にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2015年05月11日

新世代タブレット Nexus7 簡単TWRP ,MultiROM Manager Rootアプリ編 その30

今回はNexus7でTWRPとMultiROMをAndroid上から
コントロール、アップデートを掛けられる
TWRP ManagerとMultiROM Managerをネタにします。
細かい作業で母艦が不要になり、簡単操作で
OS載せ替えやリカバリ設定が出来る様になりますので
大変便利です。
かなり昔のネタなので今更感は大きいですが。
勿論Root化とUnlockは必要です。自己責任で。

◯TWRPとMultiROM
Android Nexus7上でUbuntu TouchやFirefoxOSなど
違うOSを載せ替える際にはリカバリモードでイメージ焼きこみと
ブートローダーで起動時のOSを切り替える必要はあります。

当初は母艦のFastboot、adbコマンドを用いて
USB接続して操作していましたが、
Android上でFastboot、Adbコマンドが使える様になると、
独立したカスタマイズが可能になり、GUIツールが誕生しました。
Android単独でOSの切り替え出来ます。
MultiROM ManagerはUbuntu Touchに対応しておりまして、
ワンボタンでUbuntu Touchのインストールとデュアルブート環境が作れます。
便利な時代ですね〜。

◯TWRP ManagerとMultiROM Manager
GooglePlayからダウンロード可能です。
Root化、Unlockしたら自己責任で入れてみましょう。
Root化やUnlockはNexus Root Toolkitを使うと簡単です。

 TWRP Manager (ROOT)
 MultiROM Manager

入れましたらまずTWRP Managerを立ち上げます。
勿論SuperSUとか必要。
TWRPのランチャー画面が出てきまして、
ROMのInstall、Restoreなどが設定できます。
勿論TWRPをインストールすることも可能です。

ここで変な事をやると後が大変なので、まずTWRPのインストールと
バックアップだけに留めておきましょう。
下手にROMをそのままInstallして上書きすると
元に戻せなくなって最悪Nexus Root Toolkitで
ファクトリイメージへ焼き直しです。

次にMulitROM Managerをインストール。
これで元々のAndroidに加え他のOSをデュアルブート出来ます。
ROMをZIPでダウンロードして登録することで起動出来ます。
Tgzファイルは使えないので展開しておきましょう。注意です。
またUbuntu Touchをインストールするオプションがありまして、
ワンボタンでUbuntu TouchをNexus7 2013にインストール出来ます。
凄く簡単ですよね。


◯まとめ
当初はあれこれ面倒だったFastbootも
今は標準アプリだけでカスタマイズ出来るんですね。
Ubuntu Touch使いたい人もワンボタンです。
各独自ビルドに公式対応しているNexus7は非常に恵まれています。
好きなROMを焼きこみしたい放題ですね〜。
FirefoxOSを使いたい人はZIPのROMイメージを拾ってきましょう。
くれぐれもTWRPでInstall上書きは辞めておきましょう。
FirefoxOSは解凍ソフトが貧弱なので、イメージファイルの焼戻しが不便です。
色々なOSを試してみましょう。
posted by kapper at 21:08 | Comment(0) | Nexus7
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ