にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2015年09月05日

最近の事 2015年9月 今年の目標と課題 海外展開と実験テーマどうするよ

こんにちは。
今月の愚痴をブログにメモします。
ChromebookにNexus7にOSCに海外展開に色々と。
実はできていない事が沢山あったりします。
反省と今後の進め方を棚卸しします。

●今年のテーマ進捗と課題
去年の12月の東海道らぐLTでこんな目標を立てて発表していました。

・台湾無敵電子辞書ネタ・・・結果△
・Netwalkerのディストリ作り・・・結果×
・ARM Chromebook解析・・・結果◯
・Dynabook AZ解析・・・結果△
・Pkgsrc on Linux・・・結果◯
・OpenPandora解析・・・結果×
・Nokia N900解析・・・結果×
・電子回路設計・・・結果×
・海外OSC展開・・・結果◯

なんか今の姿と全然違いますね〜、と(ぇ
反省です。
当初はNexus7とかAndroidとかやるつもりは全く無かったんです(ぉぃ
ただOSCでの皆様のご意見が大きかったので方針転換しました。楽しかったです。
Netwalkerのディストリ作りとOpenPandora解析とかはこれから頑張れそうですが。
電子回路設計はちょっと時間が足りないかなと。
古い機種が放置されたままなのが、自分的に物足りないですが。

海外OSC展開活動は無茶を承知で飛び込んで劇的に展開してしまいしたが
実は当初の推定どおりです。
基本的に英語か現地語でやり取りしますが、日本と同じでした。
しかし初参加です。
だって、去年の12月でまだOSC初舞台して1年も立っていなかったんですよ?皆様。
浜松も名古屋も京都も東京もKOFも東海道らぐも2014年は全てが初舞台。
緊張の毎日の1年目。
それまでずっとネット上だけの1ブロガー。今も気持ちは同じです。変わりません。
ブログの記録あってのKapperです。
そして2年目入る直前に香港OSCに参加登録して、世界の渦の中に飛び込みました。
あの時はハッタリかましおって?と本人ふくめ思った方もいたとおもいますが
大失敗して恥を楽しんで経験値に替えてくれるわ、
という感じでちょうど良かったなと、特に香港OSCの関係者の方々に感謝致します。

●海外展開のすすめ
海外で発表する際にセミナーとブース、懇親会があると素晴らしい。
外国人が発表に来てもローカルに入らないと面白くないといいますか、
生の顔、声を聞きたいといいますか、そういう所がKapperにもあります。
例えますと、
 Linux.comの大規模カンファレンスで外国人の有名人がトークして帰っていきます。
 大多数の方々がふーん、凄いね〜で終わってしまうのではないでしょうか?
まあある意味もったいない。
また時々日本での台湾や中国などのMakerFaireがニュースになる事もありますが
実際の所何がどうなっているのか日本からは良く分かりません。
セミナーのタイトルだけあってもね〜、雰囲気やその人なりが分からないと。
なら自分で押しかけてみて、見たこと感じた事をレポートしようかと。
でも世界中を見ると、人口だけでも想像もつかない程の人がいるんですよ。
例えばOSCでもローカルな所は参加者数百人、人口規模数十万の都市ですよね。
ただし台湾なら人口2,300万人、香港だけでも700万人。
中国大陸なんて12億人ですよ?
日本なら最低OSC東京クラスです。
それだけのエンジニアが一ヶ所に集まるんです。
凄い熱気です。

特に台湾COSCUPには圧倒されました。
日本ではこれだけ沢山のエンジニアが集まるなんて無いな〜と。
話を戻しますが、その国その国で凄い人が沢山いて日本では全く知られていません。
所が2バイト圏のIMEの話とか同じ悩みを抱えています。
国が変わっても考えることは同じなんですね。
そこは誰がどうやって活動しているかが違ったり。
人口の少ない国はどうしたいか?中国みたいな人口の多い国はどうなのか?
興味は付きません。

実際のITエンジニアの実力は各国同一レベルだと思います。
日本は人口と初期UNIXからの歴史の長さが強みでややリードしていましたが、
既に過去の話。
高齢化が進み、若い人が表に出てこない日本と違い
台湾は若い人の活動が活発です。
日本ではIT産業が国のブームになることは難しそうなので、
若い世代の力の差でIT後進国になるかもしれません。
高度な機材が不要なITは難しいね。
この分野では日本が先進国だと思ったら大間違いです。過去の話です。
色々な国を自分の目で見てみると良い機会になるかと思います。


posted by kapper at 18:43 | Comment(0) | 近況
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ