既存のハードで遊べるのでありがたいです。
出たばかりのKernel4.20も堪能しましょう。

●ブート
ISOファイルをダウンロードしてRufusかddコマンドで焼くだけです。
コマンドはこんな感じかな?

sudo dd if=Bliss-v11.4-Stable--OFFICIAL-20181228-0938_x86_64_k-k4.20-gal_m-18.3.1_pie-x86_f-dev-kernel.org.iso of=/dev/sdb status=progress bs=8M

でそのままUSBメモリを刺して起動します。
BIOS設定でHDDより先にUSB Keyを優先順位:高に変更必要です。
あとはそのまま起動。
Android-x86が起動します。
それだけ。
起動までに10数分かかります。
かなり長いです。
バグったと思わずゆっくり待ちましょう。


●まとめ
実はこのOS、起動しないタブレットの方が多いです。
法則性はまだつかめていません。
Ubuntuでもこのタブレットは安定しているので
試しに焼いて刺したら起動しました。
T100TAとか、他のWindowsタブレットとか起動していません。
何ででしょうね?

Android−x86は既存のハードでそのまま試せるのが面白いです。
BlissOSは特に最新のOSとKernelでビルドして公開しているので
テストが簡単でありがたいです。
遊んでいる機種があれば是非遊んでみましょう。
posted by kapper at 18:19 | Comment(0) | DG-D09IW2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ