にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2016年12月11日

新世代UMPC Cherry-Trail #GPD-WIN brcmfmac4356-pcie.txtとLinux上での内蔵無線LAN認識 その5

GPDWifi.jpg
今回ははなぐろさんのブログにありました
GPD-WINの内蔵無線LANのbrcmfmac4356-pcie.txtを入れて
無事内蔵無線LANがUbuntuで動作しましたのでブログにします。
大変感謝。

●UbuntuとGPD-WINと内蔵無線LAN
標準ではUbuntuでは何故か内蔵無線LANが繋がりません。
BCMのチップはオープンソースなので、
Kernelに取り込まれているはずですが、と。
何だろうな?と思って悩んでいたらはなぐろさんのブログで
動作したとご報告がありました。
感謝です。

 GPD WINのPlamo Linuxで内蔵無線LANが使えた
 
brcmfmac4356-pcie.txtとbrcmfmac4356-pcie.binの両方が必要です。
全然知らんかった。
LinuxカーネルのFirmwareにあるはずですが、txtの方だけ無いようです。
誰かがGPD-WINで気が付いて既にバグ報告上げてもらっています。
感謝。

 Bug 185661 - brcmfmac4356-pcie.txt is missing from linux-firmware, but is required for BCM4356 to function

つまりこれを拾ってきてコピーするだけで良さそうです。
ファイルはこちら。テキストをコピーして保存してもOK
両方とも同じです。

 https://sourceforge.net/p/android-x86/device_generic_firmware/ci/b261458e9642c2130866525fa3b6e7e34fa95b05/tree/brcm/brcmfmac4356-pcie.txt

 https://chromium.googlesource.com/chromiumos/third_party/linux-firmware/+/f151f016b4fe656399f199e28cabf8d658bcb52b/brcm/brcmfmac4356-pcie.txt

●GPD-WINでUbuntu上で内蔵無線LAN
brcmfmac4356-pcie.txtとbrcmfmac4356-pcie.binの両方が必要です。
Ubuntuの場合、brcmfmac4356-pcie.binはあるので、
brcmfmac4356-pcie.txtだけ拾ってきてコピーします。
テキストエディタでコピー貼り付けして保存します。
端末から

 sudo cp /(ファイルのある場所)/brcmfmac4356-pcie.txt /lib/firmware/brcm/
 sudo modprobe -r brcmfmac
 sudo modprobe brcmfmac

これで内蔵無線LANがLinuxで認識します。
多分ディストリは問わないはずです。

●まとめ
まずはなぐろさんに感謝を。
全然知りませんでした。
恥ずかしい・・・
だってLinux-firmwareのGithubにそんなファイルないですもんw
つまり仕様を理解していませんでした・・・恥ずかしながら。
勉強させていただきました。
これで問題なく無線LANまで使えます。
バグFIXされればそのうち普通のKernelで使える様になるかと。
他のWindowsタブレットでも同じ方法で使えそうです。
posted by kapper at 18:11 | Comment(2) | GPD-WIN
この記事へのコメント
きっと買ってると思ってました。
参考にさせていただきます。
Posted by x-man at 2016年12月12日 21:27
コメントありがとうございます。
是非使ってみて下さいな
Posted by Kapper at 2016年12月13日 03:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ