にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2018年07月17日

11,000円 OS無し2in1 T100TAM CentOS7 + Kernel4.17.6 インストール その1

CentOS7.5.jpg

秋葉原で購入したT100TAMにCentOS7とKernel4.17.6を入れてみました。
正直CentOS7のKernel3.10ではまともに動きませんので
elrepo-kernelから最新版のMainlinekernelを入れました。
ここまでやればドライバも一通り動いて安定するんですけど・・・
CentOSは課題が多いね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】ASUS TransBook T100TAM T100TAM-DK564S グレー
価格:28944円(税込、送料無料) (2018/7/17時点)




●CentOSとT100TAM
CentOS7はKernel3.10なので実質bay-trail非対応です。
T100TAMは初期の頃からLinuxの移植が進んでいたので動作実績はあります。

OS:Windows10 64bit
UEFI:64bit
CPU:Z3795 1.6 GHz
メモリ:4GB
LCD:10.1インチ
SSD:32bit
HDD:500GB
USB:3.0+MicroUSB

過去のマイナーアップデートですが、UEFI64bitマシンです。
USB5Vで充電できるほぼノートPCですw
ここまで来るとタブレットの価値は何だろね?
まあ使いやすいのでありがたいですが。

●CentOS7をインストール
まずCentOS7をUSBメモリに焼いて起動します。
インストールまでは普通に。
パーティションの割り振りでOSを消さないよう注意。
UEF64bitなのでgrubはそのままブートします。
で、問題は再起動した後、
このまま起動させるとフリーズして動きません。
Kernelの仕様です。
なのでGrubの設定を変更。

起動したら「e」を押して書き換えます。
「quiet」を削除して「nomodeset intel_idle.max_cstate=1」を追加。
すると普通に起動します。必須です。
で、認証クリックしたらOSが起動します。

●Kernelアップグレード
このままだとフリーズ現象が出るので使えません。
Kernelをアップグレードします。
こちらを参考にやってみましょう。


How to Install or Upgrade to Kernel 4.17 in CentOS 7


端末を開いて

sudo su
rpm --import https://www.elrepo.org/RPM-GPG-KEY-elrepo.org
rpm -Uvh http://www.elrepo.org/elrepo-release-7.0-3.el7.elrepo.noarch.rpm
yum --disablerepo="*" --enablerepo="elrepo-kernel" list available
yum --enablerepo=elrepo-kernel install kernel-ml

これでKernelがインストールされます。
それまではスクリーンセーバーがかかると落ちるので注意。
で再起動して選択。
Kernelが新しくなればオプションを変更しなくても普通に起動します。
Grubの設定を変更します。

sudo gedit /etc/default/grub

でGRUB_DEFAULT=0に変更。
保存したら、

grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg

でgrubの設定をアップデート。

●課題?
何故か内蔵Wifiが起動しません。


●まとめ
Kernelさえアップグレードすれば普通に使えます。
問題は、古いKernelでそこまで起動できるかですね。
他の機種だと再現するのが難しいです。
まあT100TAMだとうまく起動しました。
CentOSが動いた人は是非動作報告を宜しくお願い致します。
【ASUS Transbook T100TAMの最新記事】
posted by kapper at 06:45 | Comment(0) | ASUS Transbook T100TAM
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ