にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2015年09月27日

最近の事 15年10月 Windowsユーザーをオープンソースへの参加願いと活動ネタ どうしよう?

オープンソースカンファレンスのアンケートで
Windowsユーザーが殆どオープンソースカンファレンスに
こない事が分かりました。
市場の90%以上シェアを持つWindowsユーザーが
オープンソースに興味を持ってもらうには、と悩んでいます。
既存開発者に頼らず、僕等ユーザーサイドとしても促進させるテーマが
あるのではないかと思いました。
そういう議論ってまだ少ないのでブログで考察ネタにします。

◯オープンソースとWindowsの関係
オープンソースとくると*BSDやLinuxが一番に思い浮かびます。
でも実際はApacheやLibreOfficeや仮想化と言った
OSの垣根を越えたアプリケーションサイドの開発が多くの支持を得て
沢山の人が参加しているのも実状です。
Windowsユーザーもそういったアプリケーションを使ったり、
サーバを利用することで沢山の恩恵を受けています。

所が、目に見えにくいものでなかなかオープンソースに参加する
Windowsユーザーというのが少ないのも事実です。
Windowsアプリの開発を発表する台湾COSCUPに参加してみて、
日本との活動の違いに強い衝撃を受けました。もの凄い聴衆者数でした。
機会損失でなんというか日本はもったいない・・・

Kapperはどちらかと言うとエンジニアではなく1人のガジェットオタクに過ぎません。
ただし肩書きや立場に縛られる部分がない所から、
逆転して見るとこの立場と視点を利用できるのではないかと思いました。
一番分かりやすいガジェットがWindows中華タブレット。
今からネタを集めて、
来年のオープンソースカンファレンスで失敗覚悟で勝負してみようかな
そう思いました。
2chのWindows板に堂々と書き込んで殴り合いの論争できる様なネタ、
そんなテーマで橋頭堡を目指してみたいです。
メインはARM Linuxで裏テーマです。

◯Windowsでも出来る、使えるオープンソースって?
ただのユーザーには興味ありません、そう言う開発者の方も
勿論いらっしゃるかと思いますが、前もって申し訳ありません。
まずは知っていただかないと、知って頂いたあと興味を持ってもらわないと
最終的にはLinuxを使って頂く?実はそういうものでもありません。
ただ面白いなと思って頂ければまあそんなものかな。というレベル。

オープンソースであるが故にOS環境を選びません。
LinuxだろうとMacだろうとWindowsであろうと。

・cygwin
・Androidエミュ
・PCエミュレータ
・サーバ関連
・LibreOffice
・吉里吉里などゲームOSS関連
・日本語IME、OSSフォント関連
・Windows10 IOT

既存のそのままで特に新しいものはありません。
別に新しいものなど今は不要です。実際なにも出来ませんし・・・
何が面白いかであって珍しくなくても良いかなと。
面白いと思えそうなネタ出ししないとね・・・
悩みどころです。

逆にそういうOSSアプリをビルド移植したり翻訳したり
そういう事なら誰でも出来そうです。
切り口を一つに限定しない、何か面白い事思いつかないかな。

○ガジェットの視点から見て
Intel系デバイスの長所は汎用性でLinux、*BSDも完成度が高いです。
UEFIの問題がありましたが移植は進んでいます。

・デスクトップ
・ミニPC(セットボックス含む)
・ノートPC
・タブレット
・スマホ
・スティックPC
・IoT

ガジェットとしてはこんな所でしょうか?
まだ1ボードPCとか、スマホはAndroidとかが先行しています。
となるとタブレットとスティックPC。
posted by kapper at 16:35 | Comment(0) | 近況
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ