にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2018年05月20日

#oscnagoya OSC名古屋2018 出展者側の感想と反省

OSCnagoya6.jpg

今年もOSC名古屋2018に参加しました。ブログに残します。
いつも通りでしたが、大盛況でした。
あまりに忙しすぎてトイレに行く余裕もありませんでした。
当日は皆様に挨拶する余裕も無かったことを申し訳ありません。
大変だったけど、楽しかったです。
あとしまだ先生ありがとうございました。お疲れ様でした。

OSCNAGOYA7.jpg

●OSC名古屋2017全体像
今回のOSC名古屋は吹上ホールで多数のコミュニティが参加しています。
伊勢IT系交流会の皆様も今回参加。
三重県の皆様も多数ご来訪頂けたそうです。嬉しいです。
誠にありがとうございます。

オープンソースカンファレンス名古屋2018

沢山の方が来訪されておりまして、
セミナーを聞きに行ったり、見回りご挨拶に行く余裕は全くありませんでした。
実はトイレ行く余裕も無かったです。
展示物を並べる余裕やホワイトボードを出す余裕もありません。
お昼ご飯も全く食べられません・・・
ごめんなさい。

懇親会は今年もビール園です。
幹事のしまだ先生のおかげで焼肉食べ放題飲み放題で大満足です。
炭水化物のOSC懇親会とは思えない高待遇にびっくりしました。
でもこれ本当に予算オーバーじゃないですかね?
参加費社会人4000円、学生さん2000円ですよね?
1人通常4200円のメニューです。
いつもの学生さん優先の炭水化物コンビネーションはありですが、
侘しいご飯に社会人の方々はいつも全然満足していませんでしたね。
こんな懇親会なら何度でも来たいという人が沢山いました。
学生さんの予算と参加をどうするかは今後の課題ですが、
本当にありがとうございました。

OSCnagoya1.jpg

実は電車に乗り遅れて遅刻してしまいました。
荷物が多いと相当不便でも公共機関を使わざるを得ないのです。
1時間に1〜2本しか無いど田舎なので影響がデカイんです・・・スミマセン。
会場準備に大幅に支障が出てしまいました・・・

今回はMastodon末代鯖勢が20人以上も参加されました。
OSC東京に引き続いてMastodon勢は増える一方です。
東海道らぐブースに一般の方が近寄れないので、
末代鯖もしくはMastodonコミュニティブースを作った方が良さそう。
新規の方やLTで発表された方も多かったはず。
ありがとうございます。

OSCnagoya2.jpg
OSCnagoya2.jpg
OSCnagoya3.jpg
OSCnagoya4.jpg
OSCnagoya5.jpg

東海道らぐのメンバー、伊勢のメンバー、東京関西のメンバー
小江戸らぐメンバー、末代鯖メンバー、Mikutterメンバー
NBUGのメンバーみなさんが集まった珍しい年でした。
また、あひるさんのカリスマで学生さんが多数参加しました。
驚きです。
おおたさんとか、はとちゃんいなかったね・・・
ポスターやキャラクターもシールも作られてクリエイティブになりました。
名古屋もまだまだ凄いな、と思いました。
もっと盛り上げていきたいです。

osc2018_Nagoya_poster.png


●Kapperの展示、セミナー内容と配布資料の見直し
今回は机1個でタブレットを全面に置きました。
Android-x86からUbuntu、Fedoraなど
準備不足でしたがFedora27が簡単に入れれたので。
タブレットUEFI32bit対応の数少ないディストリです。
結果、色々反響がありました。
現時点でのタブレットお勧めディストリは

・Fedora27 AMD64bit版
・Android-x86 開発版Kernel4.16テスト

Kernelが新しい方が良いんです。
質問はAndroidのタブレットの話題が多かったですが、
今後のネタに取っておきます。
WindowsタブレットはLinux Kernelが飛躍的に向上したので
安定性はかなりのものです。
実際に触られると、イメージが変わったらしく
どこで格安タブレットが買えるのか?という質問が多数。
実物のインパクト絶大です。
過去にブログを公開していましたのでそちらから紹介。
・・・まあ皆さん現在タブレットを持っていないのね、とも言える(ぉぃ
これは大変や・・・

実物が動いている影響力って凄く大きいです。
百聞は一見にしかず、ですね。
これだけはブログでは伝わりません。
こういうWindowsタブレットの活動を行い、Linuxを実機で動かすことで
反響が大きくなってきたのを感じます。
皆様の感想は一様にこういう貴重なご意見でした。
今まで無かった新しい市場を開拓する嬉しい気持ちです。
実機を展示する以前はこういう意見はありませんでした。
嬉しい( *´∇`)  ほっこり☆

東海道らぐ関連ではしまだ先生がRaspberryPiを用いた
OS CDライターがいつもどおり大人気。
openSUSEのブースではZgockさんが中華Windowsタブレットに
openSUSEを入れて展示していました。素晴らしい。
もはやタブレットはUbuntu1強独占の時代は終わりました。
これからLinuxは確実に浸透して拡大します。
鹿さんのおーぷん万葉も好評。
小江戸らぐブースも大盛況

●セミナー関連
配布資料はこちらです。
ARMの活動を一応再開しました。
WindowsタブレットとAndroidタブレットを統合して
Linuxでどう移植されているかを追求します。
情報が無さ過ぎて開発はそれからでしょうね?

実は序盤でダラダラ喋りすぎて、時間が無くなって
後半飛ばしましたら、後で怒られました。申し訳ありません。
情報が多すぎたかな?と大反省しつつも時間が足りなかったです。



セミナーは50〜60人ちょっと位参加頂きました。
誠にありがとうございます。
発表前は30人くらいで空席ありましたが、
発表中にかなりご参加増えていました。
Mikutterのセミナーの裏番組だったので心配しましたが
だいたい同等程度でご参加頂けたとしまだ先生に教えて頂きました。
OSC名古屋の規模では大盛況と言えると思います。
どちらかというと殆ど新規の方々が多かったです。
よく見るコミュニティ系のギークな人たちは皆Mikutterに行ってしまったのかと。
末代勢も誰もいませんでした。
それはそれでとっても寂しいですけど、完全に2極化していますね。

・ギークネタ、コミュニティのカリスマとしてのMikutter
・一般の方々への情報ツール、実用情報としてのKapper

常連コミュニティ勢には日頃からさっぱり人徳のないKapperですw
一言多くて人見知り激しい性格なんでスミマセン。
僕の中では物凄い大きな課題なんです。実は。
あくまで僕のウリ、持ち味はLinuxハッカーとしての情報発信力です。
僕としては、コミュニティに軸足の無い一般参加の人たちから
沢山のご参加を頂いた事は大変満足出来ました。
ギークな方々から信頼されていない所は大反省の余地がありますが
こういうMikutterとの大舞台でのコンペの機会で、自分の立ち位置を
学べたというのは非常に貴重な経験でした。
今後誰かご意見を聞かさせて下さい。

アンケートをセミナー内で取らせて頂きました。

1.UbuntuやDebianやNetBSDとか*BSD、Linux使った事がありますか?
⇒おおよそ殆ど。
 難しい内容が多いので、対象がLinuxユーザーで仕方がありません。
 今後は非Linuxユーザーも取り込み活動を進めたいです。

2.RaspberryPiとか1ボードPCを使った事がありますか?
⇒8割くらい。
 結構名古屋では普及していますかも。

3.電子工作に興味がありますか?
 ⇒6〜7割くらい。RaspberryPiの影響でしょうか?
  電子工作のプロジェクトもOSCに増えた方が良いかもしれません。

4.ゲームやSteamとか遊ぶますか?
 ⇒1〜2割でしょうか?数名です。
  Linux使いは殆どゲームしませんね。
  当初の推定どおりです。

5.デスクトップOSはMacOSを使っていますか?
 ⇒2名程度です。
  意外です。殆どいません。
  僕のセミナーにはインフラ勢やその筋の方は来ていません。
  むむむ

6.AI、IoT関係に興味がありますか?
 ⇒半数程度です。
  やはり流行りネタは良いですね。

7.インフラ関係に興味がありますか?
 ⇒こちらも少数でした。
  インフラ勢を取り込む手段があれば良いのですが・・・

8.Android独自ビルドに興味がありますか?
 ⇒4〜5割くらいでしょうか?
  まちまちですね。
  まあ開拓する必要があるので試行錯誤が必要かも。


●今後の東海エリアでのイベントなどなど
こんな感じです。僕ら周辺ですが。

Screenshot from 2018-05-20 15-38-36.png


●皆様のご意見と要望
・格安タブレットはどこで買えるんですか?
⇒まあ当然一番多い質問です。
 こちらにブログでまとめていますのでご一読を。

 安く中古タブレットを買う方法の質問回答まとめ
 http://kapper1224.sblo.jp/article/181991815.html


・Androidタブレットはどうなんですか?
⇒Intel版はハック可能ですが、ARM版はブートローダーのハックが大変です。
 移植は容易ではありませんが、Multi-ROM形式なら出されています。
 UbuntuとかDebianとかのROMを作る人がいないんです。
 今後の課題でしょうね。

・Android-x86でWindowsタブレットでバグが沢山出るんですけど。
⇒実は公式リリース版のAndroid-x86は
 Kernel4.9LTSで非常にATOMバグが多いです。
 Kernelの問題です。
 最近のKernelでは修正されていますので
 開発版Kernel4.16のを強くオススメします。
 こちらから落とせます。

https://drive.google.com/drive/folders/0B_OFHiIqgpSFTFpkQWc1eXV3ME0


・WindowsタブレットにLinuxを入れるとUIが使いにくいんですが、
 日常的に使っていますか?
⇒UIは確かに使いにくいです。
 日常用途ではあまり使っていません。
 でもキーボードエミュレーションAntimicroを入れて
 ゲームとかはやっています。
 サブマシンとしては便利です。
 SteamとかWineとかはAndroidでは動かないんです。
 画面が小さいと逆にLinuxでは不便だったりとか。
 使い分けですよね。

・端末はタブレットで使えますか?
⇒キー入力はソフトキーが有効なので一応使えます。
 でもGnomeのソフトキーはTabキーが無いんです(涙
 つまり、入力支援がない・・・
 今の困り毎はこれですね。
 Gnomeの誰に相談すれば良いのかも分かりません・・・   

・ドライバ移植状況はどうなんですか?
⇒個体差があります。
 ある機種では動いたり、動かなかったり。
 使用されているチップやハードによって決まります。
 怖いことにファームウェアによっても違いがあるかも

・Kapperさんが動いたというGPD-PocketでLinuxは普通に起動するんですか?
⇒ディストリリリース版はバグが残っています。
 Kernel4.16LTS入れ替えをまず推奨します。
 GPUが標準設定でエラーを起こして画面が映らないんです。
 まずGrub2まで起動するのであればUEFIの問題ではありません。
 GPUです。
 nomodesetをquietの前に付けて、
 一旦インストールしてから、再度起動。
 でGPUの設定を書き直します。
 ここに書いてあります。

http://kapper1224.sblo.jp/article/178870467.html


・ポータブックでUbuntu17.04〜18.04入れているんですけど起動しない。
⇒僕もポータブック使っていますが、再現出来ていないです。
 ATOMのKernelバグは間違いないです。
 Kernelバージョンを4.16LTS版に入れ直してみましょう。
 Ubuntu18.04はまだ試していないのでチェックが必要かと。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ