にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2016年01月03日

ARM Tegra K-1 Chromebook13 Ubuntu mGBA-0.3.2 最新版ビルド その57 #mgba

次はmGBAの最新版をUbuntuでビルドしてみました。
動作は完動でARMでも無事動きます。
ビルドは問題なく出来ました。
興味のある方は是非。

○mGBA
mGBAのエミュレータのmGBAです。
幾つかあるGBAエミュの一つですが、
オープンソースでUNIX汎用です。完成度が高いです。
ARMでもちゃんと動作します。

最新版はgithubで更新されています。
今回は本家HPから拾ってきました。
そこでソースコードからビルドします。

○mGBAのビルド
本家HPよりソースコードをダウンロードします。
まず関連パッケージからインストール。
色々入れた後なので実はよく分かっていないです。

 sudo apt-get install build-essentials cmake libsdl imagemagic ffmpeg libzip ?

cmake関係が必要ですので注意。
でソースコードを展開。

 https://mgba.io/downloads.html
 https://github.com/mgba-emu/mgba/archive/0.3.2.tar.gz

 cd mgba-0.3.2
 mkdir build
 cd build
 cmake -DCMAKE_INSTALL_PREFIX:PATH=/usr ..
 make
 sudo make install

○動作オプション
mGBAを動かすにはROMイメージが必要です。
各自入手して下さい。入手は聞かないで下さい。答えません。

 mgba -b (BIOSファイル).gba (ROMファイル).gba

で実行すると動いたはず。
BIOSは無くても起動する様です。
いくつかのゲームを動かしてみて相性以外の設定が問題ないか確認しましょう。

・Generic options:
-b, --bios FILE GBA BIOS file to use
-c, --cheats FILE Apply cheat codes from a file
-g, --gdb Start GDB session (default port 2345)
-v, --movie FILE Play back a movie of recorded input
-p, --patch FILE Apply a specified patch file when running
-s, --frameskip N Skip every N frames
--version Print version and exit

・Graphics options:
-1 1x viewport
-2 2x viewport
-3 3x viewport
-4 4x viewport
-5 5x viewport
-6 6x viewport
-f Start full-screen


・Controls
- **A**: X
- **B**: Z
- **L**: A
- **R**: S
- **Start**: Enter
- **Select**: Backspace

○CPU負荷
Acer Chromebook13 Tegra-K1で45%です。
このマシンならフレームスキップなしで問題なくゲームできます。
RaspberryPi2レベルの低速マシンでは無理そうです。
解像度とフレームスキップを落として試すしかなさそう。

○まとめ
一応ARMでも動作します。
バイナリのビルドはx86しかありませんが、
UNIX汎用コードなのでビルドすればARMでも動きました。
VBA-MとかMednafenとか他にもエミュはあるんですけど、
興味があれば試してみて下さい。
posted by kapper at 02:10 | Comment(0) | Chromebook
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ