にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2015年04月26日

新世代タブレット Nexus7 簡単Unlock、root化アプリ Nexus root toolkit編 その29

僕はNexus7を複数持っていますが、新しい端末のroot化する際に
母艦を消してしまったので面倒だなーと思っていました。
その際にWindowsでもワンボタンでUnlock、root化が出来る
Nexus root toolkitを入れて使ってみました。
簡単にRoot化が出来るので、面倒と思っていた人は
是非試してみましょう。

◯Nexus root toolkitとは
NexusシリーズのUnlock、toolkitです。
adbコマンドからrootを取る方法をGUIで自動で行ってくれます。
まあ、Windowsを使うことで母艦側のセッティングが
楽で簡単というメリットもあります。
今回はこちらのサイトを参考にさせて頂きました。
大変感謝です。

 nexus-root-toolkitの使い方

root化することのメリット、デメリットあると思いますが、
余ったNexus7があれば是非Linux化してリサイクルしましょう。

◯Nexus root toolkitのインストール
まずwindowsマシンを用意します。
本家サイトからNexus root toolkitをダウンロードしてインストールします。

 Nexus Root Toolkit v2.0.5

次にGoogle USB Driverをインストール。
これ気づきにくいですが重要です。

 Google USB Driver

画面右のDownload Google USB Driverから落として展開します。
Nexus7をUSBケーブルで繋いだ際のドライバインストールに必要です。
次にNexus7側でUSBデバッグを有効化します。
まず、Nexus7側で

「設定」⇒「タブレット情報」⇒「ビルド番号」を
選択してクリック連打します。

クリック連打することで「開発者向けオプション」が設定に追加されます。 
面倒な設定ですね。
開発者オプションにあります「USBデバッグ」をONにします。
これで設定OKです。

設定出来ましたらWindowsとNexus7をUSBでつなぎます。
その際にNexus7のUSBドライバーが認識されないと出てきます。
先ほどダウンロードした、USBドライバーを選択して認識させます。
これが無いとadbコマンドが使えないのでUnlock、Root化出来ません。
一旦USBをを抜いて、Nexus7を挿し直しましたら
USBドライバーが認識しましたら、Nexus root toolkitを起動させます。
画面が出てきますので、
・バックアップ
・Unlock
・Root

の順番にボタンを押して実行します。
動かない場合はNexus7のドライバが認識されていない?
もう一回試してみましょう。
Nexus7が再起動してUnlockします。
Unlock画面になったら音声キーで上を押して
電源ボタンでUnlockをONにします。
その後で再起動。

これを繰り返して無事UnlockとRoot化出来ます。
後はSuperSUとかAndroid Terminal Emulatorとか
Rootアプリを入れて試してみましょう。

◯まとめ
母艦側の設定が減るので手間としてかなり少なくなります。
Ubuntuなどインストールしなおして、レポジトリを登録して〜
とかやると結構大変ですが、こちらは楽です。
端末余っているけどRoot化するの面倒だな〜と思っている人は
是非試してみましょう。
Linux ChrootやUbuntu Touch、FirefoxOSとか入れたい人にもオススメ。

普段ARMのLinuxしか使わないのでWindowsは新鮮ですw
いえいえ突っ込む所はそこじゃないw
Linux使いでも是非Windowsを母艦としても試してみましょう。
posted by kapper at 17:42 | Comment(0) | Nexus7
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ