にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2015年07月14日

ARM Tegra K-1 Chromebook13 Ubuntu Exagear-Desktop Teamviewer Emulation No.37

今回はARM ChromebookでExagear-Desktopによるx86エミュレーションで
リモートデスクトップのTeamviewrを動かしてみました。
処理速度はちょっと重いですが、ARMでも十分動きます。
ただ、RaspberryPi2の様にCPUスペックが低いマシンだと、
処理落ちする程度ですので、もう少しだけパワーが必要です。

○Teamviewer
全世界的に有名なリモートデスクトップアプリです。
IDとパスワードを入れるだけで遠隔操作出来る簡単さが人気です。
LinuxではWineを使ってWindows版アプリを動作する形で対応しています。
Exagear-Desktopでx86エミュレーションする事でARMでも動かしてみる。
勿論Android版APKをテストする方法もありますが、
それは別のネタで試してみます。

本家HPではLinux版TeamviewerはDebパッケージ版と
汎用バイナリのみ版があります。
Debパッケージ版はDaemonとしてTeamviewerを常駐させて
サーバとして使えるのですが、DaemonがARMではエミュレーションできませんので
Daemonを使わない汎用版なら動作します。
tar.gzファイルで公開されているOther systems (not officially supported)の方なので
そちらを使ってみましょう。

○Teamviewerの動作方法
まずExagear-Desktopでx86エミュレーション環境と、
Wineのインストールを行います。
こちらは昔にブログに書きましたので割愛します。
x86環境のUbuntu上で追加のパッケージを入れます。

 sudo apt-get install libjpeg62

入れましたら、本家からtar.gzファイルをダウンロードして展開。

 tar zxvf teamviewer_linux.tar.gz
 cd teamviewer
 ./teamviewer

後は勝手にWineが起動して待つこと数分で起動するはずです。
サーバ側ならIDとパスワードを他のPCで入力、
クライアント側なら他のPCのIDとパスワードを入力します。
無事遠隔操作ができたはずです。

○TeamviewerのCPU負荷
Topコマンドで見る限り、サーバ側でもクライアント側でも
ChromebookのTegra K-1の場合で大体30〜40%のCPU負荷を専有します。
恐らく、Nexus7 2012の1.3GHz相当は最低必要だと思います。
RaspberryPi2の約1.44倍のCPU負荷なので処理落ちします。

○まとめ
Wine上ですが無事動作しました。
ネットではTeamviewerの人気が高いのでテストしてブログにします。
ARMでもx86エミュレーションで大体のアプリが動いてしまうので、
処理速度さえカバー出来れば、アプリは気にしなくても良さそうです。
良い時代になりました。
是非使ってみましょう。


This time I tried to move the Teamviewr of remote desktop in x86 emulation by Exagear-Desktop at the ARM Chromebook.
Processing speed is a little heavy, but move ARM even enough.
Just that's machine CPU spec is low like a RaspberryPi2, you need a little more only CPU power because it is enough to fall processing.


○ Teamviewer
Teamviewer is the world-famous remote desktop app.
The remote control can be simplicity and just put the ID and password is popular.
Use the Wine in Linux are supported in the form of operating a Windows version of the app.
And try to move even ARM by the x86 emulation Exagear-Desktop.
There is of course also a method to test the Android version APK, but it will try another story.

Linux version of Teamviewer In Honke HP might edition only Deb package version and a general-purpose binary.
Deb package version is I use as a server and is allowed to reside Teamviewer as Daemon, but it will work if Daemon does not use the Daemon can not be emulated in ARM general-purpose version.
more such because of the Other has been published in the tar.gz file systems (not officially supported) Let's use there.

○ Teamviewer method of operation
x86 emulation environment in the first Exagear-Desktop, you will do the installation of Wine.
Here omitted because I wrote a blog a long time ago.
We will put the additional packages on the Ubuntu x86 environment.

sudo apt-get install libjpeg62

Once I put, expand it to download the tar.gz file from upstream.

tar zxvf teamviewer_linux.tar.gz
cd teamviewer
./teamviewer

After you should start in a few minutes that you wait to start arbitrarily Wine is.
Enter the server side if the ID and password on the other PC, and then type the other PC of the ID and password if the client side.
You should could safely remote control.

○ Teamviewer of CPU load
As long as you see in the Top command to occupy 30-40% of the CPU load roughly in the case on the client side also on the server side of Tegra K-1 of the Chromebook.
Perhaps, I think Nexus7 2012 1.3GHz equivalent of sucks necessary.
Because it is about 1.44 times the CPU load of RaspberryPi2 then fell processing.
However, if you transfer a high-resolution desktop,
it will also be the CPU load is around 90% even Tegra K-1.
A little heavy.

○ Summary
It is on the Wine but was safely operate.
Because of the popularity Teamviewer is high on the net and then to blog Test.
Because ARM even in x86 emulation will is moving roughly app, app if possible even processing speed cover looks good and also not have to worry about.
It was a good era.
Let's use all means.
posted by kapper at 20:35 | Comment(0) | Chromebook
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ