にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2015年04月24日

新世代タブレット Nexus7 Debian Kitインストール 動作テスト編 その28

お次はAndroid上でDebootstrapを用いて、
apt-getのパッケージを動作させるDebian Kitをテストしました。
こちらもかなり昔のネタなので、大変恐縮ですが
せっかくだからブログのネタにします。

◯Debian Kitとは
Debian KitとはAndroidのTerminal Emulatorを使って
Debianのパッケージを使える様にするDebian化Kitです。
基本的な所は他のChroot環境と同じですが、
マウントする場所がAndroidの/ である所が
他のchroot環境との違いです。

動かし方はまずイメージファイルを作り、そこにdebootstrapを用いて
Debianのパッケージをインストールしてます。
そこからバイナリをAndroidの/環境で使える様にマウントする形かと。
Androidの/ 環境をapt他で直接操作出来るので面白いと共に
リスクのあるツールとも言えます。
基本的な原理は他のchroot環境と同じです。
root環境が必須です。

◯Debian Kitのインストール
大本の情報はこちらです。情報は昔からある古いものです。
今更と言われると恐縮ですが。

 Debian Kit for Android
 第256回 新春特別企画・Android上でUbuntu…ではなくDebianを使う
 ASUS HD7にdebianをインストール

まずレポジトリから本体ファイルをダウンロード。

 http://sven-ola.dyndns.org/repo/

端末から

 su
 mv debian-kit-1-5.jpeg debian-kit-1-5.shar
 sh /sdcard/Download/debian-kit-1-5.shar

で展開したら「Y」と「Enter」を押して実行。
/sdcard/直下にdebian.imgが作成されます。
外部SDに記録したい場合は指定しましょう。
でmk-debianを実行。

 /data/local/deb/mk-debian -d squeeze

Debian squeezeがインストールされます。ちょっと古いです。
その後、インストールが終わりましたら、「deb」コマンドで実行。

 deb

そうすると先ほどdebootstrapでダウンロードしましたバイナリが使える様になります。
試しにapt-getしてみましょう。

 apt-get update
 apt-get upgrade

最初に「deb」コマンドを使わないとDebianのバイナリが
動かない方式になっていますので注意。
日本語化他は参考サイトをご一読願います。

◯まとめ
Debian kitでdebootstrapとapt-get出来る様になりました。
これでAndroidでもDebian化出来ます。
root環境が必要ですが。
X環境を使いたい場合はvncserverかXserver-SDLを使うと良いかと。
余っているAndroidがあればDebianとして使ってみましょう。
posted by kapper at 01:07 | Comment(0) | Nexus7
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ