にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2014年08月18日

モバイルTegra2 Dynabook AZ Ubuntu CUI用Pidginクライアント Finch その28

前回の延長上で申し訳ありませんが今回もPidginで
CUIクライアントのFinchを試してみました。
前回のPurple-Lineプラグインを追加する事で
CUIでLINEのチャットが出来る様になります。
低スペックな機種でお勧めです。

○Finchとは
FinchはLinuxでスタンダードなIMツールであるPidginの
CUI版で多数のプロトコルに対応しつつも軽量であります。
またTwitter、Facebook、SkypeやLINEも対応しまして、
高機能化しています。
CUIで困らない方には便利かと。

○Finchのインストール
Ubuntu標準のレポジトリに入っていますので
普通にインストール。端末から、

 sudo apt-get install finch

後は端末から起動するだけです。
機能その他は全てGUIのPidginと同じです。
ログイン画面もユーザー認証も同じです。
ただ登録にブラウザが必要なプロトコルもありますので注意。
ちょっと操作性が全部キーボードなので違いますが。

○簡単な操作方法
Pidginの場合複数の窓=Windowが出てきて選択できますが
Finchの場合、マウス操作出来ないのでキーで切り替える必要があります。
細かい方法はこちらから

 Using Finch

・Alt + a
 アカウント窓などのリスト表示
・Alt + n
 次の窓へ移動
・Alt + p
 前の窓に移動
・Alt + w
 窓リストの表示と移動
・Alt + c
 窓を閉じる
・Alt + q
 Finchを終了する
・Alt + m
 窓を移動する
・Alt + r
 窓をリサイズする


○まとめ
LINEが使えるCUIクライアントという意味では重宝します。
若干負担が小さいので遅い機種でもある程度は使えます。
興味のある方は是非使ってみて下さい。
posted by kapper at 23:00 | Comment(0) | Dynabook AZ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ