にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2016年06月29日

Bluetooth用GamePad&Keyboard AndroidとDebian Noroot、RaspberryPiモニタキット テスト

CmHscq8UsAEXYF9.jpg
今回はBluetooth用GamePad&Keyboardと呼ばれる
中華コントローラを買って試してみました。
これを買うとAndroidやPCが簡易OpenPandoraみたいに
使えます。
言いすぎました、それっぽく見えますです。
スマホに固定できるキーボードは少ないので
ChrootでDebianを使うに最適です。
これでマウスがあったらなぁ、と。

●Bluetooth用GamePad&Keyboard
スマホに固定できるBluetoothキーボードを探していました。
Debian使うのにやっぱりキーボードあると便利です。
コントローラーだけなら沢山ありますが。
意外に無いんですよ。
この手の。

Googleで画像検索するとそれっぽいの発見。
Amazonでググると実物ゲット。
中華ですが、他に選択肢がないので2個買います。
無くなったらおそらく入手不可。
良ければスペアで追加購入決定。


・長所
 スマホ固定型フルキーボード
 コントローラーとアナログスティック内蔵
 多分6インチ前後まで対応?
 Android、OSX、Windows、Linux対応?ドライバ不要
 アナログスティックがDebian Noroot上でマウス代替え(激遅)
 上下左右キーがキーボードの方向キーとして使える(当たり前ですが)
 キーボードモードとジョイスティックモードをHOMEボタンで切替え

・短所
 マウスがない。左右ボタンが無いので使いにくい
 いわゆる強度設計が中華
 サイズがスマホよりはるかに大きい。ゴツイ
 アナログスティック部分が使いにくく不便。安物。
 固定できるスマホが6インチ前後と小さく、ファブレット不可
 ジョイスティックモードだと文字キーは使えない
 キーボードモードだと、右スティックはマウス扱いになるため、若干使い勝手が悪い
 iOS非対応。残念ですが・・・

設計と外観がアレですが、基本は抑えてあるかと。
これでマウスがあれば完璧だったんですが・・・
ゲームとしては問題ないかと。
僕の用途はChroot環境しか使わないので、Mikutterには問題なし



●Debian Norootで使ってみる
個人的にDebianのキーボードとして使えればOK
キーボード部分はFNキーが埋まっていますが、
ボタンを押して中から引っ張れば問題なし(笑
キーボード部分はちゃんと使えます。
ESCとファンクションキーありませんが(涙

Debian Norootで右アナログスティックがマウス替わりに動きます。
ただ、速度遅いので使いにくいです。速度制御出来ますかね?
左右クリックに対応するキーは無かったです。残念
コントローラー部分の十字左右キーはそのまま。
ターミナルでの履歴には必須。
ABXYボタンは何故かCTL、ALTに対応?
Startボタンがバーチャルキーボードが立ち上がります。

マウス以外はある程度使えそうです。

●RaspberryPi モニタKitと組み合わせて
写真の段階ですでに怪しい。
この写真にピンときたら完全にガジェヲタw
RaspberryPiにBluetoothはUSBで別途必要です。
固定するにはスマホと比べ薄すぎるのでスペーサー必要です。



CmH3JqnUgAA_7hH.jpg

●まとめ
ゲームパッドとしてもKeyboardとしても一応使えます。
左右マウスボタンの割り当てが出来れば完璧に近づきます。
僕としてはそれが残念。
固定できるスマホサイズに限りがありますので注意。
勿論Twitterなども問題ありません。
Debianはキーボードがあるとスマホでもとっても使いやすくなります。
残念ながらスマホ固定式があまりないので、
良いキーボードがあったら是非紹介してくださいな。

この写真にピンと来た人は、真正です。
さあ一緒にモバヲタの闇に落ちましょう(ぉぃ
posted by kapper at 22:57 | Comment(0) | モバイル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ