にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2014年09月20日

Ubuntu改造日記 電子ブックリーダー Kindle Cloud reader編 その30

今回はAmazonの電子ブック、KindleがHtml5で
各ブラウザに対応しましたのでUbuntuで試してみました。
結論ですが、ブラウザが対応していればどのOSでも問題なさそうです。
NetwalkerでもRaspberryPiでも多分。
KindleもやっとAndroid、iOS以外の機種に対応しました。

○Kindle Cloud Reader
KindleのHtml5リーダーです。
AndroidのKindleリーダーと同性能があり、非常に優れています。
オフラインリーダーにも対応していましてOSにも制限がありません。
Unix使いとしては大変助かります。
無理してAndroidを使う理由が一つなくなりました。

対応するブラウザはこんな感じです。
Firefoxの10ならコンパイルすれば大抵動きそうですよね。
 Google Chrome 20、
 Mozilla Firefox 10、
 Safari 5、
 Internet Explorer 10、
 iPad版Safari (iOS 5)以上

・83,000冊以上のKindleコミックおよび雑誌を、購入後すぐに読むことが可能。
・コミック期間限定無料タイトルも、すぐに試し読み可能。
・コミック・雑誌は見開きで表示。
・270万冊以上の洋書にも対応。
・PC/Mac上にコンテンツをダウンロードすることで、
 インターネット接続の有無に関わらず読書が可能。
・お手持ちのKindle書籍ライブラリ全体をブラウザ上に表示させることが可能。
・Kindle Cloud Readerアプリのソフトウエアは自動的にアップデートされ、
 常に最新バージョンを利用可能。
・Kindle端末とKindle読書アプリを利用している各種端末間で、
 読書の進捗状況が同期され、どの端末からでも前回読み進めたページから読書を再開することが可能。

○Kindle Cloud Readerの使い方
単純にHtml5対応ブラウザでリンク先を開くだけです。

 https://read.amazon.co.jp/

リンク先を開くとライブラリ一覧が表示されまして、
本を選択しますと、ダウンロードが始まり見開きで表示されます。

○まとめ
いやあ便利な時代になりました。
KindleマンガがUnixでも読めると便利です。
Kindle使っていない人は青空文庫でも読んでみてはいかがでしょうか。
海外の英書なら沢山、吉川英治の三国志や宮本武蔵なんかも面白いです。
暇つぶしには最適でしょう。
これで使っていない機種もUnixで蘇ります。
是非電子ブックとしてもUnixを再活用してみてください。
posted by kapper at 18:40 | Comment(0) | Ubuntu
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ