にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2016年06月19日

Ubuntu改造日記 スティックPC モニタレス運用 HDMIダミーアダプタ&中継コネクタ編 その34

ClT6YI3VAAAk7DG.jpg
Ubuntuに限りませんがスティックPCは
HDMIモニタに繋がっていないと電源が入りません。
仕様です。
しかし、これだけのスペックのモノをモニタだけに繋いで
使うのは勿体ない。持ち運んでみたりモニタレスしたり使いたいです。
自宅で使う分にはモニタ繋いで起動したのち外せば良いですがw
MicroUSB電源なのでどこでも持ち運んで使えますし
VNCやTeamviewer使えば遠隔操作も簡単です。
是非使ってみましょう。

●HDMIダミーアダプタと中継コネクタ
HDMIダミーアダプタをスティックPCに繋ぐだけです。
ただ両方ともオスコネクタなので、そのままでは繋がりません。
メス―メスHDMI中継コネクタを間にいれる必要があります。
Macなどで良く使われています。
HDMIダミーアダプタには2種類ありまして、

・4Kモニタタイプ
 解像度:800x600〜4088x2304



・HDモニタタイプ
 解像度:〜1920x1080



ついでに中継コネクタ


ClTvSnNUsAAxqBV.jpg

●使ってみる
まずスティックPCを普通に起動確認。
折角なのでVNCサーバかTeamviewerなどを自動起動させておきます。
遠隔モニタレスには必須です。

で中継コネクタとHDMIダミーアダプタを繋いだのち、
MicroUSB電源ケーブルを刺します。
これでスティックPCの電源が入ります。
あとは遠隔操作。
それだけですね。
ClT6Vu_VEAAeAC9.jpg

●まとめ
今回はUbuntuのスティックPCで動かしましたが、
AndroidでもWindows10でも同じはずです。
4Kモードにしても転送量が多くて重いだけなので、
個人的にはHDモードで十分です。
Teamviewerなら後でクライアント側で自由に解像度を変えられます。
その際にフォントまでは変更できないので注意。
まあ試しにHDMIモニタを繋いで電源を入れてから
HDMI外すモニタレス運用しても良いかと。
是非使ってみましょう。
posted by kapper at 20:44 | Comment(0) | Ubuntu
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ