にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2017年03月06日

高性能MSタブレット #Surface 3 Linuxインストールテスト その1

Surface Ubuntu1704.jpg

Surface3にLinuxをインストールした際の記録をメモします。
UEFI64bit対応機種なので最新Kernelさえ使えば難しくはありません。
是非SurfaceにもLinuxを入れてみましょう。

●Surface3とLinux
Surface自体はノートPCと同じUEFI64bitなので理屈上は普通に起動します。
所が、Cherry-Trailの新しい石なのでKernelがまだ対応していません。
できるだけ新しいKernelに載せ替えましょう。

特徴
・ATOMのCherry-Trailを採用。
 安価・UEFI64bit。
 従来のLinuxディストリがそのまま使える。
 起動にbootia32.efiは不要。
・中身は中華タブに近い仕様でCherry-Trail特有の画面フリーズなどの現象あり。
 Linuxの移殖が非常に難しく報告事例が殆どない。
・本体にMicroUSBとUSB、MicroHDMIやヘッドフォン、
 キーボードドッグがあり拡張性が高い
・ブートさせる際にはgrub.cfgに「i915.modeset=0」が必要。
 Cherry-Trail共通。

●起動時のSecure-Boot設定
まずSecure-BootをDisableが必要です。
起動時に電源ボタン+音声ボタン小(左側)の
二つを押しながら起動させると設定画面が出ます。

・Secure-boot:Disable
・Boot:外部ストレージに設定

ここで初めてLinuxディストリがUSBから起動できます。
起動画面が赤くなりますが、問題ないです。

●LinuxのUSB起動
USBを刺すだけで起動出来ます。UEFI64bitの長所です。
ここが他のタブレットと違う点です。
USBメモリからGrubの画面が起動しましたら、
まず「E」キーを押してコマンド入力画面にします。
そこで「quiet」の前に下記のコマンドを入力します。
「intel_idle.max_cstate=1」、「i915.modeset=0」。
無くても起動するはずですけど。

起動したら/etc/default/grubに「intel_idle.max_cstate=1」を追加しておきましょう。
ブラックスクリーンになる場合は、「i915.modeset=0」も追加。
こちらはIntel Graphics Driverがない場合です。

注意点が2つ程あって、Kernel4.8以降、
Ubuntuは17.04以降で起動します。

・Ubuntu17.04以降
・Manjaro17.0以降
・Debian Stretch以降
・CyanogenMOD-x86 13.0以降

で動作確認しています。
まだ開発版が多いですが、
今後のディストリで動作するはずです。

●インストール
標準のインストーラーでパーティションを割れば問題ないです。
デュアルブートする際にはWindowsを消さないようにしましょう。
作成するパーティションは、

・ルート Ext4
・/boot/EFI/ FAT32
・Swap

が必要です。
Windowsのパーティションを少しだけ小さくしていれましょう。

●まとめ
ManjaroやUbuntu17.04なら普通に動きます。
まだドライバもこれからなので、まずはUSBブートで確認。
Ubuntuも17.04以降であれば動くはずです。
まだ開発版ですが。
色々と試してみてブログなどにアップしましょう。
【Surfaceの最新記事】
posted by kapper at 07:16 | Comment(4) | Surface
この記事へのコメント
はじめまして。
私も今、surface3(non pro)にubuntu17.04をデゥアルブートで入れようとしています。
ロゴが出てて来てしばらくすると、画面が暗くなったまま変化がありません。
記事にあったようにgrubを変更しようと思うのですが、コードの位置等が分からず苦戦しています。
何かアドバイスを頂ければ幸いです。
Posted by inaba at 2018年01月04日 23:33
コメント誠にありがとうございます。

USBメモリから起動してGrubの画面が起動しましたら、
まず「E」キーを押してコマンド入力画面にします。
そこで「quiet」の前に下記のコマンドを入力します。
「intel_idle.max_cstate=1」「i915.modeset=0」。
これでCPU Turboモード設定とGPUの無効化します。

これで立ち上がったら一旦インストールして、
再起動。
その後はGPUの設定になります。
こちらをご参考に。

http://kapper1224.sblo.jp/article/178870467.html

実はUbuntu17.10はGPUの設定が追加されています。
一度そちらをUSBメモリに焼いて試しては如何でしょうか?
もし動けばGPUの問題かと思われます。
Posted by kapper at 2018年01月05日 20:26
アドバイスありがとうございました。

アドバイスに従い、まず17.04でブートさせ、コードを追加しました。しかし、結局画面が黒い状態で変わらず…

そこで、17.10をUSBに焼いて、再度ブートさせたところ、インストールが成功しました。
起動時にubuntuとwindwosの選択する画面も無事表示され、デュアルブートできました。

改めて、ありがとうございました。
Posted by inaba at 2018年01月06日 02:07
inabaさま

無事動いた様で何よりです。
是非Ubuntuを楽しんで頂けたらと思います。
またの会話のご機会を楽しみに申し上げます。
Posted by Kapper at 2018年01月06日 19:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ