にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2017年12月28日

岐阜県 VS 愛知県 野球と市場から見たおもろい2県関係

昨日はだいぶ雪が降って辛かったですよね?
今日は正月休みで暇なので雑なブログを書こうと思います。
岐阜県は名古屋の近隣で文化的にも経済的にも名古屋圏なのに
なぜこれだけ政治、市場シェア、言論が違うのか?
というローカルなネタを書きます。
まあ、多分他県の人には全く理解されないとは思いますが・・・
一応Kapperは愛知県出身です。

●岐阜県 VS 愛知県
岐阜県南部は経済的には完全に名古屋の衛星都市です。
実際にJR東海道本線と名鉄で片道30分前後で通勤圏です。
三重県より岐阜県の方が近いと言っても過言ではありません。

他県の人が一番目にするのが、国政選挙。
愛知県や三重県は民主党系列が強いのに、
岐阜県だけは自民党王国。
これだけ文化的な繋がりが強いのに
何故でしょう?
農村だから?
まあ、それもありますがどうもそれだけじゃない気がしてます。


●ドラゴンズ VS ジャイアンツ
まず全ての問題をたどるとここにたどり着きますw
いや、冗談じゃなくて(ぉ
マジです。
野球に関して言えば岐阜県でも殆どドラゴンズです。
しかし、ドラゴンズは岐阜県内で殆ど活動していないので、
県内インパクトが殆どありません。
本当に駄目ですねあいつら。

名古屋では東京との勝負では象徴的存在です。
名古屋人はドラゴンズがジャイアンツに勝てば、東京に勝ったのと
同じバーチャルな優越感が味わえます(ぉぃ
それで名古屋でドラゴンズは大人気です。
ジャイアンツは主敵だw
東京に勝てる所がトヨタとドラゴンズなど限られるので・・・
ジャイアンツを敵だとするとドラゴンズは味方だという思想です。
これは歴史を通じても変わりません。
面白い視点ですよね。

一方、岐阜県では全くそんな事がありませんw
ドラゴンズは野球ファン以外殆ど会話に上がりませんw
別理由で、岐阜県ではドラゴンズがそこまで侵食していないんです。
まあ元々岐阜県風情が東京と勝負しようなどという
発想が無いためでもありますが・・・
いまはスポーツ人気がローカルなFC岐阜に僅かに少しづつ傾きつつあります。
FC岐阜の経営問題もあって、後天的にスポンサー登録を
市民の冷たい視線と圧力に耐えられなくなって
余儀なくされた岐阜企業の姿が痛々しくて・・・(w

●新聞メディア 中日 VS 岐阜新聞
まず圧倒的に違うのがメディア。
愛知県ではシェアが圧倒的に中日新聞。
あまりのシェアの高さに折込チラシが
中日新聞に集中しており、
スーパーの特売情報が入手できないとまで言われています。
ドラゴンズ効果ですよね。。。
東京の敵となるドラゴンズがいて、
中日新聞がいて名古屋の言論と経済が集中する構図。
さすがは中日新聞の戦略ですよね。

ところが岐阜県では主敵の岐阜新聞がいます。
中日新聞 50%、岐阜新聞 20%のシェアで拮抗しています。
岐阜新聞はローカルにこだわっているので情報量が多いです。
また、岐阜新聞の中日嫌いは有名で花火大会を個別で行うとか、
個別でマラソン大会を運営したりとか
中日新聞は名古屋ではやらないくせに・・・
とにかく面子に拘る両社の激しい戦いが
地元住民まで巻き込んでうっとおしいです。
売り込みからイベントまで・・・
でも最近の岐阜新聞はかなり劣勢ですよね。

という事で言論はかなり2つに分かれます。
中日新聞は政治的に左で岐阜新聞は右です。

●選挙 自民党 VS 野党
ここに来てやっと政治の話。
岐阜県は圧倒的に自民党です。
そりゃ農村地域が多いだけではありません。
名古屋人と違って無差別アンチ主流派の発想がないだけです。

・主流派への対立意識がない(つまり与党?)
・中日新聞の影響力が弱い(重要)
・与党は毎回立候補者が同じで信頼されている
・毎回立候補者が変わる野党を覚えられない
・重農、重商政策
・野田聖子は嫌いだ(違

という感じですかね。
まあドラゴンズの影響力で政治が決まってしまうという
風邪が吹けば桶屋が儲かる理論です(マテ
実際、中日新聞の影響は大きいですよ。
それが岐阜では無いだけで。

●金融機関 十六銀行+大垣共立銀行 VS 三菱東京UFJ
名古屋ではUFJですが、岐阜ではシェア2%の末端です。
岐阜県の金融市場が小さいので十六銀行と大垣共立銀行は
愛知県に展開をかけています。

まあ実際大垣共立銀行は本当にサービス良いです。
土日や夕方も運営している支店ありますし。
ATMもあちこちにありすぎるし。
ドライブスルーATMまであるという・・・
全国的に見てもこれだけ斬新な金融機関は少ないのでは?
地方財界からみてUFJはかなり嫌われています。
経済的に名古屋資本から独立しているというのは面白い話です。

●まとめ
ドラゴンズが勝つと名古屋で民主党が勝つという理論(嘘
全てはドラゴンズで地方政治が決まってしまう罠
岐阜新聞もっと頑張れ
しかしゼニは別だったりする難しい。
まあFC岐阜の頑張りで今後は岐阜県内で大きく変わります。
やはり岐阜と名のつくスポーツに愛着を持つ人は多いです。
メディアも企業も徐々に岐阜シフトするのではないでしょうか。

名古屋と岐阜は似ていますがかなり違います。
こういう文化的な違いが影響しているのかと・・・
そのうち野球 VS サッカーが岐阜でも盛り上がればな、と。
岐阜財界はすでにFC岐阜側につかされています(ぉ
ついていますじゃなくてw
FC岐阜の経営問題に企業が圧迫されています
市民の圧力は怖いなあ(棒
まあ、ねえ。
こういうローカルが市民であって文化であって政治でもあったり。
そういう視点で見るともうちょっと田舎を理解できるかな?
posted by kapper at 17:02 | Comment(0) | 近況
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ