にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2016年11月29日

電子ペーパースマートウォッチ Pebble 日本語表示可能なtwitterクライアント Twebble その4

CjnQW5pUgAAI-9w.jpg
今日はPebbleで日本語表示可能なtwitterクライアントの
Twebbleをネタにします。
文字情報の表示量が少ないのが悩ましいですが、便利です。
AppleWatchやAndroidWearで出来る事を
なんとPebbleでも出来てしまいます。
性能を考えると驚きです。

●Twebble
Pebbleで見れるTwitterクライアントは幾つかありますが、
日本語表示できるやつはTwebbleです。
有料です。

 https://apps.getpebble.com/en_US/application/52cd93cd53760f442d00000b

他機種と比べると性能としては制限があるのですが、
一応読めます。

・29件まで一応表示
・文字数は少なく50文字前後?
・画像、リンク等は表示できない、検索不可
・一応ツイートなど可能(ただし英語のみ?)
・日本語化すれば表示可能
・Bluetoothのみの通信なので電池もちが非常によい
・スマホより更にこっそり隠し読みできるw
・  

PebbleでTwitterが読める、というだけが価値です。
文字情報はRSSリーダーに譲りますが、これはこれで良いです。
もうちょっと文字数が多ければ、な。
画面サイズとメモリの関係でしょうか?
他の弱点はボタンを押さないと操作できない事で、怪しいですw


●まとめ
色々と最低限の機能ですが、Pebbleでtwitterが
使える事に意義があります。
勿論、他のスマホやスマートウォッチでもtwitterは使えます。
Pebbleの長所は長時間バッテリと常時液晶表示なので
付けっぱなしでも問題ありません。
文字情報が入手できる事にまず意義があります。
電車の中でも会議中でもw
スマホと違ってPebbleは耐久性があるのが強みです。
Pebbleの場合、他のスマートウォッチと比べて明らかに性能が低いですが、
アプリで同じ事が出来るというだけでも長所になります。
ここが他のスマートウォッチと違う点ですね・・・
posted by kapper at 06:55 | Comment(0) | Pebble
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ