にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2018年04月08日

Ubuntu改造日記 AC電源を繋ぐと一時的にキーボードが効かなくなるバグ対策 その69

今回はUbuntu17.10のバグ対策で、
ノートPCにAC電源を繋ぐと、バックライトが最低輝度になり
一時的にキーボードの入力が効かなくなります。
当方の環境はCF-NX2でUbuntu17.10.1 Amd64です。
他の人でもなるのではないでしょうか?

●AC電源を繋ぐと一時的にキーボードが効かなくなる
ACPI関係だろうけど、直っていません。
画面の輝度が最小になって真っ暗近くに鳴ります。
キーボードを叩いているとそのうち直りますが。

対策としてはマウスでテキストエディタをクリックして起動させます。
ランチャーにあるGeditが良いでしょうか?
でそのままテキストエディタで適当なキーを叩いていると
入力出来る様になって復旧します。
キー入力が復活したらFn+F2で輝度を調整します。
ブラウザ上でやっても何故かキー入力が認識しませんよね・・・
不思議です。

●まとめ
とりあえず復旧まで・・・
ACPIのバグはKernelのバージョンが上がるまで治んないので
当面は我慢するかPPAからMainlineKernelを入れて
アップデートしましょう。
今の所は仕方がないかも・・・


posted by kapper at 23:13 | Comment(0) | Ubuntu
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ